何をしたらいいかわからない…仕事でそう悩んだ時に試しておきたい〇つのこと

仕事で「何をすればいいかわからない…」と悩むことはよくあります。

もう一度言います。

仕事では頻繁に「何をすればいいかわからない」と悩むことがたくさんあります。

いわゆる”スランプ”ってヤツですね。

とくに私などはクリエイティブ・ライター業ですので、毎日「次は何をすればいい?」と自問する日々が続きます。

しかし、仕事で「何をすればいい?」という悩みを解決するのはさほど難しいことではありません。私は毎日乗り越えています。

そこで今回は「仕事で何をすればいいかわからない」時の対処法をご紹介していきます。

▼仕事を辞めようか悩んでる方へ

仕事をやめようか悩んでいても転職に踏み切れない人は多いと思います。
そうお悩みでしたら国内No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」の利用がオススメです。

リクルートエージェントは非公開求人だけでも20万件以上の取り扱いの業界最大手の転職エージェントです。初回登録さえ済ませれば自分の経歴や希望条件に合った優良求人を無料で紹介してくれるため、自分に向いてる仕事や年収アップに期待できる仕事を見つけ出すチャンスです。また、内定率を上げるためのサポートも充実しているため、今の仕事や転職活動に自信が持てない人でも無理なく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントは「まだ辞める気はないけど自分に本当に転職先があるのか知りたい…」という場合もスマホで気軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方は早めに登録しておきましょう。

→リクルートエージェントの登録はこちら

「何がわからないか?」を掘り下げる

「この世にわからないことなど何一つない」

これが私の座右の銘です。

なぜなら「わからないのであればわかるまで調べ・考え・悩み通し、とにかく行動してみる」からです。

ここで大事なのは「とりあえず動きながら考える」ということですね。

まずは仕事で何かしらチャレンジしてみてください。

”わからないことだらけ”だと気づくはずですから。

そこで一回反省点を洗い出し、次はひとつずつ潰していけばいいだけです。

俗に言う「PDCAサイクル」ってヤツですね。

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

ただ気をつけておきたいことは「サイクル」でしかないので、慣れないうちは「Do=実行」から始めちゃうのが一番だということです。

計画は適当でOKです。

なぜなら、世の仕事の大半は計画通りに進まないからですね。

先輩や上司からアドバイスをもらう

仕事では素直に他人にアドバイスをもらうことが一番です。

とくに新入社員時代は、忙しい上司に嫌な顔されようがしつこく聞きまくりましょう。

部下が仕事できるようになって喜ばない上司はいません。

この時のポイントは「指示」ではなく「アドバイス」をもらうことが重要です。

細かい指示を守るだけであれば、アルバイトや機械でもこなせます。

また、先ほど「わからないことを洗い出す」と言ったように、後からまとめて要点を聞き出すという方法も有効です。

先輩や上司にも教え上手・下手な人がいますが、まずは「教わり上手」を目指すのがコツですよ。

なぜなら、人に自分の経験や知識を教えるのは非常に気持ちのいい行為であり、後輩や部下がメキメキと育つのは嬉しいものだからです。

ビジネス本を読む

仕事で何をしていいかわからない、あるいは試してもみても上手くいかない人は、ビジネス本を読んでみるのもいいでしょう。

本は知恵の宝庫です。

とくにビジネス書は仕事に関する”ヒント”がたくさんつまってます。

各業界経験者の考え方や経験談がたくさん詰まっており、読むだけでアイデアの足しになります。

今どき、AmazonKindle(電子書籍)でビジネス本は手軽に買えますので、軽く目を通しておくだけでも違ってきます。

お金をかけたくない方は、1ヶ月間無料で読み放題の「Amazon Kindle Unlimited」もオススメですよ。

自己啓発書ベストセラーの「仕事は楽しいかね?」を始め、様々なビジネス書が読み放題ですので、意外な発見があります。

まったく関係ない仕事をやってみる

オススメしたいのが「普段の自分とはまったく関係ない仕事をやってみる」ということです。

組織では一部のスペシャリストよりも、広く浅く多彩な仕事がこなせる人間のほうが価値が高いです。

なぜなら、ひとつの仕事を極められるのは一部の天才だけだからですね。

大概、出世したり有名になるのは「マルチな才能を持つ人」であり、一部の技術や仕事だけで成り上がるのはごく少数です。

戦国時代の大名も政治・教養・武芸とマルチな能力を持っていましたが、それと同じで現代においても多芸である人ほど、活躍できるように出来ています。

であれば、若いうちに色々な仕事を経験して様々な経験やスキルを身につけておくべきでしょう。おまけに人脈が広がるので一石二鳥です。

組織で働く以上「自分の業務範囲」だけではなく、他人の仕事も奪うぐらいの気持ちでやるほうが、いい結果を生み出しますよ。

目標設定を見直す

仕事をこなすためには、普段から目標設定をしておくことが重要です。

「何をしていいかわからない」という人は、単に目標がないからでしょう。

長期的な目標だけでなく、月・日・時間あたりの細かい目標を設けておき、着実に進めていくことが仕事で悩まないためのポイントです。

そして、目標が達成できずとも、あまり気にしないことも重要ですね。

筋トレのエクササイズやゲームを攻略していくように、小分けに仕事を進めていくことが、仕事に集中するための秘訣ですよ。

転職を考えておく

どうしても今の仕事で何を為すべきかわからないのであれば、転職活動をしておくのもいいでしょう。

今の仕事で役目や目標が見つけられないのであれば、それは今の会社で限界を迎えている証拠かもしれません。

とくに会社の要求するものが高すぎたり、何らかの失敗で閑職に追い込まれている場合、一度キャリアプランを見直すべき時が来ているのかもしれません。

ありていに言えば「自分にはあまりにハードルの高すぎる会社であった」わけですが、目標設定を見直す上で、自分の役割が適度に達成できる職場に就いたほうがやり甲斐も感じられていい結果につながるでしょう。

関連:周りのレベルが高すぎて仕事についていけない!?能力以上の仕事を振られる職場は辞めるべき?

また、仕事には「向き・不向き」「適性」というものもありますので、仮に今の仕事についていけずとも「自分には無理だった」と気負わずに考えるのも重要です。引き際をわきまえるのも社会人には大事な判断です。

たとえば、あの「夏目漱石」も英語の優等生であったにも関わらず、イギリス留学後についていけずに神経衰弱を患い、その後国内に帰国して文学家として才能を開花させていった事例もあります。

自分を追い込みすぎる前に、別の働き口や道を探ってみることも、一つの方法でしょう。

転職エージェントでプロに相談して将来設計を見直しておこう

転職を考えるのであれば、プロに相談して具体的なアドバイスをもらっておくといいでしょう。とくに気分が落ち込みがちなときは、転職サイトの情報を見てもイマイチやる気がわかないですからね。

転職エージェントというサービスであれば、キャリアアドバイザーがカウンセリングしてくれた上で最適な転職先を紹介してくれるので、気軽に利用することができます。転職サービスは完全無料で利用できますので、キャリアプランの見直しや心の整理をするためにも、利用しておいて損はないでしょう。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました