仕事で何をしていいかわからない時のポイント。スランプを乗り越える時のポイントは?

仕事で「何をすればいいかわからない…」と悩むことはよくあります。

もう一度言います。

仕事では頻繁に「何をすればいいかわからない」と悩むことがたくさんあります。

いわゆる”スランプ”ってヤツですね。

とくに私などはクリエイティブ・ライター業ですので、毎日「次は何をすればいい?」と自問する日々が続きます。

しかし、仕事で「何をすればいい?」という悩みを解決するのはさほど難しいことではありません。私は毎日乗り越えています。

そこで今回は「仕事で何をすればいいかわからない」時の対処法をご紹介していきます。

「何がわからないか?」を掘り下げる

「この世にわからないことなど何一つない」

これが私の座右の銘です。

なぜなら「わからないのであればわかるまで調べ・考え・悩み通し、とにかく行動してみる」からです。

ここで大事なのは「とりあえず動きながら考える」ということですね。

まずは仕事で何かしらチャレンジしてみてください。

”わからないことだらけ”だと気づくはずですから。

そこで一回反省点を洗い出し、次はひとつずつ潰していけばいいだけです。

俗に言う「PDCAサイクル」ってヤツですね。

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

ただ気をつけておきたいことは「サイクル」でしかないので、慣れないうちは「Do=実行」から始めちゃうのが一番だということです。

計画は適当でOKです。

なぜなら、世の仕事の大半は計画通りに進まないからですね。

先輩や上司からアドバイスをもらう

仕事では素直に他人にアドバイスをもらうことが一番です。

とくに新入社員時代は、忙しい上司に嫌な顔されようがしつこく聞きまくりましょう。

部下が仕事できるようになって喜ばない上司はいません。

この時のポイントは「指示」ではなく「アドバイス」をもらうことが重要です。

細かい指示を守るだけであれば、アルバイトや機械でもこなせます。

また、先ほど「わからないことを洗い出す」と言ったように、後からまとめて要点を聞き出すという方法も有効です。

先輩や上司にも教え上手・下手な人がいますが、まずは「教わり上手」を目指すのがコツですよ。

なぜなら、人に自分の経験や知識を教えるのは非常に気持ちのいい行為であり、後輩や部下がメキメキと育つのは嬉しいものだからです。

ビジネス本を読む

仕事で何をしていいかわからない、あるいは試してもみても上手くいかない人は、ビジネス本を読んでみるのもいいでしょう。

本は知恵の宝庫です。

とくにビジネス書は仕事に関する”ヒント”がたくさんつまってます。

各業界経験者の考え方や経験談がたくさん詰まっており、読むだけでアイデアの足しになります。

今どき、AmazonKindle(電子書籍)でビジネス本は手軽に買えますので、軽く目を通しておくだけでも違ってきます。

お金をかけたくない方は、1ヶ月間無料で読み放題の「Amazon Kindle Unlimited」もオススメですよ。

自己啓発書ベストセラーの「仕事は楽しいかね?」を始め、様々なビジネス書が読み放題ですので、意外な発見があります。

まったく関係ない仕事をやってみる

オススメしたいのが「普段の自分とはまったく関係ない仕事をやってみる」ということです。

組織では一部のスペシャリストよりも、広く浅く多彩な仕事がこなせる人間のほうが価値が高いです。

なぜなら、ひとつの仕事を極められるのは一部の天才だけだからですね。

大概、出世したり有名になるのは「マルチな才能を持つ人」であり、一部の技術や仕事だけで成り上がるのはごく少数です。

戦国時代の大名も政治・教養・武芸とマルチな能力を持っていましたが、それと同じで現代においても多芸である人ほど、活躍できるように出来ています。

であれば、若いうちに色々な仕事を経験して様々な経験やスキルを身につけておくべきでしょう。おまけに人脈が広がるので一石二鳥です。

組織で働く以上「自分の業務範囲」だけではなく、他人の仕事も奪うぐらいの気持ちでやるほうが、いい結果を生み出しますよ。

目標設定を見直す

仕事をこなすためには、普段から目標設定をしておくことが重要です。

「何をしていいかわからない」という人は、単に目標がないからでしょう。

長期的な目標だけでなく、月・日・時間あたりの細かい目標を設けておき、着実に進めていくことが仕事で悩まないためのポイントです。

そして、目標が達成できずとも、あまり気にしないことも重要ですね。

筋トレのエクササイズやゲームを攻略していくように、小分けに仕事を進めていくことが、仕事に集中するための秘訣ですよ。

転職を考えておく

どうしても今の仕事で何を為すべきかわからないのであれば、転職活動をしておくのもいいでしょう。

今の仕事で役目や目標が見つけられないのであれば、それは今の会社で限界を迎えている証拠かもしれません。

とくに会社の要求するものが高すぎたり、何らかの失敗で閑職に追い込まれている場合、一度キャリアプランを見直すべき時が来ているのかもしれません。

ありていに言えば「自分にはあまりにハードルの高すぎる会社であった」わけですが、目標設定を見直す上で、自分の役割が適度に達成できる職場に就いたほうがやり甲斐も感じられていい結果につながるでしょう。

関連:レベルの高い職場についていけない時の対策。そのまま頑張るべきか?それとも転職するべきか?

また、仕事には「向き・不向き」「適性」というものもありますので、仮に今の仕事についていけずとも「自分には無理だった」と気負わずに考えるのも重要です。引き際をわきまえるのも社会人には大事な判断です。

たとえば、あの「夏目漱石」も英語の優等生であったにも関わらず、イギリス留学後についていけずに神経衰弱を患い、その後国内に帰国して文学家として才能を開花させていった事例もあります。

自分を追い込みすぎる前に、別の働き口や道を探ってみることも、一つの方法でしょう。

転職エージェントでプロに相談して将来設計を見直しておこう

転職を考えるのであれば、プロに相談して具体的なアドバイスをもらっておくといいでしょう。とくに気分が落ち込みがちなときは、転職サイトの情報を見てもイマイチやる気がわかないですからね。

転職エージェントというサービスであれば、キャリアアドバイザーがカウンセリングしてくれた上で最適な転職先を紹介してくれるので、気軽に利用することができます。転職サービスは完全無料で利用できますので、キャリアプランの見直しや心の整理をするためにも、利用しておいて損はないでしょう。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ