仕事をすぐ辞めたくなる人が長く働けるようになるにはどうするべき?

「仕事に就いてもすぐ辞めたくなる…」

あなたは今、そう考えていませんか?

実はそういった方にはある共通点や原因があります。

でも、大丈夫。

この記事を最後まで読めば、解決するきっかけが得られるはずですよ。

スポンサーリンク

仕事をすぐ辞めたくなる人の特徴と心理とは?

まずは、仕事をすぐ辞めたくなる人の特徴や心理についてご紹介していきます。

筆者は、数多くの仕事が続かない人やすぐ辞めた経験のある人と関わってきましたが、そのような人には決まって似たような共通点がありました。

仕事をすぐ辞めたくなる心理は、他人に指摘してもらえなければなかなか気づけないものです。

ですので、これから紹介することには耳が痛いこともあるかもしれませんが、自分の無意識の行動を縛っている悪いクセだと思って、まずは自覚するところから始めてみてください。

嫌なことがあったすぐ逃げ出したくなる

仕事をすぐ辞めたくなるような人は、嫌なことがあったらすぐに逃げ出したくなるという特徴があります。

  • 思っていた仕事と少しでも違ったら辞めたくなる
  • 思った通りにならないと辞めたくなる
  • 他人に否定されたり怒られると辞めたくなる

上記のような状況に出くわすと、一切立ち向かうことなく、逃げてしまうのです。

仕事も人生も、嫌なことや思い通りにならないことばかりですが、それを少しずつ乗り越えていく過程にこそ意義があります。

出来ないことに挑戦できない

仕事をすぐ辞めたくなる人の多くが「出来ないことに挑戦しない」という特徴があります。

「出来ないことに挑戦しない」とは「出来ることしかやらない」「やりたいことしかやらない」「やりたくないことは一切やらない」とも言い換えられます。

筆者と付き合いのある仕事をすぐ辞めるような人も「それは出来ない」「無理」「やりたくない」といつも言い訳ばかりで、挑戦すらしない人ばかりだと感じます。

具体的な話で言えば、新入社員が手が空いてる際、職場の電話が鳴っているにも関わらず知らんぷりをして、上司に出なかった理由を「教わってないから」「自分は対応できないから」と言っているような状況です。

大事なのは「どうすればできるようになるか?」と考えて行動に移してみて失敗しながら学ぶことなのですが、仕事をすぐ辞めたくなる人は一向に「自分ができないことに挑戦していない」という事実に気づきません。

これの何が悪いかと言うと、出来ることがない状態のまま出来ないことに挑戦せずに「出来ること」を増やさなければ、いつまで経っても成長できず、そのうち「出来ることが少ないのに出来ることしからやらない=出来る仕事が少ない状態のまま」で何年も過ごすことになります。

ですので、仕事をすぐ辞めたくなるのは「そもそもの出来ることが少ないのに、出来ないことに挑戦すらしない」ことに原因があると考えておくべきでしょう。

自分と向き合ったことがない

仕事をすぐ辞めたくなるような人は、自分としっかり向き合ったことがない人も多いです。

「自分はこういう人間だから…」とやったこともない仕事を「苦手」だと決めつけたり、「自分はこれが得意だから!」と根拠のない憶測で挑戦して失敗して「やっぱりダメだった…」と早々に諦めるなど。

「自分が何が得意で何が苦手か?」
「自分は何がしたくて、何がしたくないか?」

このような自分の適性や動機を把握するには、経験を通して失敗と成功を重ねる中でしか見えてきません。

また、自分と向き合ったことがない人は、他人の評価にも流されがちなので、誰かに「この仕事は向いてない」と言われただけで挑戦すらせずに「やっぱり向いてないんだ…」と決めつけて自分の可能性を知らず知らずのうちに潰してしまいがちです。

極論、仕事が向いているか向いていないかは、自分で向いてると納得できるかどうかがすべてであり、他者が決めるものでありません。

どうしても向いてる仕事がわからないと悩んでいる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連:向いてる仕事がわからない時に見直したいこと。向いてる仕事なんてないと諦める前に知っておきたいこととは?

楽な仕事がしたいと考えている

仕事をすぐ辞めたくなる人は「出来るだけ楽な仕事がしたい」と考えています。

「楽な仕事」と言っても色々ありますが、とくに以下のような仕事のこと。

  • 毎日、同じことを繰り返すルーチンワーク
  • 人に急かされたり、合わせたりせずに済む
  • 誰かに言われた指示を守っておくだけでいい(自分で考えずに済む)
  • 一度仕事を覚えたら、新しいことを覚えずに済む

仕事をすぐ辞めたくなる人が思い描いている「楽な仕事」とは、このような感じではないでしょうか。

ひとつだけ言っておきます。

この世には楽な仕事なんて何一つありません。

ただし、自分の適性やストレスを感じる要素さえわかっていれば、自分に合った楽にこなせる仕事は見つかります。

関連:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を見つけ出すコツ【正社員・派遣社員両対応】

人と関わるのを極端に避けたがる

仕事をすぐ辞めたくなる人は、極端に人と関わることを避けたがります。

  • わからないことを上司や同僚に聞かない
  • 自分に出来ないことを他人に任せない
  • 問題があっても職場の人に相談しない

仕事上の最低限のコミュニケーションすら出来ないため、そもそも仕事するための最低基準すら満たせていないこともありえるのです。

自発的に職場に馴染めない人間は、どこに行っても続く道理などありません。

関連:仕事で誰とも関わりたくない…。人と関わらないで済む仕事を見つけるためのコツとは?

自分のペースを乱されるのが気に食わない

仕事をすぐ辞めたくなる人は、他人とペースを合わせることが苦痛だと感じています。

正確には「自分のペースを乱されるのが気に食わない」ですね。

たとえば、次から次に仕事が溜まっていったり、予期せぬ横槍が入って仕事の予定が狂ってしまうことに強いストレスを感じてしまうタイプの人です。

仕事というものは、得てして「予定通り」「思った通り」に進むことなどありません。

会社に雇われた以上は、生活リズムともどもまずは”会社のペースに合わせる”ことを考えましょう。

ただし、会社のペースにどうしても合わない場合は、本当に向いていない可能性もあり、無理に働き続ければ身体・精神を壊しかねないので、見極めは必要です。

関連:急かされるのが苦手でストレスを抱えやすい人へ。急かされない仕事へ転職するべき?

思い込みが激しい人

仕事をすぐ辞めたくなるような人は、非常に思い込みが強いです。

仕事をすぐ辞めたくなる人の思い込み

  • 会社では求人情報通りに仕事が進むと思っている(休日・残業・業務内容に多少の相違があって当たり前)
  • 「自分は精神的に弱い」「自分はダメだ」と思い込んでいる(仕事に弱いもダメも関係ない)
  • 仕事は完璧に言われた通りにこなさないといけないとダメだと思い込んでいる

上記のような「すべての会社は完璧だと思っている」「自分はダメだと思っている」という思い込みがあるため、仕事に就いても理想と現実のギャップに悩む結果になるのです。

これらの傾向は「完璧主義」「理想主義」とも言えるので、まずは「あるがまま」を受け入れるようにしましょう。

関連:完璧主義者が仕事で嫌われる理由と改善方法。完璧主義思考を捨てるための考え方。

関連:完璧主義の治し方。仕事ができない完璧主義者は読んでおこう

自信がなくいつも申し訳なさそうにしている

仕事をすぐ辞めたくなる人は、自信なく申し訳なさそうに仕事しています。

「間違って怒られると嫌だな…」
「他人に迷惑をかけてはいけない…」

このように、仕事の本質を根本的に見誤っているため、仕事をすぐ辞めたくなるのです。

関連:真面目すぎる人は使えない!?真面目すぎて仕事ができない人の特徴と対策は?

給料もらって仕事している以上は「プロ」なのですから、最低限「これが私の仕事だ!」と胸を張って言い切る態度で臨みましょう。

仕事をすぐ辞めたくなる人が長く働くための対処法とは?

「出来ないことは当たり前」だと知っておく

仕事にしても何にしても最初は出来ないことだらけなのは当たり前です。
ですので仕事をすぐ辞めたくなるような人は「出来ないこと」や「わからないこと」がたくさんある新人期間も、グッと堪えることが大切です。
厳しい職場ですと出来ないことやわからないことがあるとうるさく言われることもあるかもしれませんが、それを耐えて少しずつ成長していくことも社会人の努めなのです。

会社や仕事の嫌な部分よりは良い部分に目を向ける

仕事をすぐ辞めてしまうような人は会社のネガティブな面に目が行きがちですが、それではいつまで経っても仕事の良い面ややりがいを見つけ出せず、嫌なことがあるたびに辞めたくなってしまうものです。
ですので、考え方を変えてみて、少しでも仕事の良い面を見つけ出すための努力をしてみるのも¥いいでしょう。
たとえば、以下のような部分は代表的な仕事の良い部分です。

  • 毎月、しっかり給料が振り込まれる
  • 残業がない日が多い
  • 会社の信用度が高くキャリアのプラスになりやすい
  • 福利厚生や社内教育が充実している

これらの良い部分は「当たり前」すぎて気づきにくいものですが、すべて揃っているだけでも会社としてはしっかりしている証拠で、その中で働けることは恵まれている証拠です。
それ以上の仕事の良い部分を見つけるとなると、自分自身の価値観と向き合い、仕事のやりがいを見つけ出したほうが間違いないので、労働条件以上の価値を求めてる方は以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

自分の思った通りに行かなくても我慢する

仕事をすぐ辞めたくなるような人は自分の思ったとおりに行かないと挫折してしまうことが非常に多いです。
ですが、仕事では早々自分の思った通りに事が運ぶことはありません。
突然のアクシデントで計画が変わってしまったり、誰かのミスで仕事が増えて残業になるなど、日常レベルで地味なストレスが蓄積していきます。
これらの事態は、どれだけ綿密な準備や計画を練っても、誰かの伝達ミスや上司の指示の変更で大きく変わってしまうもの。
そのような想定外の事態に柔軟に対処し、文句を言いたくなるような理不尽な変更もすぐに切り替えて対応することも、仕事では大事なことです。
ここで、ちょっとのズレがあるからと言ってすぐ辞めたくなるようでは、どこの職場に行っても自分の思ったとおりのペースを崩されるたびに仕事を辞めてしまう…という事態になりがちです。

今の仕事を長く続けてみる

 

仕事をすぐ辞めたくなる人は、まずは今の仕事を長く続けてみるべきでしょう。

最低3ヶ月間は「プライベートも全部犠牲に捧げる覚悟で仕事に集中する」ぐらいに考えて取り組むべきです。

関連:3ヶ月目で仕事が向いてないと感じたらどうする?辞めたい時の判断ポイントは?

当然「帰った後や休日は好きなことに時間を使う」という甘えた考えはなしです。

それだけ、必死に取り組んでも「向いていない」「やり甲斐を見い出せない」と言うのであれば、辞めてもいいでしょう。

少なからず、必死で取り組んだ分後悔はないでしょうし、次につなげることもできます。

関連:仕事が長く続かない人が見直すべき5つのこと|職を転々とする人、仕事に恵まれない人、仕事が続かない人向け

”離職率”の高い仕事を避けて”定着率”の高い仕事を探す

仕事をすぐ辞めたくなる人は、そもそも「すぐ辞める人が多い、人手不足の忙しすぎる会社」に入社してしまっているのかもしれません。

離職率…仕事を辞める人の割合のこと
定着率…仕事を続ける人の割合のこと

あらかじめこの離職率や定着率を知っておけば、少なからず人の出入りの激しい会社に就くリスクは下げられます。

関連:人の入れ替わりの激しい会社の特徴|仕事を辞める社員の兆候や問題の多い職場を見逃さないために知っておくべきこと

ただし、離職率や定着率は公表していない会社も多いので、調べるよりもハローワークの窓口や人材会社の担当者に聞き出す必要があることは知っておきましょう。

また、単純に「離職率が高い=自分も辞めたくなる会社」と考えず、もっと踏み込んで「なぜ、辞める人が多いんだろう?」としっかりと事前に考えて、わからないことは面接の時にしっかり確かめておくことも大事ですよ。

関連:人が辞めていく会社の特徴と原因。この会社なんかおかしいと思ったらチェックしておきたい項目とは?

【今すぐ辞めたい】仕事をすぐ辞めるには?|知っておきたい法知識

「今すぐ仕事を辞めたい…」と思っている読者もいるはずですので、まずは仕事をすぐ辞める方法や法的な根拠、加えて現実での対応の事例についてご紹介していきます。

自分の意志で「すぐ辞める!」と会社側に申し出た場合、会社側にどんな都合があっても最短2週間待てば辞められると法律で定められています。

これは「辞職」として扱われ、会社側にいかなる都合があろうと受理しなければならず、止める権利はありません。

ただ、これはあくまで法律で定められている労働者側の最低限の権利ですので、現実はそう上手くいかないことも多いです。

たとえば「すぐ辞める!」と伝えればその日限りで退職の処理をしてくれる職場もあれば、雇用契約を持ちだして一か月間辞めさせてくれなかったり、あるいは説得してなんとか退職を引き留めようとしてくる会社も存在します。

すぐ辞められるかどうかは
会社の状況や雇用形態で変わって来るので
詳しくは以下の記事も確認して判断してくださいね

もし、読者の方がどうしても今の会社をすぐ辞めたいと思っているのであれば退職代行の利用をオススメします。

退職代行とは、自分の代わりに会社に退職の意志を伝えてくれるサービスで、LINE相談や電話相談だけで退職することができるので、会社に出社したり上司と話し合うのすら嫌なぐらい辞めたい人にはお勧めのサービスだと言えます。

退職代行の相場は数万円ほどですが、辞められるかどうかの相談だけなら無料、実際に退職できるまでは料金を支払ずともOKなので、安心して利用できます。

退職代行を利用するなら
業界でも実績のある退職代行EXIT
安心して利用できます!

退職代行EXITを見てみる【相談無料】

割り切って自分に合った職場が見つかるまで職を転々とする

仕事をすぐ辞めるとキャリア的にはマイナスになりやすいですが、どうしても辞めたいと感じているなら、自分に合った仕事が見つかるまで職を転々とするのもありでしょう。
仕事は恋愛と同じで、自分に合うかどうかは実際に働いてみなければわかりません。
事前に情報を集めて、その会社でやることが見えるような人であったり、あるいは仕事の辛い部分も耐えられるほどメンタルが強ければともかく、そうでなければ良い職場環境に出会えるまで、数を撃つしか方法はありません。
ただ、今は転職エージェントなどでキャリアカウンセリングを受けることで、自分に合った仕事を見つけやすくなっていますので、そういったサービスを活用して、他人に相談してみることも大切でしょう。

転職エージェントを使って自分に合った仕事を見つけよう

すぐ辞めたくなる仕事から長く続く仕事へ転職したい方は、転職エージェントを活用しておくことをオススメしますよ。

転職エージェントとは自分に合った求人を紹介してくれるサービスで、転職活動のサポートも全面的に行ってくれるので、長く働ける優良企業に入社できる確率がグッと高くなります。

しかも、転職エージェントは完全無料で利用できます。

なぜかと言うと、紹介先企業が費用を負担しているからです。

そのため、転職エージェント側も適当な人材を紹介すると違約金が発生するため、長く働ける会社に適性のある人材を送り込むために努力してくれます。

今まですぐ辞めたくなる会社にばかり入社してしまった人でも、転職エージェントを使えば長く働ける会社を見つけ出せるかもしれませんので、転職を考えているなら必ず使っておくといいですよ。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました