もう辞めちゃう!?転職したばかりだけど辞めたい時に知っておきたい〇つのこと

「転職したばかりだけどもう辞めたい…」
「転職先に中々馴染めない…」

意外と多い、転職先選びに失敗したので辞めたいという理由。

中途採用後に今すぐ辞めても問題はありませんが、気をつけておきたいのは辞めグセが身についてその後の転職先でも長く続かなくなる人が非常に多いということです。

ですので、転職後にすぐ辞めるにしても、次の転職先選びをしっかりとした上で辞めた方が今後の人生のためになるはずです。

また、出来れば転職先に踏みとどまれるように最低限の努力をしてみて、それでも無理だと感じるのであれば退職を考えるべきでしょう。

当記事では、転職したばかりで辞めても後悔しない方法から転職先に踏みとどまるコツまで、まとめてご紹介していきます。

会社を辞めたいと思った時
以下の記事も参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

転職したばかりなのに辞めたい理由は?

転職したばかりなのに辞めたい理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

大きく分けると、以下の3つに分かれます。

  • 転職先に馴染めない・合わない
  • 求人票と実態が違い過ぎる
  • 周りが優秀過ぎてついていけない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職先に馴染めない・合わない

転職後すぐ辞めたいと感じてる人多いのは、転職先に馴染めなかったり、合わないケースです。

▼転職先に馴染めない原因

とくに前の職場と仕事の仕方が違しすぎたり、社員の価値観が違うと、最初は戸惑ってしまうかもしれません。

求人票と実態が違い過ぎる

求人票・雇用契約などの事前情報と会社の実態が違いすぎるというのも、転職後すぐに辞めたいと考えてしまう一因かもしれません。

とくにハローワークや無料求人誌、コネ入社などを通した場合は、事前の説明内容と実態が違いすぎることも多いとの報告が目立つので、転職した際の入社方法も踏まえ、以下の記事を確認しておくといいでしょう。

周りが優秀過ぎてついていけない

中途採用後に多い悩みとしては、周りの社員が優秀すぎてついていけないという悩みです。

転職先で辞めないために踏みとどまるための考え方は?

転職後すぐの転職があまりいいことではないのは確かですが、しっかりとした理由があれば次に活かすことは可能です。

転職後にすぐ辞めたくなる大きな理由は以下の2つ。

  • 転職してきた側に問題がある場合
  • 会社側の人事・採用方法に問題がある場合

要は「転職して来た側」「採用した会社」の両方に問題があると考えておくべきですね。

どう考えても転職してきた側に問題がある場合もあれば、逆に会社側が余裕のない・計画性のない採用をしているパターンも十分にありえます。

まずは理由や原因を特定し、次の転職活動につなげられる準備を整えておきましょう。

自分で改善可能な問題には前向きに取り組んでおく

転職後にすぐ辞めたくなる場合、まず疑われるのが「転職した本人に問題があるケース」です。

これはどの道、後の転職活動で「なんですぐ辞めたの?」と疑問に思われること必至なので、しっかりと向き合わなければいけない問題です。

転職後にすぐ辞めたくなる代表的な例

  • 人間関係が原因→自分から馴染めるように何か努力したか?
  • 仕事内容が合わない→入社前にしっかり業務内容について確認したか?
  • 職場に居場所がない→自分から積極的に仕事を見つけたか?
  • 社風・職場の雰囲気が合わない→合わせるために工夫はしたか?

これらはすべて自分でどうにかできる問題ではありませんが、少なからず「なんとかしようと、自分なりに取り組んだかどうか?」は、今後の転職活動をする中でも非常に重要になってきます。

行動してなんとかなればそのまま転職先に留まればいいし、逆にダメそうなら見切りをつけて転職してしまえばいいだけです。

「辞めるor辞めない」どちらの選択肢を取るにしても、最善を尽くしておけば後悔は少なくなります。

関連:社風が合わないでストレスを抱えている方へ。会社の雰囲気が合わないで転職する時のポイント

会社側の採用方法や人事側に問題はなかったか?

転職後すぐに辞めたくなる場合に考えておきたいのが「採用した会社の選考基準や人事側に問題はなかったか?」ということです。

社会人経験や転職経験が多いとわかりますが、会社側の採用基準や人事側の経験不足が原因でミスマッチ転職をしてしまうことなど、とくに珍しくはありません。

また、ミスマッチ人材を入社させてしまうような会社は、以下のような原因もあります。

転職後すぐ辞めたくなる人材を採用する会社の問題点

  • ハローワークや無料求人サイトなど、採用基準の緩い求人方法を使っている
  • 人手不足の会社過ぎて、人材育成の余裕もないのに「とりあえず人を雇え」という採用の仕方をしている
  • 人事の経験が不足しており「人を見る目」が養われていない
  • 人事と現場の連携が取れておらず、現場のニーズと違った人材を採用してしまう
  • 中途採用者に過剰なまでの期待を寄せている

以上のように「採用する会社側にも問題がある」というケースも十分考えられるので、冷静に職場環境を見つめ直し「本当に自分はこの職場に必要な人材なのか?」を考えてみるといいでしょう。

明らかに、求人情報や採用時の条件と職場環境が異なるのであれば、辞めてしまっても問題ないでしょう。

なぜなら、適当な採用基準で入社させた会社側に責任があるのですから

ただし、転職活動で「入社させた会社が悪い!」と言ってしまうとまずいので「採用基準の適当な会社を見抜けなかった自分にも非がある」と、前向きに反省しておくといいでしょう。

会社側に過剰な期待をされていないか?

転職後すぐ辞めたくなるケースは「会社側に過剰な期待をされている」というケースです。

これはなまじ仕事が出来てしまうと、後々うつや過労死リスクにもつながりかねないので、会社側の要求に応えられないなら辞めてしまってもいいでしょう。

  • 資格や経歴だけで人材を判断し、実際の能力を高く見積もられ過ぎている
  • 異業種・他職種からの転職で、会社の人もどれぐらいの業務量が適正か把握出来ていない
  • 前任者と同等の能力や仕事量を求められている
  • 「即戦力」として、いきなり仕事が出来ること前提で扱われている
  • 社内の人間関係に新たな革命を起こす人材と期待されている

以上のように「中途採用者が即戦力としてすぐに能力が発揮できる」「中途採用者は社内環境を変える救世主」のように思っている会社もあるので、その場合は過剰な期待を背負わされることになります。

転職後の中途採用者であれば新しい社員として能力を求められるのは仕方のないことでしょうが、中途採用経験の浅い会社であれば過剰な期待を寄せられて潰されかねないことは十分に考えられます。

中途採用者として期待されているのであれば、今の職場で挑戦してみる価値はありますが、どうしても無理と感じるのであれば、転職して自分に合ったレベルの仕事をこなすのも、また一つの選択肢でしょう。

転職したばかりに辞めたら次は最後だと思え!

以上のような原因をしっかり考えてみて、それでも「やっぱり辞めたい」と思うのであれば、思い切って転職してしまうのも一つの手でしょう。

ですが、転職回数が増えると転職活動で不利になるのは間違いないのも、確かな事実です。

ですので、私は「転職後にすぐ辞めてもOK」なんて、甘ったれたことを言う気はありません。

転職後にすぐ辞めたら、次の転職先は人生最後の会社だと思え。

厳しいように感じますが、これが現実です。

転職活動しても、十中八九、

「なんですぐ辞めちゃったの?」
「もっと続けられなかったの?」
「またすぐ辞めちゃうんじゃないの?」

…と聞かれます。

これにどんな完璧な答えを返してみても、面接官側からすれば「転職後にすぐ辞めてるから、説得力ないな…」「どうせ口だけなんでしょ?」と疑われて当然です。

ですので、この絶望的な状況を覆すには「この転職が人生最後の転職だ!」と覚悟を決めなければいけません。

つまり、背水の陣で「御社に死ぬまで尽くす所存にございます」と相手に必死さと熱意を伝える必要があるということです。

そして、今再転職を考えている読者の方も「出来れば、次はちゃんと長く働ける会社に就きたい」と心の奥底では願っているはずです。

その思いを転職活動でぶつければ、きっと自分に合った理想の転職先が見つかるはずです。

以前の転職活動を猛烈に内省しよう

転職したばかりだけど辞めたい時に考えたいのが「どうしてこんなことになってしまったのだろう?」と考え、反省して次につなげることです。

「なんとなく辞めたい」
「思ってたのと違った」
「辛いから辞めたい」

こういった理由では、次の転職活動が難航してしまうのは必至です。

しかも、それで見つけ出した転職先もまた似たような環境である可能性も高いので、どちらにせよ今は「じっくり考える」時期です。

「心を入れ替えて、新しい自分に生まれ変わる」

転職後すぐの転職であれば、これぐらいの意気込みで臨むべきでしょう。

そのためにはじっくり考えて、間違いのない転職先を見つけ出す覚悟を決めるべきです。

でなければ「また嫌なら辞めてしまえばいいや」という気持ちが一生ついて回り、いつまで経ってもいい職場に巡り会えない人生が続きます。

つまり、気持ちの面で「転職後すぐに辞めた」という”経歴の傷”を上回る必要があるということです。

転職失敗の挫折をバネに、次は何が何でも最高の転職先を見つける気持ちで臨みましょう。

転職失敗で大後悔!そうなる前に絶対に知っておくべき〇つの秘密
元転職アドバイザーのヒビキです。 転職に失敗してしまう人は、少なくはありません。 転職業者を通しても、転職に失敗してしまう人はゼロではありません。 転職業者では転職希望者・企業同士をつなぎ合わせるために、様々なリサーチや聞...

転職エージェントをフル活用して理想の転職先を見つけ出そう

転職後すぐの転職であれば、素直に転職エージェントでプロのサポートを受けておくべきでしょう。

転職エージェントとはプロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職活動のサポートを行ってくれるサービスのことで、無料で利用できます。

転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?
近年、人材業界の主流のモデルとなっている「転職エージェント」ですが、名前は聞いたことはあっても、具体的にどのようなサービスか理解していない方も多いかと思います。 転職エージェントは転職サイトと違い、面談などで担当者と協力して転職を進め...

転職エージェントは仲介業者として企業側から報酬を受け取るビジネスモデルの都合上、転職希望者をすぐ辞めたくなるような会社に紹介できないという事情があるので、本当に自分に合った転職先を見つけるためには必ず使っておいたほうがいいでしょう。

ただし、ここで注意点。

転職エージェントもビジネスでやっている以上、適当な求人を紹介してくる人もいるので、複数社使うこと。

でなければ、転職エージェント側に都合良く流されてしまい、またすぐ辞めたくなるような転職先に就く可能性も考えられます。

出来ることなら、主要な転職エージェントは数社利用して、出来る限り多くの求人やエージェントと面談をすることを意識しましょう。

転職エージェントは複数併用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!
転職エージェントは複数利用が鉄則。これは実際に転職を成功させた方や、転職業界の中でも割と当たり前の常識です。多くの転職エージェントでは、わざわざQ&Aに「他の転職エージェントと併用しても問題ありません」と書くぐらいで、転職エージェン...
転職エージェントはどこがいい?全〇社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。 「転職エージェントはどこがいいの?」 そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。 結論から言っておきますと、転職エー...

その中でも、とくに仕事に対する考え方や価値観が合うエージェントの意見や提案を参考にすることが、辞めずに済む転職先を見つけ出すポイントです。

逆にやってはダメなのが「なんかいい求人見つけたからここでいいや」「この担当者は信用できそうだから言われた通りにしてみよう~」という、自分の意志の欠けた判断。

すべての転職エージェントを、疑ってかかれ。

その中でも「本当に自分に向いていると思える求人」「本当に働きたいと思える会社」だけを選んで、慎重に転職活動することが長く働ける会社を見つけるコツです。

たまに急かしてくるエージェントもいますが、そういうノルマに追われて余裕のないエージェントには「転職後すぐの転職で、もう失敗は許されないので慎重に選ばせてください」と言えばOK。

これで納得してくれないエージェントは、長く働ける職場を紹介してくれる気がないので、切ってよし。

以上のような心構えをしっかりした上で「もう、転職で二度と失敗はしないぞ!」と強い気持ちを持って、人生最後の転職活動に臨みましょう。

転職エージェントはまずは大手のエージェントを使ってみて、合わなければ中堅どころを使ってみる流れがいいでしょう。

妥協せず、そして諦めずに納得の行く転職先を探し続ければ、必ず自分に合った転職先が見つかりますので、転職失敗の苦さをバネに頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました