田舎で年収の高い仕事を見つけるコツ。地方の給料が安い理由を知っておこう!

地方はとにかく低賃金です。

そして、ただでさえ平均収入の低い地方ですが、その地方内でもさらに収入差があります。

ひどい場合は、新卒後週6日勤務で手取り10万前後とか、そういうレベルの仕事も平然とまかり通っていますからね。

ただ、地方は物価が低く、人とのつながりが強いため、その程度の手取りでもなんとか結婚して子育て出来る家庭も結構あります。

しかし、逆に言うと人とのつながりがないと、かなり貧しい生活を送らざるを得なくなります

その証拠に、高齢独身者の自殺率は、地方になるほど高い倍率となっていきます。

そのため、独身者で田舎で薄給で仕事している人は、若いうちに年収の高い仕事に就いておかないと、マジで人生詰みます。

そこで今回は、地方でも比較的高年収で将来性のある仕事の選び方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

なぜ地方の年収は低いのか?

まずは「そもそも、なぜ地方の年収は低いのか?」という話からしましょう。

経済学をかじっておけば誰でもわかりますが、地方は金回りが悪いからです。

たとえば、東京では1000円で食料や家賃などの「物価」が高いため、それに応じて給料も決まるわけです。一方、地方では600円で食料や家賃などの「物価」が低いため、給料も低くなります。

これが、単純に「国」単位ならいいのですが、同じ国内で収入の差が生じているにも関わらず、全国単位で生産されている商品は相対的に地方では高くなるわけです。そのため、地方は生活費や物件以外は割高になってしまい、経済的に貧しくなるわけです。

極端な話、地方の賃金のままで都内に生活すると、かなり貧しい生活をするハメになりますからね。

地方に住むことで、どうにかしのいでいるわけです。

地方内で年収の高い会社を見つけるコツ

こうした経済の基本を抑えておくと、地方でも必然的に給料の低い仕事は明らかになってきます。

地方内でしかお金の回していない企業は、賃金が低くなります。

たとえば、地方内にしか流通のない農業は、当然ながら地方の安い物価内でやりくりしているため、給料も低くなるわけです。しかし、都内にも流通ルートのある農家は、都内の物価で出荷できるため、少し給料もよくなります。

そのため、地方の企業が給料を上げるには「地方外との経済的つながりがあるか」という条件が必要になってきます。

たとえば、

  • 国税で運営されている国家公務員
  • 全国規模の大企業の支社
  • 「金」そのものを取り扱っている地方銀行
  • そもそも場所にとらわれないIT・WEB事業

…などは、地方でも相対的に給料の高い仕事になります。

地方民搾取事業には気をつけよう

しかしながら上に挙げたような仕事でも、地方内で稼働している工場や、転勤のない地方内勤務がほとんどの会社は、賃金の低い傾向にあります。

人件費を安く抑えるため、地方に工場や支社を置いているからです。

簡単に言えば、人件費を抑えるために中国や発展途上国に工場を作るのと一緒ですね。

Made in Chinaの商品が安いのと、一緒です。

要は、人件費抑えて搾取するための、地方展開なわけです。もっとも、雇用先がなく失業者があふれかえるよりはマシなので、地方としても受け入れざるを得ないわけです。

都市部への転勤や出張のある会社は比較的高給

結局のところ、地方内だけで仕事していては低賃金地獄からはいつまで経っても抜け出せません。

地方でも年収の高い会社や、将来昇給を狙うのであれば、都市部への転勤や出張などのある会社に転勤するべきです。

都市部への転勤になれば、当然ながら給料はその地域に合わせたものへと上がります。

また、都市部へ出張のある会社は、都内との取引のある会社ですので、給料も待遇も良いです。

結局のところ、地方内に引きこもっているような会社では、どうあがいても給料アップは狙えないのです。

都内に顧客を持つIT・WEB会社も給料は高め

地方の会社でも、インターネットのおかげで場所にとらわれないで仕事や取引のできるIT・WEB会社は賃金が高い傾向があります。

ただし、これも地方内にしか顧客を持たないような企業は、地方経済に依存して収入が低めになるので、主要取引先はしっかりチェックしておくべきです。残念ながら、大きなIT・WEB会社はまだまだ都市部に集中しているため、地方ではそこまで絶対数が少ないのが難点です。

地方で高年収の仕事を探すなら転職エージェントを使おう

このように賃金格差のある地方の企業ですが、実は企業間の情報格差もかなりひどいです。

前述のIT・WEB会社は、若者向けの求人をインターネット広告で出稿していることも多いですが、地方依存の古風な企業は未だに地方誌やハローワークでのみ求人を出した上で「若手が来ない」だの言っていますからね。情報弱者が多いのも、地方の低賃金な職場の特徴です。

そのため、地方で高年収の職場を見つけ出すなら、転職エージェントという転職サービスを使うことをオススメします。

大手の転職エージェントは全国各地に拠点を持つため、地方でも高年収の仕事を見つけやすいです。ハローワークや地方誌では絶対に見つからない、高年収の非公開求人も多く取り扱っており、都市部への移住をしなくとも高年収・厚待遇の仕事と出会えます。

転職エージェントはプロの専門家が、自分の適性を診断した上でオススメの求人を紹介してくれるため、今まで知らなかったような地方の企業を転職先として紹介してもらえることもあります。履歴書・職務経歴書の作成から、面接指導まで行ってくれるので、転職初心者でも安心です。

また、転職エージェントでは担当が営業で調査した「社風」「人間関係」などの生の情報も教えてくれるため、地方独特の閉鎖的な人間関係の職場を避けることもできます。

地方の年収の低い職場でうんざりしている方は、是非転職エージェントを利用してみてください。地方の安い賃金で仕事し続けていても、お先は真っ暗ですよ。

タイトルとURLをコピーしました