転職したいけど怖い時に考えておくべきこと。初めての転職が不安で勇気が出ない時に知っておくべきこととは?

「転職したいけど怖い…」
「転職したいけど勇気が出ない…」
「転職したいけど最初の一歩が踏み出せない…」

そう悩んでいませんか?

「転職したいけど怖い…」と悩んで、行動出来ないまま毎日を過ごしている方は多いことかと思います。

初めての転職活動を怖いと感じている方は、おそらく「何から始めればいいかすらわからない…」という状態で悩んでいると思います。

転職活動はただ闇雲に行動するだけでは、いい転職先に巡り合えず、失敗してしまうことも珍しくはありません。

ですので「転職したいけど怖い…」と悩むのは、自分のキャリアや人生に対して考えている証拠だとも言えます。

転職すれば、今の職場を辞めるわけですから、もう引き返すことはできません。

怖いと感じて慎重になるのは、当然のことです。

当記事では、転職が怖いと感じる心理や原因を一つずつひも解きながら、具体的に転職活動でどう行動するべきかまで、勇気を持って転職活動に踏み出せるための情報をお届けしていきます。

スポンサーリンク

転職したいけど怖いと不安に感じてしまう心理や原因とは?

まずは「転職したけど怖い…」と不安に感じてしまう心理や原因を解説していきます。

「転職が怖い…」と感じてしまう原因は
主に以下の通りだ!

  • 転職活動で何から始めればいいのかわからなくて不安
  • 今の職場を辞めて悪く思われるのが怖い
  • 転職に失敗して後悔するのが怖い
  • 次の転職先で上手く行くかどうかが不安で怖い

それぞれ詳しく解説していくので
転職が怖いと不安な方は
ぜひとも自分の心理と重ねて読んでみてくれ!

転職活動で何から始めればいいのかわからなくて不安

転職したいけど怖い人は、初めての転職活動で何から始めればいいかわからずに不安になっているのかもしれません。

学校側がレールを敷いてくれる就職活動と違い、転職活動は完全に一人でゼロから進めていく必要があるので、初めて転職する方は「何から始めればいいかわからない…」と不安になって怖いと感じてしまうこともあることでしょう。

たしかに就職活動は
学校がサポートしてくれるし
言われたことだけやっておけばいいですもんね…

転職活動は完全にゼロからのスタートで
何から始めればいいかわからなくて
結局、何もしないまま…なんてこともありますよね

そうそう
なので転職が怖いと不安な方は
まずは「転職活動で何から始めるべきか?」を
しっかり把握して行動に移していく必要があるんだ

転職活動は就職活動と違い、すべて自分自身で決めて行動していく必要があります。

ですので、今まで親や会社の言うことに従っておけば問題なかった学生時代や就職活動と違い、自分自身の意志と判断で一から物事を決めていかなければなりません。

中には「転職するなら何から始めるべきか?」すら、自分自身で決めらない人もいるかと思います。

転職したいとは考えているんですけど
何から始めればいいかもわからないんですよね…

わかる…
それでまったく行動出来ないまま
ただ毎日が過ぎていくだけの日々…

誰もが初めての転職は怖いものだ!
誰もが初めは同じ気持ちだ!

だから安心してくれ

転職活動は
一つずつ地道にやるべきことをやっていけば
誰でも成功できる!

転職活動では「やるべきこと」が非常に多く、何から始めるべきかわからないまま、不安を抱えて過ごしている方も多いはずです。

ですが、その「やるべきこと」を一つずつ地道にこなしていくことで、転職は初めて成功するのです。

転職活動で具体的に何から始めればいいかは
この記事やサイト内で紹介していくので
しっかりと最後まで読んでくれ!

転職したいけど怖いなら、まずは「やるべきこと」をしっかりと把握しておく

退職・転職して悪く思われるのが怖い

転職したいけど怖い人は、今の職場を辞めて悪く思われるのが怖いと感じて不安になっているのかもしれません。

転職して仕事を辞めることは、何も自分自身や転職先企業だけの問題はなく、今の職場や人間関係、あるいは家族や恋人・友人までに迷惑がかかる可能性があります。

ですので、今の職場を辞めて周りに悪く思われるのが怖いと感じてしまう方も少なくはないはずです。

う~ん…
職場の人は悪い人ではないし
親や恋人に対しての感謝もあるから
辞めることには申し訳なさがあるんですよね…

僕も有名な企業勤めで就職活動でも苦労したし
お世話になった上司や同僚を裏切る形は気が引けるな…

一度仕事を辞めたことがあればわかるが
辞めたところで意外と誰も気にしてないものだ

本当なんですかね…
裏で何か悪いこと言われませんか?

今の職場の人が辞めた後のことで精一杯になるので
すぐに「誰かが辞めたこと」すら気にしなくなる!

あぁ…たしかに…
同僚が辞めても悪く言うことよりも
「抜けた後どうするか?」の方に意識が向きましたね

一度、仕事を辞めた経験があったり、あるいは職場の他の人間が辞めた経験がある方ならわかりますが、仕事で誰かが辞めても気にならないものです。

ですので、今の職場の同僚や上司に気遣っていたり、あるいはプライベートでお世話になっている家族や恋人・友人に申し訳ない気持ちがあって「転職するのが怖い…」と感じているのであれば、落ち着きましょう。

本当に周りがあなたを大事に思ってくれているなら
退職も転職も前向きに受け入れてくれるはずだ!

ただし、職場の人間関係が悪かったり、上司が話がわからない人間ですと、退職や転職を引き留めて来たり妨害してくるケースも報告されています。

その場合は「退職代行」と呼ばれるサービスを活用して、上司や企業の退職の意志を伝えるという方法もあります。

退職代行では、ブラック企業で脅されるように退職を妨害された人や、上司の引き留めにあって辞めにくかった人でも、無事に退職までサポートした実績が数多くあります。

上司や会社が辞めさせてくれないと不安なら
退職代行を使うことも考えておくと安心ですね!

転職したいけど怖い人で、周りに悪く思われるのが怖かったり、あるいは実際に退職・転職を妨害されそうで不安に感じている方は、考え方を変えてみたり、退職をサポートしてくれる業者の存在を知っておくことで、勇気を持って転職活動に挑戦してみるといいでしょう。

  • 今の職場を辞めて周りにどうこう言われても問題ないし、意外と誰も気にしてない
  • 退職するのがスムーズに進まなそうなら「退職代行」の利用も検討する

転職に失敗して後悔するのが怖い

転職したいけど怖い人は、転職に失敗して後悔するのが怖いと感じて不安になっているのかもしれません。

転職して別の職場で働くということは、今の職場や努力を捨ててしまうことをも意味します。

今まで積み上げてきた学歴や経歴、就職活動での苦労、今の職場で積み上げてきた実績や人間関係…。あらゆるものを捨ててリセットしてしまうわけですから、怖くて不安になるのもしょうがないことでしょう。

たしかに就職活動で苦労して
今の職場で積み上げてきた実績を捨てるわけですから
転職はギャンブルみたいに思えちゃいますよね…

友人や家族に相談すると
「せっかくいい職場にいるのにもったいない…」なんて
言われることもあって迷っちゃうなぁ…

そう思う気持ちはわかるが
それは正しくはない考え方だ

………???

転職とは「今まで積み上げてきた経験や実績を基に新しい職場に挑戦」する行為なんだ!

よく「転職活動=リセット」と考えがちですが、その考え方は正しくはありません。

むしろ、今までの実績・経験・経歴をしっかり整理した上で転職活動に臨めば、得られるものの方が多いぐらいです。

逆に言えば「転職活動=リセット」と考え、今までの経験・実績・経歴を無視して転職してしまうと、失敗する可能性が高くなります。

どういうことですか…?

今までの経歴を無視して
まったく違う職種に転職しようとなると
採用される見込みのある企業は減ってしまう…

その結果、誰でも入社できるような企業や
集まる人の質が悪い職場を転々とするハメになるわけだな

あっ…!
もしかして「転職に失敗した…」って嘆いてる人が
そのパターンですかね?

そうそう
「仕事が続かない…」と悩んでる人も多いが
経歴をリセットしようとすればするほど沼にハマるわけだ

ネット上には「転職に失敗した」「転職して後悔した」という経験談も多いですが、その多くが「間違った転職方法で失敗してしまった人」の話です。

逆に言えば「今までの経歴をリセットしようとしない」「過去の経歴や実績を活かした転職」を意識しておけば、転職活動が失敗することは少ないとも言えます。

また、転職に失敗して後悔してしまう人に多いのは、以下のようなケースです。

  • 今までの経歴を無視して、全く別の職種・業種ばかりを探している
  • 内定をもらうのが楽な求人ばかりに応募している
  • 事前の情報集め・面接での質問・内定後の調整などを怠っている
  • 数社から内定をもらった後に検討するという発想がない
  • 空白期間を過ごして、焦るように妥協して転職先を見つけ出す

これらの転職の失敗パターンの多くは、自分一人で誰からもアドバイスやサポートを受けずに転職活動してしまったり、あるいは周りの的確でない意見をうのみにした結果、起こりがちです。

転職には「正解」は存在しないので
最後は自分自身で納得して決断することが
失敗して後悔しないための秘訣だと言えるな!

たしかに納得できない条件で入社しても
不満を抱えたまま転職先で働くことになりそうですもんね…

「内定もらえればどこもでいいや…」って思ってたので
事前に情報を集めたり内定をもらった後に検討するのは
たしかに失敗を防ぐために大事そうですね!

自分が納得が行くまで転職先を選べば、失敗したり後悔することはない

次の転職先で上手く行くかどうかが不安で怖い

転職したいけど怖い人は、転職先で上手く行くかどうかが不安で怖いと感じているのかもしれません。

今の職場でも上手くやれてないのに
新しい環境で挑戦しても上手くやれる自信がない…

今の職場で上手く行ってるのであればともかく、多くの場合は今の職場で上手くいっていないからこそ、転職を考えているのだと思います。

そうなると、次の転職先でも上手く行くかどうか不安になって、勇気が出なくなるのも仕方のないことでしょう。

そういった方に考えて試してみてほしいことが「自分が今までしてきたことを振り返ってみる」「しっかりと数字や文字で自分の努力を振り返る」ということです。

今までしてきたこともがんばってきたことも
あんまり思い浮かばないかも…

いやいや…
そんなことはないはずだ?

転職活動でつまづく方の多くが「自分の経歴や実績を客観的に把握していない」という状態にあります。

今の仕事に対してひたむきに努力していたり、目の前のことに追われていると「今まで自分ががんばってきたこと」に気づかないまま、無意識に経験が蓄えられるものです。

ですので、一旦冷静に自分の経歴を振りかえってみた上で「自分の経歴や実績はどのような転職先で通じるか?」を把握して、新たな転職先でも上手く行くイメージを作ることが大事になってきます。

転職で面倒な「職務経歴書」
自分の経歴を振り返るためには有効な手段なんだ!

自分の経歴や実績が他の職場で通用するかどうかも
イマイチよくわかってない状態ですからね…

「今までの自分の経歴ならこの転職先なら活躍できそう!」と思えると
転職活動や面接でもモチベーションが上がりそうですね

でも自分の仕事に自信が持てないので
いざ職務経歴書を書くとなると
まったく思いつかないんだ…

そういう場合は
他人から客観的な評価をもらって
素直に受け入れることも大事だぞ!

次の転職先で上手く行くかどうかは、実際のところは「やってみるまでわからない」ものです。

ですが、今までの自分が積み上げてきた実績や身につけてきた経験をしっかりと洗い出して認識すれば、次の転職先で活躍できるイメージが浮かぶはずです。

そのためには、自分自身で経歴を振り返ることはもちろんのこと、他人から自分の仕事や経歴に対して客観的評価をもらうことも大事になってきます。

自分の経歴や経験を客観的に評価してもらう意味でも
転職エージェントなどでプロからアドバイスを受けておくと
次の転職先への不安もなくなるはずだぞ!

  • 今までの経験・実績・経歴を振り返って、職務経歴書をしっかりと仕上げる
  • 転職のプロから客観的なアドバイスをもらっておく
  • 次の転職先で上手く行くイメージを作った上で転職活動に臨む

転職する勇気が出ないなら転職のプロに相談してサポートしてもらうことも大事

転職したいけど怖いと感じていたり、転職する勇気が出ないのであれば、転職のプロに相談しておいてサポートしてもらうことも大事です。

転職のプロって
ハローワークにでも相談すればいいのかしら?

うーん…
ハローワークって
しっかり話聞いてくれない職員ばかりのイメージが…

転職に関する相談なら
人材会社の手がける
「転職エージェント」が一番だな!

転職のプロに相談するなら、まずは「転職エージェント」と呼ばれるサービスの利用がオススメです。

転職エージェントは無料で利用でき、主に以下のようなサポートを行ってくれます。

  • 転職に関する不安や悩みの相談
  • 自分に合った求人の紹介
  • 職務経歴書の書き方の指導
  • 面接の指導や対策
  • 転職先とのスケジュール調整や年収交渉

「転職が怖い…」と感じていたり
転職で何をすればいいかわからないなら
素直に転職エージェントに相談するとスムーズに進むぞ!

うーん…
でも転職エージェントってビジネスでやってるから
しっかり話を聞いてくれるか不安だなぁ…

もちろん転職エージェントでプロに相談しても
すべての悩みが解決するとは限らないし
担当者によって意見も変わってくると思う

だが安心してくれ
転職エージェントは複数併用してもOKだし
担当者と合わないと思ったら変更も可能だ

転職エージェントは、複数社併用することも問題なく出来る上に、担当者が合わないと思ったら交換を申し出ることも可能です。

ですので、転職が怖いと悩んでいるのであれば、自分に合った担当者と出会い納得の行く転職活動が出来るまで相談することも出来ます。

でも担当者の交換を申し出るのは
相談に乗ってくれた方に申し訳ないのでは…?

大丈夫だ

転職エージェントでは後日のアンケートなどで
担当者本人に伝えずとも交換を申し出る仕組みも出来ている!

それなら転職するのが怖くて悩んでいる人も
本当に自分のために相談に乗ってくれる人と出会いやすそうですね!

転職エージェントは人同士のやりとりが主となるので、絶対に自分と合った担当者がつく保証はありませんが、担当者の交換や併用で自分の納得の行く提案をしてくれる方と出会う確立を高めることはできます。

転職したいけど怖いと悩んで勇気が出ない人は、転職エージェントに登録してみて、ぜひ新たな一歩を踏み出すきっかけを得てみてください。

最後に当サイトで厳選した
オススメの転職エージェントを紹介していくぞ

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも国内No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」は必ず使っておきたいです。

▼リクルートエージェントの特徴やメリット

  • 人材業界No.1最大手の転職エージェント
  • 転職成功実績40万件以上
  • 求人数最多、大手・有名企業求人の取扱多数
  • 面談までのスケジュール調整がスムーズ
  • 面談拠点全国(電話・メールだけでも可能)
  • スマホアプリひとつで連絡対応可能

リクルートエージェントでとくに注目したいのが、

「圧倒的求人量」
「スピーディなサポート対応」
「スマホアプリでの効率的な連絡体制」

…の3つです。

「リクルート」は知名度もバツグンなので
信頼性も高い業者ですからね!

うーん
でも僕はリクルートには苦手意識があるなぁ…

そういう人もいるだろうから言っておくが…
多くの転職採用をしている企業が
「まずはリクルートから使おう」となるので
大手・有名企業の求人もリクルートには集まりやすい

たしかにリクルートは有名企業だけあって
求人も大手や有名企業が多いイメージがありますもんね

また人材業界の事情を少し知っていればわかるが
「他の転職エージェントはリクルートとの差別化を意識」しているので
まずは国内No.1のリクルートエージェントを使ってみて

合わないと思ったら他のエージェントを使ってみる流れがオススメだ

リクルートエージェントは業界No.1だけあって、求人量・使いやすさ・スピーディーさなどが圧倒的ですので、登録して求人を紹介してもらうだけでも便利です。

また、電話面談・メール連絡だけで転職活動を進めることも可能で、転職活動の目安は約3か月ほどです。

登録フォームに沿って入力していけば、自動で面談予定の案内が送られてくるので、少しでも転職したいと考えている人は早めに登録を済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントについて
もっと詳しく知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

Spring転職エージェント

世界No.1の人材会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

▼Spring転職エージェントの特徴やメリット

  • 世界No.1の人材会社アデコが運営(外資系)
  • 求人は「量より質」の傾向で情報の精度が高い
  • 求人情報に広告色が一切ない
  • 担当者の求人提案力に期待できる
  • 担当者個人が利用者と企業の仲介を担う

とくにSpring転職エージェントで注目したいのは
「両面型コンサルタント」と呼ばれる仕組みだ

うーん…
これって何か違いあるんですか?

面談担当者が「企業」「利用者」どちらも担当するので
より詳しい転職先の情報提供や事前の根回しに期待できる

国内の転職エージェントだと
「企業」に営業する担当者と面談担当者が別々なので
情報の精度や事前の根回しは落ちるわけですね…

そうそう
国内大手は「質より量」だとするなら
Spring転職エージェントは「量より質」に期待できる

Spring転職エージェントは外資系運営だけあって「求人の量より質重視」という運営体制が強く、転職に対する納得度や情報の精度にこだわりたいのであれば、非常にオススメできる転職エージェントだと言えます。

また、Spring転職エージェントは担当者個人の裁量幅が大きいため、転職に関する連絡も融通が利き、非常に満足度の高い転職につながりやすくなります。

リクルートエージェント同様、外資系として世界No.1の実績を持つ最大手人材会社ですので、気になる方はSpring転職エージェントの登録もお忘れなく。

Spring転職エージェントについて
もっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくれ!

ハタラクティブ

20代向けにオススメの転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

▼ハタラクティブの特徴やメリット

  • 20代向けの転職エージェント(就職支援サービス)
  • 経歴不問、既卒・第二新卒・フリーターから中卒・大学中退者まで対応
  • 転職エージェントと違って職務経歴書入力の手間なし
  • 書類選考なしで企業との面接可能
  • 親身な面談(カウンセリング)対応に期待できる

ハタラクティブは20代向けの転職エージェントだ

他の転職エージェントと何が違うんですかね?

どちらかというと20代向けのエージェントの場合は
「就職活動やり直し」という側面が強い
そのため「就職支援サービス」という名称が使われている

※仲介業者を経由して転職サポートしてもらえるという点では、転職エージェントと大きな違いはない。

就職活動のやり直し…?

たとえば
「ブラック企業に入社して自信がなくなった…」
「早期離職したので正社員に戻れるか不安…」
「メンタル面が不安なので就職できる自信がない…」
…といった働くことに対して挫折経験があり
就職活動のリベンジをしたい人向けだと言える

その証拠に
キャリアアップ意識の強い転職エージェントと比べると
20代向けの就職支援サービスは
カウンセリング面に力を入れている所が多い

たしかに意識の高いイメージのある
普通の転職エージェントよりは
親しみやすいデザインの業者が多いですもんね

なので以下のような読者は
20代向けのエージェントを使った方が
より自分に合ったサポートに期待できそうだ

  • 早期離職などで経歴に傷があり自信がない人
  • 就職先が決まらずにフリーター・非正規で過ごしてる人
  • うつ・ブラック企業からの離職など、ネガティブな退職理由がある人

ネガティブな退職理由がある人は

カウンセリングをしっかりした方が上手く行くので
ビジネス色の強い転職エージェントよりも
20代向けのサービスを活用しておくといいかもな

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(就職支援サービス)で、以前にネガティブな退職理由がある利用者が多めです。

ビジネス色の強い他の転職エージェントと違い、ハタラクティブを始めとした就職支援サービスはカウセリング面に力を入れているため、自信のない人でも一から丁寧なサポートに期待できます。

また、ハタラクティブは全国10か所に拠点があるので、面談に参加しやすいのも特徴です。

もし読者が20代で経歴に自信がないのであれば、ハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

ハタラクティブについての
詳しい解説は以下の記事をどうぞ!

転職の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました