「タバコ」「社内喫煙」を理由に転職した嫌煙厨の体験談

私、タバコ吸っている人、大嫌いなんですよ。

いわゆる、嫌煙厨ってやつですね。

いえ、別にタバコ吸って寿命縮めるのは個人の勝手です。

ですが、仕事にまで喫煙を持ち込む人がいると、一気に職場がそいつ中心に動いちゃうんですよね。

だから、私は喫煙している社員は大嫌いなんです。

そんな私ですが、心底喫煙する社員に嫌気が差して、禁煙を徹底している会社に転職しました。

禁煙徹底している会社は優良企業が多いです。

というのも、このご時世で禁煙していない会社なんて、社会意識低すぎですからね。

そんなわけで、私の体験談をお送りします。

喫煙可能なオフィスはダラダラ仕事が当たり前

私が入社した会社は中小企業で、社長がヘビィスモーカーなこともあり、オフィス内で喫煙可能でした。

その頃の私は、とくに喫煙者が嫌いだったわけではありませんでした。

最初は「まあ、タバコぐらいいっか」と思ってたんですが、仕事をしているうちに、タバコが害悪でしかないことを学んでいきました。

社長がオフィス内でタバコを吸うせいで、他の従業員もタバコを頻繁に吸って、仕事が進まなくなるんです。

それで、時間内に仕事が終わるならば、文句はありません。

しかし、社長を始めとした従業員たちがタバコを頻繁に吸うせいで、毎日残業時間が発生するんです。

私は休憩時間外は常に仕事をしているというのに、他の従業員はタバコを吸ってダラダラ仕事していると思うと、苛立ちが募ります。正直言って、すごく不公平ですよね。

そのことについて私が社長に直訴すると「じゃあ、君も吸えばいいんじゃない?イライラしなくなるよ」なんて言ってくるんです。

(いや、そういうことじゃないんだけど…)

飲み会の強要を嫌う若者は多いですが、喫煙の強要もあるのだと、社会人になった私は学びました。

分煙になるとこまめに休憩とる社員が増える

私の入社2年目、オフィス内で分煙化の取り組みが始まりました。

と言っても、会議室を喫煙所代わりに使うだけのものでした。

それでも、オフィス内で副流煙を吸う必要がなくなったので、私にとってはありがたかったです。

しかし、分煙化が進んだせいで、喫煙者の従業員は頻繁にデスクから離れ、かえって作業効率が悪くなりました。

その分、残業時間も目に見えて増えるようになりました。

そのことについて社長に問い詰めると「喫煙も仕事の時間のうちだしね!」などと言ってました。

わざわざ、喫煙者のダラダラペースに合わせるだなんて、本当にありえませんよね。

その頃から、私は転職を考え始めました。

完全禁煙会社は優良企業が多い

私は転職エージェントというサービスで、担当の方に「職場の喫煙」を理由に転職したいと相談しました。

最初は「喫煙理由で転職なんてありえないかなあ…」と思っていましたが、そうでもなかったんです。

最近は禁煙も進んでいるので、非喫煙者の方で職場の喫煙が理由で転職される方もいますよ。時間や仕事に対する感覚も違いますからね

どうやら、私みたいないわゆる嫌煙厨な転職者もいるみたいです。

また、喫煙が仕事に及ぼす悪影響は目に見えてわかりやすいので、それに耐えかねて転職する人も多いそうです。

そして、私が紹介してもらった社内完全禁煙の企業は、優良企業が多めでした。

まあ、この禁煙情勢の中、しっかり禁煙が守られている企業は、コンプライアンス意識の高い、優良企業になって当然ですからね。実際には「禁煙している」と言っているにも関わらず、喫煙している企業もあるそうですが、それは担当エージェントが訪問の際にしっかり確認しているそうです。

私は何社か面接を受けて、無事に完全禁煙に取り組んでいる会社から内定をもらいました。

非喫煙者は禁煙徹底している会社で働くべきです

新しい職場に転職すると、残業が少なめの優良企業で、快適に仕事ができるようになりました。

やっぱり、自分が働いている最中にスパスパタバコ吸っている人や、頻繁に席を離れる人がいないと、仕事の集中力が上がりますね。

周りの人間が仕事出来る職場にいると、仕事もキビキビ出来るようになります。

逆に、未だに喫煙者がはびこっている職場は、健康意識も時間意識も低い、ダメな職場ですね。

最近は他の企業に営業に行くんですが、喫煙可能なオフィスは、やっぱり不健康そうでダラダラムードの漂っているやる気のない職場が多いですね。そういった職場ですと、営業にもやる気の無さが伝わってくるので、結構な機会損失だと思います。

喫煙者に悩まされている方は、禁煙を徹底している企業に転職した方が、絶対に将来のためになります。

禁煙会社を探すなら転職エージェントをおすすめします

禁煙している会社を探すなら、転職エージェントがおすすめですね。

というのも、まず喫煙可・禁煙という情報は、求人サイトには掲載しませんからね。

また、社内禁煙と書きながらも、実際に吸っている職場は多いです。

たとえば、集合オフィスビルの喫煙室で吸っていたり、ベランダは社外というパチンコ屋の景品交換みたいな理屈で吸っている企業もあるそうなんです。

ですので、そういった社内の内情にも詳しい担当エージェントに、込み入った話を聞いてから、慎重に転職先を選んだほうが、絶対に間違いないはずです。

なんといっても、喫煙者は人の足を引っ張り、他人の健康を侵食する、迷惑な存在です。そんな喫煙者に振り回される仕事とはおさらばして、禁煙にしっかり取り組んでいる優良企業に転職しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ