営業職に向いていない人の特徴6つ。営業辞めたい場合の転職先はどうすればいい?

「自分には営業職向いていない…」

そうお悩みの方も多いことかと思います。

営業職は未経験でも就きやすい仕事である一方で、向き・不向きの激しい仕事でもあります。

筆者も営業職として数々の部下を見てきた経験がありますが「この人はちょっと営業職には向いてないなあ…」という人も一定数いました。

そういった人は指導してもまったく成績も伸びず、怒ってもまったく反省と改善が見られなかったため、ハッキリ言って辞めてしまったほうが本人も会社の上司・同僚も無駄なコストをかけずに済むと感じましたね。

今回はそんな営業職に向いていない、営業職を辞めてしまったほうが本人も幸せになれるような人の特徴をご紹介していきます。

↓合わせて読んでおこう!

「仕事向いていない」と感じる人の特徴7つと対処法4つ。向き・不向きは確実に存在すると知っておこう
「今の仕事が向いていない…」 当ブログにお越しの皆様は、少なからず自分の人生や今の仕事に悩みを抱えていることか...
「この仕事向いてないよ?」と言われたら辞めるべき?それとも続けるべき?
「キミ、この仕事向いてないよ?」 上司や先輩にこう言われたことはありませんか? もし言われたことがあるなら、それ...

人見知り

人見知りは残念ながら営業職にはまったく向いていません。

通常、人見知りであっても営業職を前向きに続けておけば、多くの場合は自然と改善されます。

しかし、営業職に就いてもどんくさい人間は「自分は人見知りだから…」と言い訳して、いつまで経っても仕事に対する考え方が変わることはありません。

「誰にでも心を開け」とは言いませんが、取引先や顧客、社内の人間相手に「自分は人見知りだから…」と思って接し続けるような人間は、営業職には不向きでしょう。

素直に他の職種に転職することをオススメします。

関連:人見知りに向いている仕事に転職するコツ。人付き合いが苦手でも出来る仕事は意外と多い

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人間は、営業職にはまったく向いていません。

営業職の基本は一にも二にも「コミュニケーション」にあります。

必要とあらば仕事には関係ない世間話も必要ですし、仕事に関わる話を的確に伝える技術も必要になってきます。

また、飲み会などの付き合いにも参加し、社内の人間や取引先とのコミュニケーションも必要になってきます。

「自分はコミュニケーションが苦手だから…」という理由で飲み会や付き合いを断る人もいますが、それは間違いです。

営業職が仕事で成果を出すためには、人付き合いやコミュニケーションが大切なのです。

よっぽど能力や才能がある人でもない限り、他人と最低限のコミュニケーションがとれなければ営業で成果を出すことなどできるわけもありません。

仕事でのコミュニケーションが苦手な人は、素直に人付き合いが最低限で済む職場に転職した方が気が楽になることでしょう。

挑戦しない

営業職は体育会系の社風もあるため「経験して覚えろ!」という方針がかなり強いです。

説明書を見てから一からマニュアル通りに動くような人では、営業職は務まりません。

動きながら考える。
失敗しながら覚える。

これが営業職の基本です。

最初から営業を仕掛けて上手くいくように考えていては、一生上手くいくわけがありません。

そういった事実に気づけないのは「成果を出すまで挑戦し続ける」ことが出来ないからであり、根本的に営業職に向いていません。

客に罵声を浴びさせながらも結果を出すまで動き続ける泥臭い努力。
失敗してもめげずに何度も立ち上がる不屈の精神。

こういった根性がなければ、営業職を続けていくことは難しいでしょう。

融通が利かない

営業職は臨機応変さが求められ、融通が利かない人には向いていない仕事です。

・融通が利かない人の特徴

  • 冗談が通じない
  • 予定の変更や指示の変更に柔軟に対応できない
  • 正解・マニュアルがないとまともに仕事できない

営業職では、顧客と会う際に予定変更や不測の事態も頻繁に起こりえますが、その度に「時間通りに事が運ばない」「思ったとおりにことが進まない」とストレスを抱えるようでは、根本的に営業職に向いていないでしょう。

そういった考え方は仕事の態度にも現れ、顧客や上司にも見抜かれていまいます。

外に出ることが好きではない

営業職の基本は、外に出て「相手に会って見て聞く」という泥臭い努力です。

最近ではネットが発達して他人に会わずとも仕事が進むようになったからこそ、より初対面の相手と会って話すことが重要な時代になってきました。

にも関わらず、わからないことはすべて検索で調べたり他人に聞くなど、自分で試す・他人に会って聞いてみることすら出来ない人が増えたのは、便利すぎるゆえの代償と言えるでしょう。

フットワークの軽さが要求される営業職が「外に出ることが好きではない」というのは、あまりに致命的すぎる特徴と言ってもいいでしょう。

新しい相手と会って仕事につながるきっかけにワクワクできない人は、根本的に営業職には向いていません。

素直に、他人に干渉されない・あまり外に出る必要のない仕事に就くことをオススメします。

ルーチン作業は得意

営業職と真逆にある「ルーチン作業は得意」という人は、根本的に営業職に不向きでしょう。

営業職は臨機応変さやアドリブ対応が求められ、正解のある仕事ではありません。

一方で、工場の組立作業や点検作業・事務職といった、人を相手にする必要のない仕事はマニュアルが完成している分、ルーチン作業が得意な人にはうってつけです。

今回挙げたような、営業職に向いていない人にとっては天職とも言えますので、営業職に向いていないと感じたらルーチン作業の得意さを活かせる仕事に転職することを前向きに考えましょう。

営業職が向いていないなら辞めた方がいい

今回紹介した「営業職に向いていない人の特徴」に当てはまる方は、素直に辞めて転職することを考えたほうがいいでしょう。

営業職は放任主義的な職場も多く、自分から成長できる人とそうでない人の差が就きやすい職種だと言えます。

一方で、工場や点検・事務作業はやることがハッキリと決まっており、コミュニケーション面も必要最低限で済みます。

とくに工場関係の仕事は人手不足で未経験者でも採用してもらえるチャンスが多く、将来性もそこそこ安定しているため、営業職に向いていないと考えるなら転職を検討しておくといいでしょう。

関連:工場勤務のメリット・デメリット。工場勤務のおすすめの業種は製造業全般?

また、職場の人間関係や社風が原因で営業の仕事に伸び悩んでいる方は、自分と相性がいい職場で営業職として転職することで、驚くほど成長できる職場と出会える可能性もゼロではありません。

営業職に向いていないと感じていても、単に「今の職場の仕事内容や上司と相性が合っていないだけ」という可能性もあるので、前向きに転職を検討しておくといいでしょう。

もともと、営業職は人の入れ替えが激しい職種ですので、職歴さえあれば今の職場で上手く行ってなくても転職は成功しやすいです。

向いている仕事・向いていない仕事

向いている仕事と出会いたいなら「転職エージェント」を使っておこう!

「今の仕事が本当に自分に向いているかわからない…」
「もっと自分に向いている仕事に就きたい…」
「やり甲斐や自己実現のためにキャリアプランを練り直したい…」

このように「今の仕事は本当に自分に向いているのか?」とお悩みの方は「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは、言わば”仕事選びのプロ”

本当にあなたに合った転職先を代わりに見つけてくれます。

転職エージェントで自分の可能性に気づき、転職を決意する人も最近ではかなり増えています。

そして転職エージェントは完全無料で利用できます

これは紹介先企業がすべての費用を負担しているため、転職希望者は一切費用がかからないからです。

相談するだけオトクなので、今の仕事が向いていないと感じている方は、試しに相談してみるといいですよ。

就活生の方はこちら→就活生が意外と知らない就活サービス!自分に合った就職先を見つけるなら絶対にチェックしておこう!

初心者にオススメの転職エージェントは「DODA」

 

初めての転職を考えるのであれば「DODA(デューダ)」は絶対に登録しておきましょう。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で、安定した実績もあります。

その上、どんな経歴でも登録拒否されることもないので、今の仕事に自信のない人でも安心して利用できます。

満足度も業界No.1なので、DODAを使っておけばまず間違いありません。

登録求人数も5万件以上と多いのですが、その8割以上の優良求人は非公開求人であり適性のある人でなければ紹介してもらえません。

そのため、転職サイトやハローワークでは出会えないような、自分に向いている天職とも出会うチャンスも生まれます。

また、企業実態の調査も行っているので、ブラック企業を紹介されることもありません。

DODAの登録は「会員登録→職務経歴→確認」と入力していく必要がありますが、自己アピールなどの入力は一切ないので、5分もあればすぐに終わります。

後日、面談の日程についての連絡があるので、プロのキャリアアドバイザーに相談して、自分の向いている仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、時期によってはキャリアカウンセリングを受けられないこともあります。

ですので、余裕があればプロフィールや職務経歴を充実させておき、エージェント側からアプローチしてもらえる様にしておくと確実ですよ。

登録しておくだけチャンスの生まれる「リクナビNEXT」

エージェント制ではありませんが、登録しておくだけで優良企業からスカウトメールの届く「リクナビNEXT」も無料で登録できるのでこの機会に利用しておくといいですよ。

リクルートには転職に関するノウハウと圧倒的情報量があるので、自分に本当に向いている求人が自動で送られてきます。

またリクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というクオリティの高い自己分析ツールが用意されており、これを使っておくとより自分に合った企業と出会いやすくなりますよ。診断結果は企業側からも確認できるので、より相性のいい会社からスカウトメールが届く確率も高くなります。

リクナビNEXTは無料で登録でき、個人情報の入力もすぐに終わるので今すぐ登録しておきましょう。

転職者の8割以上が使っているので、使っておくだけ他よりも有利に転職活動が進みます。

また、リクナビNEXTは他社エージェントからのヘッドハンティングの場としても使われており、思いがけないエージェントからも面談確約のオファーが届くこともあります

オファーを受けやすくするには、職務経歴書やリクナビNEXTの利用履歴を充実させる必要もあるので、転職に興味があるならガンガンリクナビNEXTを使っておきましょう。

その他の転職エージェント

「DODA」「リクナビNEXT」以外にも、国内には多数の転職エージェントがありますが、それぞれに特徴や強みがあるので転職に興味があるならいくつか併用しておきましょう。

すべて無料で利用できます。

・国内主要転職エージェント

パソナキャリア
…公共事業・地方事業などの社会貢献意識の強い人向け利益よりも仕事のやり甲斐重視の転職エージェント。対応が非常に丁寧。→パソナキャリアの詳細はこちら

マイナビエージェント
20代~30代の若手向けエージェント。ベンチャー気質が強く、とくにIT系の紹介に強みを持つ。→マイナビエージェントの詳細はこちら

メイテックネクスト
…製造系エンジニア向け特化の転職エージェント。ものづくりエンジニアは必ず利用しておきたい→メイテックネクストの詳細はこちら

JACリクルートメント
外資系・海外転職・グローバル大企業などハイクラス転職特化のエージェント。求められる経歴は高くなるが、その分高年収の仕事の紹介が多い。→JACリクルートメントの詳細はこちら

DYM就職
既卒・第二新卒・フリーターなど経歴にネックのある人向けのエージェント。他のエージェントで、登録や面談を拒否された場合はここがオススメ。→DYM就職の詳細はこちら

・その他の転職エージェントは以下の記事をチェック!

 →国内の主要エージェントの比較記事はこちら

 →外資系運営エージェントの紹介はこちら

 →業界向け特化の転職エージェントの紹介はこちら

それぞれのエージェントの特徴と強み、あるいは運営方針や社風があるので、本当に自分に向いている仕事にこだわりたい方はなるべく多めに利用しておくといいでしょう。

関連コンテンツ