適職診断から徹底分析!ニートに向いてる仕事11選とオススメする理由を解説!

「向いている仕事がわからない」
「ニートに向いてる仕事は何がある?」
「ニートだけどオススメの仕事は?」
「引きこもりニートでもできる仕事は?」

この記事へたどり着いた読者は、このようにお悩みのはずです。

もしそうだとしたら、一度冷静に考えてみてほしいことがあります。

引きこもりのニートで職歴もない人が「向いている仕事」を見つけ出そうとしても、そもそも仕事の経験・知識がないので、自分一人の判断だけで向いている仕事を見つけ出すのは難しいです。

ただ「自分に向いている仕事が何か?」を考えることは、真剣に自分のキャリアについて考えている証拠ありますので、行動する前に悩むことも大事です。

この記事ではそんな悩める読者に向けて「向いている仕事を見つけ出すための方向性」について、ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼就職先探しに迷っている方へ

「一人でアレコレ悩んで何もできないまま一日が終わる…」
そんな自分にうんざりしていませんか?
経歴に自信がないことややりたい仕事・向いてる仕事が見つからないことが原因で就職先が決められないのであれば「ウズキャリ」のご利用をオススメします。
ウズキャリでは就職できないまま卒業してしまった既卒、短期離職してしまった第二新卒の就職支援に強く、無料でオンライン相談することができます。
もし、読者が本気で就職したいと考えているのであれば、まずは勇気を出してウズキャリのオンライン相談を利用して、一歩前進してみてください。

→ウズキャリに無料相談してみる

ニートに向いている仕事は「性格」「職種/業種」「条件」の三要素から選ぶと失敗しない

ニートに向いている仕事を見つけ出すためには、

  • 自分自身の性格傾向
  • 就きたい職種/業種
  • 働きたい条件(職場環境)

…の三要素から見極めておくと、失敗しないで済むはずです。

これらの要素に優先順位をつけておくことで「自分が仕事をする上で何を一番優先しているか?」が明確になってくるため、自分自身が仕事/会社に望んでいることも見えてきます。

ですので、まずはこの三要素毎に向いている仕事を見つける時の考え方を知っておき、どれが自分に一番合っているかを考えてみてください。

ニートに向いてる仕事は「性格」で選ぶ

向いてる仕事を見つけ出すなら、まずは「自分自身の性格」で選んでみるといいでしょう。

仕事選びに性格って関係あるんですかね?

転職では経歴が重視されがちだと思われているが
その人の性格/人柄/考え方/価値観も重要視されるぞ!

とくに経歴が他の同年代よりも劣る、無職/ニートの人は相対的に「性格/人柄/考え方/価値観」が先行の際に重視されます。

逆に言えば、経歴がほとんどないニートは性格/人柄で勝負するしかないのです。

性格も良くない/他人からも好かれないような人は
どうすればいいんですかね?

「自分と似たような性格の人が集まる会社」を
見つけ出せばいいのさ!

採用では何が重要視されるかは会社によって分かれますが、人事も人である以上は「自分と似たような経歴や性格の人」や「社内の人間と相性の良さそうな性格の人」を選びます。

▼向いてる仕事を性格から選ぶ時のポイント

  • 自分と価値観や考え方の合う社員が多そうな会社を選ぶ
  • 自分と似たような経歴を持つ社員が多く集まる会社を選ぶ
  • 自分の性格傾向と相性の良い上司がいる職場を選ぶ

このような条件を見抜くためには、社長・社員の著書や発信情報(SNSなど)をチェックしてみたり、企業説明会などで話す機会を作るなど、求人票からは見えてこない情報を得ることが大事です。

また、単純ですが性格で向いてる仕事を見つけるなら「面接時に話が噛み合ったかどうか?」が最重要で、変に企業相手に気をつかわずに素直に自己アピールできるかどうかも自分の性格と相性の良い職場を見つけ出すコツとなってきます。

ですので、まずは自分自身の性格をしっかりと認識して言語化できるようにしておき、履歴書/職務経歴書/面接で企業側に自分の性格が伝わるようにしておくことが大事となってきます。

極論、仕事自体が嫌いであっても
周りの人と合う/人間関係が良好なら
仕事を続けることはできるからな!

自分に向いている仕事を探しているニートの方で、自分自身の性格を上手くアピールできない人は転職サイトリクナビNEXT内のグッドポイント診断を利用しておくといいでしょう。

グッドポイント診断では、18種類の「強み」から自分自身の性格の良い部分を知ることができます。

リクナビNEXTではこの診断結果をもとに、スカウト・オファー求人も届きますので、気になる方は登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクナビNEXTを見てみる【登録無料】

ニートに向いてる仕事は職種/業種で選ぶ

次に、転職活動でも多くの人が意識しているであろう「職種/業種」で選ぶという方法を紹介します。

職種/業種から仕事を選ぶ方法ですが、今までの経歴がある人なら選びやすい反面、経歴のない人や他の職種/業種へ転職したい場合、自分に向いている仕事を見つけにくいというデメリットがあります。

他にも、以下のような問題がある点に注意。

  • 職種/業種だけで選ぶと、会社の社風や人間関係が合わないで居心地が悪くなる恐れがある
  • 今までの経歴が年収が低い/待遇が悪い業界のものだと条件が悪くなりがち
  • 向いていない職種/業種の経歴しかない場合、向いているかもしれない別の職種/業種に気づきにくい

職種/業種だけで仕事を選ぶ場合、書類上のステータスだけで選考が進みがちなので、それ以外の要素は無視されがちな結果になることが多いです。

ちなみに、転職サイト/エージェントに登録するだけでは経歴から自動的に「職種/業種」に合わせた求人が紹介されるだけなので、意図せずに職種/業種だけから向いている仕事を選んでしまっている人も多いです。

職種/業種で選ぶのは
当たり前の方法じゃないんですか?

なぜか当たり前になっているが
実はデメリットも多い方法なんだ…

職種/業種で向いている仕事を選ぶのは、そもそもが「その職種/業種の仕事内容を理解していないと向いているかどうかすら判断できない」という点で難易度の高い方法だと言えます。

とくに職歴・経歴に難のあるニートの人の場合、向いているかどうかの判断が難しいです。

ただし、未経験職からの就職/転職のしやすい20代に限って言えば「自分が挑戦してみたい仕事」を職種/業種から選ぶことができる点はメリットです。

「やりたい仕事」なんて
とくにないんだよなぁ…

もし、ニートの読者の方で「やりたい仕事がない」と悩んでいるなら、それは単に職種/業種に対する知識がないだけかもしれません。

ですので、

  • 職種/業種の知識を身につける(業界分析/企業研究など)
  • 職種/業種以外の要素から仕事を選ぶ

…のどちらかの方針で就職/転職活動を進めていくことが大事になってきます。

前者の方法は一から調べると時間がかかるので、現実的には職種/業種以外の要素で向いている仕事を見つけつつ、その過程で自分がやってみたい職種/業種を見つけ出すという流れになります。

「やりたい仕事」よりも「やってみたい仕事(職種/業種)」で
向いている仕事を見つけ出してみるといいかもな!

職種/業種で向いている仕事を見つけ出すなら、無料転職サイト「ミイダス」を使っておくのがオススメです。ミイダスの適職診断では全147の職種から自分の適性度がわかるため、自分に向いている職種を把握するためには非常に効率のいいツールです。

その他にも、ミイダスには転職サイトとして企業からスカウト/オファー求人が届いたり、企業の詳細な情報も閲覧できるので、向いている仕事を選ぶ際には非常に役に立つと言えます。ニートの方でもオススメ求人が届きますので、この機会に登録しておくといいでしょう。

ミイダスを見てみる【登録無料】

ニートに向いてる仕事は条件で選ぶ

ニートが向いてる仕事を見つけ出すためには、求人票の条件や待遇、雇用形態などから選ぶという手もあります。

ただし、条件にこだわり過ぎるとまったく自分の希望通りの仕事が見つからないことが多くなるため注意が必要です。

とくに経歴がないニート/空白期間が長いニートなどは、企業側からも警戒される人材ですので、条件だけを見て企業を選ぶと「オトリ求人(条件を本来よりも吊り上げて客引きしている求人)」に引っかかりやすくなります。

経歴のある人でも条件にこだわると
転職が難しくなりがちだからね…

でも出来るなら条件にはこだわりたいものですよ…

仮に「条件(年収/待遇)」を最優先に向いている仕事を見つけ出すなら、以下のようなことは強く意識しておかなければ、就職/転職活動で難航しがちです。

  • 「理想」ではなく「妥協できる条件」から選ぶ
  • 自分の希望する条件で働ける会社が実在するのか知っておく
  • 入社直後の条件ではなく「将来的な条件」を意識する

企業の採用条件にこだわり過ぎるあまり、現実の見えてない人は少なくなく、転職活動で失敗する最大の原因となりやすいです。

求人検索サイトを利用すれば「自分は仕事を選べる立場だ」と勘違いしやすいですが、採用を決めるのは企業側であり、賃金を払うのも企業である以上、仕事を選ぶ側の選択肢は限られているのが現実です。

ですので「条件」で向いている仕事を選ぶのであれば「どれだけ妥協できるか?」を軸に選ぶことが大事だと言えるでしょう。

【解説あり】ニートに向いている仕事

ニートに向いているオススメの仕事には、どのようなものがあるのでしょうか?

  • WEBコーダー
  • バックエンドエンジニア
  • リサーチャー
  • 清掃員
  • ドライバー
  • 自動車製造工
  • アニマルセラピスト
  • 宮内庁職員
  • 司書
  • 学芸員
  • 伝統工芸職人

自分に向いている仕事を見つけ出すために、エニアグラムから性格診断、占いから占星術まで学び尽くした過去がある私が、ご紹介してまいります。

営業職

ニートに向いている仕事の代表格と言えば、営業職でしょう。

とくに文系職に関しては、営業職が仕事の登竜門みたいなところがあるので、経験しておくだけ将来のためになります。

「コミュニケーション能力がないから自分には営業は無理…」とお考えのニートの方もいるでしょうが、

そんなものは仕事しながら身につけろ

…としか言いようがありません。

ちなみに、営業系に会社は周りにポジティブで面倒見の良い先輩や上司もいる仕事ですので、引きこもりニートでも暖かく迎えいれてくれることもあります。

逆に会社自体が引きこもりがちな、事務職や工場のお仕事などは「お前、使えねえな」「若い女はムカつくからいじめちゃう!」みたいな、陰湿な先輩も結構多いので、意外とニートは営業の方がオススメなのです。

接客業(販売・マーケティング)

ニートなら接客業もオススメ。

なぜなら、接客業は簡単に就職できるから。

試しに近くの小売チェーンに手当たり次第応募しまくれば、アルバイトレベルならどこかは雇ってくれます。

また、正社員での採用にこだわるのであれば、職歴なし・未経験者でも店長候補の採用に関する求人がバンバン届きます。

以下の記事では、転職サイトをまとめて紹介しておりますが、とくに大手の「リクナビNEXT」「doda」あたりは、ニートでも求人が大量に届くので、必ずチェックしておきましょう。

事務職

ニートに向いている仕事と言えば事務職。

営業・接客系の文系職と違って、あまり見知らぬ他人と関わる機会がないので、人見知りやコミュ障な人にはかなりオススメ。

だたし、ニート・未経験からの事務職への転職は競争倍率が非常に高いことで有名で、経歴やスキルがなければなかなか通らない点には注意。詳しくは以下の記事で。

また、事務職は「将来、AIに奪われる仕事」とも言われており、最近では派遣社員への委託が進んでいる職種ですので、将来性には不安が残ります。

ですので、ニートから事務職を目指すのであれば、派遣会社に登録しておくという選択肢も知っておくと、間違いないでしょう。

工場勤務・製造業

ニートなら、工場勤務や製造業もオススメ。

マニュアル通りに所定の作業を繰り返すだけ…つまり「刺身の上にタンポポをのせる仕事」みたいな感じなので、工場勤務はかなり楽な部類のお仕事です。

ただし、ルーチンワークが苦痛じゃない人限定の話。

しかも日本は製造業大国なので、割と待遇も安定していて会社の将来性もバツグン。

鉄鋼業や自動車業界であれば、社員寮完備の仕事もあるので、地方からの出稼ぎも可能。

…だと言うのに、地味で目立たないせいで製造業は割と人手不足。

ニートでも年齢かかわらずに50歳ぐらいまでなら経歴問わずに就職できるので、意外な穴場として覚えておくといいでしょう。

WEB・IT系

20代のニートなら、WEB・IT系を目指すのもあり。

WEB・IT系は人手不足なためか、若手向けの支援講座+就職支援を行っている業者も多いので、やる気さえあればチャンスはあります。

たとえば、株式会社UZUZ手がける「ウズキャリ」や、東京都内でみっちりプログラミングの研修をしてくれる「GEEK JOB」あたりは、ニートでも利用可能です。

20代前半のうちなら研修で技術を教えてくれる会社はありますし、ネット講座や独学で学べばフリーランスも目指せるので、いくらでもチャンスはあると言った感じです。

ちなみに、ネットの通信講座でプログラミングを学べる「テックアカデミー」では、初心者から業界最先端の技術まで、幅広く学ぶことが可能です。

また、ハローワーク経由の職業訓練でIT・WEB系の講座が開催されていることもあるので、チェックしておくといいでしょう。

IT・WEB系の会社ですが、一般企業よりも年収が高めの会社も多いので、将来を考えて若いうちにスキルを身につけておくと、将来的に生き残れる人材になるかもしれませんよ。

ニートに向いている仕事は働いてみないとわからない

以上、ニートに向いているオススメの仕事を紹介してきましたが、自分が就いてみたいと思える仕事は見つかりましたか?

もし、読んでも向いている仕事が見つからなかった方は、あれこれ悩まずに「まずは就職して実際に働いてみればいいや」ぐらいの軽い気持ちで就職先を探すことも大事ですよ。

たとえば、私などは「今の仕事で結果出さなきゃ、30代になって人生詰みだ!!!」ぐらいに考えてたので、向いている・向いていない以前に、体と脳が勝手にWEBマーケターとして適合しちゃった感じなので、結果オーライという感じです。

要は、向いている仕事とは無理なく続けられて、自分が環境適応出来そうな仕事のことなのです。

※ちなみに私の言う「無理なく」とは、1日中モニタ前に張り付いて文章を書き続けたり、データとにらめっこし続けて脳汁が乾くまで思考するレベルの作業のことです。

また、今回紹介したようなニートにオススメの仕事についても、会社によっては全然別の仕事内容だったりするので、企業の人事や就職支援サービスのアドバイザーに相談してみて「どんな仕事なのか?」と興味を持ってみることも大事です。

逆に、求人票だけの情報やネットの情報を参考にしすぎると、実際の仕事内容をまったく知らないまま「向いている・向いていない」と判断しがちなので、事前にしっかりと会社の仕事内容を確認しておくといいでしょう。

ニートに向いている仕事が見つかる転職サービス

最後にニートに向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました