「今の会社にしがみつくしかない」と考えている人の勘違い

「自分は仕事出来ないから今の会社にしがみつくしかない」
「成果が出せないので、今の会社でダラダラ働き続けよう」
「どうせ正社員は辞めさせられないし、今の会社でダラダラ生きよう」

このように悩んでいませんか?

仕事が出来ないで結果を残せなかったり、あるいは左遷されて閑職に追い込まれたりなど、会社に必死でしがみつかざるを得ない状況に追い込まれている人は多いはず。

かと言って、今の会社にしがみつくしか選択肢がないと思っている方は、根本的に自分に自信がないので、転職活動すら行っていないのはないでしょうか?

もし読者が身に覚えがあるのでしたら、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

社内ニート・窓際族になったら先はないと思え

「会社にしがみつくない」と考えている方は、おそらく自分が仕事が出来ていない自覚があり、社内でもそう思われているのではないでしょうか。

また、立場的に「窓際族」「社内ニート」に追い込まれるなど、社内でも辛い思いをしているはずです。

企業も人事もバカではないので、社内ニートや窓際族に対しては、

「あいつにはもう成長余地がないから何も期待しない」
「不景気時のリストラ候補」

…という風に、ドライな目で見ています。

会社で無能感を感じ続ける毎日に耐え続けられるか?

会社にしがみつくしかないと思っている人で、もっとも辛いと感じるのは「無能感」でしょう。

周りの同僚や先輩があくせく働いている中、自分だけ手持ち無沙汰という状況は、よほど神経が図太くないと耐えられない苦行なのではないでしょうか?

もし読者が「自分は無能だから、今の会社にしがみつくしかない…」と感じているのであれば、転職について考えておいたほうがいいでしょう。

職場や仕事のレベルが自分に合っているかを見極めておこう

今の職場の仕事のレベルが、自分の能力に見合っているかどうかを見極めることも大切です。

明らかに今の会社が自分に難しすぎてついていけない場合、周りの足を引っ張るだけの存在にしかならないので、これは自分にとっても周りにとっても悲劇です。

「しがみつく」なんて甘えた意識でなく「何が何でも食らいついてやる!」ぐらいの覚悟があれば今の会社で続けるべきでしょうが、そこまで必死になれないのであれば、どの道どこかで限界が来るので、前向きに辞めることを考えておくといいでしょう。

会社にしがみついているだけの存在はそのうち潰される

会社にしがみついているだけの存在は、そのうちどこかで潰されます。

仕事は慈善事業ではありません、同僚や上司も必ずしも味方にはなりません。

足を引っ張る無能や、給料泥棒同然の社内ニートに、わざわざ時間や労力をかけるほど社会人は暇ではありません。

もちろん、それを口や態度に出せばハラスメント行為に値するので、最近では「腫れ物に触らないように」という感じで、放置されることも多くなってきています。

そういう人材が最終的にどうなるかは簡単に想像でき、

  • 自主的に退職させられるように追い込まれる
  • リストラ時に真っ先に解雇の対象となる

…など、明るい未来はないことでしょう。

会社にしがみつくしかないと気づいているなら転職活動もしておこう

人間とは選択肢が少ないほど、追い詰められる生き物です。

今の会社にしがみつくしかないと考えている人も、転職サイトに登録して現実的に自分が転職可能な会社の条件すら確認していないのではないでしょうか?

現代の日本では、終身雇用制度も崩壊し、中高年以上のサラリーマンも容赦なく解雇される方針の企業も増えてきております。

そんな情勢の中で、今の会社にしがみつくしかないと考えている人は、あまりに危機意識が欠けていると言えます。

会社にしがみつくという選択肢もありかもしれませんが、万が一辞職に追い込まれてしまった場合のリスクも考えておいて、精神的にも時間的にも余裕のあるうちに転職活動を始めておきましょう。

転職エージェントを使って自分に合った転職先を見つけておくこと

今の会社にしがみつくしかないと感じている人は、一度「転職エージェント」にしっかり相談しておくことをオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが、自分の経歴に合わせて採用確立の高い求人を紹介してくれるサービスの総称です。

何も「転職エージェントを利用する=今の会社を辞める」ということではないので、早めに行動しておいて損はありません。

そもそもで言えば、今の会社にしがみつくしかないというレベルまで社内で追い詰められているにも関わらず、転職活動すら行っていないこと自体が、無能である証左です。

転職エージェントを利用してみて、今の会社の待遇条件を捨てきれないのであれば必死に食らいつけばいいだけですし、待遇や給料を妥協してでも自分が活躍できそうな職場が見つかれば転職すればいい。

突然の解雇通告や、職場いじめ・ハラスメント行為で精神的に追い詰められてしまう前に、転職エージェントを有効活用して、しっかり働ける職場を見つけておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました