コネ入社した会社を辞めたい…|知り合いの会社を辞めたい、縁故入社した会社から退職したい人が知っておくべきこと

「コネ入社した会社を辞めたい…」
「縁故入社で入った職場を辞めたい…」
「知り合いの会社を辞めたい…」

そう悩んでいませんか?

コネ・縁故入社で入った会社や、知り合いの会社で働く場合、恩や義理もあって気持ち的にも辞めにくいことが多いはず。

通常の採用入社であれば退職すればスッパリ縁が切れるのに比べ、コネ入社からの退職は後々の人間関係にも悪影響をもたらすことも考えられるからです。

コネ入社で入った会社を辞めて
「無責任な人だ…」と思われたらどうしよう…?

とくにコネ入社を辞めたい時に気にしてしまうのが「紹介してくれた人からの評価」だと思います。

そこで当記事では、コネ入社・縁故採用で入った会社で働くメリット・デメリットを踏まえた上で、上手に辞める方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

コネ入社・縁故採用のメリットは「辞めにくい」ところ

コネ入社・縁故採用の最大のメリットは「辞めにくい」ところにあります。

▼コネ入社・縁故採用のメリットは?

  • 紹介を通しての義理があるので本人は辞めにくい
  • 身内なので見知らぬ他人よりは信用できる
  • 社内で問題があった場合は紹介した人に相談すれば対応しやすい
  • 求人募集の手間・費用などのコストが省ける

コネ入社の一番のメリットは「紹介なので辞めにくい信用・安心感」にあると言えます。

それってコネ入社じゃない一般採用でも
あまり変わりないのでは…?

もちろん、
本人が辞めるか辞めないかなんて
仕事や職場との相性次第だ…

コネ入社関係なく、人が辞めるか辞めないかは本人との仕事内容や職場との相性次第ですが、古風な人間関係を大事にする会社ほど、義理・人情を大事にすることが多いため「コネ入社なら辞めないだろう…」と考えがちです。

また、そこまで考えてない場合は「伝統的にコネ採用を取り入れている」「人材会社経由で採用する予算やノウハウがない」という単純な理由しかないこともあります。

コネ入社・縁故採用のデメリットは「正統評価されにくい」ところ

コネ入社・縁故採用の最大のデメリットは「正統評価されにくい」ところにあります。

▼コネ入社・縁故採用のデメリットは?

  • 紹介した人への期待や義理立てがあるので過度な義務感・責任感を感じやすい
  • 紹介した人の立場によっては社内で過小評価・過大評価されてしまう
  • 本人の能力や実績以上に、紹介者との関係や社内派閥が評価に関わりやすい

会社の社風や人間関係にもよりますが、多くの場合は「コネ入社だから~」「あの人の紹介だから~」という色眼鏡で見られてしまうため、純粋な仕事の能力で評価されることは少ないと考えていいでしょう。

紹介してくれた人が社内での評価・立場が高いとコネ入社した人への期待感も大きくなる一方で、紹介してくれた人が社内で嫌われていたり評価が低いとコネ入社した人にも怒りの矛先が向くことがあるかもしれません。

コネ入社した人は職場で嫌われる?馴染めないと辛い?

上記のようなコネ入社のデメリットが強いパターンですと、コネ入社した人は職場で理不尽に嫌われたり、馴染めないことも考えられます。

多くの会社では「社内派閥(グループ)」が形成され、紹介してくれた人が一部の派閥に嫌われていると、コネ入社した人にまで嫌味の矛先が向かい、入社直後から嫌われる…なんていうことも会社ではあり得るのです。

また、会社には「社風」と呼ばれる、その会社の雰囲気や集まる人の傾向もある、合わない人からすれば馴染みにくいと感じ、仕事に支障をきたすこともあるかもしれません。

転職して中途採用されても
職場に馴染めないで辞めてしまう人もいますからね…

コネ入社したことで嫌われて

職場に馴染めないのは辛いですよ…

人事(面接官)も紹介してくれた人も、決して完璧な採用が出来るわけではありません。

むしろ「身内だから~」という理由でコネ採用した場合、本人の適性や相性は無関係なことが多いため、職場と合わない可能性の方が大きいことの方が多いぐらいです。

コネ入社関わらず、
中途採用での扱いがひどいと感じるなら
以下の記事も参考にしてみてくれ

コネ入社・縁故採用が主な会社は、能力よりも人間関係重視の職場が多いため、社内で嫌われると仕事の負担や評価にも悪影響が出るという点で、コネ採用を辛いと感じる人もいるかもしれません。

人間関係重視の会社で嫌われると
仕事でも不遇な目にあうかもしれないので
以下の記事で対策をチェックしておきましょう

知り合いの会社を辞めたい場合はどうする?

知り合いの会社を辞めたい場合はどうすればいいのでしょうか?

知り合いの会社を辞める時に重要なのは「紹介してくれた知り合いの社内の立場・役職」だと言えます。

知り合いが会社の一社員でそこまで権限のない立場でもなければ、他の決定権のある上司に退職の意志を伝えることで、手続き上は穏便に退職できるはずです。

逆に、紹介してくれた知り合いが経営者(社長・役員)であったり、人事・管理職の場合は、本人を通さないと辞められない、あるいは退職の意志を伝えた際に本人の耳に入って引き留めにあうかもしれません。

とくに従業員の少ない会社や、ワンマン経営気味の小さな会社であれば、社員との距離が近かったり一人当たりの仕事の重要性が高い分、引き留めにあう可能性が高くなってきます。

いずれにせよ、コネ入社を紹介してくれた相手が社内にいる以上、本人の面子や今後の社内での立場にも支障が出てくる可能性があるので、事前に紹介してくれた相手に相談しておく方が角が立たずに済むでしょう。

でも紹介してくれた相手と社内であまり会わないので
なかなか話せる機会がないんですよね…

もし、知り合いの会社への入社を紹介してくれた相手に相談できる時間がなくても、出来る限り一番最初に紹介してくれた本人に辞める意志を伝えておく方が無難でしょう。

というのも、紹介してくれた人以外に退職に関しての相談をすると、他人を通して本人の耳に辞めるという噂が入ると「自分に黙って裏切られた…」「面子を潰される…」と不信感を抱かれてしまうからです。

仕事を辞める際に最初の相談・報告相手を間違えると
「あいつは裏切った」と不信感を抱かれることもあるので
相談相手や報告相手は慎重に見極めておくといいぞ

知り合いの紹介で入社した会社を辞めるなら義理は通しておくこと

知り合い(親・友人など)の紹介で入社した会社を辞めるのであれば、紹介した人に対して義理を通しておくことで、今後の人間関係が悪化する事態は防げるはずでしょう。

とは言っても、紹介した人が身近な存在であるほど「せっかく紹介したんだから辞めるな!」「面子を潰す気か?」と引き留めにあう可能性が増えてくるはずです。

辞める前に相談すると話を聞く前から
「辞めるな続けろ!」と言われるのが目に見えてて辛い…

なぜ、このような事態になるかと言うと、コネ入社した人が辞めることで紹介した知り合いにも社内での批判や事後対応などの被害が及ぶ可能性があり、結果として余計な仕事を増やされるからです。

また、単純に紹介した人が辞めない方が余計ないざこざに巻き込まれずに済むため、事前に相談すると「辞めない方がいい」と言っておく方が、自分の立場を守れるわけです。

それって紹介した人も結局は
「自分の保身」しか考えてないってことですよね?

そりゃあ紹介した人に辞められると
自分の評判も落ちるかもしれないからね…

そういう意味でも、コネ入社した会社を辞める際には紹介してくれた人に対して義理立てすることが大事です。

ただ、事前に相談すると自分自身の立場を守るために話すら聞いてくれないで「辞めるな!」と言われる可能性が高いです。

コネ入社でなくても
仕事を辞めるかどうかの相談は
こじれやすいので相手はしっかり選ぶべきだ…

ですので、コネ入社で紹介してくれた相手との関係をこじらせたくないのであれば、相談ではなく「事前報告」「事後報告」という形で伝えておくのが、角の立たない義理立ての方法だと言えるでしょう。

どのみち、仕事を辞める際には穏便に済むことは少なく、それもコネ入社・紹介での入社であれば、各方面に迷惑をかけてしまうのは避けられないので、明確に自分自身の意志を持って「辞める・辞めた」と伝え、その後の批判や文句を受け入れる覚悟は決めておく必要があります。

ただし、コネ入社からの退職であっても義理立ては「義務」ではない

最悪、どうしても辞めたい気持ちの方が強いのであれば、義理立てせずに退職してしまい、後から批判や文句を言われるのも無視し、紹介してくれた人と疎遠になる…という選択肢も考えられます。

あくまで紹介者に義理立てをするのは、辞める人自身が他人との関係を崩さないためであって、法律で定められているような義務ではありません。

単に退職するだけなら、退職届を提出すれば会社側には止める権利はないのです。

もちろん、そうしてしまうと人間関係に亀裂が入り、自分自身の信用も落ちてしまうかもしれませんが、引き換えに自分自身を守ることにもなります。

また、どうしてもコネ入社した会社を辞めにくいと感じているのであれば退職代行と呼ばれるサービスを活用し自分の代わりに会社に退職の意志を伝えてもらうことも考えられます。

退職代行は電話・LINEでの相談も可能で
実際に退職できるまで料金は取られないので
安心して退職するまでの手続きを業者に依頼できます

コネ入社・縁故採用でどうしても辞めにくい・辞められないと悩んでいる方は、最終手段として退職代行を活用することも検討しておくといいでしょう。

退職代行のオススメは業界でも実績のある「退職代行EXIT」が信頼性が高く、安心して利用できます。

退職代行EXITを見てみる【相談無料】

コネ入社からの退職を検討するなら転職先を決めておくと辞めやすい

以上のように、コネ入社した場合は「社内外の人間関係のしがらみ」という点でメリット・デメリットがあり、人によっては働きにくい・辞めたいと感じることがあってもおかしくはありません。

とくに紹介者の面子や今後の関係を考えた場合、辞めにくい・辞めた後の関係がこじれやすい点で気が重いかと思います。

ですので、コネ入社した会社を辞めたいと悩んでいる方は、まずは転職先を決めた上で辞めることをオススメしておきます。

転職先から内定をもらっておけば、コネ入社した会社を辞める際も強気に辞められますし、引き留めにあっても迷うことも少なくなるはずです。

しっかり転職活動すればコネ入社と違って人間関係のしがらみをリセットした状態からの採用に期待できるため、コネ入社で辛いと感じる原因を取り除くことができます。

親や身内のコネで煩わしい思いをしている人は
コネ入社した会社を辞めるついでに転職して
引っ越し・自立を考えておくのもいいかもしれませんね

また、転職では純粋に「本人の経歴・実績・能力・将来性」と言った要素が大事になって来るので、コネ入社で過小評価・過大評価されて辛いと感じている人にとっては、正統評価してもらえる会社で働くチャンスを見つけやすくなります。

面接が苦手で転職活動にやり方がわからないんですけど…

もし、読者の方が転職活動の方法がわからなかったり、面接に自信がないのであれば「転職エージェント」と呼ばれる、プロが転職の相談やサポートを無料でしてくれるサービスを活用しておくといいでしょう。

転職エージェントの解説は
以下の記事で詳しくまとめてあるぞ

転職エージェントは誰でも登録可能で、経歴に自信がない人やコネ入社からの転職でも関係なく、自分に合った転職先や求人を紹介してくれるので、辞めたいと悩んでいるなら登録しておくだけ得です。

コネ入社で辛いと悩み続けていても辛いだけですが、転職活動を進めて辞める見通しが立てば、心も楽になるはずです。

転職エージェントを使えば、必ず辞める大きなきっかけと出会えるはずなので、ぜひ利用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました