仕事辞めたいと思う奴は弱い。雑魚はそこで干からびていけ…。

スピリチュアル法師
鬼の転職アドバイザー一通法師です

仕事を辞めることは弱いこと?」と、お悩みで消耗し切っている方もいることでしょう。

手っ取り早く、結論から言います。

仕事を辞める奴は弱い。
どう言い訳しても、この事実は変わりがない。

しかし「仕事を辞めたから弱い」と決めつけられたって、未来のことは誰にもわかりません。

かの夏目漱石も英国で失恋した挙げ句、自分には英文学の才能がないと知って逃げた末、文豪として覚醒していきました。

結局、誰かに「辞めることは弱い奴だ!」と言われて、辞めようかどうか悩む奴なんて、辞めようが続けようが会社からすれば「どっちでもいい」としか思われてないんですよ。

ついでに言えば、そういう中途半端な人材が鬱になろうが、過労死しようが、会社は「申し訳ありませんでした」と心にもない謝罪して終わり。

これが世の中の真実。

つまり「弱い」と罵られるのが怖くて辞められないのであれば、そのまま働いて鬱にでもなって、過労死すりゃあいい。

…まぁ、家族や友人は泣くかもしれないが、世の中に何も残せずおしまい。

逆に勇気を持って断固たる意志で辞めれば、転職先なんていくらでも見つかる。

そういう意味で「辛いから辞めたい…」「弱いと思われたくないから辞めたい…」というのはただの”甘え”なんです。

社員なんて「雑草」同然

最近の新入社員にとくに多いのが「大企業に決まったから自分は勝ち組だ!」だの「公務員になったから将来安泰だ!」だの、日和った考えをしている人間。

こういう奴は、まるでダメダメ。

新入社員なんか大企業からすれば雑草同然。

伸びるやつは勝手に伸びていくし、そうじゃなきゃ枯れて終わりです。

実際「七五三現象」という言葉もある通り、大卒でも3年以内に3割が辞めていく

七五三現象(しちごさんげんしょう)とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のこと。7・5・3現象とも表記する。

出典:七五三現象|Wikipedia

学生時代に苦難を経験したことがない奴ほど「大企業に入社したから人生間違いない!」だの舐めた態度で仕事しているんですよね。

そういう奴が仕事についていけなくなったって、心配してくれるほど会社も社会も優しくはない。

雑魚は淘汰され、強き者のみが生き残るという、社会法則・自然法則に乗っ取っているのが「会社」というものなんです。

「”弱い”と思われる…」なんて理由は言い訳にもならない

私は「上司がムカついたから仕事辞めてやった!」「”なんか違う”と思ったから初日で辞めた」という理由で辞める人は、決断力も行動力もあると思っています。

なぜなら、それで後悔しないで責任背負って前に進めりゃ、ダラダラ社員として働いて愚痴漏らしてる雑魚よりも、よっぽど生きている甲斐があるだろうから。

逆に一番なのが「”弱い”と思われるから辞めたくない…」なんてグダグダ他人に相談するだけしておいて、他人に迷惑や心配かけて挙げ句、結局決断できない中途半端な奴。

こういう奴は、仕事も上手くいかないし、辞める決断も出来ない。

そして、そのままダラダラ給料泥棒して、会社や上司にも「お荷物」扱いされる。

んで、終いには「社会が悪い!」「会社が悪い!」だのグチグチ言うだけだから、みっともない。

仕事が出来ない奴でも「最後までやり遂げてみせる」「次回は成功させる!」という意志があれば、上司も会社も期待してくれるし、前向きに取り組めるから成長できます。

辞めたいのに辞められない…」というどっちつかずの奴は、仕事にも精が出ないし、上司に悟られないようにコミュニケーションもとらないで自分の本心を隠すせいで、会社側からしても厄介この上ないんです。

関連:自分の意見を言わない人は仕事をする上ではめんどくさい。聞かないと答えない察してちゃんが嫌われる理由とは?

つまり、何が言いたいのかというと「弱いと思われるから…」なんてしょうもない世間体を気にしてないで、

思い切って自分の意志で辞めろ

…と言いたいのです。

自分の意志で辞められない人こそ、本当の意味で「弱いままの人生」を歩むしかありません。

しかも、そういう意志薄弱・優柔不断な人間ほど「辞めなければ良かった…」などと言い出すから、手に負えない。

辞めたいなら他人の顔色なんて伺ってないで、自分の意志で辞めるべきなんです。

「辞めたい」じゃなくて「辞めてやる!」で挑め

「弱い」と思われたくなければ「辞めたい」じゃなく「辞めてやる!」で仕事すりゃあ、いいだけです。

だいたい、最近の若者は変に真面目すぎるんですよ。

上司ブチ切れさせたって、仕事辞めさせるようなことはありえないんですよ。

それぐらい、社員を辞めせるのって会社側からしたら面倒。

しかも、上司にここぞという時に物申す人ほど「じゃあ、お前がやってみろよ!」「いいですとも、やってやろうじゃねえか!」で、大きな仕事ぶんどれる。

そこまでの覚悟もないのに、学歴と書類選考、あとは面接でのしょーもない自己アピールだけで入社した若手が「自分はすごい!認められている!」と勘違いしているから、己の無力さを知ってすぐ辞めたくなるわけですね。

「辞める」じゃなくて「辞めてやる!」だ。

辞めたいという気持ちがあるなら、それぐらいの覚悟で仕事に臨みましょう。

仕事を辞めて転職するぐらいなら「攻め」の姿勢でやれ!

仕事辞めて転職するのであれば「逃げ」じゃなくて「攻め」の姿勢で行くこと。

「前の会社が悪いから…」なんてグチグチ言ってる人材、どこの会社も欲しがらない。

どうせ、転職するんならいっそ仕切り直して「前の会社がクソだから、転職先でなら絶対結果出してやる!」ぐらいの気持ちでやらなければ、いつまでも弱い負け犬のまま。

関連:仕事を辞めることは負け犬か?勝ち組・負け組という価値観で仕事するのはやめておこう。

どーせ、今の会社辞めて転職してる時点で「前の会社で何かあったんだな…」と向こうにはバレているので、それを必死に取り繕っていてはダメ。

仕事を辞めることが「逃げ」か「攻め」になるかは、本人の気持ち次第。

「仕事を辞めるのは弱い」と思われるのが嫌ならば、せめて気持ちぐらいは強く持ちましょう。

転職するんならソッコーで決めろ!

「仕事を辞めたい…」なんて言ってる奴が弱く見られるのは「決断力がない」から。

辞めると思ったならば、すぐ行動すればいい。

うじうじ悩んで「弱いと思われるかも…」とうだうだ言って、結局何も行動しないやつが一番弱い。

「私みたいな弱い人間に、転職なんて決められない」と思っている人もいるでしょうが、そういう人は素直にプロから力を借りればいいだけです。

たとえば、今国内で主流となった「転職エージェント」では、最短3ヶ月での転職をサポートしてくれるため、時間がない現代人でもスムーズに転職先を決めることが可能。

転職エージェントとはプロが自分に合った転職先を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用できます。

それだけ、今は人材不足で転職先も多いということであり、一つの会社にこだわる必要もないということ。

今の仕事を続けたって何もいいことはないかもしれないし、転職先で上手くいく保証もない。

でも、それは行動し続けなければ、わからないことなんですよ。

転職エージェントは面談で転職先候補や非公開求人も教えてもらえるし、自分と同じ境遇の相談者の前例も教えてもらえます。

少なからず、うじうじ悩んで「弱いと思われるから…」なんて理由で何もしないよりは、ずっとマシです。

「仕事辞めたい…」と本気で悩んでいるのであれば、今思い切って転職エージェントを利用しましょう。

自分の人生を変えられるのは、自分だけです。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ