集団行動が苦手な人に向いてる仕事14選【将来的に独立して働ける仕事がオススメ】

集団行動が苦手な人にとって、この世には集団行動を求められる仕事や協調性を重視する企業が多いと感じているかもしれません。たしかに、学生時代よりグループ行動やチームワークが苦手だと感じていた人は、社会生活での苦労も耐えないことでしょう。

ですが、世の中には集団行動が苦手でもこなせる仕事はたくさんあるはずです。たとえば、クリエイターやエンジニアといった技術が重視される仕事であれば、一人でマイペースに作業を進められる職場や働き方も選べます。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、集団行動が苦手な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

集団行動が苦手な人に向いてる仕事【解説付き】

集団行動が苦手な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 自動車製造工
  • 板金工
  • 大工
  • 探検家
  • 写真家(カメラマン)
  • 楽器リペアマン
  • ミキサー
  • カジノディーラー
  • グラウンドキーパー
  • タイムキーパー
  • フルスタックエンジニア
  • 伝統工芸職人
  • アルバイト全般
  • フリーランス

これらの仕事は一つのスキルや専門知識を極めれば独立して働きやすい仕事ばかりですので、集団行動が苦手な人でも向いてる可能性が高いです。また、集団行動が苦手と言っても「周りと同じことがをするのが苦手」「上の指示や規則に従うのが苦手」という人であれば、アルバイトやフリーランスなどの雇用形態で働きながら自分なりに社会と付き合っていく術を身につける方法も考えられます。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。

自動車製造工になるために資格はとくに必要ありません。専門学校などで自動車の基本的な構造や 関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

コミュニケーションや協調性が重視される仕事ではないため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

板金工

板状の金属にさまざまな加工をする技術者が板金工です。たとえば、工場でへこんだ自動車の車体を修理する工場板金工や銅板をはじめとした薄い金属板を使って屋根をふいたり、金属板を加工して換気管を取り付けたりする建築板金工があります。

板金工として働くために特別な資格は必要なりません。見習いとして就職後、現場で基礎から技能を身に付けるのが一般的です。または職業訓練校で技能を学び、厚生労働省の技能検定制度の技能士(工場板金・ 建築板金)の資格を得る人も多くいます。資格を取得していれば一定以上の技術を持っている証明になります。

大勢の人と関わる仕事ではないため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

大工

大工は、家屋をはじめとした木造の建物の建築や修理を行なう職人です。設計図に従って材料を仕入れ、それらを加工し、木造の建物を作り上げていきます。図面の不備があったり、施主の要望があったりした場合には、現場で臨機応変に修正を加えたりもする。木造建築の専門家としての知識と技術が求められるとともに、体力も必要となります。高い技術を持つ大工は「棟梁」と呼ばれ、建築現場全体を束ねる立場になるため、統率力も身に付けなくてはなりません。

大工になるには専門学校や職業訓練校で学ぶか、棟梁の下に弟子入りする方法があります。建築会社や工務店などへ就職して技術を磨き、独立して建築会社や工務店を営む人もいます。資格は、各都道府県の職業能力開発協会が実施する「建築大工技能士1~3級」があります。

「棟梁」になるまでは、ひとりでコツコツと仕事をこなしていくため、集団行動が苦手という人にも向いている職業だといえるでしょう。

探検家

秘境や未踏地を調査や探索する人を探検家といいます。また、不可能と思えるようなパフォーマンスに挑戦する人は冒険家と呼ばれています。日本人では1984年に国民栄誉賞を受賞した植村直己さんや2013年に80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんらが有名です。

探検家や冒険家になるために必要なスキルは

  • 頑健な肉体と強い精神力
  • スポンサーを集める能力(多額な費用がかかるため)
  • 英語をはじめとする語学力
  • 冒険に関する知識(学術誌への論文掲載経験があるなど)

などがあると望ましいでしょう。

ナショナルジオグラフィック協会の研究・探検委員会(CRE)は、世界中の発見と地球の真実を伝えることをミッションとして活動しており、1890年以来マチュピチュやタイタニック号の発見をはじめ、1万件以上の調査・探検・環境保全プロジェクトを支援しています。この支援プログラムには誰でも応募することができるため、探検家や冒険家を目指すなら、応募してみるのもひとつの手です。

探検や冒険は基本的に自分ひとりか、あるいは数人の少数精鋭で行なうものであるため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

写真家(カメラマン)

写真家とはその名の通り、写真を撮ることで生計を建てる人のことで、総称して「カメラマン」あるいは「フォトグラファー」と呼ばれることもあります。

写真家にはそれぞれ専門の得意分野があり、主に以下のようなカメラマンがプロとして活躍しています。

  • 報道写真家~写真家には新聞やニュース、雑誌などに載せる写真を撮影
  • スポーツ写真家~競技中のスポーツ選手を撮影
  • 広告写真家~雑誌や新聞などの広告のイメージ写真などを撮影
  • 建築専門写真家~建築物や造形物を撮影
  • 水中写真家~自ら海中に潜って海のものを撮影する
  • 動物写真家~動物を撮影する

プロのカメラマンとして活躍するために重要なことは「自分がどのような写真を撮りたいのかを理解している」「写真を見る人に何を伝えたいかが明確である」など、自分の中でやりたいことが明確でその分野を極める高いプロ意識や熱意があることが求められます。

写真家となるために資格はありませんが、カメラを扱う必要最低限の知識と撮影テクニックの基本をしっかりと身に付けておくと有利でしょう。写真学科のある大学や専門学校へ進学するというのが一般的な進路ですが、著名な写真家のアシスタントになって実践的に学ぶという方法もあります。

写真家の多くはひとりで活動しているか、ごく少数のアシスタントと撮影に臨むため、集団行動が苦手という人にも向いている職業といえるでしょう。

楽器リペアマン

楽器リペアマンは、壊れた楽器を専門的に修理するのが仕事です。地味で裏方的な仕事ではありますが、確かな技術さえあれば一定の需要があります。評価が高まっていけば、プロの演奏家から指名されて仕事の依頼がくることもあります。楽器リペアマンは音楽業界にとって必要不可欠な存在なのです。

楽器リペアマンに必要なスキルは

  • 楽器ごとの特性や素材などの深い知識
  • 修理をするための正確な音感や聴力
  • 音響学に基づいた高度な技術

などです。

楽器リペアマンになるために特別な免許や資格は必要ありませんが、楽器リペアに関する技術や知識を教える専門学校がほとんどないため、楽器専門の工房でアシスタントとして勤めたり、楽器メーカーに就職したりして経験を積むのが一般的です。修理の技術や知識を数多く学んだ後に独立する人も多く、楽器リペアマンと楽器クラフトマンの仕事を兼ねる人もいます。

大勢の人とコミュニケーションを取る必要はなく、ひとりでコツコツと仕事をこなしていくため、集団行動が苦手という人にも向いている職業だといえるでしょう。

ミキサー

音楽を録音するときに用いられる調音装置(ミキサー)を扱う人のことを、調音装置名と同様にミキサー、またはレコーディングエ ンジニアと呼ばれています。

ミキサーに必要なスキルは「ベストな音をつくり出すための高度に洗練された音感」「ミュージシャンに負けない音楽的感性」などです。

ミキサーになるには、音楽大学や音楽系専門学校で専門的な音楽知識と録音機器の操作技術を学び、レコード会社やレコーディングスタジオなどに所属して、先輩ミキサーのアシスタントとして修業を積みましょう。

音に集中してサウンドのバランスを調整する仕事のため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

カジノディーラー

カジノディーラーは、ルーレットを回したり、カードを配ったり、勝った人(プレイヤー)にチップを配ったりするのが仕事です。2016年にカジノを含むIR推進法が施行され、日本でもカジノが合法化される可能性もあります。全国にカジノが開設されるようになれば、多くのディーラーが必要となるでしょう。現在もお金をかけない合法的なゲームでディーラーとして働いている人も存在します。こういったゲームは高齢者施設の娯楽としても人気があり、カジノディーラーを養成する専門学校も出現しており、体験入学できるところもあります。

カジノディーラーはひとりでゲームの進行を司るため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

グラウンドキーパー

野球場やサッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことをグラウンドキーパーといいます。また、 ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人はグリーンキーパーとも呼ばれています。グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持するのがグラウンドキーパーの仕事です。

グラウンドの整備は民間の造園会社などに委託していることが大半を占めているため、グラウンドキーパーになるには、球場や競技場を運営と管理をしている会社や球団など自治体に委託先を教えてもらい、採用状況を問い合わせてみるといいでしょう。

グラウンドの芝や土のに集中して調整するため、大人数で行なう仕事ではないので、集団行動が苦手な人にも向いている職業だといえるでしょう。

タイムキーパー

テレビ番組の撮影の際、とくに生放送の場合、撮影時間と放送進行の時間が早すぎたり遅れたりしないよう、脚本や台本を見ながら時間を計り、管理するのがタイムキーパーの仕事です。アシスタントディレクターやその他スタッフと連携して、番組進行が滞らないように調整します。現場ではタイムキーパーのことを略して「TK」とも呼ばれています。

タイムキーパーになるには、勤務時間が不規則なので体力があるといいでしょう。

タイムキーパーになるには、テレビ番組の制作会社に入社しましょう。まずは先輩タイムキーパーに弟子入りして、アシスタントとして仕事を覚えていきます。経験を積んでフリーで働く人も多く、女性は結婚や出産を経て復帰できる仕事でもあります。

テレビ番組の進行をひとりで司さどるため、集団行動が苦手な人にも向いている職業だといえるでしょう。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとは、プログラミング言語の記述からサーバー・PCへの実装まで、エンジニア業務すべてに幅広く対応できるエンジニアのことを指します。

プログラミング言語を書けることはもちろん、サーバー・データベース、インターネット・通信技術に対しての幅広い専門知識、ハードウェアに関する知識も必要になってきます。

未経験からフルスタックエンジニアをいきなり目指すのは難しいので、まずはプログラマーやシステムエンジニアとして就職して、各種スキルや経験を積んでいき、全体的な業務に関わっていくのがいいでしょう。

フルスタックエンジニア相当のスキルを身につければ、フリーランスや起業家としても幅広くIT系の仕事をこなせるため、集団行動が苦手な人は目指してみる価値はあると言えます。

ロケット開発エンジニア

ロケット開発エンジニアは、日々進化する航空宇宙工学の知識技術を駆使して、用途に応じたロケットの開発や設計を行なうのが仕事です。日本のロケット開発エンジニアは、主に宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ就職して仕事をしていますが、ロケットの開発に誘っている大学などの研究室に残って研究者となったり、ロケット開発を行なっている民間会社の研究者として開発に携わる人もいるようです。

ロケット開発エンジニアになるためには、早稲田大学の理工学部や工学部の専門の学科で、航空宇宙工学を学ぶことが基本となります。航空宇宙工学とは、流体力学や飛行力学、航空機設計などの学問を用いて、航空機やロケット、人工衛星や宇宙探査機を設計するための方法を研究開発する学問です。航空宇宙工学を学んだ上で、JAXAへ応募したり、三菱重工業などロケットを作っている民間企業への就職を目指すというのが一般的です。また、大学の研究室に残って研究を続けて成果を出すことで、JAXAや民間企業から招聘されることもあるようです。

基本的にひとりで集中して行なう仕事なため、集団行動が苦手な人にも向いている職業といえるでしょう。

伝統工芸職人

日本には世界に誇る数々の伝統工芸品があり、その数は1200を超えると言われており、その伝統工芸品を製作するのが伝統工芸職人の主な仕事となります。

2021年1月現在、国(経済産業大臣)の指定を受けた伝統工芸品は236品目あり、その分類は「織物(38品目)」「染色品(13品目)」「その他の繊維製品(5品目)」「陶磁器(32品目)」「漆器(23品目)」「木工品・竹工品(32品目)」「金工品(16品目)」「仏壇・仏具(17品目)」「和紙(9品目)」「文具(10品目)」「石工品(4品目)」「貴石細工(2品目)」「人形・こけし(10品目)」「その他の工芸品(22品目)」「工芸材料・工芸用具(3品目)]と分かれています。

これらの伝統工芸品は「伝産法」という法律でも保護されており、文化保護のため国から支援金が出ていることもあるため、後進育成のために若手を雇っていることもあります。

伝統工芸品になるために特別なスキルや学歴・経歴は必要とされませんが、一人前になるまでに長い修行期間(場合によっては10年以上)が必要となるため、強い熱意や根気が大事になることは言うまでもありません。

もし、伝統工芸職人に興味があるなら、下記の経済産業省運営の伝統工芸品に関するページから気になる伝統工芸品を探してみて、関連する業者に直接問い合わせ採用を行っているかどうか確認してみるといいでしょう。

参考リンクhttps://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/nichiyo-densan/index.html

フリーター

社員契約を結ばず、アルバイトやパートなどの収入で生活する人はフリーターと呼ばれています。作家や芸術家などを目指す「目標のあるフリーター」もおれば、自分の方向性の定まらない「モラトリアム型」や近年の就職難で増加した「仕方のないフリーター」も多くなっています。

アルバイトやパート勤務は、学歴や経歴不問で即時雇用されるため、フリーターになるためのハードルは極めて低く、さまざまな職種から仕事を選べるので、この道を選ぶ人も多く、昨今ではフリーターの高齢化が指摘されています。

しがらみがないため、集団行動が苦手な人にも向いている勤務形態といえるでしょう。

フリーランス

フリーランスとは、会社に所属せずに企業や個人から仕事を個別に請け負うことで生計を立てる人のことを指します。

▼フリーランスとして働きやすい仕事の例

  • デザイナー
  • イラストレーター
  • プログラマー
  • ライター
  • インストラクター
  • コンサルタント

クリエイティブ系の仕事(デザイナー、イラストレーターなど)、インターネットのみで完結しやすい仕事(ライター、プログラマー)は、比較的フリーランスとして独立しやすいと言えるでしょう。また、コンサルタントのような企業のパートナーとして独立して働く仕事や、インストラクターのような自分の経験・知識を他人に指導していくような仕事も、フリーランスとして働きやすいと言えます。

フリーランスになれば、会社の決まりに従うことなく自由に時間を使う働き方ができるため、集団行動が苦手なら目指してみるのもいいでしょう。

集団行動が苦手な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました