頑張っても報われない仕事は職場環境に問題あり!搾取される前に知っておきたい企業の事実

「頑張っても仕事で思うように評価されない…」
「いくら頑張っても報われない…」
「頑張っても無駄…」

このようにお悩みの方は、多いと思います。

今の日本は経済成長も緩やかになって、終身雇用制度も崩壊してしまっているため「努力しても将来的に報われる未来が見えない…」と感じる会社も増えております。

社会状況や各企業の経営方針を見てみても、

「努力しても結果が伴わなければ評価されない」
「細かい工夫や努力よりも目立つ大きな成果」
「経営に困ったら長年働いている社員でも人件費カットでリストラ」

…と努力しても報われにくい社会になってきている事実は否めません。

企業側も「非正規雇用者の増加」「人件費カット」など、社員を大事にしない方針の経営が増えてきており、本当に努力が報われないご時世になってきています。

このように、頑張っても報われにくい今の日本で、我々はどう仕事に向き合えばいいのでしょうか?

この記事では、頑張っても報われにくい今の日本で、めげずに仕事に立ち向かうための考え方をご紹介していきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

2021年現在、転職市場はコロナ明けを見込んで、採用に積極的な企業が増加しています。
最近では、転職も珍しくなくはなくなっていますが、辞めようと悩んでいる方にとって、仕事を辞めるかどうかは、人生の重大な選択であることでしょう。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から、転職手続きのサポートまで、まとめて行ってくれます。

初めに利用しておきたい転職エージェントは、国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でも利用可能なので、登録がまだお済みでない方は、この機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

頑張っても報われにくい会社や仕事の特徴とは?

従業員からの搾取が当たり前だと考えている会社や業界

頑張っても報われない会社の筆頭格は「従業員から搾取するのが当たり前だと思っている会社や業界」でしょう。

たとえば、以下のようなことに心当たりがありませんか?

「部下の手柄は上司のもの」
「声の大きい同僚ばかり目立って評価される」
「子会社の手柄は親会社のもの」
「下請けの手柄は元請けのもの」

このような会社や業界では、残念ながら「マジメに努力してコツコツ小さな成果を積み上げている人」「目立たないけど、地味な仕事をしっかりこなしている人」は中々評価されない傾向にあります。

これは会社の社風や経営方針、あるいは上司や人事によって、

  • シビアに数字や結果だけで仕事の成果を評価するのか?
  • 日々の積み重ねや成長性を評価してくれる会社か?
  • 勤務年数が長く会社への貢献度が高いほど評価してくれる会社か?

…と、違いがあります。

ですので、早いうちに「自分が仕事で努力している部分を正当に評価してくれる会社か?」を見極めておくのも大事だと言えるでしょう。

関連:社員を大切にしない会社の特徴。人を大事にしない企業の末路は?

優秀な社員を都合よくコキ使う職場

頑張っても報われない会社は、優秀な社員を都合よくコキ使う会社でしょう。

組織では「出る杭は打たれる」「良い人ほど都合よく使われる」などの心理が働くので、優秀すぎるのも考えものです。

いつの時代も正直者はバカを見て、優秀な人間は都合よく使われておしまい…なのです。

この特徴に思いあたりがある人は、正当に評価してもらえ、より高いパフォーマンスを発揮できる会社に転職した方が、本人的にも社会的にもメリットになるので、キャリアアップ転職を考えておくのもいいでしょう。

関連:優秀な人はなぜ嫌われる?会社で嫉妬されやすい・恨みを買いやすい人の特徴とは?

目先の利益や結果しか評価しない会社

頑張っても報われない会社は「目先の利益や結果しか評価してくれない会社」です。

具体的には、

  • 即戦力制にばかり期待して「将来性」「人材育成」の視点に欠けている会社
  • 短期的な利益や成果ばかりを評価して、中長期的視野で努力している人を評価しない
  • 結果を重視すぎて、努力の過程をまったく大事にしない会社

…などです。

中途採用では「即戦力」が求められますが、それも会社側に中途採用者を受け入れる土壌や人材育成方針があって、初めて実現できるものです。

社会人はシビアに「結果」を求められますが、必ずしも努力しても結果を出せるとは限りません。

むしろ、若いうちは大きな結果など出せなくて当たり前なのですが、なぜか企業側は「入社数年で結果を出せる優秀な人材」を求めがちです。

もし、今の会社で努力しても報われないと感じているのであれば「あまりに今の会社は短期的な結果を求めて焦っていないか?」を冷静に見極めてみましょう。

仕事にしても人生にしても「先に焦った方が負け」という事態は、往々にしてあることです。

社内の評価制度が公平でわかりやすい基準でない

日本の企業の多くは、年功序列のタテ割り型構造です。

どういうことかと言うと、

  • 出身校や所属部署によって出世・昇進の是非が決まる(学歴・所属サークルなど)
  • 性別や結婚の有無によって出世・昇進の是非が決まる
  • 勤務年数が評価基準としての比重を占める
  • 年功序列に忠実すぎて若手は評価されにくい

…など、必ずしも「能力」「努力」「結果」が評価基準になるわけではないのです。

これは会社の社風や伝統、人事の評価基準によって大きく変わるので、今の会社の評価基準を知っておくのは大事です。

極端な話、会社の経営者や上司が「実務面で優秀な人間よりも、自分の機嫌取りが上手い無能の方が評価できる」と感じている社風であれば、仕事が出来ることよりも機嫌取りが上手い方が報われてしまうわけです。

信じられないかもしれませんが、そのような会社は数多く存在します。

社内の査定・評価基準が理不尽で曖昧なものであれば、社員としても「努力の方向性」が見えないわけですから、報われないと感じても不思議ではありません。

ですので、出世・昇進などに期待して仕事するのであれば、シビアに「今の会社ではどのような”努力”が評価されるのか?」を判断しておくと、努力が無駄になることは避けられはずでしょう。

仮に、それで自分の努力の方向性と会社が求める努力にすれ違いを感じるのであれば、正当評価してもらえる会社に転職するのも手です。

関連:社内評価が低い場合に見直したいこと。仕事で評価されないなら辞めるべき?

新しいことに挑戦できない職場

努力しても報われないと感じる仕事は、新しいことに挑戦できない職場とも言えるでしょう。

新しいことに挑戦できない職場の特徴

  • ルーチンワーク・同じ仕事の繰り返しのため挑戦できる余地がない
  • 日々の業務に忙殺されやすいため新しいことに挑戦できる余裕がない
  • 会社が古風で保守的なため新しいことに挑戦させてもらえない
  • 上司が部下に新しい仕事を覚えさせたり挑戦させることに消極的

原因は色々と考えられますが、会社側に「積極的に挑戦できる雰囲気や仕組み」がなければ、社員が自ら進んで挑戦的になれるわけがありません。

たまに「社員が自発的に挑戦するべきだ!」と言う意見も見ますが、社員の成果や努力が構造的に上司の手柄になって評価されないなどの問題があるため、挑戦的になれない社員が多数なのは仕方ないでしょう。

日々の業務を処理するだけであれば、新しい仕事に挑戦して成長できるわけがないのですから、努力しても報われないと感じて当たり前です。

もしこの特徴に心当たりがあるのであれば、より新しい業務範囲に挑戦しやすい社風の会社に転職してしまうのが一番でしょう。

努力が報われる仕事や会社を見つけ出すコツは?

今の日本では非正規雇用者や下請け搾取も増えており、努力しても報われない虚しさを感じる仕事はかなり多いです。

ですので、仮に転職して少しでも努力が報われる会社を見つけ出したいのであれば、以下の点に注目してみましょう。

  • 事業内容が挑戦的な会社を見つける(開発・新規プロジェクトなど)
  • 成果主義・個人裁量の幅が広い会社を見つける(ベンチャー・外資系など)
  • 社内の評価基準がわかりやすい会社を見つけ出す(伝統・慣習が社員の成長を妨げていないかを見極める)

少なからず「自分が行っている”努力”」と「会社が求めている”努力”」の方向性がピッタリ合う会社で働けば、両社WIN-WINの関係になれるのは間違いありません。

努力が報われない虚しさを抱えて働き続けるよりは、転職活動して自分をしっかり評価してくれる会社で働いたほうがやりがいは感じられるはずでしょう。

転職エージェントで努力の報われる会社を探そう

頑張っても報われないと感じている方は「転職エージェント」を利用して、転職を考える時期に来ているのかもしれません。

転職エージェントでは、自分の経歴に合わせた求人を紹介してもらえ、プロから具体的なアドバイスをもらえます。

少なからず、今の会社で「毎日、報われない努力を続けて虚しい毎日を送る」よりは、転職エージェントを活用して転職という選択肢を考えておくことで、努力が報われる可能性は高くなります。

社内評価や会社の経営方針が理不尽ですと「どれだけ頑張っても報われない時代」になってきていますので、今の仕事で不遇に扱われていると感じる方は、転職エージェントを活用して早めに転職活動を始めてみることを強くオススメします。

タイトルとURLをコピーしました