頑張っても報われない仕事の特徴。努力しても評価されない虚しい会社でモチベーションを維持するためには?

「頑張っても仕事で思うように評価されない…」
「いくら頑張っても報われない…」
「頑張っても無駄…」

このようにお悩みの方は、多いかと思います。

実際、今の日本は経済成長も緩やかになって、終身雇用制度も崩壊してしまっているため「努力しても将来的に報われる未来が見えない…」と感じる会社も増えております。

実際、今の社会状況や各企業の経営方針と見てみても、

「努力しても結果が伴わなければ評価されない」
「細かい工夫や努力よりも、目立つ大きな成果」
「経営に困ったら人件費カット」

…という風に、努力しても報われにくい社会になってきている事実は否めません。

事実、企業側も「非正規雇用者の増加」「人件費カット」など、社員を大事にしない方針の経営が増えてきており、本当に努力するだけ無駄なご時世になってきています。

では、このような頑張っても報われにくい今の日本で、我々はどう仕事に向き合えばいいのでしょうか?

この記事では、頑張っても報われにくい世の中になった今の日本で、めげずに仕事に立ち向かうための考え方をご紹介していきます。

頑張っても報われにくい会社の特徴とは?

従業員の搾取が当たり前だと考えている会社や業界

頑張っても報われない会社の筆頭格は「従業員から搾取するのが当たり前だと思っている会社や業界」でしょう。

たとえば、以下のようなことに心当たりがありませんか?

「部下の手柄は上司のもの」
「声の大きい同僚ばかり目立って評価される」
「子会社の手柄は親会社のもの」
「下請けの手柄は元請けのもの」

このような会社や業界では、残念ながら「マジメに努力してコツコツ小さな成果を積み上げている人」「目立たないけど、地味な仕事をしっかりこなしている人」は中々評価されない傾向にあります。

これは会社の社風や経営方針、あるいは上司や人事によって、

  • シビアに数字や結果だけで仕事の成果を評価するのか?
  • 日々の積み重ねや成長性を評価してくれる会社か?
  • 勤務年数が長く会社への貢献度が高いほど評価してくれる会社か?

…と、違いがあります。

ですので、早いうちに「自分が仕事で努力している部分を正当に評価してくれる会社か?」を見極めておくのも大事だと言えるでしょう。

優秀な社員を都合よくコキ使う職場

頑張っても報われない会社は、優秀な社員を都合よくコキ使う会社でしょう。

組織においては「出る杭は打たれる」「良い人ほど都合よく使われる」などの心理が働くので、優秀すぎるのも考えもの。

いつの時代も正直者はバカを見て、優秀な人間は都合よく使われておしまい…なのです。

この特徴に思いあたりがある人は、正当に評価してもらえ、より高いパフォーマンスを発揮できる会社に転職した方が、本人的にも社会的にもメリットになるので、キャリアアップ転職を考えておくのもいいでしょう。

目先の利益や結果しか評価しない会社

頑張っても報われない会社の代表格が「目先の利益や結果しか評価してくれない会社」だと言えるでしょう。

具体的には、

  • 即戦力制にばかり期待して「将来性」「人材育成」の視点に欠けている会社
  • 短期的な利益や成果ばかりを評価して、中長期的視野で努力している人を評価しない
  • 結果を重視すぎて、努力の過程をまったく大事にしない会社

…などです。

中途採用では「即戦力」が求められるのが常ですが、それも会社側に中途採用者を受け入れる土壌や人材育成方針があって、初めて実現できるものです。

また、社会人はシビアに「結果」を求められますが、必ずしも努力しても結果を出せるとは限りません。

むしろ、若いうちは大きな結果など出せなくて当たり前なのですが、なぜか企業側は「入社数年で結果を出せる優秀な人材」を求めがちです。

もし、今の会社で努力しても報われないと感じているのであれば「あまりに今の会社は短期的な結果を求めて焦っていないか?」を冷静に見極めてみましょう。

仕事にしても人生にしても「先に焦った方が負け」という事態は、往々にしてあることなのですから。

社内の評価制度が公平でわかりやすい基準でない

日本の企業の多くは、年功序列のタテ割り型です。

それが何を意味するかと言うと、

  • 出身校や所属の部署によって出世・昇進の是非が決まる(学歴・所属サークルなど)
  • 性別や結婚の有無によって出世・昇進の是非が決まる
  • 勤務年数だけが評価基準
  • 年功序列に忠実すぎて、優秀な若手は絶対に評価されない

…など、必ずしも「能力」「努力」「結果」が評価基準になるわけではないのです。

これは会社の社風や伝統、人事の評価基準によって大きく変わるので、今の会社の評価基準を知っておくのは必須だと言えるレベルです。

極端な話、会社の経営者や上司が「実務面で優秀な人間よりも、自分の機嫌取りが上手い無能の方が評価できる」と感じている社風であれば、仕事が出来ることよりも機嫌取りが上手い方が報われてしまうわけです。

社内の査定・評価基準が理不尽で曖昧なものであれば、社員としても「努力の方向性」が見えないわけですので、報われないと感じても不思議ではありません。

ですので、出世・昇進などに期待して仕事するのであれば、シビアに「今の会社ではどのような”努力”が評価されるのか?」を判断しておくと、努力が無駄になることは避けられるでしょう。

仮に、それで自分の努力の方向性と会社が求める努力にすれ違いを感じるのであれば、正当評価してもらえる会社に転職するのも手です。

新しいことに挑戦できない職場

努力しても報われないと感じる仕事とは、新しいことに挑戦できない職場とも言えるでしょう。

新しいことに挑戦できない職場の特徴

  • ルーチンワーク・同じ仕事の繰り返しのため、挑戦できる余地がない
  • 日々の業務に忙殺されやすいため、新しいことに挑戦できる余裕がない
  • 会社が古風で保守的なため、新しいことに挑戦させてもらえない
  • 上司が部下に新しい仕事を覚えさせたり、挑戦させることに消極的

原因は色々と考えられますが、会社側に「積極的に挑戦できる雰囲気や仕組み」がなければ、社員が自ら進んで挑戦的になれるわけがありません。

たまに「社員が自発的に挑戦するべきだ!」と言う意見も見ますが、社員の成果や努力が構造的に上司の手柄になって評価されない恐れがある以上、挑戦的になれない社員が多数なのは仕方ないでしょう。

日々の業務を処理するだけであれば、新しい仕事に挑戦して成長できるわけがないのですから、努力しても報われないと感じて当たり前です。

もしこの特徴に心当たりがあるのであれば、より新しい業務範囲に挑戦しやすい社風の会社に転職してしまうのが一番でしょう。

努力が無駄にならない仕事や会社を見つけ出すコツは?

今の日本では非正規雇用者や下請け搾取も増えており、努力しても報われない虚しさを感じる仕事はかなり多いです。

ですので、仮に転職して少しでも努力が報われる会社を見つけ出したいのであれば、以下の点に注目してみましょう。

  • 事業内容が挑戦的な会社へ転職する(開発・制作・新規開拓など)
  • 成果主義・個人プレイの幅が広い会社を見つける(ベンチャー・外資系など)
  • 社内の評価基準がわかりやすい会社を見つけ出す(伝統・慣習が社員の成長を妨げていないか?を見極める)

少なからず「自分が行っている”努力”」と「会社が求めている”努力”」の方向性がピッタリ合う会社で働けば、両社WIN-WINの関係になれるのは間違いないので、努力が報われない虚しさを抱えて働き続けるよりは、転職活動して自分をしっかり評価してくれる会社で働いたほうがやりがいは感じられるはずですよ。

転職エージェントで努力の報われる会社を探そう

頑張っても報われないと感じている方は「転職エージェント」で面談を受けて、キャリアプランを考え直す時期に来ていると言えます。

転職エージェントでは今の自分の経歴に合わせた求人を紹介してもらえ、プロから具体的なアドバイスももらえます。

少なからず、今の会社で「毎日、報われない努力を続けて虚しい毎日を送る」よりは、転職エージェントを活用して転職という選択肢を考えておけば、努力が報われる可能性は高くなります。

社内評価や会社の経営方針が理不尽で不公平ですと、冗談抜きで「いくら頑張っても報われない時代」になってきていますので、今の仕事で不遇に扱われていると感じる方は、転職エージェントを活用して早めに転職活動を始めてみることを強くオススメいたしますよ。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ