日曜日の夜の憂鬱に負けて死にたくなっているあなたへ。どんなに辛くても生き抜いて欲しい。

日曜日の夜は、とても憂鬱なものです。

夜の静寂が孤独をより一層深いものと変えていきます。

そして、明日からまた始まる、しょーもない仕事と、なんの希望もない未来に、ため息ばかりが出てきますよね。

日曜日の夜の憂鬱は、現代人を襲う病気みたいなものです。

サザエさん症候群

「サザエさん症候群」とは、サザエさんの放送される日曜日の夕方・深夜にかけてから「明日仕事行きたくない!会社行きたくない!」という、憂鬱感に全身が倦怠感や体調不良が現れる症状のことを言います。

そもそも「サザエさん」って、時代錯誤で、見ているだけで憂鬱なんですよね。

昭和の古くさ~い家庭感が、もう見ているだけで最悪。

今どき、実家暮らしで夫婦生活なんて「甘え」の一言しか沸きません。

しかもマスオさんは、妻の家に帰省している男の恥

こんな昭和の甘ったれた家庭感に、陽気なBGMが流れてくるんですら、そりゃあ現代人はみんあ憂鬱になるわ!…ちゅう話ですね。

こんなものを日曜日夕方に放送しているなんて「社会人全員憂鬱になれ(笑)」という、テレビ局の悪意さえ感じてきますね。

結婚も若年層の所得低下で現実的な選択肢じゃなくなり、実家暮らしは甘え。

そんな社会情勢の中で、昭和の甘ったれた世界観をお茶の間に垂れ流すのなんて、全社会人にケンカ売っているとしか思えませんね。

暗い日曜日 -自殺の聖歌-

自殺大国、ハンガリーでは「暗い日曜日」という、自殺したくなる気持ちを加速させる名曲が流行りました。

アメリカやヨーロッパでも流行し、イギリスBBCでは放送禁止にされた、いわくつきの曲ですね。

あ^~聞くだけで死にたくなってくるんじゃ^~

ちなみに、作曲者も本人も自殺しているので、オカルティックな呪いの効果も秘められている曲ですね。

日曜日には、全世界で死にたいぐらいに憂鬱な人間が多いことの現れとも言えますね。

日曜日はなぜこれほどまでに憂鬱なのか?

日曜日に憂鬱なのは、言うまでもなく「明日から始まる仕事のせい」です。

仕事が死ぬほど嫌。
仕事がなんとなく嫌。
毎週、毎月、毎年、代わり映えのない日曜日の夜が嫌。

程度はあれど、日曜日の憂鬱の原因は仕事と断言できるでしょう。

仕事はあなたを甘美な自殺の闇に誘うのです。

もし、日曜日の夜に眠ったまま、目覚めることがなければ、日曜日の夜の苦しみからも逃れられますからね。

ですが、朝は訪れてしまうのです。

そして、沈鬱な月曜日の朝から、またいつもと変わらない退屈で憂鬱な一週間が始まるわけですね。

いつもと変わりない、なーんの救いも楽しみもない、変わらない変わらない、つまらない一週間が訪れるわけです。

そんな、先の知れた未来を想像すると、日曜日の夜が憂鬱になるのは当たり前のことなんです。

日曜日の夜は、これまでも、これからも、いつまでも永遠に憂鬱なものとなってあなたにのしかかり続けます。

闇は深い

テレビを消して、夜の静寂が訪れた時、あなたは日曜日の夜の静寂に耐えきれなくなります。

ああ、最近ならスマホがありますので、日曜日の夜の憂鬱を和らげることはできるでしょうね。

しかし、あなたは日曜日の夜の静寂に、こう思うはず。

―――私なんて、ずっと1人なんだ。

私たちは孤独と闇を恐れます。

そして、その闇と向き合うことができません。

油断すれば、すぐに飲み込まれてしまうからです。

だって、その闇は、あなた自信なのですから。

日曜日の夜の静寂は、人が孤独でどうしようもなく無力で、何度も何度も何度も何度も、同じような暗い日曜日を過ごす事実を思い出させてくれます。

だから、あなたは孤独を紛らわすために、今このような文章を読んでいるのでしょうね。

あなたが日曜日の夜の憂鬱に飲み込まれてしまうのは、自分自身の闇と向き合って、耐えきれなくなっているからです。

そして、誰もいなくなった

残念ながら、日曜日の憂鬱を克服することは、誰にも出来ません。

日曜日を楽しく過ごせば過ごすほど、明日から始まる地獄のような日々が、より一層強いものとなっていきます。

遠足前のワクワクして眠れなくなる期待感なんて、大人になると私たちは忘れてしまうのです。

嫌だ、嫌だ、嫌だ。
逃げたい、逃げたい、逃げたい。

そんな感情が頭にうずまきながら、日曜日の暗い夜に私たちは眠りに落ちます。

そして、けだるい朝に、何の期待も希望もない月曜日の憂鬱を抱え、また日曜日の憂鬱に向けて働くだけの一週間が訪れるわけです。

定年まで、あるいは死ぬまで。

そんな、暗い日曜日がずっと訪れ続けるわけです。

このくだらない事実に気付いた時、私たちは死にたくなります。

どーせ、頑張ったところで、救われることはないのだと、未来が見えきってしまうからです。

暗い日曜日から抜け出すためには?

暗い日曜日から抜け出すためには、自殺がもっとも効果的です。

どうせ、いつまでも変わりなく憂鬱な日曜日が続くのであれば、今死んでも、寿命までダラダラ生きながらえても、同じようなものです。

どーせ、先なんて見えきっていますからね。

今までも、これからも、未来が明るくなることなんてないんです。

しかし、死んでしまうのはまだ早いですね。

どーせ、死ぬなら、せいぜい日曜日の憂鬱から抜け出すために、精一杯あがいてみるのも悪くありません。

あなたは、日曜日の憂鬱から抜け出すために、必死に足掻いてみたことはありますか?

ないでしょうね。

暗い日曜日から抜け出すには、自分自身の闇と向き合い、飼いならす必要があるからです。

憂鬱の原因となる仕事を変えよう

日曜日の憂鬱から抜け出すための第一歩は、憂鬱の原因となる仕事を変えてしまうことです。

嫌々我慢して続けている仕事なんて、頑張っても頑張っても報われず、続けても続けても、なーんの希望もないだけです。

憂鬱な日曜日の夜が毎週訪れるという、地獄しか待っていません。

あなたは、今まで自分の手で何かを掴み取ろうと必死にあがいてみたことはありますか?
そして、何かをつかむ喜びを感じたことはありますか?

仕事で憂鬱を抱え込んでいるというのは、会社で頑張ってみても、給料以外に何も得られないからです。

やり甲斐も、向上心も、出世欲も、喜びも、感動も、今の仕事にはないのでしょう。

そんな仕事は憂鬱の原因にしかなりません。

仕事なんて嫌々続けるものではありません。

せめて、希望のある仕事を選ぶべきです。

先の見えた仕事なんて、ただただ憂鬱な日曜日を繰り返すだけの、くだらない仕事です。

憂鬱な日曜日から抜け出すなら転職を考えよう

憂鬱な日曜日から抜け出すためには、前向きに今の仕事を辞めることを考えましょう。

今の仕事を続けることしか考えていないから、いつまで経っても憂鬱な日曜日から抜け出せないんです。

まずは転職エージェントに登録して、面談を受けてみることをオススメします。転職エージェントで予定ができれば、今までの変わり映えのない生活から、抜け出すきっかけが出来ます。

転職エージェントでは、自分の適性に合った仕事を紹介してくれ、自分の可能性を知ることが出来ます。非公開求人も多く取り扱っており、年収アップや待遇向上も見込めます。

転職を考えなければ、どーせ先の見え切った憂鬱な仕事がこれからも続くだけです。人間が前に進めないで憂鬱になるのは、自分の限界や先行きが見えきってしまうことが原因です。

憂鬱な日曜日に毎週悩まされ続けるなら、転職エージェントに思い切って登録して、今の仕事から抜け出すことを考えてみましょう。日曜日の憂鬱を受け入れた瞬間、あなたの未来は永遠に暗いものになりますからね。せめて、抜け出すためにあがきましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ