「仕事は嫌なもの」と思い込んでいる人はアルバイト以下のレベルです。その程度の意識の仕事はさっさとやめましょう

いるんですよ。

未だに、

「仕事は嫌なもの」
「仕事は苦しいもの」
「仕事は辛いもの」

と思い込んでいる人。

仕事は苦行か修行とでも思い込んでいるんですかね?

苦しいならさっさと死んで楽になればいいんです。

今や、仕事は選び放題な世の中になりましたからね。

しかし、未だに「仕事なんてみんな嫌でやってるんだ!」という、レベルの低い社会主義者もいますね。そいう奴らは、日本を戦前レベルの水準にまで戻したい原始人レベルの人間なので、気にしてはいけません。

詳しくは『なぜ日本の社会がおかしくなるのか?資本主義とその他の主義を正しく理解すれば一発でわかります』を読んで、資本主義について正しく理解しましょう。

日本人の9割は、嫌々仕事をしています

しかしながら実情として、日本人のほとんどが

「やめたいけどやめられない」
「仕事は我慢してやるもの」
「仕事は辛いもの」
「仕事なんて言われたとおりにやっておけばいい」

という、意識の低い状態で仕事しています。

この程度のレベルの低い仕事で「正社員だから責任感がある仕事」など、高慢ちきにほざいている社畜もいますが、さっさと全員アルバイトレベルの待遇に落とすべきですね。『ブラックから脱出できない正社員の特徴第1位「勝手に責任感じてる」責任感のある社員はブラックな職場を作り出します』という記事にもある通り、アルバイトレベルの程度の低い仕事で、自分勝手に責任感=自分の偉さを主張している社会人も、実に多いんです。

アルバイトや契約・派遣などと正社員の責任感の違いなんて、法律に一切明記されていませんが、何を勘違いされているのでしょうか?

「正社員だから仕方なく~」だのの低い意識で仕事されても、かえって職場は迷惑します。ていうか「正社員だから~」なんて言い訳するぐらいなら、さっさと自分で見下している=うらやましがっている非正規雇用に転身すればいいだけです。

つまり、嫌々正社員の立場にすがっている奴は、本来、非正規雇用程度の能力と意識しかないわけなんですよ。

嫌々仕事している人たちは、まるで機械のようです

嫌々仕事している人たちは、まるで機械のように仕事をしています。

AIによる記事『私はロボットです。あなたの仕事もロボットです。労働者はロボットです。』でも結論が出ていますが、嫌々働いている仕事なんて、所詮はロボットの代わりでしかないわけです。

実際に色んな職場を経験すればわかりますが、言われたとおりのこと・毎日同じことばかりを、何も考えずに繰り返している人ばかりです。そして、そのうち勘違いする人が出てくるんですよ。

毎日同じことや言われたとおりのことをやっておけば、お金がもらえて生活できるんだ!

こういった勘違いを抱えたまま管理職などの上に立つ人間は、同じことを繰り返しておけばいいと思いこんでいるため、そして、そういう無能な人間は小さな職場の問題や変化を見逃します。

そして、いざ大きな問題を抱え込んで選択を迫られた時の改善策に、「人件費削減」という世界でもっとも簡単で誰でも行える楽な方法を選びます。というか、その選択肢しかない状態まで問題を放置し続けます。

時代は”苦労”から”苦悩”…考える仕事の時代です

当サイトの管理人執筆の『「苦労を知らない」という奴らが社会の害である理由をとことんあぶり出す。苦労の代わりに苦悩し続けているオレの言葉を聞け!』という記事にありますが、これからの資本主義の時代に必要なのは「苦労することではなく、苦悩すること」という、先進国の在り方が示されています。

未だに、嫌々働いていて、何一つ新しい発想や考えも思い浮かばない人間は、社会から淘汰されていくことでしょう。

また「嫌なことをすることが努力・苦労」だなんて、自ら墓穴を掘りに行くことが大好きな人間も、これからの時代には不要です。

自分の都合を他人に押し付け、社会的損失を考えない行動をとるということは、自分勝手にもほどがあります。

私たちは”苦悩”することで、自分に合った仕事を選び出し、自由に自己実現を目指しながら働ける時代に生きているわけです。

未だに、”苦労”しながら社会主義レベルの労働をしているのでは、そりゃあ経済成長なんて見込めるわけがありませんからね。

事実、”苦悩”しながら考えることの出来る企業ほど、自由に働ける環境が次々実現されています。逆に、頭も使わないで苦労ばかりしている会社ほど、根性論と安易なコスト削減でブラックな会社になっていっているわけです。

転職エージェントは”嫌々”で仕事を選ぶ必要がありません

そんな日本の”嫌々仕事をする”ような就職・転職市場を改善するべくして生み出されたのが、転職エージェントという、求職者と企業の間を交渉人が介して紹介するサービスです。

従来の転職サービスと違い、求職者の適性の検査をしっかりと面談し、希望求人先の人間関係や社風なども込み入った話が聞けるため、妥協することなく理想に近い企業を選ぶことができます。

嫌々仕事している人間は、アルバイト以下の成長性しかない、給料泥棒です。そんな恥ずかしい仕事はさっさとやめることを考え、転職エージェントでより成長して昇給できる会社に転職しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ