【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【適職探し】神経質な人に向いてる仕事一覧+就くための方法を解説!

突然ですが、自分、神経質なんです。

細かいことに気を取られてしまうんです。

たとえば、職場のいちいちうるさい人とか、クチャクチャ音を立てて食事する人は、とても不快…。

言い換えると「潔癖症」「完璧主義」「注意深い」ってやつ?

こんな性格だと「気にしすぎ」「気難しい」とか批判されることも…。

でも、これってそんなに悪いことなんでしょうか?

私から言わせれば、世の中の人間の多くが「何も考えてない」「デリカシーがない」と思うんですよね。

飲食店でゴキブリが出るほど衛生環境が悪いのに、営業停止しない会社のほうが頭がおかしいと思いませんか?

従業員に完璧や効率を求めるのに、法律は守らないし不正は気づかない企業のほうが愚かだと思いませんか?

そういう「放置してはいけない問題の気配」に敏感になることって、神経質というか「正常な感覚」だと思うんですよね。

で、歳を重ねて人生経験が増えていくと、気づくわけですよ。

神経質になって少しの違和感も見逃さず、危険な兆候を見落とさないほうが自分の身を守れる」って。

逆に、神経質な人が気にするようなことも気にしない鈍感なやつばかりの職場、割と終わっていることが多いので、マジで早めに辞めたほうがいい。

たとえば、社内で間違った知識ばかり披露して得意げになってる社員ばかりの職場とか、お客の車をゴルフボールでぶっ壊すような異常行為を平気で行う会社とか…。

そんなわけで、周りが鈍感で想像力もない連中ばかりで呆れ果てた私が見つけた「神経質な人ほど強みが活かせて評価も上がる職業」を紹介していこうかと思います。

転職を考えてる方へ

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力3人に2人が年収アップを実現。
当サイト限定でその秘密を解説。

→もっと詳しく

神経質な人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

神経質な人は、細かいことにこだわったり、完璧を求めたりする傾向があります。彼らは自分自身や周囲の人々に対して高い基準を持っており、ミスやエラーを許容しません。しかし、このような特徴は仕事においても短所となることがあります。

過度な完璧主義や潔癖症が弊害となることがある

神経質な人は、過度な完璧主義や潔癖症によって仕事に支障をきたすことがあります。彼らは細かいミスや不完全なものを許容できず、何度も修正や改善を求める傾向があります。これによって時間のロスやストレスが生じることがあります。

例えば、プレゼンテーションの資料を作成する際に、神経質な人は細かいデザインの調整や文言の微調整に時間を費やすことがあります。その結果、他の重要な業務に時間を割くことができず、スケジュールの遅れや他のメンバーへの負担となる可能性があります。

また、神経質な人は潔癖症の傾向も持っていることがあります。彼らは清潔さや衛生面に非常に敏感であり、他人の不潔さや乱雑さにストレスを感じることがあります。これによって職場の雰囲気が悪化し、他のメンバーとの関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

他人の感情への敏感さや繊細さが負担に感じることがある

神経質な人は、他人の感情に敏感であり、繊細な性格を持っています。彼らは他人の態度や反応に敏感に反応し、自分自身を責めたり、傷ついたりすることがあります。これによって仕事において負担を感じることがあります。

例えば、神経質な人は他人からの批判や否定的な意見に敏感に反応し、自分自身を責めたり、自信を失ったりすることがあります。これによって自己評価が低下し、仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

また、神経質な人は他人の感情にも敏感であり、他人の機嫌や気分に左右されることがあります。彼らは他人の不満や不快な感情を受け止め、自分自身も同じような感情を抱くことがあります。これによって仕事の集中力や生産性が低下し、業務の遅れやミスが生じる可能性があります。

特定の環境に対する過敏さが身体・精神面で悪影響をもたらすことがある

神経質な人は、特定の環境に対して過敏な反応を示すことがあります。彼らは騒音や混雑などの刺激に敏感であり、これらの環境下では集中力やパフォーマンスが低下することがあります。また、ストレスやプレッシャーにも弱い傾向があります。

例えば、神経質な人はオープンオフィスのような騒々しい環境下では集中力を維持することが難しくなることがあります。また、多忙なスケジュールや締切によるプレッシャーに対してもストレスを感じやすく、身体や精神面での不調を引き起こす可能性があります。

過剰な心配症や不安から対人関係面で支障をきたすことがある

神経質な人は、過剰な心配症や不安を抱える傾向があります。彼らは細かいことまで気にし、何度も心配や不安を抱えることがあります。これによって対人関係面で支障をきたすことがあります。

例えば、神経質な人は他人とのコミュニケーションにおいても過剰な心配や不安を抱えることがあります。彼らは自分の言動や態度が他人にどう思われるかを常に気にし、自己表現に制約を感じることがあります。これによって他人との関係が希薄になり、仕事のチームワークや協力関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

神経質な人に向いてる仕事【解説付き】

「向いてる仕事」の基準は色々とありますが「才能を発揮できる仕事」「今までの経験が活かせる仕事」などが該当します。

そのためには、まずは自分の「才能や適性」「性格的な強みや長所」を知っておく必要があります。

神経質な人には、以下のような隠れた才能や適性があると言えます。

▼神経質な人が持つ意外な適性

  • 注意深い
    細かなミスに気づく、トラブルの予兆を察知する、優れた観察眼や分析力を持つ、シビアな判断ができる
  • こだわりがある
    興味のあることに集中する、他人に流されない、責任感が強い、専門性がある

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

神経質な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 事務職
  • 税理士
  • 伝統工芸職人
  • 修理工
  • 整備士
  • 宇宙研究開発スタッフ
  • セキュリティエンジニア
  • ひな鑑別師
  • バイオ技術者

細かいことにこだわる必要があったり、ちょっとした見落としが許されない仕事であれば適性が高いはずです。
ここでは神経質さが求められる仕事を紹介していきますので、ぜひ自分に合った仕事を見つけ出してみてください。

事務や管理業務

  • 事務職:書類整理やデータ入力などのオフィス業務を担当します。神経を使う作業が多く、細かいミスを防ぐことが求められます。
  • 税理士:税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行なう仕事。細かい数字のチェックや記載漏れ、会計上のミスを見抜く能力が求められるため、神経質な人に向いてる。
  • 人事担当者:採用や労務管理など、人材に関する業務を担当します。細かい情報を扱うため、神経質な人に適しています。
  • オフィスマネージャー:オフィス内の業務全般を管理します。細かいスケジュール調整や予算管理など、神経を使う仕事です。
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクトの進行管理や予算管理などを行います。細かいデータやスケジュールを把握する能力が求められます。

これらの仕事に就くことで得られるメリットは、自己管理能力や細かな作業への耐性が高まることです。また、神経質な性格を活かして、正確性や注意力を発揮することができます。

伝統工芸職人

伝統工芸品職人になるために制度化された資格や技術の取得はありませんが、自分が本気で打ち込めるような職人技能にたどり着く自発性は必須です。一生をかけて工芸品作りに打ち込むほどの情熱が必要であるため、覚悟を決めて仕事に臨む必要があります。

2021年1月現在、国(経済産業大臣)の指定を受けた伝統工芸品は236品目あり、分類は以下の通りです。

織物
染織品
その他の繊維製品(紐や刺繍など)
陶磁器
漆器
木工品・竹工品
金工品
仏壇・仏具
和紙
文具
石工品
貴石細工
人形・こけし
工芸材料・工芸用具(金箔など)
その他の工芸品(版画、うちわ、提灯など)

伝統工芸職人になるためには、直接工芸品を作っている団体や職人に連絡して弟子入りするのが一般的ですので、その点について自発性は必要となります。

修理工

航空整備士

航空整備士とは、航空機の安全運航のために必要な保守点検などを行なう専門の技術者のことです。多数の乗客を運ぶ航空機は、ひとたび事故が起きれば取り返しのつかないことになってしまうため、機体の整備を担当する航空整備士の責任は重大となります。近年では航空会社が専門の航空機整備会社に機体の整備を委託しているケースが多いようです。

航空整備士になるためには、国土交通大臣指定の航空従事者養成施設で学び、国家資格を取得するのが早道といえるでしょう。航空機の安全を担う航空整備士には確かな知識と技術が求められ、第一線で働くためには国家資格が必要となります。国土交通大臣指定の航空従事者養成施設に認定されている専門学校で学べば、二等航空整備士の資格を得ることができ、学校によっては、さらに上位の一等航空整備士の取得が可能なコースも設けられているようです。

宇宙研究開発スタッフ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙の基礎研究から開発利用にいたるまでひとつの組織で一貫して行なっている組織で、アメリカのNASA(米国航空宇宙局)に次いで、欧州宇宙機関(ESA)と並ぶ世界的な宇宙研究開発組織となっています。

宇宙航空研究開発機構スタッフは、ロケットの開発や打ち上げ、人工衛星の開発と運用を行なっており、宇宙飛行士だけでなく、さまざまな分野のスペシャリストが必要とされています。たとえば、ロケットを作る仕事のほか、人工衛星から送られてくるデータを分析する仕事、宇宙探査を行なう仕事などはもちろん、それを支える事務系の仕事も重要です。このため、理系文系を問わず、自分の専門分野を究めていけば、宇宙開発に貢献するチャンスをつかむことができるのです。

JAXAではさまざまな職種で、定期的な短大卒以上の新卒採用を行なっています。職種は理科系や技術系だけでなく、官庁との予算折衝をする経理担当者や広報担当者など、文系を求めることも多く、経済や経営をはじめ、法律、会計、外国語などの専門的知識や幅広い能力を持つ人材が常に求められています。職種や募集人数などの詳細とその応募方法は、JAXAのホームページ上で発表されています。

採用試験は基本的に書類選考、筆記試験、面接で行なわれます。職種によっては新卒採用ではなく、社会での仕事経験が3年以上あると優遇されるものもあるため、自分が働きたい仕事がそれに当てはまるなら、一度社会へ出てその専門の経験を積んでからJAXAの試験を受けてみましょう。また各分野の研究者を対象にした採用枠もあるので、大学や大学院などで専門の研究者となってから応募するという方法もあります。

セキュリティエンジニア

ITシステムにおけるセキュリティの重要性は日ごとに増しています。コンピューターウィルスやハッキング、不正アクセスなどのサイバー攻撃によって、企業から機密情報などが盗まれる事件が後を絶たない現在、セキュリティエンジニアはこうした事件を防ぐため、クライアント(顧客)の要望を聞きながら、ウェブサイトをはじめとする企業内のITシステムのセキュリティを強化すべく、システムの設計と構築を行ないます。

システムの導入後は、企業と情報交換しながら脆弱性がないかどうかを検査しながら監視しています。情報産業のなかでもっともプログラミングの知識が必須となります。日々新たなサイバー攻撃の手法が考え出されているため、技術を高めることはもちろん、日頃からIT業界の動向を観察し、新しい脅威に対抗していかなければなりません。

セキュリティエンジニアは、サイバー攻撃を未然に防ぐように働くだけでなく、コンサルタント的な業務を求められることもあります。情報セキュリティ会社に就職して幅広い知識を吸収しておきましょう。できれば情報処理安全確保支援士の資格も取っておくと良いでしょう。

ひな鑑別師

ひな鑑別師とは、卵からかえったばかりのひよこのオスとメスを見分ける仕事です。一見、簡単な仕事と思えますが、実は奥が深く、日本には約100人しかひな鑑別師がいません。その理由として、ひなを鑑別するためには人間の目は判断が必要で、機械ではできない職人技の必要な仕事だからです。

プロのひな鑑別師の鑑別率は99.5%を誇り、その実力の高さから欧州を中心に世界各国へ派遣されております。後継者不足や後述する年齢や視力の制限など、プロになるための条件の厳しさから、ひな鑑別師は仕事内容の単純さの割に、極めて採用ハードルの高い希少性の高い職業なのです。

バイオ技術者

バイオテクノロジーとは、ウイルスや細菌などの微生物から動植物や人類をも含む生物が本来持っている物質変換、情報変換、エネルギー変換などの素晴らしい働きを上手に利用して、様々な形で人間の生活に役立てる技術のことです。バイオテクノロジーを用いた産業がバイオビジネスであり、現在では医療、環境、化学や発酵、農業、食品のほか、情報、電子や機械の分野まで幅広く応用されています。

バイオテクノロジーをそれぞれの分野に取り入れた企業がバイオビジネス企業と呼ばれているが、それらの企業に在籍するバイオ技術者の仕事は、各企業が扱う分野やその事業内容によってさまざまとなります。

バイオ技術者になるには、バイオの専門学校や理工系大学へ進学して、生物工学、生命工学遺伝子工学、生化学、微生物学、分子生物学、核酸・タンパク質・酵素工学などを学ぶ必要があります。それらの学問の基礎を学んだだけでも、企業によってはバイオ技術者として就職できる場合もあるが、さらに自分の研究したい分野を絞り込んで大学の研究室や公的研究機関などで学び続けたほうが、希望の企業へ就職できる可能性は高くなるでしょう。

また、日本バイオ技術教育学会が実施するバイオ技術者認定試験(上級・中級・初級)という認定制度があり、これを取得しておくと採用の際に有利になります。

プロに相談して本当に向いてる仕事を見極める

以上のように、向いてる仕事に就くためには考えるべきことが大量にあります。

これを何のキャリア知識も、求人情報を見極める能力もないまま行っても、考えもまとまらずに行動できなくて当たり前です。

なので、向いてる仕事を探しているなら、まずは転職サービスでプロに相談してみることを強くオススメします。

でも転職サービスって怪しいし

どこに相談すればいいかわからない

そう不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

そこで当サイトが独自に調査して厳選した本当に信頼できる転職サービスを紹介しています。

それぞれのサービスの独自の特徴や使うべき人も紹介しているので、気になったら試しに登録してみるといいでしょう。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

将来性の高い業界に未経験からでも就けるのが「Worx(ワークス)」です。

▼こんな人にオススメ

  • 向いてる仕事が見つからない
  • 将来性ある仕事に就きたい
  • IT/WEB業界に転職したい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

普通の転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)はそれを可能としています。

その理由は、スキルアップとキャリアアップの支援も行ってくれるからです。

WorXでは登録後に、面談や適職診断を行い、転職を成功させるためのキャリア計画を立ててくれます。

適職診断もあるので

何の仕事がいいか
わからなくても安心です

その後、スマホで学習できる動画教材などでスキルアップしたり、週1回感覚で面談でアドバイスをもらえます。

なんか面倒そう…
普通に求人応募した方が

早いんじゃないの?

このように思われる人も多いでしょう。

しかし、最近では優良企業ほど未経験人材の採用に慎重になっています。

そのため、自己学習していない人や経歴のない人の採用はかなり厳しい状況です。

なので、少しでも将来性の高い優良企業に入りたいなら、WorXでスキルアップしてから就職や転職するのは悪くない選択肢です。

しかも十分に学習した上での転職となるので入社後もすぐ業務についていけるようになり転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なおWorXは無料で利用できます。

その仕組みは「転職後の月収から数割差し引かれる」からです。

逆に言えば、転職して実際に働くまでは費用がかからないということです。

この金額も「リスキリング(学び直し)」という助成金制度で70%オフになるので、気になったら早めに使っておいて損はないでしょう。

Worx(ワークス)を見てみる

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました