頭の悪い人と接すると疲れる理由。IQに差があると対人関係のストレスが増える!?

「頭の悪い人を相手すると疲れる…」
「職場の人間が頭が悪すぎて辛い…」
「職場のバカにイライラする…」

このようにお悩みではありませんか?

IQが20以上違うと会話が噛み合わない…という通説があります。
これは根拠がない通説ではありますが、実際に知能レベルが違う相手と関わると余計なストレスを感じている人が多いからこそ、通説として広まったと考えられます。

もちろん、社会人たる者、話が噛み合わないで内心では頭が悪いと感じている相手とでも、上手く付き合うことは大事ではあります。ですが、世の中には不思議と「理解が早くて助かる相手」や「話が弾み仕事も快適になる相手」というのもいるものです。

理想で言えば、そういった相手と仕事したいのが多くの人の本音でしょうし、事実、そういった相手との仕事はストレス少なく快適にこなせ、パフォーマンスも自然と上がっていくことでしょう。

仮に読者がキャリアアップを考えているなら、将来的にはそういった人物と仕事がこなせるように定期的に自己分析を行ったり社内環境を客観的に見直すべきです。そうでなくても、趣味や勉強に励んでいるのであれば、互いに話が合う言語レベルの人や知識・教養がある相手を友人として見つけたいものでしょう。

そこで本記事では、頭が悪い人と付き合ってて必要以上に疲れる場面や理由をおさらいした上で、具体的に自分がとり得る行動の選択肢や、自分自身と同じ頭脳レベルの人と出会うためのヒントをご紹介していきます。

▼仕事を辞めようか悩んでる方へ

仕事をやめようか悩んでいても転職に踏み切れない人は多いと思います。
そうお悩みでしたら国内No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」の利用がオススメです。

リクルートエージェントは非公開求人だけでも20万件以上の取り扱いの業界最大手の転職エージェントです。初回登録さえ済ませれば自分の経歴や希望条件に合った優良求人を無料で紹介してくれるため、自分に向いてる仕事や年収アップに期待できる仕事を見つけ出すチャンスです。また、内定率を上げるためのサポートも充実しているため、今の仕事や転職活動に自信が持てない人でも無理なく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントは「まだ辞める気はないけど自分に本当に転職先があるのか知りたい…」という場合もスマホで気軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方は早めに登録しておきましょう。

→リクルートエージェントの登録はこちら

頭の悪い人と付き合ってて疲れる瞬間は?

頭の悪い人と付き合ってて、疲れる瞬間を紹介していきます。

理解力が低いため何度も説明するハメになる

公私関わらず、付き合ってて疲れる人の特徴は理解力が低い人でしょう。

具体的には、以下の通り。

  • 10言っても1すら理解できない人
  • 言葉を額面通りにしか受け取らず応用や例外処理ができない
  • 話を最後まで聞かないで間違った認識で話を進める
  • 人の好意や善意を勝手に悪意と決めつけて受け取る

通常、会話には「意図」や「目的」が存在しますが、理解力の低い人は「なぜ、その会話が行われているか?」を考えず、言葉の額面しか受け取らない傾向があります。

そのため、仕事では伝達ミスだけならともかく、自分の判断で勝手に動いて余計な仕事を増やすなど、実害をもたらすことも少なくないです。

また、理解力が著しく低い人は「自分は頭が良い」と勘違いしている人もいます。

人の話を聞かないだけでなく、わかっていないのに「自分はわかっている」と自信満々な上、失敗しても自分の非を認めないなど、学習能力も低いです。

説明下手で話がわかりにくい

説明下手で話がわかりにくいというのも、頭の悪い人と付き合っててイライラする理由のひとつです。

具体的には、以下の通り。

  • 要点をまとめて伝える能力が低い
  • 時系列順に話すので無駄な情報が多い
  • 「指示」や「命令」が明確ではない
  • その場に関係ない話をダラダラと引き延ばす
  • 専門用語や社内用語が無駄に多い

よく使われる例えで言えば「校長先生の長い話」を思い浮かべれば、想像しやすいはずです。

とくに、バカ正直に一から経緯を説明してくるような話し方は、簡潔な報告が求められるビジネスの場では嫌われがちです。

また、上記のような特徴以外にも、感情的な愚痴や不満が仕事上での話で多い人は事実と主観が混ざるため、さらに話がややこしくなってきて、聞く方は疲れることになります。

報連相ができないで伝達ミスを起こす

頭の悪い人は、報連相が的確にできないため伝達ミスも起こしがちで、周りをイライラさせることも少なくありません。

上記の「理解力が低い=人の話を聞く能力が低い」「説明下手=話す能力が低い」という両者の性質が合わさることで、起こることでしょう。

これには、以下のような原因があります。

  • わからないことを聞かない
  • 自分勝手な解釈で他人に話を伝達する
  • 実行する前に責任者に確認を取らない

良かれと思って黙って仕事を進めた結果、検討違いな仕事を行ってしまい、周りに迷惑をかけることになるのです。

当人が謝って反省していれば改善の余地があるのでいいのですが、そうでない開き直る人や何が悪いか認識できてない人は、また同じミスを繰り返し続けるので、始末に終えません。

察しが悪く忙しい時に声をかけてくる

察しが悪いのも、付き合ってて疲れる人の特徴です。

  • 忙しい時に話しかけてくる
  • 話のタイミングが明らかにおかしい
  • 話を聞かれたくない他人がいるところで話す
  • 連絡ツールを使い分けない(対面/電話/メール/LINEなど)

上記のように「聞くタイミングがおかしい」「連絡手段が状況に合ってない」など、声をかけるタイミングの悪さから他人をイライラさせてしまうのです。

これは言い換えると、以下のような人とも言えます。

  • 間が悪い人
  • 空気を読めない人
  • 配慮/気づかいのできない人

誰にでも、話しかけて欲しくないタイミングや仕事に集中しているタイミングはありますが、察しの悪い人は自分都合だけで他人に声をかけてしまうのです。

効率の悪いやり方にこだわり続ける

効率の悪いやり方にこだわり続けるような人や会社も、付き合ってて疲れる理由です。

  • 精神論や根性論ばかりで具体的な方法を考えない
  • 無駄な努力を延々と続けている
  • 仕事の本質的でない部分に時間をかける
  • 残業した方がエライという風潮や考え方がある

わかりやすく言うなら「重要ではない資料の空白や文字フォントにこだわるのに時間をかける」など、どうでもいい部分に時間をかけ、他の重要な仕事に時間を割かないまま、結果的に勤務時間や負担が増えるようなやり方です。

本人がこだわり続けるならともかく、他人にまで効率の悪いやり方を押し付けてくると余計なストレスになることは間違いないでしょう。

とくに最近の若者は、子供の頃からITツールに触れているため、余計な労力を割かないといけなくなる非効率な仕事にイライラすることが多いはずです。

優柔不断で決断力がなく行動しない

優柔不断で決断力がなく、行動しない人も付き合ってて疲れる要因になります。

具体的には、以下の通り。

  • 上司がいつまで経っても指示を出さない
  • 愚痴や相談してくる割にいつまで経っても行動しない
  • 職場の問題の改善に向かって動き出さない

誰かが決断して判断を下さないと何も動かない状況で、責任者が決断しないと、ダラダラ問題を先送りする結果にしかなりません。

ただ、現実問題として、責任を取りたがらない責任者が決断しなかったり、誰かが動くのを待っているという状態が、あらゆる組織で往々にして起こりがちです。

少なからず、誰かが決断しないことで職場の問題が放置され続けてストレスを抱えているのであれば、自分の身を守るために何かしらの対策は考えておくべきでしょう。

頭の悪い人との付き合い方はどうする?

頭の悪い人との付き合い方について紹介していきます。

頭の悪い同僚は気にしない

頭の悪い同僚が職場にいたとしたら、気にしないに越したことはありません。

仮に、その同僚が本当に頭が悪く仕事もできないのであれば、放っておいても勝手に脱落して辞めるだけなので、構うだけ時間の無駄です。

読者が先輩や上司の立場であればともかく、そうでなければ助ける義理も必要もありません。

頭の悪い上司には期待せずに行動を促す

厄介になるのが、明確に自分よりも上の立場で責任がある上司が頭が悪い場合です。

この場合、上司の頭が悪さを「実務能力なのか?」「人格・感情面なのか?」を切り分けて考える必要があります。

「人は悪いけど仕事はできる上司」の場合、部下の立場であれば味方につけた方が仕事はスムーズに進むはずです。

逆に「人格者だけど仕事はできない上司」の場合、その人の仕事を上手いことフォローしながら、決断を仰ぐ立ち回り方が角が立たずに済むはずでしょう。

上司との関係は様々な思惑や相性も絡むこととなりますので、頭が悪いと感じていても、円滑に仕事が進むように立ち回るのが賢明です。

もし、上司との相性を測り兼ねているのであれば、転職アプリ「ミイダス」の診断ツールを使い、自分の性格傾向や上司の性格傾向を把握しておくといいでしょう。詳細は以下の記事にまとめてあります。

関連:ミイダス「コンピテンシー診断・上下関係適性」から分析する上司と部下の相性およびコミュニケーション方法に関して

頭の悪い部下には本人に合わせた仕事の振り方を

もし、部下や後輩が頭が悪いと感じているなら、本人に合わせた仕事の振り方を考える必要が出てきます。

筆者の経験上、使える部下や後輩は1割もいればOKというぐらい、他人は使えないという前提が当たり前です。

そして、多くの人が自発的に動くことすらしません。

要は「言われたことしかやれない」と考えておくべきなのです。

また、実際にやらせてみても「言われたことすらできない」ことの方が多いです。

その場合、上司側の指示や仕事の振り方にも問題があるので、自分の仕事の仕方を見直しみるといいでしょう。

部下が使えないと感じた場合の対処法は、以下の記事にまとめてあります。

関連:使えない部下は切るべき?部下を辞めさせよう…とイライラしたら知っておくべきこと

頭の悪いおじさん・おばさんは聞いてるフリだけでOK

職場で厄介となるのが、頭の悪いおじさん・おばさんです。

  • いちいち細かいことで文句を言ってくる
  • 自分たちのやり方以外認めようとしない
  • 「若いから~」「男は~女は~」と言ったレッテル貼りをしてくる

このようなことに身に覚えがあるなら、それは職場のおじさん・おばさんは頭の悪い残念な人だと言えるでしょう。

本人に悪意があるわけではなく、親切心からアレコレうるさく言っているだけのことも多いので、対処法としては「上手く聞いてるフリ」をして受け流すことが大事です。

要は「話は聞いてるけど、要求は通させない」という方法で、自分の身は守りつつも相手を敵に回さないようにするわけです。

ただ、中には無理やり相手の動きを支配してこようとする「クラッシャー上司」「モラハラ」もいますので、その場合は注意が必要です。

いずれにせよ、頭の悪いおじさん・おばさんは、いわゆる「老害」として嫌われがちで、職場にも良い影響をもたらさないため、まずは自分の身や心を守るための付き合い方を覚えることが重要です。

老害については、以下の記事にまとめてあります。

関連:会社の老害の特徴。引退しない老人は職場の邪魔?撃退方法は?

自分自身の怒りと向き合うことも大事

周りの頭の悪い人にイライラしているのであれば、自分自身の怒りの原因と向き合うことも大事です。

というのも、自分の怒りと向き合ってみると、頭の悪い人に対して怒っているというよりは、頭の悪い人と上手く付き合えない自分に対して怒っているということも少なくないからです。

そこに気づけさえすれば「具体的に自分はどうするべきか?」にだけ頭を使えばいいので、他人をどうこうしようという考えは自然と和らいできます。

自分自身の怒りを制御することを「アンガーマネジメント」と言います。

興味のある方は参考書籍などで研究・実践してみるとよいでしょう。

頭の悪い人の多い職場で働き続けるとどうなる?

頭の悪い人の多い職場で働き続けるとどうなるでしょうか?

筆者の経験則で言えば、頭の悪い人ばかりの環境に居続けると、知らず知らずのうちに自分まで頭が悪くなってしまうので、距離を置くか離れることを推奨します。

自分自身も余裕がない残念な人に成り果てる

頭の悪い人、または頭の悪い人が多い職場は余裕がない人が多く、自分自身も余裕がない人間になりがちです。

それに加え、余裕がない職場は以下のような問題を抱えていることが多いです。

  • 慢性的な人手不足
  • 給料が低い上に上がらない
  • 応用可能なスキルが身につかない

以上のような条件が揃った結果、中で働く人々も余裕がなくなってしまい、頭が悪くなるわけです。

「貧すれば鈍する」という言葉があります。

貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味。
また、暮しが貧しくなれば、心までも貧しくなるものだということ。

出典:貧すれば鈍する – 故事ことわざ辞典

毎日、目先の事ばかり考えてイライラしている人が多い職場は、それだけで頭が悪くなっててしまい、心も貧しくなるわけです。

よりわかりやすく言えば、今の職場の先輩や上司が将来の自分自身の姿だと考えてみてください。

もし、将来的に自分が職場の上司や先輩のようになりたくないと考えているのであれば、抜け出す術は考えておく必要があるでしょう。

上司が頭が悪いと職場全体の雰囲気が悪くなる

上司が頭が悪い場合、職場全体の雰囲気が暗くなって仕事のモチベーションが下がったり、ひどい場合にはうつ病退職者が出てくるなど、様々な問題が発生します。

もし、以下のような特徴に覚えがあったら要注意です。

  • 部下の話を聞かない上司
  • 他人の人格を否定するような上司
  • 威圧的で恐怖で職場を支配する上司
  • 感情的に怒鳴るなど人格に難がある上司
  • ハラスメントを行う上司
  • 無能で指示が振れない上司
  • いざという時に責任を取らないで部下に押しつける上司

仕事である以上、多少の理不尽に耐えたり、上手く付き合うことも大事ではありますが、度が過ぎるほど頭の悪い上司には注意しておく必要があります。

以下の記事で、無能な上司の特徴を紹介していますので、確認しておきましょう。

関連:上司が無能ならどうする?使えない上司の特徴と対処法について

効率の悪いやり方を続けているとブラック企業になりやすい

効率の悪い仕事の仕方を続けているような会社は、業務改善に向けて上が動かないような会社であることが多いので、その他の問題点も放置していることが非常に多いです。

そのため、人材不足や賃金面の問題も放置してブラック企業になってしまうことも珍しくありません。

頭の悪い人ばかりと仕事するストレスもそうですが、労働時間や給料面でも多大なダメージを受けることにもなるので、これも身に覚えがあったら注意です。

ブラック企業については、以下の記事でも詳しくお伝えしています。

関連:ブラック企業の見分け方を徹底解説|転職で間違わないために事前にブラック企業を見極めるために参考にすべき情報とは?

頭が良い人やまともな人ほど仕事のしわ寄せが来る

周りの人が頭が悪いと、頭が良い人やまともな人ほど仕事のしわ寄せが来るハメになりがちです。

そもそも、頭の悪い人は自分の仕事で精一杯ですので、状況を俯瞰できるような頭の良い人や他人に気を配れるまともな人ほど、割を食うことになるのです。

以下の記事で、まともな人ほど仕事の負荷が増えて辞めていく理由をご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

関連:まともな人から辞めていくのはなぜか?いい人ほど辞めていく理由を解説!

やらない言い訳ばかりの人間になってしまう

頭の悪い人は、やらない言い訳ばかりで決断しません。

そのため、社内に問題があっても放置し続け、職場を腐らせていくのです。

もし、読者の自社内の環境や仕事内容が数年間何も変わってないのだとしたら、それは会社の経営陣や上司がやらない言い訳ばかりして、誰かが責任を取って率先して動こうしていない証拠です。

そのような職場では、リスクをとって新しいことに挑戦したり、現状打破するために大胆な経営判断ができないため、先細っていく未来しか待ってません。

心当たりがあるなら、以下の記事を読んで会社の将来性についても考えておくといいでしょう。

関連:将来性のない会社の特徴と見極め方。今の会社に未来がないと感じているなら知っておきたい全知識

EQ(心の知能指数)が下がり人格が悪くなる

この記事でご紹介している「頭が悪い人」とは「IQ(知能指数)」というよりは「EQ(心の知能指数)」で考えた方がいいでしょう。

EQが低い人は、自分自身の言動を振り返ったり、周りに与える影響を考える能力が低い人だと言え、今回紹介したような人物像に多くが当てはまります。

もし、この「EQ」に興味があるなら、以下の著書を読んでみてください。

 

仕事の悩みや不満

【必見】これから転職を考えている方へ

「転職には興味があるけど、何からすればいいかわからない…」
「転職したいけど、自分に合った仕事の見つけ方がわからない…」
「転職したいけど、経歴や能力に自信がない…」

そう悩んでいませんか?

当サイトでは、オススメの転職エージェントを厳選してご紹介しています。
同時に、自分に合った転職エージェントの選び方や、転職エージェントをかしこく活用する転職活動の進め方も解説しています。

▼転職エージェントとは?

転職エージェントとは、通常のサイトと同じような求人検索システムはもちろん、プロのキャリアアドバイザーがオススメの求人を厳選して紹介してくれたり、転職のサポートや企業との調整を代わりに行ってくれるサービスの総称です。

近年、日本国内ではこの「転職エージェント」と呼ばれるビジネスモデルが主流となっており、プロの力を借りて転職活動を行うことが当たり前になりつつあります。

転職エージェントは転職活動が終わるまで無料で利用できるのが特徴で、これは企業側が採用時に成果報酬を支払うことで求職者側は一切費用負担が発生しないからです。

→転職エージェントの詳しい解説はこちら

現在、国内では転職エージェントが主流のサービスとなっています。
そのため、多くの優良求人は非公開求人として転職エージェントに登録しないと閲覧さえできない状況となっています。
ですので、少しでも転職に興味があるなら転職エージェントへの登録は早めに済ませておくといいでしょう。

現在、転職エージェントは国内にも数多く存在しており、サービス名称に「エージェント」と含まれておらず、一見するとエージェントと見分けられない場合もあります。
また、各サービスごとの細かな違いも使ってみないとわからないことが多いため、エージェント選びに悩まれる方も多いのが実情です。

もし、どの転職エージェントを使うべきか悩んでいるのであれば、まずは以下のような「選ぶポイント」を抑えておくといいでしょう。

▼転職エージェントを選ぶ時のポイント

  • 対象としている年齢層
  • 取り扱っている求人数
  • 取り扱っている求人の年収帯
  • 取り扱っている業種/職種
  • サービスの質

転職エージェントには、20代未経験向けもあれば、20~30代全般向けもあり、年収が高めの求人が多いと40代以上も対応していることもあります。
また、業界専門型のサービスも存在します。特定の業界に所属しているなら専門型のエージェントを使う方がいい場合もあります。
重要なことは「自分の年齢や年収帯、所属している業種に合わせた転職エージェントを選ぶ」ということになるのです。

さらに知っておいて欲しいポイントは、経歴が優れているかどうかではなく転職エージェント側が求めている人材と自分の経歴が合っているかどうかで転職は決まるということです。

たとえば、20代の未経験者向けのサービスであれば、年収の高い優秀な人材よりも20代の未経験人材の方が転職に成功しやすくなります。逆に高年収求人を取り扱っているサービスであれば、平均年収以上の経歴があった方が成功しやすくなります。

このように「転職エージェント側が求めている人物像と登録した人の人物像が合っているか?」が転職の決め手になるため、自分に合った転職エージェント選びは転職を成功させる近道となります。

業界最大の求人数を誇る
「リクルートエージェント」

まず初めにご紹介したいのが、人材会社として国内No.1の業績を誇るリクルート社が手がける「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大の求人数を誇る点が最大の強みです。

求人数公開求人221,108件
/非公開求人266,458件
※2022年6月26日時点
対象年齢20~30代向けが中心
年収目安300~600万円
転職期間最短3ヶ月が目安

取り扱い求人の傾向としては、20代~30代向けが中心、年収も平均年収から平均よりやや上といった感じです。また、業界最大手ということもあり大手企業の求人の取り扱いも豊富です。

サービス傾向としては効率重視で、アプリから一括で求人情報からメール連絡まで管理可能、登録後の面談まで非常にスピーディーです。また、登録後のメール連絡頻度もそこまで高くないため、使い方次第では最短で転職先を見つけ出すことも、じっくり自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

総評として言えば、20代~30代で年収300~400万円台の平均的な人材に位置する人は「リクルートエージェントで紹介される求人が、おおよ今の自分でも現実的に転職できる求人」と抑えておく意味でも、初めにリクルートエージェントを使って転職活動の目安にしてみるといいでしょう。

20代未経験からの転職に強い
「ハタラクティブ」

20代の未経験職への転職なら「ハタラクティブ」がオススメです。

ハタラクティブは20代向けの就職・転職支援サービスで、新卒後3年以内の第二新卒から、就職できずにフリーターや無職となった既卒など、職歴が転職活動のネックになってる方でもしっかりと対応してもらえます。

ハタラクティブの運営元は「レバレジーズ」という会社で、人材会社として積極的に事業拡大しており、拠点も全国区取り扱い求人も全国区となります。他の転職エージェント同様、オンライン面談で転職活動が進むため拠点に訪問する必要はなく、未経験者は職務経歴書の提出が必要ないため、効率も良いと言えます。

前述のリクルートエージェントが経歴のある人材の利用が前提となっているのに対し、ハタラクティブは20代向け・未経験者前提となっているため、当てはまる方はこちらも利用しておくといいでしょう。

また、20代・未経験者向けの転職エージェントは激戦地帯利用者側にとっては選択肢が非常に多くなります。ですので、転職活動に避ける時間に余裕がある人は、他の20代向けサービスも併用しながら本当に自分が就きたい仕事を見つけ出せるまで根気強く活動しておくと、長く続けられる仕事が見つけられるはずです。

もし、読者が20代で未経験職への転職に興味があるなら、以下の記事で他のサービスもご紹介しておりますため、ぜひ参考にしてみてください。

パートナーシップに期待できる
「Spring転職エージェント」

次にご紹介したいのが外資系人材企業アデコが運営する「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは運営元が外資系企業なこともあり、良くも悪くも効率重視の事務的な対応の目立つ国内転職エージェントとは違った求人の提案やサポートに期待できます。担当者が企業と求職者双方の対応をこなしているため、より詳細な情報提供から企業との交渉で満足度の高い転職を実現してくれます。

もし、国内の転職エージェントに不満を感じており、エージェントにより高いパートナーシップを求めるのであれば、Spring転職エージェントの活用も検討しておくといいでしょう。

ハイクラス転職に特化、別次元の
「ビズリーチ」

他の転職エージェントと一線を画す、高年収転職の実現を目指したい方向けの転職サービスが「ビズリーチ(BIZREACH)」です。

ビズリーチは通常の転職エージェントと違い、ビズリーチ自体は企業/求職者/ヘッドハンターの三者をつなぐマッチングプラットフォームですが、ビズリーチを利用する企業や求職者が高年収見込者に絞られているため、お互いに納得の行く高年収での転職が成立しやすい点が最大の魅力です。

ビズリーチは他の転職エージェントと根本的にビジネスモデルが異なるため、詳しくは以下の記事でも解説しています。気になる方はぜひご確認ください。

ビズリーチが想定している年収600万円以上の転職ともなると、求職者も求める企業像が高くなる上に選択肢が広くなりやすく、企業側も高年収での採用となるため選別の目が厳しくなるため、お互いに時間をかけて納得の行く事前交渉が不可欠となります。

そういう意味でも、企業と直接交渉できたり優秀なヘッドハンターが仲介に入ってくれるビズリーチは、高年収の転職を実現したい人にとって根強い支持を集めるサービスと言えます。

ただし、他の転職エージェントと違いビズリーチは本格的なサービス利用は課金制な点には注意です(※登録自体は無料)。また、企業やヘッドハンターからスカウトを受けるためにレジュメ(職務経歴書)をしっかりと仕上げる必要があるため、他の無料転職エージェントを利用した後に満足できないと感じてからでも遅くはないでしょう。

ビズリーチは、人材業界やビズリーチ自体のビジネスモデルを理解した上で、企業との交渉の仕方やヘッドハンターとの関係の作り方を踏まえた上で活用すれば、課金制であることも納得の転職サービスですので、その価値がわかる段階になっている自信のある方はぜひ活用してみてください。

豊富な診断ツールで適性を探し出せる
「ミイダス」

最後にご紹介したいのが、年収査定や適職診断などの診断ツール満載の転職ツール「ミイダス」です。

ミイダスの魅力はなんと言っても、無料で転職に役立つ診断ツールの数々が使えるところにあり、とくに「コンピテンシー診断」では、全147種の職種の適性がスコア化されて紹介されたり、上司と部下の相性や仕事でストレスになりやすい要素の分析も提供しています。

ですので、通常の転職エージェントでも中々カバーしてもらえない自己分析を自力で進める上で、ミイダスは非常に心強いツールとなりますので、転職を考えるなら早いうちに登録しておく価値は大きいと言えるでしょう。

ミイダスは転職エージェントではなく転職サイト・アプリですので、担当者がつくことはありませんが、企業から直接届くスカウトやオファーに応えていく形での利用になります。そのため、診断ツールの利用ついでに転職活動を進めることもできますし、エージェントと併用して自己分析はミイダスを活用して進める使い方もできます。

転職エージェントが「プロに転職先候補を決めてもらうサービス」なのに対し、ミイダスは「自分で転職先をじっくり決めたい人向けのサービス」だと言えます。ですので、自分で納得行くまでじっくり転職先を決めたい方は、ミイダスの診断ツールを使うついでに登録してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました