人見知りに向いている仕事とは?無理のない対人関係構築で人見知りを克服しよう!

「人見知り」とはかつては”子供特有の症状”として、知られていました。

ところが、近年では大人に対しても「人見知り」という言葉はよく用いられます。

よく「人見知りは甘えだ!」と言われますが、まあそれも一理あることでしょう。

もっとも、多くの人の人見知りは、過去の家庭環境や対人関係に由来するもので、個人によって差のあるものでもあります。

もちろん、人見知りは克服できればそれに越したことはありません。

しかし、他人の気持ちを考えられない人間は、いきなり「人見知りを克服しろ!」と無理難題・荒療治を押しつけてきます。

人見知りをいきなり克服することは不可能です。

むしろ、人見知りのまま大人になった人物が、いきなり同年代のコミュ力のある人間と同じ振る舞いをしてみても、かえって失敗経験を味わいトラウマになるだけです。

人見知りの人間が飛び込み営業職に就いても、門前払いされる結果しか待っていませんからね。

そこで今回は、比較的人見知りでも徐々に社会的な対人関係構築能力を築きやすい仕事を紹介していきます。

人見知りに向いている仕事

人見知りに向いている仕事は、とくに以下の特徴があります。

  • そもそも、あまり人と関わらない仕事
  • 特定の社員や顧客としか関わらない
  • 不特定多数と関わるが、表面上の付き合いだけで済む

こういった特徴があるため、段階的な人見知りの改善が可能となりやすいです。

それでは、人見知りに向いている仕事を見ていきましょう。

製造業

製造業は、人見知りにもっとも向いている仕事の一つです。

もともと、日本は戦前から製造業が盛んで、技術力の高い国でした。

国民全体に内気で職人気質な体質があったので、元々日本人は人見知り気質が強いのです。

その証拠に、国内では誠実で高い品質を誇る自動車産業を中心とした、多くの製造業が経済を支えています。

製造業ではそこまで競争意識が高い現場は多くなく、生真面目な傾向が強いので、職種や業界を選べばホワイト企業勤務も夢ではありません。

関連記事:製造業の工場はホワイト勤務が多い事実。残業が嫌なら断然工場勤めがオススメな理由

技術職

また、日本人は職人気質の人見知り体質が強いため、技術職も向いています。

製造、建築、IT、デザイン、クリエイティブなど…。

多種多様な技術職が国内に存在します。

技術職は基本的には指示されたことを忠実にこなしていくことが多いので、人見知りであってもコミュニケーション能力は最低限で済む現場も多いです。

「どうしても人と関わりたくない!」というような人は、技術職でひたすら技術を磨き上げましょう。

ルート営業

人見知りにもっとも向いていない印象のある”営業職”ですが、ルート営業や法人向けであれば、深く狭くな人間関係が重視されるので、人見知りだけど一度心を開くと上手く人付き合いできるタイプにはおすすめできます。

ルート営業は、コツコツ信頼関係を築き上げていく日本の企業体質と噛み合っている仕事ですので、人見知り向けと言えますね。

関連記事:人見知りの僕が実は営業に向いていたお話。人見知り・コミュ障でも営業マンにはなれる!

接客業

また、人見知りに向いていない印象の強い”接客業”も、業種や職場を選べば人見知りでもこなせます。

そもそも、マニュアルや接客用語が用意されているので、ある程度は自分で考えて話す必要もありません。

「仕事とプライベートではまったく別の人格」と割り切れるタイプの人見知りは、接客業に向いているといえますね。

仕事とプライベートで人付き合いを変えられる能力が身につけば、人見知りでもとくに困りません。

関連記事:接客業に向いている意外なタイプの人の特徴。接客業で磨かれる能力とは?

事務職

事務職も人見知りには向いています。

ただし、雑務が多く、電話対応や他の部署との引き継ぎもあるので、最低限のコミュニケーション能力が求められます。

また、事務職の閉鎖環境と女性の多い職種で、ドロドロした人間関係が築かれやすいため、そういった人間関係でも上手くやっていける柔軟なコミュニケーション能力が必要になることもあります。

そもそも日本人の多くは人見知り体質です

もっとも、日本人には「恥の文化」や精神性と、鎖国体質が色濃く残っているため、少なからず人見知りの体質が多くの人にあります。

それを職場の環境や人間関係で克服している人が多いだけ…という話ですね。

早い話、くだらない世間話や社会人マナーさえ覚えてしまえば、浅い付き合いやコミュニケーションに困ることはないのです。そして9割が、その程度のコミュニケーション能力で事なきを済ませているわけです。

あまり、人見知りであることをコンプレックスとせず、自分なりの対人関係の構築の仕方を身につけていけば、人見知りは克服可能です。

人見知りを克服するなら自分に合った職場を選ぼう

人見知りに向いている仕事は、結局のところは「職場の人間関係」がすべてです。

人見知りで内気な人間でも、同じ目線で向き合ってくれる同僚や上司が多ければ、自然と職場に馴染んでいけます。

逆に、体育会系の現場で「やってから覚えろ!」と周りのノリに合わせることを強要したり、職人気質の強い「見てから覚えろ!」という現場では、話しかけることもままならないまま、手探りで仕事を覚えなければなりません。

人見知りを克服するならば、まずは「この人と仕事したい」と思うような上司や、自分に合った対人関係構築の仕方を学べる職場を選ぶことが大切です。

「人間関係を選ぶな!」「誰とでも我慢して付き合え!」という人もいますが、それは社会経験や対人関係の経験を一定積んだ人の言い分で、そもそも人見知りはスタートラインにすら経っていないのですから、職場の人間関係は思いっきり選んでOKなのです。

向いている仕事・向いていない仕事

向いている仕事と出会いたいなら「転職エージェント」を使っておこう!

「今の仕事が本当に自分に向いているかわからない…」
「もっと自分に向いている仕事に就きたい…」
「やり甲斐や自己実現のためにキャリアプランを練り直したい…」

このように「今の仕事は本当に自分に向いているのか?」とお悩みの方は「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは、言わば”仕事選びのプロ”

本当にあなたに合った転職先を代わりに見つけてくれます。

転職エージェントで自分の可能性に気づき、転職を決意する人も最近ではかなり増えています。

そして転職エージェントは完全無料で利用できます

これは紹介先企業がすべての費用を負担しているため、転職希望者は一切費用がかからないからです。

相談するだけオトクなので、今の仕事が向いていないと感じている方は、試しに相談してみるといいですよ。

就活生の方はこちら→就活生が意外と知らない就活サービス!自分に合った就職先を見つけるなら絶対にチェックしておこう!

初心者にオススメの転職エージェントは「DODA」

 

初めての転職を考えるのであれば「DODA(デューダ)」は絶対に登録しておきましょう。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で、安定した実績もあります。

その上、どんな経歴でも登録拒否されることもないので、今の仕事に自信のない人でも安心して利用できます。

満足度も業界No.1なので、DODAを使っておけばまず間違いありません。

登録求人数も5万件以上と多いのですが、その8割以上の優良求人は非公開求人であり適性のある人でなければ紹介してもらえません。

そのため、転職サイトやハローワークでは出会えないような、自分に向いている天職とも出会うチャンスも生まれます。

また、企業実態の調査も行っているので、ブラック企業を紹介されることもありません。

DODAの登録は「会員登録→職務経歴→確認」と入力していく必要がありますが、自己アピールなどの入力は一切ないので、5分もあればすぐに終わります。

後日、面談の日程についての連絡があるので、プロのキャリアアドバイザーに相談して、自分の向いている仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、時期によってはキャリアカウンセリングを受けられないこともあります。

ですので、余裕があればプロフィールや職務経歴を充実させておき、エージェント側からアプローチしてもらえる様にしておくと確実ですよ。

登録しておくだけチャンスの生まれる「リクナビNEXT」

エージェント制ではありませんが、登録しておくだけで優良企業からスカウトメールの届く「リクナビNEXT」も無料で登録できるのでこの機会に利用しておくといいですよ。

リクルートには転職に関するノウハウと圧倒的情報量があるので、自分に本当に向いている求人が自動で送られてきます。

またリクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というクオリティの高い自己分析ツールが用意されており、これを使っておくとより自分に合った企業と出会いやすくなりますよ。診断結果は企業側からも確認できるので、より相性のいい会社からスカウトメールが届く確率も高くなります。

リクナビNEXTは無料で登録でき、個人情報の入力もすぐに終わるので今すぐ登録しておきましょう。

転職者の8割以上が使っているので、使っておくだけ他よりも有利に転職活動が進みます。

また、リクナビNEXTは他社エージェントからのヘッドハンティングの場としても使われており、思いがけないエージェントからも面談確約のオファーが届くこともあります

オファーを受けやすくするには、職務経歴書やリクナビNEXTの利用履歴を充実させる必要もあるので、転職に興味があるならガンガンリクナビNEXTを使っておきましょう。

その他の転職エージェント

「DODA」「リクナビNEXT」以外にも、国内には多数の転職エージェントがありますが、それぞれに特徴や強みがあるので転職に興味があるならいくつか併用しておきましょう。

すべて無料で利用できます。

・国内主要転職エージェント

パソナキャリア
…公共事業・地方事業などの社会貢献意識の強い人向け利益よりも仕事のやり甲斐重視の転職エージェント。対応が非常に丁寧。→パソナキャリアの詳細はこちら

マイナビエージェント
20代~30代の若手向けエージェント。ベンチャー気質が強く、とくにIT系の紹介に強みを持つ。→マイナビエージェントの詳細はこちら

メイテックネクスト
…製造系エンジニア向け特化の転職エージェント。ものづくりエンジニアは必ず利用しておきたい→メイテックネクストの詳細はこちら

JACリクルートメント
外資系・海外転職・グローバル大企業などハイクラス転職特化のエージェント。求められる経歴は高くなるが、その分高年収の仕事の紹介が多い。→JACリクルートメントの詳細はこちら

DYM就職
既卒・第二新卒・フリーターなど経歴にネックのある人向けのエージェント。他のエージェントで、登録や面談を拒否された場合はここがオススメ。→DYM就職の詳細はこちら

・その他の転職エージェントは以下の記事をチェック!

 →国内の主要エージェントの比較記事はこちら

 →外資系運営エージェントの紹介はこちら

 →業界向け特化の転職エージェントの紹介はこちら

それぞれのエージェントの特徴と強み、あるいは運営方針や社風があるので、本当に自分に向いている仕事にこだわりたい方はなるべく多めに利用しておくといいでしょう。

関連コンテンツ