神経質な人に向いてる仕事9選

ストレスの多い労働条件の仕事はたくさんありますが、神経質な人には向いていません。たとえば、接客業をしていると、お客様とのやり取りが必要な時は、時には相手を落ち着かせることも必要ですよね。

緊張したり、不安になったりするのは当然のことです。ですが心配する必要はありません。この世には神経質な人のための素晴らしい仕事がたくさんあります。

当記事では神経質な人に向いてる、9つの仕事についてご紹介していきます。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

神経質な人に向いてる仕事【解説付き】

神経質な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 事務職
  • 税理士
  • 伝統工芸職人
  • 修理工
  • 整備士
  • 宇宙研究開発スタッフ
  • セキュリティエンジニア
  • ひな鑑別師
  • バイオ技術者

細かいことにこだわる必要があったり、ちょっとした見落としが許されない仕事であれば適性が高いはずです。
ここでは神経質さが求められる仕事を紹介していきますので、ぜひ自分に合った仕事を見つけ出してみてください。

事務職

税理士

税理士は、税務に関するコンサルタントといっていい存在で、主な仕事は、税務代理(税金の申告申請、不服申し立てなどを代理で行う仕事)、税務書類の作成、税務相談など適正な納税をサポートすることとなる。場合によっては財務や会計に関する問題点を指摘したり、経営改善の方法をアドバイスしたり、税務調査に立ち会ったりすることもある。また中小企業を顧客にするケースが多いことから、納税や会計の仕事以外に資産の運用・管理や経営に関する諸問題の相談を受けることも多く、そうしたことに対してアドバイスや指導を行うこともあることから、”中小企業の経営のパートナー”などと呼ばれることもある。税理士の仕事をするには、国税庁が実施する国家資格の税理士試験に合格して資格を取得する必要がある。ただし、弁護士と公認会計士はこの資格を取得しなくても税理士資格が与えられ、税務の仕事を行える。税理士試験は難易度が高かったり、受験資格が厳しかったりすることから、独学で勉強するよりも税理士を養成する専門学校や、大学の法律、経済、商学系の学部、学科に進学して勉強するほうが合格する確率は高くなると言われている。なお、この試験では全部で11科目あるうちの5つの科目に合格しなければならないことになっているが、「科目合格制度」をとっているので一度に5つの科目を受験する必要はなく、計画的に一つずつパスしていく方法を取ることができる。また、税務署に一定の期間以上勤務することによって特定の科目が免除される規定がある。資格取得後は、税理士事務所などに就職するのが一般的。そこで十分な実務経験を積んだ後に、日本税理士会連合会に名簿登録してから、独立して個人事務所を開業するという人が多い。

伝統工芸職人

修理工

航空整備士

航空機の安全運航のために必要な保守点検などを行なう専門の技 術者が航空整備士である。多数の乗客を運ぶ航空機はひとたび事故 が起きれば大惨事につながるため、機体の整備を担当する航空整備 士の責任は重大だが、それだけやりがいのある仕事といえる。■国土交通大臣指定の航空従事者養成施設で学び、国家資格を取得するのが早道。近年では航空会社が専門の航空機整備会社に機体の整備を委託し ているケースが多く、職場となるのは主に航空機整備会社となる。航空機の安全を担う航空整備士には確かな知識と技術が求められ、 第一線で働くためには国家資格が必要。国土交通大臣指定の航空従 事者養成施設に認定されている専門学校で学べば、二等航空整備士 の資格を得ることが可能で、学校によってはさらに上位の一等航空 整備士の取得が可能なコースも設けられている。

Let’s検索 国土交通省>航空>資格等のご案内>航空従事者関連>航空従事者の養成について

関連ジョブ
クエアラインパイロット

宇宙研究開発スタッフ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙の基礎研究から開発利用にいたるまで1つの組織で一貫して行なっている組織で、アメリカのNASA(米国航空宇宙局)に次いで、欧州宇宙機関(ESA)と並ぶ世界的な宇宙研究開発組織となっている。宇宙航空研究開発機構スタッフは、ロケットの開発や打ち上げ、人工衛星の開発・運用を行っており、宇宙飛行士だけでなく、様々な分野のスペシャリストが必要とされる。例えば、ロケットを作る仕事のほか、人工衛星から送られてくるデータを分析する仕事、宇宙探査を行う仕事などはもちろん、それを支える事務系の仕事もある。そのため、理系・文系を問わず、自分の専門分野を究めていけば、宇宙開発に貢献するチャンスをつかむことができる。JAXAでは様々な職種で定期的な新卒採用(短大卒以上)を行っている。職種は理科系や技術系だけでなく、官庁との予算折衝をする経理担当者や広報担当者など文系を求めることも多く、経済や経営をはじめ、法律・会計・外国語などの専門的知識や幅広い能力を持つ人材が常に求められている。職種や募集人数などの詳細とその応募方法は、JAXAのホームページ上で発表されているので要確認のこと。試験は基本的に書類選考、筆記試験、面接で行われる。ちなみに、職種によっては新卒採用ではなく、社会での仕事経験が3年以上あるほうが優遇されるものもあるので、自分が働きたい仕事がそれに当てはまるならば、一度社会へ出てその専門の経験を積んでからJAXAの試験を受けるという手段もある。また各分野の研究者を対象にした採用枠もあるので、大学や大学院などで専門の研究者となってから応募するという方法もある。

セキュリティエンジニア

今日、IT システムにおけるセキュリティの重要性は日ごとに増 している。コンピューターウィルスやハッキング、不正アクセスな どのサイバー攻撃によって、企業から機密情報などが盗まれる事件 が後を絶たない。セキュリティエンジニアはこうした事件を防ぐた めに、クライアント(顧客)の要望を聞きながら、ウェブサイトを はじめとする企業内の IT システムのセキュリティを強化すべく、 システムの設計・構築を行なう。導入後は、企業と情報交換しなが ら、脆弱性(欠点)がないかどうかを検査・監督することも必要だ。ぜいじゃく情報産業一プログラミングの知識は必須。情報セキュリティ会社に就 職して幅広い知識を吸収しよう。[IT]日々新たなサイバー攻撃の手法が考え出されているため、技術を 高めることはもちろん、日頃から IT 業界の動向を観察し、新しい 脅威に対抗していかなければならない。同時に、コンサルタント的 な業務を求められることもあるので、情報セキュリティ企業に就職し て研鑽を積み、できれば情報処理安全確保支援士の資格を取りたい。

関連ジョブ
情報処理安全確保支援士

ひな鑑別師

雛鑑別師とは、卵からかえったばかりのひよこのオス・メスを見分ける仕事です。一見、簡単な仕事に見えますが実は奥が深く 、日本には約100人しかひな鑑別師がいません。その理由として、ひなを鑑別するためには人間の目は判断が必要で、機械ではできない職人技の必要な仕事だからです。プロのひな鑑別師の鑑別率は99.5%を誇り、その実力の高さから欧州を中心に世界各国へ派遣されております。後継者不足や後述するプロになるための条件の厳しさから、ひな鑑別師は仕事内容の単純さの割に極めて採用ハードルの高い、希少性の高い職業なのです。

バイオ技術者

バイオテクノロジーとは、「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」を合わせた言葉だ。
生物(ウイルスや細菌などの微生物から動植物、人類をも含む)が本来持っている物質変換、情報変換、エネルギー変換などの素晴らしい働きを上手に利用して、様々な形で人間の生活に役立てる技術のことである。
そのバイオのテクノロジーを用いた産業がバイオビジネスであり、現在では医療、環境、化学・発酵、農業、食品のほか、情報、電子・機械の分野まで幅広く応用されている。
バイオ技術をそれぞれの分野に取り入れた企業がバイオビジネス企業と呼ばれているが、それらの企業に在籍するバイオ技術者の仕事は、各企業が扱う分野やその事業内容によってさまざまだ。
ちなみに、2003年のヒトゲノム解読完了宣言以来、バイオ関連産業は数十兆円とも言われる巨大市場となり、高度な知識・技術を持つバイオ技術者を求める企業は年々増加している。
バイオ技術者になるには、バイオの専門学校や理工系大学へ進学して、生物工学、生命工学遺伝子工学、生化学、微生物学、分子生物学、核酸・タンパク質・酵素工学などを学ばなければならない。
それらの学問の基礎を学んだだけでも、企業によっては「バイオ技術者」として就職できる場合もあるが、さらに自分の研究したい分野を絞り込んで大学の研究室や公的研究機関などで学び続けた方が、希望の企業へ就職できる可能性は高くなる。
また、日本バイオ技術教育学会が実施するバイオ技術者認定試験(上級・中級・初級)という認定制度があり、これを取得しておくと採用に有利に働く。
次ページにバイオ技術者が活躍する主な分野は紹介しておこう。
このほかにも活躍の場は広がっている。

神経質な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました