仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

管理職を向いていない人の特徴。中間管理職を降りるべきかで悩んでいるなら読んでおこう

中間管理職は平社員とは違い、明らかに別軸の能力を求められる役職となります。

そのため、安易に引き受けると苦労することは間違いのない仕事です。

その証拠にネットでは「管理職降りたい…」という悲鳴や、最近の出世に興味がなくなった若者世代からは「管理職になると苦労ばかりでいいことない」という声も目立ちます。

この記事に訪れたあなたも、おそらくはそういった「管理職が思った以上につらい…向いていないかも…」と不安を抱えている1人だと思います。

そこで今回は管理職のキャリア形成なども踏まえた上で、本当に管理職が向いているか・向いていないかを考えていただくためのヒントをご提示していきましょう。

管理職に向いていない人の特徴は?

管理職に向いていない人にはどのような特徴があるのでしょうか?

当サイトが集めた転職情報や、人事配置・経営の知識を踏まえた上で、ご紹介していきます。

リーダーシップのない人

管理職・マネージャーに向いていない人と言えば、リーダーシップのない人でしょう。

会社・企業における「リーダーシップ」の定義は様々ですが、よく挙げられる例としては、

  • 積極的に仕事を作り出す実行力のある人
  • 部下を上手く扱い、チームをまとめる力
  • チームをよく観察し、部下の感情の機微を見抜いて適切にフォロー出来る人

…などです。

いずれにせよ「職場全体」「チーム全体」を見渡して仕事をこなさなければならないわけですので、状況を俯瞰して考えられる大将の器は必須です。

仕事は全部1人でやらないと気が済まない人

管理職・マネージャーに向いていない人は、仕事は全部1人でやらないと気が済まない人でしょう。

筆者もこのタイプの管理職と仕事したことがありますが、部下に指示を振らない・部下が率先して仕事してもイチャモンつけて文句を言ってくるなど、非常に部下からすれば厄介な上司です。

人事の配置ミスや転職理由によくあるパターンが「営業ではトップセールスを叩き出せていたにも関わらず、マネージャー(管理職)クラスになった瞬間、成果が出せなくなった」という事例。

日本の組織では、管理職・マネージャーとしての素養がないにもかかわらず、他の部署での仕事で成果を出していたから管理職に任命されるということは、珍しくありません。

この場合、向いている・向いていない以前に「企業人事の配置ミスでは…?」と疑う必要もあるでしょう。

職場の部下と相性が悪い

管理職に向いていない…というか、今の職場・部署での管理職に向いていないという意味であれば、部下との相性が悪いことも考えられます。

最近では、適性診断・性格診断による「上司と部下の相性を組織運営する理論」も進化してきており、統計的手法で様々な考え方が広がっております。

たとえば「ミイダス」で使える適性チェックでは、以下のような上司と部下の相性表が確認できます。

「権利移譲型(部下に丸投げするタイプ)」の考え方の上司であれば、自主的に動いてくれる部下とは相性がいい反面、上の言うことを聞くだけのタイプや、みんなで話し合うタイプとはあんまり相性がよくありません。

逆に「交渉取引型(アメとムチを使い分けるタイプ)」の傾向が強い場合は、自発的に動きすぎる部下とは相性が悪い反面、率直に意見を言ってくる相手とは相性が良いです。

以上のように、自分自身の態度や性格傾向をよく理解し、部下に合わせた付き合い方が管理職クラスには必要になってくるのです。

部下を指導・育成することが苦手な人

管理職に向いていない人は、部下を指導・育成することが苦手な人でしょう。

前述のように、平社員としてはバツグンな成果を叩き出すにも関わらず、管理職になると途端に成果が出せなくなる人がいます。

野球で言えば、選手としては優秀であるにも関わらず、コーチ・監督になるとまったく使い物にならないタイプです。

ひどいタイプですと「こんなこと出来て当たり前」「どうして出来ないの?」などと、ナチュラルに部下を潰すクラッシャータイプにもなりかねないので、注意が必要です。

以下の記事では「部下が使えない時の対処法」を書いておりますが、管理職・マネージャーの仕事は「使えない部下でも使えるようにする」ことなのです。

指示や命令をするのが苦手な人

管理職に向いていない人は、指示や命令をするのが苦手な人でしょう。

これがなぜかと言うと8割の部下は指示・命令レベルまでしっかり言わないと、まず動いてくれないからです。

しかも、言われたとおりのことをやれない、10言っても1しか理解できていない部下ばかりですんで、何度も何度もうるさいぐらいに指示・命令の類を行う必要があります。

極端な話、部下は手を抜いたり仕事をしないで座っているだけでも、給料がもらえる立場ですので、管理職とは仕事に対する意識も見ている次元もまるで違います。

部下に嫌われるのが怖い人

管理職・マネージャークラスになると、得てして部下から嫌われやすくなります。

ですので、部下に嫌われることを恐れているようでは、管理職は務まりません。

部下の顔色を伺ってハッキリ指示も意見も言わないリーダーよりは、部下の感情なんて気にしないで意思決定出来るリーダーの方が、人は頼もしく感じます。

経営感覚がない人

管理職クラスになると、会社の経営の中枢に関わる業務や情報とも接することになるため、経営感覚が必要になってきます。

ですので、平社員時代のように「会社の利益に貢献できなくても、なんとかやっていける」という甘えた考え方は許されなくなります。

とくに近年では、若手に求められる能力の水準は上がっており、経営感覚をしっかり持った管理職が必要とされています。

事実、欧米ではマネージャー(管理職)クラスの人材の約6割ほどが「MBA(経営学修士)」を取得しております。

会社の悪い面を受け入れられない人

筆者は色んな世代の管理職・マネージャークラスの方とお話しますが、自分の会社の悪い面を理解している方が多いです。

自社の悪い面を受け入れているということは、すなわち「自社の問題点・課題点をしっかり認識している」ということを意味するので、それだけ業務改善能力のある証拠です。

逆に管理職・マネージャークラスなのに、私のほうが会社の経営状況に詳しかったりすると「ん?この人大丈夫か?」と不安になります。

管理職クラスともなると、自社の経営の黒い部分や問題点をしっかり受け入れる必要が出てくるので、ただ上からの指示に忠実なイエスマンで居続けるだけではいられないのです。

女性は管理職に向いていない?

よく日本社会で言われるのは「女性は管理職に向いていない」という偏見です。

事実、日本国内の女性の管理職比率は全体の約10%前後ほどと調査結果が出ており、まだまだ女性の能力が過小評価されている節は否めません。

別に女性だからと言って管理職が向いていないことはありえませんが、現実問題としては「女性に管理職を任せるべきでない」というレッテル張りをしてくる企業や職場は少なくないのです。

とくに管理職階級ともなると、出世や能力に関する不平不満・嫉妬が大なり小なり絡んでくる世界になるので「女性だから向いていない」という、社内の嫌味や陰口とも戦わなければいけないことも多くなるでしょう。

役職をどうしても降りたい場合は?

「管理職を降りて平社員に戻りたい…」という方へ、キャリアプランのヒントをご提示していきます。

会社に降格の相談をしておく

管理職を降りたいのであれば、会社側に相談しておくのも十分ありです。

会社としては「成長して欲しい」という願望があるので、そう簡単に要求は通してはくれないでしょうが、かと言って辞められても困るので、交渉の余地は十分にあります。

競争社会においては「負ける人」「ついていけない人」も必ず出てきますので、降格は決して悪いことではありません。

会社側としても「管理職は降りたいが、一般社員としては残る気がある」と相談されれば、ないがしろにするわけにはいかないでしょう。

その場合「平社員として後進の育成」「管理職の苦悩がわかる引き継ぎ役」など、会社側としても「元管理職」としてのポジションを用意することもあるので、むしろ前向きに降格を考えてみるのもいいでしょう。

ただし、競争の激しい会社であったり、手が足りなくて是が非でも管理職として育て上げたい会社であれば、拒否or厳しい処置も予測されるので、それも見越して転職先を見つけておくのもが無難かもしれません。

会社の社風や人事・上司との関係性や、今までの自分の実績を考え、慎重に会社側と交渉するのが堅実と言えるでしょう。

派遣社員としてマネジメントに関わらない働き方を考える

管理職として「部下と上司の板挟み」「経営に携わる総合的な業務範囲」が向いていないと感じるのであれば、派遣社員として組織にとらわれにくい立ち位置で働くのも十分ありですよ。

派遣社員と聞くとマイナスイメージが強いですが、職種やスキル次第では正社員並みの給料と待遇もあるので、どうしても管理職が肌に合わないと感じる方であれば、派遣社員を選んでみるのもありです。

関連:正社員から派遣社員はもったいない?働き方をしっかり考えれば派遣は必ずしも負け組ではないと知っておこう

ただし、正社員の安定性を捨てることには変わりないので、派遣会社に登録した上で、キャリアアドバイザーにしっかり相談し、今の会社を退職する方針を立てるべきでしょう。

正社員在職中でも、派遣会社への登録自体はまったく問題がないので、登録と相談だけでもしておくと選択肢が広まりますよ。

会社の就業規則で二重就業が禁止されている場合、在籍中にほかの会社で働くことはできません。しかし派遣の場合は、派遣先の企業が決まって初めて派遣会社と雇用契約を結ぶことになるため、登録しただけでは二重就業には該当しません。したがって、今の会社に在籍中に派遣会社に派遣登録することは可能です。

出典:ほかの会社に在籍中でも派遣登録できますか?|転職ならリクナビNEXT

派遣会社は大手の「テンプスタッフ」「JOBNET(マンパワーグループ)」の二社が、福利厚生や派遣社員のノウハウも運用しており、どちらもキャリアに関する支援も手厚いので、両社とも利用してみるのもいいでしょう。

関連:派遣会社の選び方のポイント!評判の悪い派遣会社の避け方・登録方法までまとめてご紹介!

転職して「管理職としての役割」を変える

「管理職向いていない…」と感じるのであれば、転職して理職として求められる役割を変えることも一つの手段です。

管理職は、通常以下のような業務範囲を任されます。

  • 部下の育成や指導
  • 上司からの指示や指導を現場に落とし込む役回り
  • 経営に関する目標設定や計画に携わる役割
  • 部下・自分の業務範囲や日程を調整する役割
  • 自分自身の業務範囲をこなす役割

ただし、これは会社によって範囲や負荷が異なるので、自分が「向いていない」と感じる部分をしっかりと自己分析した上で、業務範囲が合致した転職先を見つけ出す選択肢も十分考えられます。

上記の業務範囲を踏まえると、管理職として転職する場合、以下のような方針が浮かんできます。

  • 複数の部下の指導が厳しいと感じるのであれば、部下の少ない小規模な会社に転職する
  • 自分の業務内容に集中したいのであれば、管理職領域の少ない会社に入社する(とくにプレイングマネージャーの場合)
  • 上司と合わないのであれば、人柄重視で転職先をしっかりと選ぶ
  • 経営に関して疎い場合は、部下の育成や指導、自身の業務範囲に比重をおける会社に転職する

管理職の場合、転職は「キャリアのショートカット」「横滑り転職」という性質が強く、一般的な「嫌だから辞める」「年収を上げるために転職する」という感覚とはやや違ったものとなります。

簡単に言えば「会社間の配置転換としての転職」という性質が強くなるので、自己分析や転職先のニーズさえ合えば、双方にとってメリットのある転職になる可能性もあるのです。

わかりやすく例えると「平社員(20代前半~中盤)の就職・転職は”恋人との同僚生活”」だとすれば「管理職の転職は”一生付き合う結婚相手選び”」だと考えてもらうといいかもしれません。

平社員(恋人)としては問題なかった相手が、結婚を前提に考えると「一生付き合っていくのは無理だ」と気づくように、管理職になると会社の違った面が見えてくるものです。

そういう意味でも「管理職向いていない…」と感じるのであれば、一度徹底的に転職活動でキャリアプランを見直す価値は十分にあるでしょう。