接客以外の仕事を見つけ出すための全知識!接客しないで済むにはどんな仕事を選ぶべき?

「接客以外の仕事がしたい…」
「接客じゃない仕事に転職したい…」

そう、悩んでいませんか?

接客業は忙しさやストレスの割に、給料が低めで、つらいお仕事です。

そんな仕事ですから、辞めたいと考える人が多くても不思議でありません。

しかし、接客業からの転職を考える場合、多くの方はどの仕事を選べばいいかお悩みのはず。

そこでこの記事では、接客以外の仕事を紹介しながら、実際に転職する際の考え方をお届けしていきます。

スポンサーリンク

接客以外の仕事に転職する理由を抑えておこう

接客業以外の仕事に就きたくなる理由は?

まずは、接客・サービス業を辞めたい理由から紹介していきます。

▼接客・サービス業の仕事を辞めたくなる理由

  • 忙しいので自分のペースで仕事出来ない
  • クレーム対応に疲れる
  • 笑顔の対応で感情がおかしくなる
  • 不定休なので一般と感覚が合わない
  • 覚えることや仕事内容が多い割に給料は低め

接客業の仕事を辞めたいと感じるストレスの原因は「不特定多数の見知らぬ人とのコミュニケーションに疲れる」ところのあります。

ミスの許されない緊張感やクレームに怯えながら売り場で仕事するのは、非常にストレスのかかるものです。

接客での笑顔の対応に慣れてしまい、感情のバランスがおかしくなってしまったり、人が嫌いになってしまう人もいます。

接客業のストレスに疲れた人
以下の記事も読んで今後の参考にしてくださいね

接客業で人と関わること自体に疲れてしまい、次は他人と関わることの少ない仕事に就きたいと考える人も少なくはありません。

そのように悩んでいる人は、人と関わることがストレスになりやすい性格なのかもしれません。

人と関わらない仕事を見つけたい人
以下の記事も参考にしてみてください…

接客業を辞めたい人が多い仕事(職種/業種)は?

接客しない仕事に転職を考えている人は、前の職場の経歴(現在の職業)でどのような仕事に就けるか気になっている方もいらっしゃるかと思います。

接客以外の仕事へ転職するにしても、経歴として接客業経験は有効にアピールできることも多いので、接客業を辞めた人が以前はどんな仕事をしていたか知っておくと次の仕事選びもスムーズに進むはずです。

▼接客業を辞めたい人が多い仕事

上記の中でも、とくに人手不足が深刻な「飲食業」「アパレル業界」を辞めたい人は非常に多いです。

また、国が運営する厚生労働省のデータでも、学歴問わずにサービス業関連の仕事の離職率が約5割という結果が出ています。

■ 大学■  高校

宿泊業・飲食サービス業

50.4% (+0.7P)

宿泊業・飲食サービス業

62.9% (▲0.3P)

生活関連サービス業・娯楽業 

46.6% (+1.6P)

生活関連サービス業・娯楽業

58.0% (▲1.2P)

教育・学習支援業

45.9% (▲0.3P)

教育・学習支援業

58.0% (+1.5P)

医療、福祉

39.0% (+1.2P)

小売業

49.4% (+0.6P)

小売業 

37.4% (▲0.3P)

不動産業、物品賃貸業

46.7% (+1.2P)

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00002.html

大卒でも5割近くが辞めるなんて
接客業はそれぐらい辛い仕事なんですね…

オフィス勤めの一般職と違って
忙しい上に人の入れ替わりの激しい仕事だからね…

これだけ接客・サービス業を辞める人が多いのは、人と関わることにストレスがあるを感じやすいというのもありますが、そもそも業界構造自体が人が辞めやすいように出来ているなど、他の原因もあります。

接客・サービス業を辞めたい理由
以下の記事で詳しくご紹介しています

接客しないで済む仕事は何がある?転職するのに資格は必要?

接客しない仕事は何がある?

接客しないで済む仕事は何があるのでしょうか?

う~ん…
今まで接客以外の仕事に興味を持ったことないので

まったく思いつかないかも…

今まで同じ職種しか経験したことない人は
自分が経験したことがない仕事を知らない傾向がある!

強いて言えば「事務職」なら
接客しないで済むイメージですね…

IT・WEB系なら「プログラマー」「デザイナー」
黙々と作業しておく仕事のイメージがありますね!

他にも以下のような仕事なら
接客をしないで済むぞ!

▼接客しないで済む仕事

  • 事務職
  • 工場勤務
  • プログラマー・WEBデザイナー
  • 企画・マーケティング職

うーん、でもこの手の仕事って
特別なスキルとか学歴がいるんじゃないの?

必要な場合もあれば
未経験からでもOKなこともある

また、場合によっては
接客業の経験が評価されることもあるので
転職活動で確かめてみることも大事だな!

うーん…そう言われても…
接客以外の仕事で働くイメージが湧かないかも…

大丈夫だ!
次からは具体的に
接客業から他の仕事に就く方法を紹介していくぞ!

事務職へ転職するには派遣社員を選択肢に入れておく

接客しないで済む転職先として、とくに人気が高いのが事務職でしょう。

人と関わることに疲れた方にとっては、あまり人と関わらずに黙々と仕事ができる事務職は非常に魅力的に見えるはずです。

ただし、接客業から事務職へ転職する場合は、以下のようなデメリットがある点には注意。

▼接客業から事務職へ転職するデメリット

事務職へ転職すれば、接客業で生じる対人ストレスは緩和される一方で、給料面や雇用形態は妥協が必要な部分も出てきます。

とくに、事務職は正社員の採用ではなく派遣社員を採用する企業が増えてきている点には注意が必要です。

接客業から正社員として事務職への転職は厳しいってことですかね?

厳しいわけではないけど経歴・スキルを問われたり
即戦力を求められる職場からは採用されにくくなる…

接客業から事務職へ転職するのであれば「簿記」「パソコンスキル(Officeソフト)」などの基礎スキルがなければ、採用倍率は落ちてしまいがちです。

ですので、未経験から事務職を目指したいのであれば、スキルや資格習得のサポートが用意されている大手の派遣会社に登録して派遣社員を目指すのが一番でしょう。

事務職を目指すなら派遣社員がオススメな理由
以下の記事でも詳しくまとめてあります!

派遣社員でも構わないので、すぐに事務職の仕事に就きたいと考えている方は、全国展開の大手派遣会社マンパワーグループの手がける「JOBNET」の利用がオススメです。

JOBNETは全国47都道府県に拠点があり、初回面談さえ済ませればネット上で仕事探しや給与の管理が出来るなど、派遣社員としての便利さと柔軟さが活かせる人材サービスです。

登録から仕事先の紹介、辞めた後の派遣先探しまですべて無料で利用できるので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

JOBNETを見てみる【完全無料・登録1分】

マーケティング・企画職へ転職するにはキャリアアップの必要あり

接客・サービス業からキャリアアップすれば、マーケティング・企画職への転職も可能です。

マーケティング・企画職って
具体的に何をする仕事ですか?

マーケティング・企画職は、販売・小売店が置いているような商品を企画・開発したり、店舗ディスプレイを決める仕事など多岐に渡ります。

わかりやすく言うなら「接客・サービス業→現場の仕事」「マーケティング・企画職→上(本社)の仕事」です。

でも「キャリアアップ」と言われても
何からすればいいかわからない…

キャリアアップと言っても、今までの経歴をしっかりまとめた上で、これから挑戦したいことや転職先での目的意識を明確にすればOKなので、これまでの経歴や資格が不十分でもチャンスは得られます。

とくに接客業として現場での経験があることが評価されれば、より上の仕事と関わることができるようになります。

その分、入社前・後問わずに自己学習していく意欲であったり、率先して動ける自発性は重視されるので、接客以外の仕事へ就きたい人の中でも高い意識を持つ人にオススメのキャリアプランだと言えます。

接客業からキャリアアップ転職したいなら
Spring転職エージェント」を使っておこう!

世界No.1の実績を誇るアデコの運営する「Spring転職エージェント」では、プロのアドバイザーの提案力が高いため、キャリアアップ転職を目指す際には必ず使っておきたい転職サービスです。

とくに、接客・サービス業からマーケティング・企画職への転職は難易度が高く、アピール方法や求人探しに工夫が必要となってくるので、プロの手を借りてキャリアアップ転職を実現させる足がかりにしておきましょう。

Spring転職エージェントを見てみる【完全無料】

IT・WEB業界ならプログラマー・エンジニアとして未経験から働ける

接客以外の仕事がしたい人で、柔軟な働き方や将来性を重視するならIT・WEB系の仕事(プログラマー・エンジニアなど)も選択肢でしょう。

▼IT・WEB系の仕事に就くメリット

  • 若手なら未経験からでも転職チャンスがデカい
  • 様々な働き方が出来る(在宅ワークなど)
  • スキルを習得すれば将来性が高い
  • 将来的に独立・副業・フリーランスなどのキャリアも考えられる

でもIT・WEB系の会社に入るには
プログミングスキルがないと無理なのでは…?

プログラマー・エンジニアと聞くと、何か特別なスキルがないと就けないと思われがちですが、未経験からでも採用してもらえる会社は意外と多いです。

実際にプログラマーとして働いている人の話を聞いてみても「実際に仕事をする中で覚えた」という人も多く、入社前にはそこまで経歴やスキルを求めない会社も多いです。

もちろん、適性や向き・不向きはありますが、以下のような人にはとくに向いているかもしれません。

▼IT/WEB系のプログラマー・エンジニアに向いている人

  • 人と関わるよりは黙々と細かい作業に打ち込む方が好き
  • 他人にアレコレ指示されるよりは自分で学習していくことにやりがいを感じる
  • 何かを作って動かすことや誰かに見てもらうことが好き
  • 人と遊ぶよりはインターネット・スマホでコンテンツを楽しむ方が好き

もしIT・WEB業界でプログラマーとして働きたいなら
20代向けの就職支援「ウズキャリ」がオススメです

ウズキャリは20代の若手向けの就職・転職支援サービスで、IT・WEB系の会社とも強いコネがあります。プログラミング研修も行っており、向いてない場合は他の職種・業種への紹介も行ってくてるので、スキルや経験がない人でも安心して利用できます。

ウズキャリはカウンセリングにも時間をかける方針で、転職に関する相談にも親身に乗ってくれるので、接客したくない人で他人と話すのが怖い人でも利用しやすい業者さんです。

ウズキャリを見てみる【完全無料】

仕事内容にこだわらないなら工場勤務として働くのもあり

接客以外の仕事がしたいなら、工場勤務として働くのもありでしょう。

▼工場勤務として働くメリット

  • 全国区で求人があるので選択肢が非常に広い
  • 寮ありの仕事や高収入の仕事もある
  • 年齢不問の仕事も多いので年齢層関係なく働ける
  • 学歴・経歴不問で働ける職場も多い
  • 単純作業の仕事が多いので頭を使わなくて済む

工場勤務は、全国区/年齢不問/短期間の単純作業~寮あり高収入の仕事など、選択肢の広さが魅力だと言えるでしょう。

マーケティング職・プログラマー・事務職などと違い、頭を使わない単純作業も多いところも魅力でしょう。

仕事内容自体もマニュアルに沿って作業していくだけの仕事ばかりなので、接客したくない人や他人と関わるのが苦手な人にはオススメな仕事だと言えます。

もっと工場勤務のメリットを知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてください!

接客業から営業職への転職

接客以外の仕事へ転職する場合、オススメなのが「営業職」です。

営業職への転職がオススメな理由は、以下の通り。

  • 接客業で身につけた対人コミュニケーションスキルが応用できる
  • 企業対企業同士のやりとりなら、取引経験が身につく
  • 営業スキルさえあれば、他の業種・職種に転職する場合も困らない
  • 不特定多数を相手にする接客業と違い、他人とビジネス的な付き合いが出来る

何かとイメージで語られやすい営業職ですが、しっかりと転職先や仕事内容、営業先の顧客を選べば、接客業で身につけたコミュニケーションスキルを活用することが可能です。

また、不特定多数のお客を相手にする接客業と違って、営業職ではビジネスの場で企業同士の取引が多くなるため、しっかりとしたマナーや節度、緊張感を持って人と接する機会が多くなります。

筆者自身、営業職を避けていた過去があります。

しかし、しっかりと営業職の仕事内容を調べていくと、挑戦のしがいがあって様々なスキルや経験が身につく仕事だとわかってくるので、一度しっかりと転職活動を通して営業職について理解しておくと良いでしょう

接客から営業への転職を考えているなら
一から研修してくれる「JAIC」がオススメです

20代向けの就職支援として長い実績を持つJAICは、営業職への紹介に強く、ビジネスマナーなどの研修も行ってくれるので、社会人経験のない方でも安心して利用できます。

また、JAICは全国で定期的に説明会を行っており、地方から研修に参加する場合は交通費の手当てもあるので、接客から正社員の営業職として働きたいなら活用しておくといいでしょう。

JAICを見てみる【完全無料】

接客業から接客業への転職

接客業から接客業への転職を考えておくのもありかもしれません。

たとえば、冒頭に上げた「接客業を辞めたい理由や原因」については、接客業内での転職で改善される可能性があります。

  • クレームが多い→職場が変わればクレーム率が少なくなることもある
  • 笑顔の対応が辛い→仕事にやりがいや余裕があれば自然と笑顔になる
  • 出世コースが狭い→企業を変えればキャリアアップ出来るかもしれない
  • 不定休が辛い→定休日のある店や人員状況のある企業を見つけ出す

接客業間の転職であれば、基礎的なスキルは応用が利きやすいので、比較的転職は成功しやすいと言えます。

詳しくはこちら小売業・接客業にオススメの転職エージェント3選!オススメの転職先は?【販売・外食・接客】

フリーターが接客以外の正社員になるなら20代までがチャンス

読者の中には、アルバイト・フリーターとして接客業で働いている方もいらっしゃるかと思います。

その場合、20代であれば今までの経歴関係なく接客以外の仕事でも正社員になれるチャンスなので、早めに行動しておくといいでしょう。

接客業フリーターとして働いてる人
以下の記事も読んでキャリアについて考えておきましょう

逆に20代のうちに社員としての経歴を作っておかないと、30代以降は未経験職に転職するチャンスが減るので、接客しない仕事に就きたいと悩んでいるなら早めに行動しておくべきです。

フリーターからの就職・転職を考えているなら
ハタラクティブ」の利用がオススメですよ!

ハタラクティブは20代向けの就職支援サービスで、学歴・経歴問わずにサポートしてくれるので、フリーターや大学中退・高卒以下の学歴の人でも安心して利用できます。ハタラクティブは面談拠点が全国展開している点も強みで、履歴書なしで面接に参加出来るなど、効率の良さも魅力です。

他の人材サービス同様、登録・相談から入社まで完全無料で利用できるので、ぜひ活用してみてください。

ハタラクティブを見てみる【完全無料/登録1分】

接客以外の仕事に就きたいなら転職エージェントを使っておこう!

接客業以外の仕事に就くなら転職エージェントを使おう!

接客以外の仕事に就くなら
「転職エージェント」を使うのがオススメだ!

転職エージェントって何ですか?

転職エージェントは転職のプロに相談できる
自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことだ

わざわざ相談しなくても
自分で転職先を見つければいいだけなのでは…?

それが素人が転職サイトを使うと
今までの経歴に合わせた求人ばかりが届くので
結果として接客以外の仕事に転職しにくいことになるんだ!

たしかに…
スカウト制の転職サイトに登録しても
接客の仕事の紹介ばかり来ますからね…

そうそう
なので確実に接客以外の仕事に転職したいなら
まずは転職エージェントに相談してみることをオススメするぞ

うーん…
でもわざわざ他人に相談するのもめんどくさいなぁ…

めんどくさい気持ちはわかるが
転職エージェントを利用すれば
そのめんどくささ以上のメリットが得られるんだ

▼転職エージェントを利用するメリット

  • 自分に合った転職先を定期的に紹介してくれる
  • 職務経歴書の作成を手伝ってくれる
  • 面接対策や指導をサポート
  • 紹介先企業とのスケジュール調整も行ってくれる

転職エージェントを使って
転職活動のコツを知れば
自分で接客以外の仕事を見つけやすくなるし
使っておくだけ損はないだろう

しかも転職エージェントは完全無料で利用できるので
登録して面談を受けておくだけでもOKだぞ

へぇ…
試しに使ってみようかなぁ…

転職エージェントを使えば
約3か月で転職可能なので
接客以外の仕事に転職したいなら
今すぐにでも登録しておくといいぞ!

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム接客・サービス・販売・マーケティング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました