仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

東京都内で働くメリット6つ!東京で就職すると人生は楽しくなるし充実する!

「東京で就職したい…」
「上京すれば何かが変わりそう!」
「東京は便利で仕事も多いので、上京したい!」

そう考えていませんか?

しかし、世の中にはイヤ~な人がいて東京に行っても何も変わらない」「東京は危ないところ」と、人の夢を邪魔する人もいます。

たとえば…

某ブロガーさんは「まだ東京で消耗しているの?」と言ってますし、
かっこいいロック歌手は「東京~♪狂った街~♪」と歌っていました。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

東京が狂った街で住んで消耗してしまうのであれば、日本の首都は東京ではなくなっているはずでしょうし、東京の人口ももっと減るはずですよね。

つまり…。

それだけ、東京にはたくさんに魅力とメリットがあるということです。

この記事ではとっても魅力的で夢のあふれる、東京のメリットを6つほど紹介していきます!

東京で働くメリット

東京で働くメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

ひとつひとつ、見ていきましょう。

給料が高い!

東京はとにかく給料が高い!

アルバイトでも時給1500円クラス。

正社員を目指すのであれば、中卒で経歴がなくても、20代なら月20万円クラスの仕事はすぐに見つかります!

たとえば「ハタラクティブ」というサービスを使えば、地方に住んでいる人でも東京の仕事を紹介してもらえるので、今すぐ使っておきたいですね。

一度東京でいい仕事に就けば、サラリーマンやOLとして、キレイなオフィスで一人前の社会人として、ガンガンキャリアも積めます!

これが地方なら、どうでしょうか?

農業・工場勤務・配管工といった、地味ぃ~で汚いお仕事ばかり。

しかも、汚い思いをしても、月10万ぐらいしかもらえません。

こんなに理不尽なことはありませんよね?

そういった現実を考えると、東京に住むだけで人生勝ち組の切符を得られちゃいます!

都会なので超便利!

東京は都会なので超便利!

とくに山手線(電車)なんて、すごいですよ。

なんと、5分おきに電車がやってくるんです!

田舎なら1時間に一本しか来ないので、乗り遅れたらおしまいです。

しかし、東京なら5分おきに電車が来るので、乗り遅れても大丈夫!

しかも、千葉・埼玉・神奈川なら電車で30分もかければ東京まで行けます。

東京に住まなくても、隣の県に住めば、東京に住んでいるのと変わりありません。

また、わざわざ車を持つ必要がないので、マイカーローンやガソリン代が浮きます!

月2万円ぐらいはこづかいが増えるので、楽しみが増えちゃいますね。

選べる仕事がたくさんある!

東京に住めば、選べる仕事がたくさんあります。

都内にしかない仕事の例

  • テレビ番組制作・マスコミ業界の派手で華やかなお仕事
  • 音楽業界・芸能業界など、有名人と関われるお仕事
  • 雑誌出版など、ブームを作り出すお仕事
  • ゲーム・アニメ・マンガなどのクリエイティブ系のお仕事

とくに、芸能関連やクリエイティブ関連は、多くの会社が東京に集中しているので、夢を追うのであれば東京で働く以外の選択肢はありえません。

その他にも「大企業でのお仕事」「アパレル店員」など、派手で華やかな仕事が東京にはたくさんあるので、夢がふくらみますね。

一方で、田舎ではどうでしょうか?

女性なら介護職や工場勤務、男性なら建設などのインフラ関係ばかりで、ほとんど選択肢がありません。

それが東京に住むだけで、仕事は選び放題なんです。

夢と可能性のある若者が、東京で働かない意味がわかりません。

趣味もプライベートも充実する!

東京で働くと、趣味もプライベートも充実します。

  • 渋谷では901などのオシャレの最先端の店がある
  • 原宿では竹下通りなど個性あるお店がたくさんあるし、モデルとしてスカウトされることも
  • 秋葉原にはアニメ・マンガ・アイドルなどの最先端の流行が集まっている
  • 新宿には一流企業のオフィスが集まっており、都庁ビルもあり、まさに「日本の中心」だと言える

他にも東京には遊べる場所がたくさんあり、出会いも増えます。

一方で田舎では、飲み屋かフーゾクかパチンコぐらいしか趣味がありませんよね?

地方に住むだけで都会の遊びが味わえないので、人生8割ぐらい損しちゃってますよ。

出会いが多くて恋愛も充実する!

東京では出会いが多くて、恋愛も充実します。

  • 一流企業で働く高年収エリートと出会えるチャンス!
  • 芸能業界見習いの将来の有名人と出会えるチャンス!
  • 芸能業界関連で働けば、有名人と付き合えるチャンスも!

上の例は極端ですが、東京には田舎で満足できない意識の高い人が多いので、ファッションや趣味のレベルも高く、仕事で成功している人も多いです。

なので、恋愛もレベルの高い人と付き合いやすいと言えます。

一方で田舎ではどうでしょうか?

地方でのんびりしょぼい会社で働いている人や、ダサい格好で買い物にいくような人ばかりで、うんざりしちゃいますよね?

東京は原宿あたりを歩くだけで「自分もトレンドの最先端にいるんだ!」と自信が持てるので、地方で生きるよりは絶対に人生充実しますよ。

レベルの高い人や成功者が多いので、仕事で大活躍できるチャンス!

東京は、レベルの高い人や多くの成功者が集まる街です。

しっかりと仕事を選べば、そういうレベルの高い人や成功者に見込まれて、大活躍できるチャンスを手にすることができます。

日本のすべてのブームとトレンドは、東京から生まれています。

有名なテレビ局も大企業も政治家も、すべては東京という地に集結しているんです。

あなたも受け身で東京で生まれたテレビ番組やファッションを消費するだけはなく、生み出す側になりたくないですか?

イノベーションやトレンドを作るかっこいい存在になりたいのであれば、まずは絶対に東京で働くことが、第一歩です。

東京で働いていれば、いつか大物からスカウトされる可能性がありますし、成功者やレベルの高い人と出会って、価値観が変わることもあります。

しかし、地方ではレベルの低い人ややる気のない人ばかりが残り続けるので、仕事にも人生にも刺激がありません。

よく「レベルの高い人と仕事すると自分のレベルも上がる」「成功者に会うと人生観変わる」と言いますが、本当のその通りです。

どんなに磨けば光るダイヤの原石やアイドルの卵も、田舎にいてはその才能を発揮することなく、貧乏な男と結婚して冴えない人生を送って終わりです。

しかし、東京に行けば、大物プロデューサーと出会ってスターになることも夢ではありません。

東京にはすべての夢を叶える、無限大の可能性があるのです。

東京で働きたいなら、今すぐ行動しよう!

以上のように、東京で働くメリットはあまりに大きすぎると言ってもいいでしょう。

地方で生きているだけでは絶対に味わえないような、チャンスや充実した生活が手にはいります。

ですので「東京に行こうかどうか迷っている…」という方は、迷わずに今すぐ行動しましょう。

東京は常に変化し続けるスピード感のある街なので、今すぐ行動しないと時代から取り残されますよ。

一方で、田舎は今日も明日も何も変わり映えのしない、地味ぃ~でつまらない毎日が延々と繰り返されます。

あなたは東京と地方、どっちで貴重な若い時期を過ごしたいですか?

若い時間は短いものですし、行動しないとドンドン周りから取り残されてしまいます。

高校デビューでイメチェンすれば人生が変わるように、住む場所が変われば人生も変わります。

ぜひ、今すぐ行動して東京で新しい自分に生まれ変わりましょう。

東京に上京就職するなら「TokyoDive」がオススメ!

東京に上京して働きたい方は、株式会社アプリの運営する「TokyoDive」の利用がオススメです。

TokyoDiveは登録して電話面談するだけで、東京都内の仕事と住まいを紹介してくれる便利なサービスです。

しかも完全無料住まいも初期費は無料で提供してくれます。

以下の記事では、当サイトからTokyoDiveを利用した方の体験談も掲載しております。

「無料で住まいも仕事も提供してくれるなんて怪しくない?」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、世の中には「働いてくれるのであれば、社員寮を提供する」という会社もたくさん存在しており、働く意欲があればそれだけ社会はチャンスを与えてくれる人は多いということです。

とくに今は若手不足で、どこの会社も20代の若者を欲しがっています。

「若い内ならチャンスはいくらでもある!」と言いますが、本当にその通り。

TokyoDiveを使えれば、誰でも東京で働くチャンスですので、ぜひこの機会に使ってみてください。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。