平日休みの仕事が辛い…|土日祝日に休めない仕事がしんどい理由は?土日休みの仕事が羨ましいなら転職するべき?

「平日が休みで辛い…」
「土日が仕事で辛い…」
「祝日も出勤で辛い…」

そう悩んでいませんか?

平日出勤・土日祝休みの一般職と比べ、休日出勤の仕事は気持ち的にもしんどいと感じることがあると思います。

また、平日が休みの仕事は平日出勤の仕事で働く人とプライベートの時間が合わないため、何かと不遇な思いをすることもあるはずです。

一般職の友人が休日を満喫しているのに
自分だけ仕事なのは辛い…

その結果、平日休みにも関わらずプライベートを満喫できず、休日出勤で嫌な思いをしている方も多いのでは…?

そこで当記事では、平日休みの仕事の辛いところを解説した上で、土日祝休みの仕事へ転職するためのコツなどもご紹介していきます。

スポンサーリンク

平日休みの仕事は損する?土日休みはうらやましい?

平日休みの仕事は損をするという意見がありますが、それにはどういった理由があるのでしょうか?

人材会社マイナビのアンケート調査結果では、以下のような意見が見受けられます。

「友人の多くも土日が休みのため、同じ土日休みでないと一緒に遊びにくい」

「パートナーが土日休みなので一緒にいたい」

「イベントやコンサートが土日にあることが多いので」

「多くの人が休みの中で働くのは耐えられないとフリーターのとき思った」

「何となく、休みに休みをとっている感じがいい」

「安定している感じがするから」

出典:https://woman.mynavi.jp/article/160430-22/

平日休みが損するという意見をまとめてみると、以下のような理由が目立ちます。

▼平日休みが損していると感じる理由

  • 一般職の友人や恋人と時間が合わない
  • 一般向けのイベントと日程が合わない
  • 休みの日に休みがとれた感じがしない

一般職で働く人と時間が合わないのは
休みが満喫できないので損してるかも…

土日じゃなくて平日が休みだと
確かにしっかり休めた感じがしないなぁ…

世間は一般職に合わせて動いているため、土日が休みでないとプライベートが満喫できず、休めた気分にならない人も多いようです。

土日が休めないなら会社の休日制度を把握しておく

土日が休めない仕事の場合、一般的には「シフト制」に区分されます。

ただ、問題となるのが「完全週休二日制」か「週休2日制」かで実際の休日数が変わってくるというところです。

・完全週休2日制(土・日) ⇒ 毎週土曜と日曜が必ず休みになります。
・完全週休2日制(水・日) ⇒ 毎週水曜と日曜が必ず休みになります。
・完全週休2日制(日・他1日) ⇒ 毎週日曜と他の曜日1日が必ず休みになります。
・完全週休2日制(シフト制) ⇒ シフトに応じて必ず毎週2日の休みがあります。

・週休2日制(日、第2・3・4水曜) ⇒ 毎週日曜と第2・3・4水曜が必ず休みになります。
・週休2日制(日、月2回土曜日) ⇒ 毎週日曜と月2回土曜が必ず休みになります。
・週休2日制(土・日 ※年4回土曜出社日あり)
⇒ 基本的に毎週土曜と日曜が休みですが、年に4回土曜出社日があります。

出典:https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/8783/

平日休みで疲れがとれなかったり、休みが少ないと感じているのであれば、実際の休日数が平均より少ない可能性があるので、しっかりと記録をとって休日数を確認しておくことも大事でしょう。

休めない会社の特徴

以下の記事にもまとめてあるから参考にしてくれ

平日休みの仕事が辛い理由と続けるデメリットとは?

平日休みの仕事は世間と時間が合わないためプライベートが充実しない

世間のあらゆるサービスは、土日祝日が休みである業種に合わせて動いています。

お店やレジャー施設では土日祝日にセールやイベントが行われ、冠婚葬祭も土日祝日に行われるのが通例ですね。

私は土日祝日勤務だったせいで、ライブなどのイベント参加や、友人の冠婚葬祭への参加など、色んなことへの参加機会を泣く泣く見送った経験があります。

「有給消化したい…」と思ってみても、土日祝日が忙しい職場であったため、実質有給消化は平日限定という状況だったんです。

また、土日祝日が出勤なせいで、プライベートは充実したものとは言いにくかったです。

友人や知人との飲み会にも参加できず、レジャースポットでの遊びや、イベントなどもまったく参加できず、どんどん人脈が狭くなっていきました。

世間と時間が合わずに、人脈が狭くなって、引きこもりがちになる…というのが、土日祝日勤務のお仕事のデメリットですね。

今は完全週休2日制の職場で働いているため、イベントやセミナーの参加から、友人や同僚との飲み会参加など、充実したプライベートを勤めています。

平日休みの仕事は恋愛・結婚事情が良くならない

土日祝日が出勤の仕事って、とにかく恋愛や結婚で不利な傾向があります。

多くの人が「平日出勤、土日休み」という生活サイクルを送っているせいで、恋人が出来ても時間が合わずに破局…ということも何回もありました。

同じ土日祝日勤務の業種の恋人でなければ、長く続かないと思います。

また、結婚を視野に入れると「土日祝日は休みで子育てに時間を当てられる仕事がいい」と思っている人も多く、そのせいで土日祝日出勤の仕事は、独身者が多い傾向にもあります。

まともな恋愛や結婚をするなら、土日祝日は休みの仕事のほうが有利です。

私も、土日祝日が休みの仕事を始めてからは、恋愛も充実しだしました。

やっぱり、世間と時間が合う仕事は恋愛には有利です。

平日休みの仕事は不定期出勤で健康バランスが乱れがち

私の前職は土日祝日は出勤固定、平日の休日の曜日は固定されていなかったため、一週間の生活サイクルの作りにくい仕事でした。

2連休ではなく、飛び石連休になることも珍しくなく、まとまった休みが取りにくく、公私の使い分けがしにくい仕事だと常々感じていました。

土日が忙しいため、疲れたと思ったら月曜日で消化試合のごとく仕事して火曜日休み…と、メリハリのつけにくい仕事だと感じましたね。

メリハリをつけて、公私のオンオフを使い分けたい方は、土日祝日完全休業の仕事に就いたほうがいいでしょう。

私も土日祝日完全休業の仕事に転職してからは、土日はスポーツジムに通うなど、健康意識が強くなりました。

土日祝が休みの仕事に転職するとどうなる?

土日が休みだと充実感を感じやすい

よく、土日祝日出勤の業種は「平日の人の少ない時間に商業施設えを利用できて優越感に浸れる」とは言いますが、そもそも平日勤務したことないので、優越感も充実感もねえわ!…という感想でしたね。

逆に私は、土日祝日の人混みの喧騒感や賑やかさが好きなので、すごく充実感を感じていますね。

また、土日祝日の友人などとレジャースポットに訪れたり、イベントやセミナーにも気軽に参加できるようになったので、プライベートも充実しています。

平日出勤の仕事につくと、アクティブなアウトドア派になりやすくなると思いますね。

周りの環境や、固定休の精神的な余裕が、生活をアクティブに変えてくれますよ。

転職理由に「土日が休みだから」というのは動機のひとつに留めておきたい

平日休みの仕事が辛いと感じている人の中には「土日が休みだから…」という転職理由が許されるかどうか気になる方もいると思います。

結論から言えば、転職理由のひとつとしてはまったく問題ないでしょう。

待遇しか見ないで「土日休みだからなんでもいい!」というのであれば別ですが、ほとんどの方はその他の条件や仕事内容も見て転職先を選んでいるはずです。一般的な会社は土日休みであることが当たり前なので、面接時に転職理由として述べても悪い印象を残すことは少ないでしょう。

ただ、転職活動の際に志望動機や転職理由として挙げるべき要素としての優先度は高くはないので、内定後に雇用契約を結ぶ段階で休日出勤の状況を確認しておく程度に留めておく方がスマートかもしれません。

転職活動時に企業側に希望条件を押しつけ過ぎると
書類選考の段階で落とされやすくなるからね…

つまりは、自分の中で転職を決める理由とするのはOKであっても、書類選考や面接段階で「土日休みだから」と言うのは控えた方がいいということです。

建前として使うとしても「土日出勤なのでプライベートに当てる時間がない」「土日出勤なので一般職の人と関わる機会が少ない」など、平日休みであることが仕事やプライベートにどのような影響がを及ぼしており、転職先で土日休みになったらどうしたいかを伝えることが大事です。

もっとも、転職活動では経歴がある程度があって「転職して入社したら自分は何ができるか?」が重要視されます。ですので、土日休みが転職理由であることは本質的な問題にはならないので、あまり気にする必要はないでしょう。

プライベートとの兼ね合いを転職理由にしたいなら
以下の記事も参考にしてみてくださいね!

土日祝日勤務の仕事を辞めて転職先を探す場合のポイント

公私のメリハリがついて充実感の増す平日勤務のお仕事ですが、土日祝日勤務の業界から転職する際は、色々と注意が必要です。

まず、念頭に置いておきたいのは「同業種への転職」「今までの経歴にこだわった転職」では、結局土日祝日勤務の職場に就く可能性が高い…ということですね。

小売・飲食・接客業などであれば「土日祝日休みたい!」なんていう人材は、まず門前払いですからね。いまどき、土日完全休業のお店なんて滅多にないですからね。

そのため、土日祝日勤務から抜け出すには、

  • 他業種の転職を意識する
  • 今までの経歴にこだわらない
  • 場合によっては未経験者OKの仕事を選ぶ
  • 土日祝日完全休業の企業を選ぶ

…などのポイントを意識する必要があります。

多少の妥協は受け入れよう

とはいえ、このご時世ですから、一部の超優良企業でもなければ、土日祝日完全休業ではない会社も多いです。社内規則や求人票では土日祝日完全休業と記載しているものの、やむを得ず出勤している職場も多いです。

転職の際に、露骨に「土日祝日は絶対に休みたい」と主張しすぎると、落とされやすくなりますので、それとなく相手に休日の出勤状況を聞くテクニックも必要になります。

実際、20代の方では超大手以外は、週6日勤務状態の仕事も珍しくないみたいですからね。

土日祝日休日の仕事を希望して、結果として週休1日の職場に就いてしまったのでは、本末転倒です。

転職エージェントを有効活用しよう

私が土日祝日完全休業の仕事を見つけたのは、転職エージェントというサービスを使ったことがきっかけでした。

転職エージェントでは、担当の方が自分の適性に合った職場を紹介してくれます。

非公開求人も多数掲載されているため、思わぬ仕事とも出会いやすいです。

また、エージェントが営業や調査などで得た、転職先の「社風」「人間関係」「コンプライアンス意識」なども教えてもらえるため、土日祝日がしっかり休めるかどうかも教えてもらえます。

ハローワークや求人サイトでは、よく土日祝日完全休業詐欺みたいな求人が横行しているため、絶対に土日祝日休日を譲れないのであれば、転職エージェントで転職先の状況を詳しく教えてもらった方が間違いありません。

土日祝日勤務の仕事に疲れて、平日出勤の仕事でライフワークを見直したい方は、一度転職エージェントに相談して、今後の人生と仕事の在り方を考え直してみましょう。意外な天職が見つかりやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました