【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【適職診断あり】ニートに向いてる仕事一覧+就くための方法を解説!無職・ニートからでも無理なくできる職業の特徴とは?

「ニートだけど向いてる仕事がわからない…」
「ニートの自分でも適性が活かせる仕事が知りたい…」
「ニートだけど使える適職診断ツールある?」

このようにお悩みではありませんか?

「ニート」は世間的にはネガティブな目で見られがちですが、既存の一般職に馴染めないだけで、他分野には高い才能や素質を秘めている人材も多く眠っていることでしょう。

たとえば、無職の状態から「プログラマー」「ブロガー」「YouTuber(ユーチューバー)」などの職業で在宅の状態から稼げるようになった人の存在も、ここ数年では多く見かけます。

経歴や実績がないニートでも、ちょっとしたきっかけで企業から仕事を与えられ、そこで高い適性や才覚を発揮し、一気に頭角を表した者もいます。

あるいは、ニートという生き方を前向きに捉え、自分自身で農業に励んで食べる物を生産してコミュニティを築いたり、お金持ちの話を聞く代わりに奢ってもらうことで生活しているような人もいます。

いずれも、運が良かったり元の素質があったことは否めませんが、重要となるのが「自分の適性や強みを十分に理解し、それを活かせるように立ち回ったか?」ということです。

たとえば、一日中パソコンでの作業が苦にならない廃人ゲーマーは高い情報処理能力や集中力があるためデスクワーク全般に向いてる可能性が高いですが、コミュニケーション能力を求められる仕事では強みを活かせないかもしれません。

このように、ニートであっても「自分にはどういう強みがあって、何が苦手か?」を把握することで、自ずと向いてる仕事やどのような働き方を行うべきかが見えてくるものです。

そこで本記事では、ニートに向いてる可能性のある職業・業種の例をご紹介した上で、より自分の強みや適性を発見できる診断ツールのご紹介や、向いてる仕事に就くために行うべきことまで、合わせてご紹介していきます。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

ニートの弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

向いてる仕事を探す上で、避けたい事態の1つが「自分に合っていない仕事に就いてしまい、早期退職を繰り返す」というものです。

そうならないためにも、自分の欠点が指摘されたりマイナスに働く職場は避けるべきです。

しかし、仕事選びの知識や経験がないうちから、自分に合っていない職場を見極めるのは困難です。

一方で、自分の欠点やそれがマイナスに働く職場の条件を知っておけば、求人選びや面接段階で「この会社は合ってないかも…」と気づく可能性は高くなります。

ここでは、ニートの人が抱えやすい欠点やマイナス評価になりやすい部分を紹介していきます。

自分の状況に当てはめて
読んでみてくださいね

社会経験の不足から社会適応が難しい

ニートの欠点として「社会経験の不足」が、就職/転職の際、または仕事に就いたあとの社会適応の際に、ハンディキャップになることがあります。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 基本的なビジネスマナーができないため顧客とのトラブルの原因となる
  • 客先や会議で空気の読めない発言を行い反感を買う
  • 体力面でオフィス出勤や長時間労働に適応できない
  • 業界や会社のルールに適応するまで時間がかかる
  • 他のメンバーと必要なコミュニケーションが取れない
  • 業務の指示を正確に理解できず、習得にも必要以上に時間がかかりすぎる

このことにより「社会を知らない」「空気を読めない」と職場内でトラブルメーカーとなってしまう懸念があるため、注意が必要です。

とくに、形式的なビジネスマナー遵守意識の高い会社や、新人や部外者に厳しい排他的な職場環境だと、この欠点が目立ってしまうかもしれません。

労働に対する意欲の低下や過剰な不安を抱くことがある

長い間ニートとして過ごし社会との接触がないと、労働へのモチベーションが下がることや、仕事に対して過度な不安を抱えやすくなります。

これは、以下の例です。

  • 仕事に対するモチベーションの維持が難しく、長く続ける自信がない
  • ルーティンワークや単調な作業を避けたがるが、かと言って高度な専門職を行える経験や知識はない
  • 長時間の労働や外的なストレスに弱い傾向がある

上記のような特性から「業務の遅延」や「品質の低下」が起こり、仕事の成果やパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

また、書類選考や面接での不採用が続くことで、仕事に対して自信を失い、正常な判断ができない場合も増えます。

これにより、仕事を探す意欲が低下したり、新しい職場への適応が難しくなったり、長期的に働くことが難しくなります。

ニート期間が長くなると、心身共に衰弱して判断力が低下していたり、視野が狭くなっており、それが就職/転職でマイナス要因になることもあるということです。

経歴やスキルの不足から職業の選択肢が制限される

経験/スキルの不足は、職業の選択肢を狭める要因となります。

というのも「求人情報を適切に読み取り仕事内容を把握する能力が低く、正確な判断ができていない」という状態にあるにも関わらず、「求人情報だけから、その仕事が合っているかどうか?受かるかどうか?を判断してしまう」…というのは、ニートが陥りがちな失敗例です。

たとえば、中途採用枠の場合、さほど学歴が重視されないことが多いのにも関わらず、過去の学歴に固執して履歴書の学歴欄をキレイに書くことに集中し、自己アピールに力を入れていないなどは、最たる例でしょう。

求人情報だけから読み取れる情報は
意外と少ないことに気づかないと
仕事選びが難航しやすいぞ…

あるいは「給料が安いから自分でも受かるだろう…」と応募するも、実際にはかなり高いスキルや経験を求めている求人に応募してしまい、受かる見込みもない書類選考や面接で無駄な時間を費やし、自信まで失くしてしまう…といったケースです。

給料の安さは仕事の大変さや
求められるスキルと比例するとは
限りませんからね…

また、ニートであっても、できるだけ良い条件での採用を希望したいという願望があるでしょうから、給料や残業時間などの「条件」を基準に選ぶことも多いでしょう。

この「自分はどれだけ良い条件で採用してもらえるか?」を判断する際にも、自分の市場価値や適正年収であったり、現実的に生活が成り立ち妥協できるラインを知っておかなければ、高望みしやすくなり、結果として優良求人を見逃すことになりかねません。

たとえば、一般的に「月給」が低いと感じる求人でも、実際には賞与やボーナスで年収自体は単純に「月給×12ヶ月分」でなく、それ以上になる場合もあります。

以上のように、ニートの人がなまじ自分だけで求人情報から判断しようとなると、実際には正常な判断ができていないことが多いです。

また、そもそも希望する職業に就くために必要なスキルや経歴もないため、極論で言えば「誰でも受かる未経験者可能求人しか受からないのでは?」という錯覚を抱くこともあります。

しかし、学生時代から学んでいた基礎教養や知識、仕事外の経験や性格的な特性から、ニートの人でも自分の資質を活かせる仕事や、就いた後に適応しやすい職業もあるので、この後、引き続きご紹介していきます。

この項目のまとめ:ニート特有の欠点を自覚した上で、適切な対処を心がけておく

以上のように、ニートの人は、仕事から離れている期間があることや経験不足・判断能力の不足がハンディキャップとなりやすいです。

一方で、ここで紹介したような欠点はニートだけでなく、大半の人も「何もしなくていい環境」で長時間過ごしたり、「求人情報を正しく読み取る訓練」をしてなければどれだけ経歴があっても不採用が続くなど、誰もが陥ることのあることも言えます。

総じて言えば、単に無職期間が長いことの意欲低下や心身機能の低下であったり、経験不足による判断力不足などが主な要因であり、個人の人格や能力不足を示すわけではありません。

よって、

  • 健全な社会生活を送るための前向きな意志を持つ
  • 経験不足を補うためにやる気や事前調査などでカバー
  • 仕事選びをサポートしてくれる相手を探して連携

などの行動で改善すれば、比較的スムーズに社会復帰できるでしょう。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

ニートに向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

ニートは、以下の隠れた才能を秘めています。

▼ニートが持つ意外な適性

  • 独創性
    自分の世界観や価値基準がある、自分の興味関心を追う、常識にとらわれない、独自の視点で分析や洞察を行う、独立心が高い、創造性豊か
  • 独自の能力に特化
    在宅ワーク耐性がある、IT・WEBに強い、消費者心理に詳しい、長時間の作業にも耐えられる、孤独耐性が高い、自力でどうにかする

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、ニートに向いてる仕事を解説していきます。

営業職

ニートに向いている仕事の代表格と言えば、営業職でしょう。

とくに文系職に関しては、営業職が仕事の登竜門みたいなところがあるので、経験しておくだけ将来のためになります。

「コミュニケーション能力がないから自分には営業は無理…」とお考えのニートの方もいるでしょうが、

そんなものは仕事しながら身につけろ

…としか言いようがありません。

ちなみに、営業系に会社は周りにポジティブで面倒見の良い先輩や上司もいる仕事ですので、引きこもりニートでも暖かく迎えいれてくれることもあります。

逆に会社自体が引きこもりがちな、事務職や工場のお仕事などは「お前、使えねえな」「若い女はムカつくからいじめちゃう!」みたいな、陰湿な先輩も結構多いので、意外とニートは営業の方がオススメなのです。

接客業(販売・マーケティング)

ニートなら接客業もオススメ。

なぜなら、接客業は簡単に就職できるから。

試しに近くの小売チェーンに手当たり次第応募しまくれば、アルバイトレベルならどこかは雇ってくれます。

また、正社員での採用にこだわるのであれば、職歴なし・未経験者でも店長候補の採用に関する求人がバンバン届きます。

以下の記事では、転職サイトをまとめて紹介しておりますが、とくに大手の「リクナビNEXT」「doda」あたりは、ニートでも求人が大量に届くので、必ずチェックしておきましょう。

事務職

ニートに向いている仕事と言えば事務職。

営業・接客系の文系職と違って、あまり見知らぬ他人と関わる機会がないので、人見知りやコミュ障な人にはかなりオススメ。

だたし、ニート・未経験からの事務職への転職は競争倍率が非常に高いことで有名で、経歴やスキルがなければなかなか通らない点には注意。詳しくは以下の記事で。

また、事務職は「将来、AIに奪われる仕事」とも言われており、最近では派遣社員への委託が進んでいる職種ですので、将来性には不安が残ります。

ですので、ニートから事務職を目指すのであれば、派遣会社に登録しておくという選択肢も知っておくと、間違いないでしょう。

工場勤務・製造業

ニートなら、工場勤務や製造業もオススメ。

マニュアル通りに所定の作業を繰り返すだけ…つまり「刺身の上にタンポポをのせる仕事」みたいな感じなので、工場勤務はかなり楽な部類のお仕事です。

ただし、ルーチンワークが苦痛じゃない人限定の話。

しかも日本は製造業大国なので、割と待遇も安定していて会社の将来性もバツグン。

鉄鋼業や自動車業界であれば、社員寮完備の仕事もあるので、地方からの出稼ぎも可能。

…だと言うのに、地味で目立たないせいで製造業は割と人手不足。

ニートでも年齢かかわらずに50歳ぐらいまでなら経歴問わずに就職できるので、意外な穴場として覚えておくといいでしょう。

WEB・IT系

20代のニートなら、WEB・IT系を目指すのもあり。

WEB・IT系は人手不足なためか、若手向けの支援講座+就職支援を行っている業者も多いので、やる気さえあればチャンスはあります。

20代前半のうちなら研修で技術を教えてくれる会社はありますし、ネット講座や独学で学べばフリーランスも目指せるので、いくらでもチャンスはあると言った感じです。

ちなみに、ネットの通信講座でプログラミングを学べる「テックアカデミー」では、初心者から業界最先端の技術まで、幅広く学ぶことが可能です。

また、ハローワーク経由の職業訓練でIT・WEB系の講座が開催されていることもあるので、チェックしておくといいでしょう。

IT・WEB系の会社ですが、一般企業よりも年収が高めの会社も多いので、将来を考えて若いうちにスキルを身につけておくと、将来的に生き残れる人材になるかもしれませんよ。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました