大学中退フリーターは詰み!人生終わってる!………んなわけねえだろ、アホが!

社会人男性
大学中退してしまった…
社会人男性
ダラダラフリーター生活…
社会人男性
俺の人生、終わってるかも
編集長
んなわけねえだろ、
お前はアホか
社会人男性
「アホ」って失礼な!
編集長
うるせえ!
アホは東大卒だろうが中退だろうが
一生アホのままなンだよ!
編集長
あの京大だって
こう書いてある

(4)卒業しなければ生きていけないと考える
「卒業しなければ破滅だ」「卒業しなければ生きていけない」というような、極端な悲観的考えを固く抱いている人を見かけることがあります。しかし、後でも述べるようにストレートで卒業し、就職した人も3割ぐらいは3年以内に離職しているのです。留年、中退、退職などは、人生において多くの人が経験するごく普通の出来事です。こうした出来事に不寛容な社会は、チャレンジを抑制する社会であり、不健全な社会です。いつでもやり直しがきくような社会をみんなでともに作っていきましょう。それに、こうした極端な悲観的考えは、あせりをもたらし、かえって修学意欲を窒息させてしまうのではないでしょうか。

出典:https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp/counsel/ryunen.html

社会人男性
いやあ、
でも大学中退した人なんて
どこも採用したがりませんよ
編集長
ほーん
んで、何社受けたの?
社会人男性
…受けてませんけど?
どうせ採用されませんから…
編集長
お前はアホか
編集長
やる前から「マジもぅ無理…」とか言ってるヤツ
いくら高学歴のエリートでも
誰も採用せんわ
社会人男性
………ッ!

このように「大学中退したから人生詰み…」と、勝手に悲観的になってるドアホゥも、結構多いと思います。

なので、あえて言っておきます。

勝手に人生終わらせるな、ドアホが!!!!!!

まだ始まってすらいねえよ!!!

大学卒業したからと言って、成功するとは限らない

そもそも、大学卒業したからと言って、必ずしも成功するとは限りません。

たとえ東大卒だろうが、大企業に新卒入社したからと言って、人生勝ち組コース一直線とは限りませんからね。

というか、冒頭にも紹介した通り、最近では「新卒3年未満で辞める人」も多いぐらいです。

…まあ、大学進学から新卒入社までは、人生の予行練習みたいなものなんでし。

誰でも適度に努力しておけばどうにかなっちゃう「レールの上の人生」なわけですね。

実際、この過程で「レールの上の人生」に乗っかれば、誰でもほどほどに人生は上手くいきます。

しかし、残念ながら「レールの上の人生」から一度でも外れてしまった人には、上手くいく方法を教えてくれません。

自分でどうにか軌道修正するしかないんです。

だって、自分の人生ですから。

誰も、答えなんか教えてくれませんし、正解かどうかは、自分で決めるしかありません。

学歴なんて、社会人になったらどうでもよくなる

「学歴」なんて、社会人になったらどーでもよくなります。

ていうか、学歴なんか気にする暇なんかありません。

学生時代〜新卒入社直後は、自分の誇れるものや他者と比較するステータスは「学歴」ぐらいなもんです。

だから、就活でも学歴が指標になりますし、同年代の人間とも学歴ぐらいしか、比べるものがありません。

でも、社会人になったら別です。

成果や売上、シビアな数字を競う会社。
人間関係をまとめあげ、チームワークを大事にする会社。
技術力・品質を大事にする会社。
信用・企業イメージ第一な会社。

色んな会社があります。

会社によって大事なものも、評価する基準は違います。

会社だけではなく、同僚や上司にしても、評価の基準は千差万別、働く意義も多種多様です。

その事実を知っておけば「学歴」なんて、ほんの些細なステータスでしかないんですよ。

「大学を中退した」なんて経歴は、ほんと些細な失敗でしかないんです。

既卒・第二新卒向けの就業支援でチャンスはいくらでもある

そもそも、最近では入社数年で辞める人、あるいは就職決まらずに辞める人が多すぎて「既卒・第二新卒」という言葉も生まれています。

既卒・第二新卒向けの就業支援サービスは、大学中退者も普通に登録を受け付けています。

実際利用してみればわかりますが、この手の就業支援サービスでは「大学中退?へえそうなんですか〜」程度で終わることも珍しくないです。

「大学中退」なんて挫折、自分で思っているほど、大したハンデじゃないんですよね。

なので「大学中退だから人生詰んだ…」なんて卑屈にならずに、まずは話を聞いてみることも大切です。

「失敗しない」ことよりも「失敗した後の対応」が大事

用意周到な方なら、こう考えているはずです。

社会人男性
なぜ、大学中退したのか?」って
面接で聞かれたらどうしよう?

ここで、何かしら理由をつけて「自分が大学中退したのは、ちゃんとした理由がある」と取り繕うはずです。

なので、あえて言っておきます。

正直に答えればええやん。

遊び呆けていたのであれば、素直にそう言えばいいだけです。

逆に、勉強についていけなかったのであれば、素直に告白すればいい。

逃げたという意識があれば、逃げたと言ってもいい。

「自分の非を素直に認める」

当たり前のことですが、出来ていない社会人もかなり多いですからね。

だいたい、一度の失敗や挫折程度も認められないような完璧主義な会社、就職したところで息苦しいだけです。

そういった会社に誤って入社してしまわないためにも、素直に大学中退した経緯を話した上で、それを認めてくれる会社に入社した方が、長く続くに決まっています。

大事なのは”これから”ですよ。

大事なのは「何度でも挑戦する心」

学生にしろ、社会人にしろ、大切なのは「何度でも挑戦する心」です。

新卒卒業後に、正社員になったところで、それはただの”スタートライン”でしかありません。

大学中退なんて、まだスタートラインにすら立っていないんです。

でも、スタートラインを見つけるのだって、実は難しいことですから、遠回りしたっていいんじゃないでしょうか。

別に就職して正社員になったからと言って、その会社で一生働き続けることが決まったわけじゃありませんし。

スタートラインに立てないのであれば、走りながら自分の走るべきコースを見つければいい。

正社員になって安定した生活をした人だって「このままでいいのか?」「この会社で働き続けても先はあるのか?」と悩む。

そう考えると「大学中退したから人生詰み…」なんて悩み、ちっぽけだと思えませんか?

どーせ、フリーターだろうが、正社員になろうが、大金持ちになろうが、生き続ける限り、悩みと不安からは抜け出せません。

それなら、もう答えは明確ですよ。

過去がどうであれ、とにかく、進み続けるしかない。

必死に進み続ければ、そのうち「オレ、大学中退したんすよww」と笑い飛ばせるようになりますから。

大学中退者でもOKな就業支援サービスを使っておこう

とはいえ、正社員経験がない大学中退者の方は、どうしても就職活動に不安になってしまうと思います。

ですので、20代の若者向けの就職支援サービスを活用しておくべきでしょう。

また、大学中退者は広義では「中途採用」に含まれますので、転職サービスも普通に利用できます。

まあ、若いうちは「行動しちゃえばどうにかなる」ので、色々と試してみるといいですよ。

どうせ、大学中退して挫折と失敗しちゃってるんで、今さら失敗を恐れる必要もありませんからね。

適度に「失敗しちゃってもいいや」と、気楽に行くことも大事です。

「人生詰んだ…」と諦めずに、前向きに行きましょう。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ