合わない仕事に就いてしまう人の特徴8つを行動と心理から解説。理想の職場に出会えない人には”共通の原因”がある

元転職アドバイザーのヒビキです。

「今の仕事が自分に合っていない…」
「思っていたような仕事じゃなくて」
「自分の能力や適性に合ってなくて辛い…」
「もっと自分に合った仕事があるんじゃ?」

このように「仕事が合っていない」とお悩みの方は多いことでしょう。

日本では経済成長が頭打ちとなり、仕事においては「自己実現」「ワークライフバランス」など、自分に合った働き方が大事な時代になってきました。

誰もが、自分に合った仕事を選べる時代になったのです。

しかし、中には自分に合った仕事と出会えず、嫌々毎日を過ごしている方もいますよね。

そういった”自分に合わない仕事を選んでしまう人”には、実は共通した原因があるんです。

合わない仕事に就いてしまう人のある”間違い”とは?

合わない仕事に就いてしまうには大きな原因があります。

その原因とは実にシンプルなんです。

仕事の選び方が間違っているから。

この一つのシンプルな理由が、今の仕事があなたに合わない原因なんです。

  • 就活でとにかく数応募して、就活本に書かれている方法でとにかく行動
  • 〇〇学部を卒業したから〇〇職に就けば間違いない
  • 大企業なら将来安定するから間違いない
  • この会社や仕事なら自分でも出来そうだから…
  • せっかく内定がもらえたんだから頑張らなきゃ…

多くの人がこのような理由で仕事を決めると思いますがすべて間違った選び方なんです。

では、なぜこのような選び方がいけないのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

”イメージ”で仕事を選んでしまう

合わない仕事に就いてしまう人は「イメージで仕事を選んでしまう」という特徴があります。

「事務職だから人付き合いがなくて楽そう」
「営業職だから人見知りでは務まらない」
「大企業だから安定」→大企業勤務に向いていない人の特徴
「デザイナーだからクリエイティブで好きなことが仕事にできる」

こういった「イメージ先行」で仕事を選ぶ方が実に多いんです。

日本ではマスコミや広告の影響で「仕事のイメージ」が先行しやすくなっています。

そして、テレビやマスコミなどの情報を鵜呑みにする人ほど「企業や仕事のイメージ」に先入観を持ってしまい「仕事とはこういうものだ!」という間違った理想を抱いて入社してしまうわけですね。

業界分析・企業研究をしていない

合わない仕事に就いてしまう人は「業界分析」「企業研究」をまったくしていないという特徴があります。

たとえば「離職率の高い業界」を知っておけば、人が辞めやすい業界や職場は予めわかります。

しかし「出来れば長く働ける仕事がしたい」「安定した仕事に就きたい」と漠然と考えている人ほど、業界分析や企業研究を怠るのです。

その結果「なんとなく安定してそう」というイメージだけで仕事を選んでしまい、同じく「なんとなく仕事出来そう」とイメージだけで採用する会社に入社してしまい、合わない仕事をする結果になるのです。

面接で質問しないで受け身のまま採用される

面接は決して質問に答える場ではなく、こちらから予め待遇条件や社内環境を聞き出すための場でもあるんです。そこで食い違いを防ぐ能力がなければ、思っていたのと違う仕事に就いてしまうのは当然です。

言わば「面接は交渉の場」でもあるわけですからね。

にも関わらず、企業側の質問に受け身で「なんでもやります!」という姿勢で入社してしまっては、合わない仕事を押し付けられて当然のことです。

人の意見や意向で仕事を選んでいる

合わない仕事に就いてしまう人は、人の意見や意向で仕事を選んでしまう意志薄弱な人です。

  • 親に強要されて大企業や特定職を選んでしまう
  • 「〇〇が向いている!」という診断や意見を真に受けて仕事を選ぶ
  • 世間体や他者評価を気にして仕事を選ぶ

「職業選択」という自分の人生を決める重大なことも、潜在意識に「他人がこう言ったから…」という「何かあったら誰かのせいにしたい」という無責任さが残り続けているのです。

自分の決めた仕事であればどんな苦境も「選んだ自分の責任だ」と受け入れられますが、そうでなければ「辞めたい」「合っていない」という意識に苛まされることになります。

仕事が「合わない」と感じる心理

今の仕事が「合わない」と感じてしまう人は、まずは自分の心理状態をしっかり把握しておく必要があります。

自分のこともよくわからないうちに「なんとなく」で転職をしても、自分に合った仕事は見つけられません。「広告イメージ」に流されやすくなってしまうため、また辞めたくなる職場に就いてしまうリスクも高くなります。

まずはしっかりと考えて、自分の心理を把握しておきましょう。

仕事に目的や目標を見い出せていない

「仕事が合わない」という人は、目的や目標を設定できていません。

目的や目標は「やり甲斐」「自己実現」とも言い替えられます。

そもそも、仕事には必ず「目的や目標」が設定されています。

仕事における目的や目標の例

  • 売上・獲得顧客数・納期(具体的な数字)
  • 顧客満足度・感情的価値(お客様のため)
  • 技術向上・資格習得(個人の能力向上)

これらの目的や目標はチーム内で共有されることもあれば、そうでない場合もあります。そして、会社も暇ではないので「個人単位での目標設定」は決して考えてはくれません。

「自己実現」「やり甲斐」は与えられるものでなく、自分から見つけ出すものなのです。

「やり甲斐のある仕事がしたい」
「仕事で自己実現したい」

こういった意見はよく聞きますが、自分から見つけ出す努力もしていない人には一生そんな仕事は見つけ出せません。

給料のために”仕方なく”仕事している

仕事が合わない人は、根本的に「お金(生活)のために”仕方なく”仕事している」ことがほとんどです。

これは就職活動でも悩む人がいるようですが「お金のために仕事するのは当たり前」です。

その当たり前以上の価値を見い出せないのであれば「合わない仕事」と感じても仕方がないことです。

労働者が忘れがちな事実ですが、あなたの手元に給料が届くまでに「経営者」「銀行」「経理」など多くの人が関わっている事実を忘れてはいけません。

お金をもらっている以上、舐めた仕事はしてはいけないのです。

「仕事が合わない」と感じている人は、根本的に「給料がもらえる当たり前の環境」に慣れきっています。

残念ながら、給料は必ずしも仕事の成果や能力には比例しません。なぜなら、経営判断や経済が絡むため、どんなに頑張って成果を出しても給料が出ないことは珍しくありません。

その事実を思って、モチベーションが下がる方も多くいます。

しかし、逆に考えてみましょう。

お金のために仕事しているから、給料以上の価値(=やり甲斐、自己実現)が得られないわけです。

あなたが「何よりも給料や金が大事!」だと思うのであれば、高給取りの仕事に就くためのキャリアプランを練り直せばいいだけです。しかし、そうしないのは「本当は給料自体は最低限でもいい」と思っている証拠です。

「仕事が合っていない」のは、それはあなたが「給料さえもらえればなんでもいい」と思っていることの現れなのです。そのような意識では”自分に合っている仕事”が見つかることはないでしょう。

同僚や上司に”依存”し過ぎている

仕事において、同僚や上司は欠かすことの出来ない仲間です。

しかし、決して同僚や上司に依存していいわけではありません。

時には同僚や上司と対立してでも、自分の意志を貫く必要も出てきます。

ところが「仕事が合わない」と感じている人は、そもそも自分に合っていない仕事を同僚や上司から安請け合いしてしまっているのです。

自分の意向ややりたい仕事を主張しなければ「自分に合っている仕事」が得られるわけもありません。

ただし、会社もそう簡単には「やりたい仕事」を部下に身勝手にさせてくれません。

ですので、自分のやりたい仕事が出来るようにありとあらゆる手段を試して、上司や周りを認めさせる必要があります。

それが出来ないということは、根本的に「上司や同僚からやりたい仕事を振ってもらえるのを待っている」という、他人頼りな状況なのです。

”ありのままの自分”を信じている

仕事が合っていない人は「ありのままの自分」という言葉を好みます。

2013年、アナと雪の女王の主題歌「Let it go」の邦題が「~ありのままで~」と意訳されましたが、まさに日本人らしい訳し方でしょう。この曲が大ヒットした背景には、日本人の多くが「ありのままの自分を見せられない・受け入れられない」という悩みが隠れています。

ありのままの
姿見せるのよ

ありのままの
自分になるの

歌詞出典:Let it go ~ありのままの~/松たか子

残念ながら”ありのままの自分”なんて存在しません。

「ありのままの自分」とは「他人に見せていない自分」であり、それは「理想と現実のギャップ」です。

仕事が合っていないと感じる人の多くは「ありのままの自分」を信じています。職場での”現実の自分”と自分が思い描いている”ありのままの自分”にギャップを感じているのです。

そして、現実は残酷です。

会社の上司や同僚にとって”ありのままのあなた”というのは”会社で仕事している状態のあなた”なのですから。

仕事している時の自分を「ありのままの自分」だと受け入れられないからこそ、今の仕事が合っていないと思ってしまうのです。

今の仕事が合わないと感じていたら?

以上、仕事が合っていない人の行動と心理をご紹介してきました。

「仕事が合っていない」と感じるほとんどの方に、当てはまる特徴と原因です。

しかし「仕事が合っていない」という悩みは、行動すれば改善可能です。

まずは「なぜ合わないのか?」を”分析”して原因を特定した上で改善方法を実行していく必要があります。

・仕事が合わない原因の分析

  • アセスメントツールで自己分析をしておく
  • 第三者(カウンセラー)に相談

・仕事が合わない原因の改善

  • 前向きに今の仕事を続けてみる
  • 転職活動で自分に合った仕事を探す

コツは「決して1人で考えすぎないこと」です。

なぜならいくら1人で悩んだところで、自分が思っていることや考えている以上の発想は出来ないからです。他人に依存している割に、重大なことは1人で悩みすぎるのも「自分に合った仕事に就けない人」の特徴です。

カウンセラーに相談して客観的に判断してもらったり、転職活動で他の職種や業界の事情を知っておくなど、段階的に努力しましょう。

転職エージェントに相談しておこう!

今の仕事が自分に合っていないと感じているのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談しておくのが間違いありません。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーに自分の悩みや要望をヒアリングしてもらい、本当に自分に合った転職先を紹介してもらえるサービスです。

転職はもともと欧米で盛んだったのですが、キャリアカウンセリングの重要性はあまり日本では知られていません。転職前は誰もが弱気で悲観的になってしまうものです。その結果、失敗してしまうことも多いため、転職は第三者の力を借りて成功させることが当たり前の考え方になってきています。

とくに「合わない仕事」に就いてしまうような人は受け身な性格傾向が強いため、面接で企業側のいいように流されてしまうリスクも大きくなります。その結果、思っていたのと違う仕事に就いてしまうことになるのです。

そういった”また合わない仕事に就くリスク”を避けるためには、転職エージェントを使うのが一番です。

国内の転職エージェントはすべて無料で利用できるため、今の仕事が合わないと感じている方は一度利用してみてください。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ