接客以外の仕事がしたい?接客じゃない仕事へ転職する際のコツは?

「接客以外の仕事がしたい…」
「接客じゃない仕事に転職したい…」

そう、悩んでいませんか?

接客業は忙しさやストレスの割に、給料が低めで、つらいお仕事です。

そんな仕事ですから、辞めたいと考える人が多くても不思議でありません。

しかし、接客業からの転職を考える場合、多くの方はどの仕事を選べばいいかお悩みのはず。

そこでこの記事では、接客以外の仕事を紹介しながら、実際に転職する際の考え方をお届けしていきます。

スポンサーリンク

接客業を辞めたくなる理由は?

まずは、接客業を辞める際の理由を抑えておきましょう。

接客業からの転職の場合、主に以下のような原因が多いようです。

  • クレーム対応に疲れる
  • 笑顔の対応で感情がおかしくなる
  • 出世コースが狭い(店長止まりが多い)
  • 不定休なので一般と感覚が合わない

これらの理由は、ネガティブな理由なので転職活動の際にはマイナスにはなりやすいですが、しっかりと考えて自己アピールに替えれば、転職活動の際の強力な動機になります。

もし、ネガティブな退職理由で辞めることに不安がある方は、以下の記事をご参考に「ネガティブな退職理由でも転職は可能なんだ!」と実感していただけると幸いです。

接客以外の仕事でオススメの転職先や業種は?

接客以外の仕事からの転職は、一見ハードルが高く見えます。

しかし、諦めないでください。

接客業から、未経験でも転職できる仕事はいくらでもあります。

その理由は、接客業として経験を積んでいれば、以下のようなスキルが身につくからです。

  • 基本的な対人コミュニケーション能力
  • セールススキル(物を売る能力)
  • 店舗管理・運営能力(マネジメントスキル)

これらの基礎的な仕事スキルは、どの会社や業種でも役に立つので、接客以外の仕事へ転職する際も有利にアピール出来ます。

読者の中には「自分にはそんなスキルはない…」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

筆者自身、過去はそうでしたが、転職エージェントなどでカウンセリングを重ねることで、意外とスキルが身についていることに気づくはずです。

とくにこれから紹介する職種への転職は、多くの転職成功事例があるので、ぜひ仕事選びの参考にしてみてください。

接客業から営業職への転職

接客以外の仕事へ転職する場合、オススメなのが「営業職」です。

営業職への転職がオススメな理由は、以下の通り。

  • 接客業で身につけた対人コミュニケーションスキルが応用できる
  • 企業対企業同士のやりとりなら、取引経験が身につく
  • 営業スキルさえあれば、他の業種・職種に転職する場合も困らない
  • 不特定多数を相手にする接客業と違い、他人とビジネス的な付き合いが出来る

何かとイメージで語られやすい営業職ですが、しっかりと転職先や仕事内容、営業先の顧客を選べば、接客業で身につけたコミュニケーションスキルを活用することが可能です。

また、不特定多数のお客を相手にする接客業と違って、営業職ではビジネスの場で企業同士の取引が多くなるため、しっかりとしたマナーや節度、緊張感を持って人と接する機会が多くなります。

筆者自身、営業職を避けていた過去があります。

しかし、しっかりと営業職の仕事内容を調べていくと、挑戦のしがいがあって様々なスキルや経験が身につく仕事だとわかってくるので、一度しっかりと転職活動を通して営業職について理解しておくと良いでしょう。

関連:接客業から営業への転職をオススメする理由6つ。将来性やキャリアを意識するなら読んでおこう

接客業から接客業への転職

接客業から接客業への転職を考えておくのもありかもしれません。

たとえば、冒頭に上げた「接客業を辞めたい理由や原因」については、接客業内での転職で改善される可能性があります。

  • クレームが多い→職場が変わればクレーム率が少なくなることもある
  • 笑顔の対応が辛い→仕事にやりがいや余裕があれば自然と笑顔になる
  • 出世コースが狭い→企業を変えればキャリアアップ出来るかもしれない
  • 不定休が辛い→定休日のある店や人員状況のある企業を見つけ出す

接客業間の転職であれば、基礎的なスキルは応用が利きやすいので、比較的転職は成功しやすいと言えます。

詳しくはこちら接客業・小売業にオススメの転職エージェント

接客業から事務職への転職

接客業で、とくに人と関わることに疲れたと感じている方は、事務職への転職もありでしょう。

接客業から事務職への転職がオススメな人は、以下の通り。

  • 不特定多数の人と関わるのが疲れた
  • 基礎的な事務スキル(Ofiiceなど)を身につけたい
  • アドリブ力の必要な接客ではなく、定型作業で済む仕事がしたい

ただし、接客業から事務職へ転職する場合は、以下のようなデメリットがある点には注意。

  • 採用倍率が高いため内定率が落ちる
  • 中途採用からでは、正社員になるのは難しめ(派遣社員が選択肢に入ってくる)
  • 女性採用優先の職場が多いため、男性は採用されにくい
  • 事務スキルはAIで応用が利くため、将来性に疑問が残る
  • キャリアアップ転職が出来ないため、給料面は妥協が必要

接客業で生じる対人ストレスは緩和される一方で、転職活動の難易度が上がったり、将来性に疑問が残るなど、それなりのリスクも付きまといます。

また、これまで身につけた接客スキルの応用が利きにくいため、キャリアアップ転職として採用されにくく、未経験からの採用になるため、賃金面は妥協する必要が出てきます。

事務職に関しては、派遣社員で採用する企業が増えています。

ですので、正社員以外の選択肢も考えておくことも大事でしょう。

詳しくはこちら事務職への転職なら派遣がオススメの理由5つ。正社員と派遣どっちがいい?

接客業からIT・WEB業界への転職

接客以外の転職を考えるなら、IT・WEB系の仕事も選択肢です。

IT・WEB業界への転職がオススメな理由は、以下の通り。

  • 人付き合いが苦手でも仕事がこなせる
  • 若手なら未経験からでも転職チャンスがデカい
  • 業界の性質上、様々な働き方が出来る(テレワークなど)
  • スキルを習得すれば将来性が高い

最近ではIT・WEB系の仕事は増えており、未経験からでも挑戦できる仕事も多いので、興味がある人は要チェックです。

とくに「既卒・第二新卒」に属する20代であれば、未経験からでもIT・WEB業界に転職できるチャンスは意外と多いので、各人材サービスに登録して相談してみるといいでしょう。

接客業から工場勤務への転職

仕事で人と関わるのが苦手な人は、工場・製造系の仕事もオススメですよ。

工場の仕事は黙々と作業をこなしておけばいいので、人付き合いが苦手なら天職だと感じるほどです。

実際、接客業や営業での人付き合いに疲れて、工場・製造系の仕事に落ち着く人も多いですからね。

また、業界をしっかり選べば、待遇や将来性も安定している職場も多いので、接客業に疲れた方は、安定した製造業の仕事で長く働くことを考えてみましょう。

関連:工場勤務のメリット・デメリット。工場勤務のおすすめの業種は製造業全般?

【アルバイト向け】接客以外の仕事で正社員になることは可能か?

読者の中には、接客業アルバイトの方もいらっしゃるかもしれません。

接客業の場合、アルバイトからでも比較的正社員になりやすい傾向にあります。

職種に関しては上記とおおよそ似たような選択肢になって来ます。

詳しくはこちら接客業・サービス業のフリーターが正社員を目指す場合に知っておくべきこと

仕事で悩みがあるなら転職を考えておこう

この記事はいかがでしたか?

もし、仕事で悩みがあるのであれば、それは転職活動を始めるきっかけかもしれません。

仕事や生活環境、人間関係が変わると、おどろくほど人生が上手く行くこともあります。

逆に、今の不満のある職場環境のままでは、仕事も人生も辛いだけです。

読者の中には、

「自分に転職先なんてあるの?」
「他の会社から内定がもらえる自信がない…」

…と思われてる方もいることでしょうが、心配はありません。

筆者も通ってきた道ですし、他の方の転職相談でも初めはみんな同じ気持ちです。

ですが、多くの方が転職活動を通して、自分の気持ちやキャリアについて理解を深め、結果として今よりも良い職場環境に巡り会っています。

この記事にたどり着いた方も、この機会に転職活動を始めることを考えてみてください。

転職活動を始めるなら転職エージェントの利用がオススメ!

「転職活動って何から始めればいいの?」
「自分に合った求人や向いている仕事の見つけ方がわからない…」

そうお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方にオススメなのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

転職エージェントでは、以下のようなサポートが無料で受けられます。

  • 自分の経歴に合わせて、自動で求人情報が送られてくる
  • 面談(カウンセリング)を受けて、より自分に向いている仕事を紹介してもらえる
  • 転職先企業との連絡やスケジュール調整、内定後の手続きまでサポート
  • 非公開求人など、エージェントしか保有していない情報提供を受けられる

転職エージェントを使えば、自分で求人探しや書類作成する手間を省けるので、忙しい方でも効率よく転職先を見つけ出すことが可能です。

登録はすべて無料で、初回の段階は個人情報の入力と簡単に経歴を入力しておくだけで済みますので、この機会に登録だけでも済ませて、求人情報を受けとっておくと良いでしょう。

オススメの転職エージェント

転職需要の増加に伴い、転職エージェントが多数出ており、どれがいいかお悩みの方もいるかもしれません。

筆者が利用してみたり、転職成功者の情報をもとにした結果、まずは以下の5つがオススメです。

業界No.1最大手の転職エージェント
求人数最多、有名企業の求人多数
転職活動を始めるなら、必ず登録しておきたい
電話面談や専用アプリでの転職活動も可能で、効率よく転職活動が進められる
リクルートエージェントで足りないと感じた部分は、他エージェントで補う使い方をすると間違いない転職が出来る
登録時に「転職期間3か月」にしておくと、優先的にサポートしてもらいやすい

世界No.1の外資系企業アデコが運営するエージェント
国内企業と運営体制が異なり、提案力や情報の質に期待できる点が強み
求人傾向は外資系や中小が多め、穴場求人と出会いやすい
また、求人情報に広告色が一切ないため、国内企業よりもより正確な情報を得やすい
登録後、すぐに担当者がつくので、スムーズにやりとりも進めやすい

ハタラクティブ

20代向けの転職エージェント
経歴不問でサポートしてもらえる点が強み
フリーター・ニート・中卒・大学中退なども対象
親身なサポートを行っており、就職活動未経験者でも安心
登録1分足らずで完了、履歴書なしで紹介先企業と面接できる

いい就職.com

いい就職ドットコムを運営する「ブラッシュアップ・ジャパン株式会社」は第二新卒・既卒の転職サポートに根強い実績を持つ
とくに以下の点で、他の既卒・第二新卒向けサービスを上回る
・全国区の求人取り扱いあり
・正社員求人限定
・ブラック企業徹底排除
会社の方針に沿った、親身な相談対応と長く働ける職場を見つけるためのサポートに期待できる

エージェント制ではないが転職サイトとして高機能なので紹介
年収査定・適性診断など、転職活動に役立つツールが無料で利用できる
サイト内で企業と直接やりとり出来るため、エージェントと違って仲介を挟む必要がない
また、企業からオファーが届くため、受け身で活用できる点も強み
求人情報では独自の指標が用いられており、社風などもわかりやすい
自分で情報の取捨選択が出来るなら、非常に心強いツール

これらの転職エージェントは、最後まで完全無料で使えるので、気になった方は今のうちに登録だけでも済ませておくといいでしょう。

また、転職エージェントはビジネス的な思惑で提案求人が偏る傾向があるので、業者の都合の言い様に使われたくない方は、数社のサービスを併用しておくことも大事です。

ぜひ、当サイトの情報をご活用して、良い転職を成功させてください。

接客・サービス・販売・マーケティング転職のきっかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました