「転職したいけど怖い…」え?何が怖いの?w

転職したいけど怖い…」という方もいることでしょう。

私も転職を経験しましたが、最初の一歩を踏み出すのは、とても怖かったです。

夜が怖くてトイレに一人で行けない小学生

転職は怖い…」と考えているのは、夜中にトイレに1人で行けない小学生のようなものです。

「夜にトイレに行くことが怖い」という心理を考えていきましょうか。

夜にトイレに行くことが怖い人の心理

  • 幽霊が出ると信じているから(ホラー・心霊番組の影響、怪談話、迷信など)
  • 暗くて視界がさえぎられる「見えない恐怖」におびえている
  • 夜に活動しない人が多い「周りと違う恐怖」におびえている

これを簡単にまとめると「未知のものに対する恐怖」と言えるでしょう。

経験したことのないものを、人は過剰に恐れます。

政治家や公務員ですら「前例がない!」と言って、新しいことに挑戦することを恐れますからね。子供・大人関係なく、もはや人間の”本能”とも言える、生理現象です。

そして、経験したことのないものを恐れてしまうのは、実は「他人の評判」「周りが信じているから」という”誰かがそう言ったから”という理由だけなんです。

周りが「幽霊が出る」などと言えば、見たことも体験したこともないものも「もしかしたら…」と恐れてしまいますよね。

しかし、夜に活動することが多くなると「幽霊なんていない」「別に夜は怖くない」と”経験から学習”することで、恐怖を克服することができます。

転職は誰もが「怖い」と考えるもの

これを転職に置き換えて考えてみましょう。

「転職は怖い」と考えてしまう人の心理

  • 転職すると失敗してしまうと考えているから(年収が下がる、ブラック企業にしか就けないなど)
  • 企業も転職成功者も情報を公開していない、ゴールも設定されていない「見えない・わからない恐怖」におびえている
  • 転職活動を表立って行う人がいない、今の職場で普通に勤めている人ばかりという「周りと違う恐怖」におびえている

このように、なぜか「転職は失敗するものだ」「だから、誰も転職なんてしないんだ」と、行動しない自分を正当化するための理由を、無意識のうちに選び取っているわけです。

今のあなたに「転職なんて誰でも簡単にできるよ」と言っても、まったく信じてもらえないでしょう。

なぜなら、あなたの世界の中では「転職に失敗する=真実・転職に成功する=ウソ」という、成功できない人間特有の、誤ったイメージが出来上がっているからです。

転職を恐れるのは「学校教育」の弊害

しかし、そういった「失敗を恐れる」「成功を信じられない」という心理は、至って正常なものです。

なぜなら、学校がそう教えているから。

そう考えると、あなたは学校教育をしっかりと受けてきた、優等生と言ってもいいぐらいです。

しかし、学校教育では「転職の仕方」なんて、何一つ教えてくれません。

なぜなら、学校は生徒を就職させたら、それ以降の責任をとる必要がないからです。

東大卒のエリートが、大手企業である「電通」で過労死する事件もありましたよね。

参考:電通の高橋まつりさん過労死・ブラックな鬼十則の内容まとめ|MATOMEDIA

あれと同じです。

どんなに真面目に勉強して成績優秀な生徒が、仮にブラック企業に就職してしまっても、知らんぷり…というのが、学校教育の実態なのです。

もし、あなたが今の会社にまったく満足できていないのであれば、卒業校にクレームを出してみてください。

「努力して、高い学費払ったのに、まったく幸せになれないぞ!!」と。

卒業校は、真面目に対応せずに「知らんぷり」しかしません。

それが、社会と大人の常識なんです。

「真面目に勉強して進学すれば幸せになれる」
「我慢して努力すれば楽になれる」
「周りも頑張っているから、お前も頑張れ」
「ドロップアウト組には悲惨な人生しか待っていません」
「フリーターの生涯年収と正社員の生涯年収は3倍もの差があります」

学校教育で聞いてきたことのあるような台詞ですが、全部ウソです。

真面目に勉強して進学しても過労死で死ぬのは珍しくない。
我慢して努力した結果、ドンドン辛い目にあう。
周りは大して頑張っていないのに、自分だけ頑張っている。
ドロップアウト組でも、結婚して幸せな人生を送っている。
フリーターでも起業して社長になり、正社員の生涯年収を一年で稼ぐこともある。

学校教育ではこういった「別の側面」を隠し、子供に「都合のいいこと」しか教えてくれないのです。

社会にとって都合のいい「嫌でも我慢して働いてくれる、従順な操り人形」を作り出すための機関が、学校教育の正体なんです。

人間は「成功を信じらない」

ところで、逆に考えてみましょう。

なぜか私たちは「〇〇したら死ぬ」「〇〇したらいけない」ということは簡単に想像できるのに、その逆は疑います。

「〇〇して大金持ちになる」
「〇〇してもバレない」
「〇◯すれば成功する」

…という、成功する方法はなぜか信じられないのです。

たとえば、お金持ちになれる方法と言われても考えもせず「詐欺・怪しい」と疑いますよね。

ですが、これが「テレビに出ているような金持ちそうなベンツに乗った人が、お金持ちになる方法を教えてくれる」という話までになると、人は「もしかしたら本当かもしれない」と思い込むわけです。…もっとも、だいたいそういう話のほうが詐欺だったりするんですけどね。

こういった「成功する方法は全部ウソ」という話は「金の切れ目が縁の切れ目」という教えや「金・宗教・ビジネスの話は全部断れ」という無根拠な教えが浸透しているからです、

もちろん、そういった話の9割はウソであることも多いですが、1割は成功する話であったりもします。それを見抜けるか、あるいは行動できるかの違いであって。

そういった「成功を信じらない」という考えが広がる理由は単純です。

世の中には、成功できない人間のほうが多いからです。

そうなると、安定して暮らしている人間は「美味しい話には裏がある」「新しいことを失敗する」と思い込んでいた方が、安心して暮らせるのです。

転職も同様で、一昔前までは「仕事を一度辞めると終わり」という考えがはびこっていたため、未だに「転職はウソ、失敗する」と言っている時代遅れもたくさんいます。

転職に覚悟など不要!

しかしながら、こうして2つの極端な考えを持ち出すと、

転職はすべてを捨てる覚悟で臨むもの!

…などと勘違いする人も出てくるんですよね。

違います。

今の仕事も転職活動も同時に進行すればいいだけです。

よく「背水の陣」などとも言いますが、すべてを投げ捨ててまで行動できる人間なんてそうそういません。

そういった「どちらか片方が正しい」と思っている人は、転職活動も失敗します。

転職活動に必要なのは、やる気や覚悟などではありません。

現実的な選択肢と、行動力だけなのです。

何かを捨てようと思ったり、極端な行動に走ろうとするから「怖い」と思ってしまうわけです。

今の仕事を適度に頑張りつつ、着実に転職活動を行っていけば、失敗するリスクは大幅に減りますよ。

転職が怖いなら転職エージェントを使おう!

とはいえ、初めての転職が怖いのは当たり前のことです。

そこで転職初心者にオススメしたいのが、転職エージェントというサービスです。

転職エージェントでは、担当のコンサルタントがカウンセリングを行ってくれ、自分に合った仕事を紹介してくれます。そのため、わざわざ自分で転職先を探す手間も省けます。

また、履歴書や職務経歴書の作成から、面接指導もしっかりサポートしてくれるため、安心ですね。転職が決まった際の、退職から入社までの手続きもサポートしてくれます。

他の転職サービスではなかなか手に入らない、社風や人間関係などの生の情報も手に入るため、転職で失敗するリスクも減ります。

転職エージェントは大手企業が運営している信頼できるサービスで、登録から利用まで完全に無料ですので、「転職したいけど怖い…」という人ほど、是非試してみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ