仕事で急かされるのが苦手でストレスを抱えやすい人が急かされないためには?急かされない仕事へ転職するべき?

日本の企業の多くは余裕がなく、急かされることが日常茶飯事の仕事ばかりです。

忙しい中でキビキビ動くことは大事ですが、焦ってミスや失敗が重なっては本末転倒。

読者の中には、

「急かされる仕事が苦手」
「仕事で急かされると強いストレスを感じる」
「急かされるとパニックになって仕事に集中できない」

…とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

人によって向き・不向きがあるので、急かされる仕事が苦手に感じることもあるでしょう。

そこで当記事では、仕事で急かされることに強いストレスを感じる方に向けて、対処法から転職する際に急かされないで済む仕事を見つけ出すコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

仕事で急かされることに強いストレスを感じている人は少なくない

仕事で急かさて辞めたいと感じている人は、決して少なくはありません。

というのも、日本の企業の多くは急かされることに慣れ切っているため、急いだり焦るほど仕事ができるというイメージがあるからです。

たとえば、接客業での混んでいる時間帯のレジ打ちは、誰かに言われるまでもなく店員も客も急ぎだしますが、周囲が焦ってイライラすると周りに合わせて全体が焦り出すという心理があるのです。

たしかに周りが忙しく仕事している職場だと
自分だけダラダラ仕事するのは気まずいですもんね…

空気を読んで周りに合わせて急かされてしまうのが
良くも悪くも日本人の組織体質だとも言えるな…

上記のような事情を考えると、仕事で急かされるとストレスを感じる人は以下のような性格の人でしょう。

▼仕事で急かされると強いストレスを感じる人

  • 周りに合わせるのが苦手・嫌いな人
  • 自分のペースで仕事に集中したい人
  • 急かされると判断力が低下してしまう人
  • 人と関わらない方が仕事のパフォーマンスが上がる人

性格によって仕事の適性は変わってきますが、急かされることに過度なストレスを感じる人はマイペースで出来る仕事で集中力を発揮できるタイプなのかもしれません。

どこの職場も忙しいところだらけの日本で
急かされないで済む仕事なんてあるんですか?

人目につきやすい仕事は忙しくて余裕のない職場が多いため、マイペースで働ける仕事はないと思われがちですが、しっかり探せば意外とあるものです。

急かされる仕事が嫌い・苦手に感じる理由は?

仕事で急かされるが嫌い・苦手と感じる人には、どのような心理があるのでしょうか?

仕事を辞めた人の体験談や理由、筆者自身の経験を踏まえると、以下のような理由が目立ちます。

▼急かされる仕事が苦手と感じる理由

  • 急かされるとパニック状態になる
  • 急かされるとミスが多発する
  • 急かされるとイライラする・ムカつく

キャリア別に見ていくと、仕事が出来るようになるほど後者の理由で急かされるのが苦手と感じやすい傾向があるので、ご自身の経歴・年齢も踏まえた上でお読みください。

急かされるとパニック状態になる

仕事で急かされることが苦手な人は、急かされるとパニック状態に陥ってしまうからでしょう。

▼急かされるとパニック状態になりやすい人の特徴

  • 他人の言うことを真に受けてしまう
  • 他人の叱責・怒号に委縮してしまう
  • 緊張すると頭が真っ白になる
  • 見知らぬ他人に過度な恐怖心がある

ただ、これは逆を言えば以下のような強みにも変わり得ます。

▼急かされるとパニック状態になる人の性格的な強み

  • 他人の言うことを素直に聞ける真面目な性格
  • 他人の感情に敏感で気配りができる
  • 緊張しない状況なら集中力を発揮できる
  • 気心の知れた相手となら密接なコミュニケーションがとれる

わかりやすく言うなら、

急かされるとパニックになりやすい→感受性が強く他人の要求に敏感
急かされてもパニックになりにくい→感受性に乏しく他人の要求に鈍感

…とも言い換えられます。

筆者の経験則上、パニックになりやすい性格の人は、周りの人間に恵まれたり落ち着いて働ける環境さえあれば、非常に優れたパフォーマンスを発揮する人が多いと感じます。

逆に若い頃から急かされても焦らない鈍感な人や気配りのできない人は、良くも悪くも平凡な会社員で終わることが多いです。

「大器晩成」という言葉もあるが
アレコレ考えたり悩める性格の人ほど
将来的には大成しやすいと言える

ですので、急かされることが苦手な人は若いうちに自分に合った会社や仕事を見つけておいた方が後々のキャリアのためになると言えるでしょう。

急かされるのが苦手な20代の人は
いい就職ドットコムがオススメです!

いい就職ドットコムは20代向けの就職・転職支援サービスで、社長自身が無職期間を経て就職後起業した経緯を持ちます。そのため、会社の社風や運営方針がゆったりとしており、社員やキャリアアドバイザーも温厚な性格の方が集まっているので、急かされるのが苦手な人にはオススメだと言えます。

いい就職ドットコムを見てみる【完全無料】

急かされるとミスが多発する

仕事で急かされることが苦手な人は、急かされるとミスが多発するという性質があります。

▼急かされるとミスが多発する人の特徴

  • 計画通りに物事が進まないとミスが増える
  • 同時に複数の仕事を振られると凡ミスが目立つ
  • 感情的に怒鳴られると仕事のパフォーマンスが下がる

前に紹介した「急かされるとパニックになる」と重なる部分もあるかと思いますが、ミスが多発する場合は「合理的でない」「想定外」という状態にストレスを強く感じる性質があるはずです。

これは乗り越えることができれば、以下のような強みにもなり得ます。

▼急かされるとミスが多くなる人の強み

  • ミスが増えないように作業の最適化・効率化ができる
  • ミスが起こらないように事前に準備・リスク管理ができる
  • 感情的な上司や同僚に対しても毅然とした態度で接することができる

「急かされるとミスを起こしやすい」なら
そもそも「急かされない状況を作る」ことができるわけだな!

仕事でミスが起こることに対して責任を感じる性格の人は、慎重な性格なので急かされると焦ってしまう部分もあるのかもしれませんが、その分、次の対策や改善に向けて取り組める性格だとも言えます。

急かされるとイライラする・ムカつく

ある程度仕事ができるようになって判断・責任が要される立場になると、今度は急かされることにイライラを感じることが多くなる方もいます。

▼急かされるとイライラする・ムカつく理由は?

  • 仕事の予定で一杯の状況で急かされるとイライラする
  • 他人を急かすことで動かそうとしてくる相手にムカつく
  • 対した用件でもないのに急かされると仕事の優先度を見間違う

仕事で急かされるとイライラする人は、今まで自責でパニックを起こしたりミスしていたのが、今度は他責になっていると考えられます。

これは以下のような方法や考え方で、対処するといいでしょう。

  • 急かされても動じないように経験を積む
  • 「急かされるほど仕事を任される立場になった」と考える
  • 急かされても急ぐ必要がないことも多いと知っておく
  • 仕事のことを考えない時間を作り頭を整理する

いずれにせよ、急かされることでイライラする人は、自分自身でストレスを管理する必要のあるキャリア段階に来ている人だと言えるので、自分自身の仕事の仕方や考え方を見直すことも大事でしょう。

急かされやすい職場には問題あり?余裕がない?

次に、急かされやすい職場が抱える問題について解説していきます。

▼急かされやすい職場の特徴

急かされやすい職場には上記のような特徴がありますが、とくに常に人手不足の会社は急かされやすいを通り越して、常に忙しく慢性的に急かされている感覚に追われている職場だと言えるので、うつ病になってしまう人もいるぐらいです。

また、人手不足の職場で働いている場合、休むことや辞めることが申し訳なく感じるため、全体で急かし合うという状態に陥り、会社全体が疲弊していく結果となります。

人手不足で辞めたいと悩んでいる方は
以下の記事も参考にしてみてください

他には、仕事で関わる相手によって急かされやすいことが多くなるので、社内外の対人関係に注目しておくべきでしょう。

たとえば、接客・サービス業なら、客層が悪い職場や扱っている製品が低品質のものであれば、クレーマーが増えて急かされやすくなります。

クレーマーの多い仕事
以下の記事で解説しています

また、職場の人間関係が悪かったり、社風が高圧的で社員を急かすことが当たり前の、以下のような職場にも注意です。

いずれの職場も、急かされやすい仕事が苦手でストレスを抱えやすい人にとっては、自分の適性が十分に活かしにくい職場だと言えるので、場合によっては転職を考えておくといいでしょう。

また、会社が効率的な仕事の仕方をしていたり、社員が自立していて独自に動ける職場の場合、周りの仕事のスピードが速すぎて、自分だけ置いてけぼりにされているように感じ、結果として急かされていると感じることもあります。

その場合、職場のレベルが高すぎて自分の能力に見合ってないかもしれませんので、これも場合によっては転職を考慮する必要があるでしょう。

職場のレベルが高くて仕事についていけない人は
以下の記事も参考にしてみてください

急かされない仕事を見つけるコツ

以上が私が「急かされない仕事」を見つけるために考えだしたことですが、何よりも職場選び・仕事選びがいちばん大切です。

日本人の多くは生真面目で、他人にも自分のペースを押しつける人が多いため、そういった人と関わるリスクを減らす必要があります。

とくに、貧乏な業界や、仕事量が多すぎる職場ほど、余裕のない社員や顧客が増えます。

逆に、高単価な商品を扱っていて顧客に富裕層が多かったり、金回りの安定している仕事ほど、余裕のある職場が多いです。

これは、お店などのお客を見ていてもわかるでしょう。

安売りのチェーン店やスーパーでは余裕のない人間が多いですが、高単価な飲食店やデパートでは、スタッフも丁寧でお客さんも落ち着いた人が多いですからね。

そのため、急かされない仕事を選ぶなら、金回りのよい落ち着いた業界を選ぶことが大事です。

急かされない仕事を見つけるなら転職エージェントを使おう

「急かされない仕事」を見つけるなら、ハローワークや求人サイトで探すよりも、転職エージェントを有効活用した方がいいでしょう。

転職エージェントでは、担当のエージェントの方が自分の適性をしっかり判断して、自分に合った仕事を紹介してくれるため、急かされない仕事と非常に出会いやすくなります。

また、社風や職場の人間関係などの生の情報も教えてもらえるため、人を急かしてくる上司と一緒に仕事するリスクも減ります。

私も転職エージェントを活用することで、人に急かされることのない理想の職場を見つけ出せました。ぜひ、利用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました