嫌な仕事を続けるとどうなるのか?嫌なことを続けるデメリットが大きすぎる…

「嫌な仕事でも続けろ!」
「みんな嫌々仕事をしているんだ!」
「オレも辛いんだ、お前も耐えろ!」

はい。
こういった時代遅れな言葉は、嫌々仕事するしか選択肢のない社畜どもの言い訳です^^

今どき、若者は少子高齢化+若手不足の業界多数で仕事は選び放題です。まともに経済や政治を読める人なら「仕事を選ぶな!」なんてバカなことは言えませんからね。

まずは社畜や貧乏人、ネガティブなマイナス思考な人間の呪縛を解いて、現実を正しく認識しましょう。

考え方や生き方そのものがデフレスパイラルな人間と関わっていても、足を引っ張られるだけです。

結論から言いましょう。

「嫌な仕事」を続けても、何一ついいことはありません。

その理由を紹介していきますので、辞めることを前向きに考えていきましょう。

「嫌な仕事」を続けると死にます^^

まず単純に、今の日本では嫌な仕事を続けると死ぬリスクが高まります

死ぬまでには至らずとも、うつ病などを始めとした精神疾患、睡眠不足やストレス等が原因での肉体的な健康被害に及ぶ可能性もあるわけですね。

日本人は歴史的に見ても自滅大好きなバカが多いですが、それは現代とて同じことです。

医薬品の販売にしても「24時間働ける!」「風邪でも頭痛でも働け!」という頭のおかしい訴求方法がまかり通っていますが、それは単純に「辛くても働きたいバカ」が日本人に多いからです。

自分の体調管理も出来ないバカな社員が上司や経営になっているわけですから、社員や部下の体調管理なんて出来るわけもありませんからね。

そういう信じられない状況が、日本の会社にはまだまだはびこっているわけです。

「嫌な仕事」では生産性も上がらない

「嫌な仕事」では生産性が上がりません。

そもそも、日本の会社では現場単位では共産主義的、会社全体は社会主義的傾向がまだまだ強いですからね。

言ってしまえば、奴隷感覚で働いている時代遅れな社会人も多いのです。

奴隷の本質とは「言われたとおりに仕事しなければ生活出来ない」程度の、極めて消極的な理由で労働するだけの存在です。

つまり、自発的に労働してリーダーシップを発揮したり、生産性を上げていくという発想がないのです。

社員を奴隷感覚で扱っている会社は、当然ながら労働者も奴隷程度の仕事しか出来ないわけですからね。

そんな「嫌な仕事」では、生産性が上がらなくて当たり前なのです。

「嫌な仕事」では、向上心なくダラダラ働き続けるだけ

「仕事を嫌なもの」と思い続けていては、向上心なくダラダラ働き続けるだけの人生しか待っていません。

そして、実際ダラダラ仕事してダラダラ生きているだけの人間は多いのです。

その程度の仕事しか出来ない人間には、その程度の給料や待遇しか待っていません。

しかしながら、やり甲斐が見いだせない仕事や、先行きの見えない企業での仕事を好きになれるわけもありません。

「仕事を好きになれ!」だの言い出すバカもいますが、無理なものは無理です。

それは、異性愛者に同性愛者になれと言っているようなものであり、「オレを好きになれ!」と主張しているようなもので、まさにハラスメント(強要)行為ですからね。

努力しないので、どんどん自信がなくなっていく

「嫌な仕事」では、どんどん努力する気も失せて、仕事もマンネリ化していきます。

頑張っても頑張っても報われない環境であれば、努力するだけ無駄ですからね。

日本の正社員のほとんどは「努力して成果を出しても給料が上がらない」「上司の気分ひとつで出世も出来ない」という、努力をするだけ無駄な仕組みで出来ているわけです。

そうして嫌な仕事で努力が報われない状況が続くと「こんな仕事している自分はしょーもない」「オレはこの歳で何やってんだ…」と自信を失くしていくわけです。

その結果、努力することもなければ変わる気もない、ダラダラ会社にしがみついて寄生するだけの、しょうもない惨めな人生を歩むことになるのです。

関連:努力しても報われない。努力なんかくだらない。頑張っても救われません。

「嫌な仕事」を続けても人生がつまらないだけです

こうして「嫌な仕事」を続けていった結果、どんどん負の連鎖で人生をはつまらないものになっていきます。

「仕事を選ぶな!」「嫌でも続けろ!」だの主張している人間は、つまらない自分の人生を正当化するために、他人の足を引っ張ってくるのです。

そんなくだらねえ大人どもの、しょーもない主張に付き合ってんじゃねーよ。

社畜やくだらない人生を送っている大人の主張の本質は「自分の人生がつまらないから、お前らもつまらなく生きろ!」という、幼稚すぎる嫉妬心を、大人気取りでエラソーにアドバイスしているだけなわけです。

人生を後悔なく生きたいのであれば、嫌な仕事を続けるべきではないのです。

「嫌な仕事」は辞めて、もっといい仕事を見つけよう

ここまでお読みの読者は、もうお気づきでしょう。

自分の心や体を騙して、無理に嫌な仕事を続けても、生きることが苦しいだけなのです。

嫌な仕事なんて、さっさと辞めちまえ!

それが、本当の意味で「自分の人生を生きる」ということなのです。

嫌いな人間と結婚生活が送れるわけもないように、嫌な仕事と一生付き合う必要もまったくないのです。

自分に合った仕事を見つけて、やり甲斐を感じよう!

嫌な仕事を辞めるなら、今度は本当に自分に合ったやり甲斐を見い出せる仕事を見つけ出すべきです。

嫌々仕事を辞めて、また嫌な仕事に就いてしまっては、いつまで経っても嫌な仕事を続ける負の連鎖から抜け出せないからです。

転職するのであれば、一切妥協してはいけません。
仕事は思いっきり選んでいいのです。

嫌な仕事はさっさと辞めて、本当に自分に合った仕事を見つけ出しましょう。

転職エージェントに相談して、自分に合った仕事を見つけよう!

本当に合った仕事を見つけ出すためには、転職エージェントというサービスの利用を強くオススメします。

転職エージェントは今の時代に合わせて「本当に自分に合った転職先」を紹介してくれる、最新のサービスです。

転職希望者にプロの担当者がつき、カウンセリングから始まり、本当に自分に合った選りすぐりの仕事を紹介してくれます。

企業側も「本当に欲しい人材」を求めるために利用料を負担しているため、完全無料で利用できます。そのため、人材費をケチるようなブラック企業や、「使えるなら誰でもいい」といった嫌な仕事を押し付けてくる企業は登録してません。

転職エージェントでは、自分に合った求人が自動で送られてくるので、わざわざ自分で求人を見つける手間がなくなり、書類作成や応募手続きなどもエージェント側でサポートしてくれます。

「嫌な仕事なんて辞めて、もっと自分に合った仕事がしたい!」と思っている方は、ぜひ転職エージェントに登録して相談してみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ