仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

嫌な仕事を続けた結果…。好きなじゃないことを仕事にし続けるとこんなにも胸が苦しくて毎日がつらい…

「嫌な仕事でも続けろ!」
「誰だって嫌々仕事をしているんだ!」
「みんなつらいんだ、耐えろ…」
「仕事は我慢が大事」

このように世間で言われていますが、真に受けて”嫌な仕事”を無理に続けていませんか?

以下の記事にも書いてありますが「仕事では我慢する必要があっても、我慢し過ぎは良くない」です。

たとえば、嫌な仕事を続けても、以下のような見返りが得られている、あるいは期待できるのであれば、続けておく価値はあるかもしれません。

嫌な仕事でも続けるべき場合

  • 給料・年収が他と比べても高い
  • 社員や取引先はムカつくけど、待遇や年収はそこそこ
  • 頑張った分はしっかり評価や給料になって返ってくる

このような見返りの大きい仕事は、仮に経営者や上司がクソで仕事にやりがいがなくても、得られるリターンも大きいため、なんだかんだで文句を言い続けながらも続けることが出来ます。

また「隣の芝生は青い」という言葉もある通り、今の仕事の嫌なところが見えすぎていて、一時的に疲れて辞めたくなっているだけかもしれません。

ただ、世の中には、客観的に見ても、

「そんな仕事辞めて転職した方がよくない…?」
「嫌いな仕事は無理に続けない方がいい」
「出来るものなら、自分に向いてて適性のある仕事に就いたほうがいい」

…というケースも多々あります。

嫌なことでも耐えて続ける必要はもちろんありますが、心の底から嫌だと思っているのであれば、辞めて転職する選択肢も考えておくに越したことはありません。

そこで当記事では「嫌な仕事を続けた結果、どうなるか?」という事例を交えながら、読者に今の仕事を続けるべきか否かの判断材料にしてもらえればと思います。

仕事が辛くて辞めようか悩んでいる人へのまとめ記事はこちら仕事がつらくて辞めたいのは甘えや逃げなのか?辞めた方がいい人とそうでない人の違いとは?

「嫌な仕事」の特徴とは?

当サイトでは転職・退職に関する情報を日々収集していますが、その中でも多くの人が「嫌な仕事」と感じて辞めた事例でよく挙げられている特徴をご紹介していきます。

明らかに自分に適性がない・向いていない仕事

嫌な仕事の筆頭格と言えば「明らかに自分に向いていない・適性のない仕事」でしょう。

人間、誰しも個性や適性を持っていますので、どんな仕事にも「向き・不向き」は存在します。

今の仕事が本当に自分に向いているかどうかの判断は非常に難しいものですが、目安としては、

  • 他の動機よりも自分に優れているところはあるか?
  • 努力した分の結果が伴っているか?
  • 上司や先輩から評価されて新しい仕事を任されているか?

…など、他社評価も踏まえておくことが大事です。

仕事では競争原理が働く以上「他人と比べて自分の方が優れている=その仕事に向いている」と言えるわけですから。

適材適所(てきざいてきしょ)

その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。

出典:適材適所(てきざいてきしょ)の意味・使い方 – 四字熟語一覧 – goo辞書

職場に顔を合わせるのも嫌なレベルで嫌いな人がいる職場

嫌な仕事の代表格と言えば「職場に顔を合わせるもの嫌なレベルで嫌いな人がいる」「職場の人間関係が嫌い過ぎる」など、人間関係が理由で仕事が嫌いになるケースです。

この場合「仕事自体は好きだけど、社内の人間関係がストレスの原因になる」ということがほとんどです。

これは、たとえば以下のような例。

  • 仕事自体は好きだけど、直属の上司や社長のせいで会社が嫌いになる
  • 変なウワサや過去の失敗のせいで、不当に低く評価され、職場の居心地が悪い
  • 上司のえこひいきが酷く、人事評価が好き・嫌いに寄りすぎている

社会では正当評価されるのなんて珍しく、複雑な人間関係や嫉妬などが絡むのが常です。

運悪く派閥争いや揚げ足取りに巻き込まれたら最後、その職場で不当評価されることも十分ありえます。

また、度が過ぎると「パワハラ」「モラハラ」「セクハラ」「職場いじめ」につながることもあり、そうなると仕事が嫌どころか、出社するのも苦痛に感じることもあるので、前向きに転職を考えておくのもありでしょう。

やりがいや意義が一切見い出せない仕事

嫌な仕事と言えば、やりがいや意義が見い出せない仕事でしょう。

仕事のやりがいや意義は自分で見つけ出すものではありますが、中には何の意義も見い出せない仕事も、少なからず存在します。

たとえば、

  • どれだけ努力しても上司に手柄を横取りされる
  • 仕事に工夫する余地がなく、昇給・出世の道も見えない
  • 他人に恨まれることはあっても、感謝されることはない

…などの「見返りの少ない仕事」「やりがい搾取される仕事」「頑張るだけな仕事」というのも、残念ながら世の中には存在するのです。

働く中で「何のやりがいも意義も見い出せない」と悩んで、今の仕事に嫌悪感を感じているのであれば、自分の仕事に対する価値観を見直す意味でも、転職活動で自分のキャリアや考え方を整理してみる時期に来ているのかもしれません。

誰にも評価されない仕事

仕事が心底嫌いになるのは、誰にも評価されないからでしょう。

仕事で「誰にも評価されない」と感じる瞬間

  • 同僚や上司からもまったく評価されないどころか、不当に低く評価されている
  • 誰からも褒められない・感謝されないため、やりがいを感じられない
  • 上司や先輩から期待されていないどころか、見放されている

これが営業などの「数字でシビアに結果の出る仕事」や、技術系の「制作物がしっかり仕上げられる仕事」であれば、他人の評価なんか気にせずとも、実際の結果・成果で自分の実力は証明できます。

また、職場の人間や取引先に評価されなくても、昇給・昇進などの査定でしっかり応えてくれれば、口先だけの評価を気にせずとも済むでしょう。

しかし、そうでない「人事の判断で中々賃上げも出世も出来ない職場」「結果や成果が見えにくい仕事」というのは、他人から評価してもらえなければ、自信が持てなくなって自己嫌悪に陥りやすいものなのです。

「無理やりやらされている感」のある仕事

嫌いな仕事…というよりも「思ってた仕事と実情が違いすぎる…」「こんな仕事納得できない…」と感じてしまうのが「無理やり”やらされている感”のある仕事」でしょう。

これは、

「求人票の内容があまりに実態と違いすぎる職場」
「企業側が事前に事業内容や仕事の内容を説明しないで採用した場合」
「そもそも、企業側が社員に説明しない理不尽な社風の場合」

…などに起こり得るケースで、早期離職につながる採用の事例でよく見られる傾向です。

この場合「会社側の事業内容・業務内容をしっかり事前に確認しないで入社してしまった求職者側」に非があるとも言えますし、企業側の「求職者には一切説明しないで理不尽に命令を下すだけの社風」にも問題はあります。

問題の根本は「仕事に対する認識のズレ」「会社側の説明力不足」にあると言えます。

この場合の対策としては、

  1. 採用者や人事、直属の上司に相談する(相手に話が通じそうな場合)
  2. 労働監査所に相談する(求人内容とあまりに実態が違う場合)
  3. 仲介業者に相談する(第三者の紹介を経て入社した場合)

…など、まずは相談しておくことです。

それでも問題が解決しなそうな場合は、残念ながらこちらが折れて嫌々続けるor退職するしか道はないのが実情です。

将来性や先行きが見えない仕事

仕事が嫌になる瞬間と言えば「将来や先行きが見えない場合」でしょう。

このご時世、先が見えない将来も不安なのは当たり前ですが、それでも企業や経営者には「従業員に先を見せる必要」「社員に抱かれた経営方針の不安については、しっかり解消する」などの責務があります。

待遇や給料が最低水準にすら達していない仕事

嫌な仕事と言えば、待遇や給料が最低水準にすら達してない仕事でしょう。

待遇や給料が違法ラインに突入している仕事は、もはや「好き・嫌い」以前の問題です。

これは「名ばかり正社員」「名ばかり管理職」として、社会問題になることもしばしば。

どういうことかと言うと、

「正社員という肩書きだけ与えて、最低賃金はフリーター以下」
「正社員なのに社会保険がまったく充実していない(厚生年金の負担なしなど)」
「長時間労働させるためだけに、管理職として採用」

…など、法律の穴をついた悪どい運用をしている会社もあるということです。

仕事・経営ともなれば多少の不正や法律違反はどこにでもあるものかもしれません。

ですで、それで従業員の尊厳を踏みにじるような待遇の会社は、続けること自体が不正に加担しているようなものです。

体が拒絶反応を起こすレベルの仕事

嫌な仕事を続けると、場合によっては体が拒否反応を起こし「うつ病」「過労死」につながる事例も数多くあります。

嫌な仕事を続けた結果、体に起こる異変の例

  • 慢性的な睡眠不足により、正常な判断が出来ない
  • うつ病などの精神疾患を抱える
  • 過度なプレッシャーから体を壊す
  • 毎朝、出社するのが気だるくなり、最終的には体が動かなくなる
  • 最悪、衝動的な自殺に走ってしまう場合も(過労死)

仕事を続けてうつ病や過労死につながるケースは、

  • 自分で自分を追い込みすぎてうつ病になるケース
  • 上司のハラスメント行為などの対人関係のストレスで病むケース
  • 待遇面など、会社の労働環境が劣悪過ぎて体調を壊すケース

…の3パターンに分かれるのですが、嫌な仕事を続けながらどれかのパターンを抱え込むと、精神的にも弱ってしまい、体を壊してしまう可能性も十分ありえます。

嫌な仕事を続けるべきか?

以上のように、嫌な仕事を続けると精神的・肉体的に病んでしまうリスクがあります。

かと言って「今の仕事が嫌だから」だけで安易に辞めてしまうと、取り返しのつかないことになるもの事実です。

嫌な仕事でも待遇・年収が恵まれているなら続けたほうがいい

今の仕事が嫌な方でも、待遇・年収が恵まれていると感じるなら、とりあえず続ける方針で考えておくべきでしょう。

具体的には、

  • 大企業クラス勤務で社会的信用度や安定性が高い人
  • 上司や同僚からそれなりの評価をもらっている人
  • 勤務期間が長いため、会社でそれなりに実績を得ている人

…など。

それがなぜかと言うと「転職しても、今の会社より嫌な仕事に就いてしまう可能性が高い」からです。

とくに「30代以降のキャリアを意識してこなかった人」の転職活動については「好きな仕事見つけ出すのではなく、自分の経歴や実績から出来る仕事を選ばざるを得ない」わけですので、実質的に消去法で転職先を選ばざるを得ないのが実情です。

逆に、20代であれば未経験職に就けるチャンスは大きいので、辞めないにしても転職活動で本当に自分がしたい仕事を見つけてみるのはありかもしれません。

いずれにせよ「今の仕事が嫌だからと言って、次を見つけないまま辞めるのは悪手でしかない」のは間違いないので、出来れば続ける方針で考えつつ、転職活動をぼちぼち進めていくのがスマートで堅実的です。

辞める前に「休職する」という選択肢は考えておく

嫌な仕事を無理に続けて精神的に追い込まれている方は、休職することを考えておくのも手でしょう。

まずは会社の上司に相談して、休職させて欲しい旨を伝えておくことも大事です。

ただ、上司に相談しにくかったり、あるいは会社が休職者を認めないような社風の場合は、外部の組織に相談する必要も出てきます。

その場合、まずはメンタルケアのために、厚生労働省が運営する「こころの耳」に相談して、対応窓口を紹介してもらうといいでしょう。

転職エージェントに相談して自分に合った仕事を見つけておく

今の仕事が嫌でどうしても辞めたいのであれば、転職エージェントに相談して、自分に合った求人を紹介してもらうのもいいでしょう。

転職エージェントは無料で利用でき、仕事に関する相談から転職活動の実際の指導まで、総合的なサポートを行ってくれるサービスです。

今の仕事が嫌で辞める場合、冷静にプロから「転職すべきか?それとも今の仕事を続けるべきか?」という客観的判断を仰いでもらったほうが間違いないので、仕事を辞めて後悔したくないなら使っておきましょう。

転職エージェントを介して自分がやりたい仕事に出会えれば転職に前向きになればいいし、そうでなければ「他の仕事より今の会社の方がマシ」と振り切れるきっかけにもなるかもしれません。

いずれにせよ「今の仕事が嫌だから辞めた」と言って後々後悔しないためにも、早めに転職活動を始めておくに越したことはないでしょう。

ぜひ、転職エージェントを有効活用して、自分に合った天職を見つけ出すきっかけにしてみてください。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。