会社内での評価が低いと感じる人に知っておいて欲しいこと。職場の評価なんてアテにするな!

「私は会社内で過小評価されてる…」

そう感じている人も、実に多いことでしょう。

残念ながら、日本の企業は「上司のために頑張れる人」というのが、評価されやすい仕組みになっています。

見えないところでコツコツ努力する人よりも、上司やお偉いさんが見えるところで努力する人のほうが評価されやすいんです。

それは学生時代からそうでしたよね。

文化系の部活よりも、目立つ運動系の部活が周りからも「頑張っている」と言われ、モテて進学にも有利でしたよね。

日本では、見える所で努力したやつだけが評価されるんです。

誰も見えないところで死ぬ気で頑張ったって、なんも評価されないんです。

「結果を出せば評価される!」と思っても、若いうちに目に見えてだせる成果なんてないですからね。

世の中、9割以上の努力は無駄なんです。

人の見えるとこで頑張ってるやつが、一番評価されるんです。

上司のために仕事している奴ほど評価される

まず、考えてほしいのが「あなたは何のために仕事しているのか?」ということです。

社内での評価が欲しいのであれば、上司に見えるところで努力するのが一番大切です。

会社のためとか顧客のためとか、そんな建前要りません。

上司が飲み会好きなら飲みに付き合い、ゴルフ好きなら接待ゴルフに参加する。

これが日本の企業で社会人が出世するために求められる能力です。

アホくさいかもしれませんが、根回しした人間ほど、上司に気に入られて出世できるんです。

仕事の効率とか、ちょっとした数字の上昇とか、そんなもんよりも、現場で決定権や影響力のある上司に気に入られる方が、100倍「仕事が出来る」と評価されるんです。

仕事の効率や生産性と関係ないところで評価が上がるという事実は、くだらなく見えますが、残念ながら、日本の会社はこういった非生産的な思考の人間のほうが圧倒的に多いんです。

なぜ日本の社会がおかしくなるのか?資本主義とその他の主義を正しく理解すれば一発でわかります』という記事に書いているとおり、日本の会社の組織構造は、資本主義的ではなく、全体主義・封建主義に近しい構造にあります。

親や先生に気に入ってもらえるような能力がある人ほど、上に上がっていけるわけです。

会社とあなたでは「仕事」「努力」の定義が違う

あなたが「仕事のため・評価のため」に頑張っていたとしても、上司や会社からすれば「付き合いが悪い・仕事が出来ない」と思ってしまうわけですね。

つまり、あなたと上司では大事にしているものも、目指しているものもまるで違うわけです

そうなれば、必然的に評価が低くなってしまって当たり前ですね。

これは言ってしまえば、小学校の通信簿の音楽・図工などの科目の評価みたいなものです。

ピカソみたいな前衛アート書いても落書き扱いされて評価されませんし、音楽の授業でソロプレイで協調性を乱せば、いくら楽器が天才的にうまくても評価は「1」です。

会社も同じようなものです。

あなたがいくら努力して成果を出していても、それが会社の求めるものとは違っては、評価は得られません。

上司が「プライベートまで時間を裂ける付き合いの良さ」を仕事の一部だと思っているなら、それに従える人が評価されて当たり前なのです。

残念ながら、そういった非生産的なことが求められるのが、日本の職場の現実です。

仕事の定義が一致する職場に勤めて、正当評価されよう

しかしながら、こういった「仕事の定義」にすれ違いが生じるのは仕方ありません。

履歴書や面接などの恐ろしくマッチング精度の悪いシステムを、未だに採用している企業が多いからです。

とくに新卒一括採用なんて、大学という養豚場からブタを出荷する感覚で新卒者を企業に出荷しているのが現状です。

養豚場のブタに個性なんて必要ですか?
必要ないですよね。

ブタはブタ。味の違いなんてわかりませんからね。

そんな就職市場からの出荷では、仕事に対する認識の齟齬など、起こるべくして発生するわけです。

あなたが評価されないのは、あなたに能力がないからではありません。

あなたを過小評価している企業は、飛べないブタを評価する企業なんです。

あなたは、飛べるブタです。

養豚場から出荷されたブタをハムのような量産加工品にするような企業はさっさと見切りをつけて、紅の豚になって飛び立ちましょう。

正当評価されたければ転職エージェントがおすすめ

正当に評価されたければ、転職エージェントに登録して面談を受けることをおすすめします。

というのも、転職エージェントですと、今のあなたの適性な年収や能力などの人材価値を正当に評価してくれます。上司と飲みに行く能力や接待するようなクソの価値にもならない能力は、一切関係なく、客観的に評価してもらえます。

そして、あなたの評価に合わせて、最適な求人を紹介してくれます。

このまま会社で不当に評価されていても、先はありません。まずは転職エージェントに登録して、自分を正当評価してもらいましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ