辞めたい仕事は我慢して続けるべき?転職を我慢しない方がいい理由とは?

「仕事では我慢が大事」
「石の上にも三年」

このように、日本では「我慢が美徳」という精神があり、仕事でも耐えることがエライことだと思われております。

もちろん、辛抱強く粘り強く努力することで報われることもあるでしょう。

しかし、日本では、必ずしも我慢して仕事し続けることが正解だとは言えない時代になってきております。

実際、社会では我慢し続けて「うつ病」になって体を壊したり、あるいは我慢することに慣れ切って疲れを自覚できないまま「過労死」してしまうなど、我慢して働き続けて報われないどころか悲惨な末路を迎えてしまう人もいるぐらいです。

もちろん、仕事では我慢し続けてじっと耐える必要のある時期もあります。

逆に、我慢せずにハッキリと主義・主張を上に通し、それでも要求が通らないなら転職を考えた方がいいケースもあります。

しかし、その「我慢するべきか?堪忍袋の緒を切らすべきか?」という選択は、非常に主観的で判断の難しいものです。

そこで当記事では「仕事で我慢した方がいいこと」「我慢しないほうがいいこと」を、客観的に考えていきましょう。

スポンサーリンク

我慢して仕事を続けたほうがいいケースは?

新卒3年以内でそれなりに恵まれた会社で勤務している場合

我慢して仕事を続けたほうがいいのは、新卒3年以内でそれなりに恵まれた環境で勤務できている場合でしょう。

新卒3年以内で「恵まれた環境」と言えるのは、おおむね以下の通り。

  • 福利厚生がしっかりしている
  • 将来的な昇給に期待できる
  • 社員教育がしっかりしている
  • 残業代がしっかり出る
  • 上司や先輩の面倒見が良い

新卒3年以内と言うと、社会人としてもまだペーペーで大した成果も実績も出せなくて当たり前、ましてや大きな仕事も任せられない時期です。

そして何より、会社の経営の根幹に関わるような重大な情報や仕事も振られることなどないので、どれだけ自分の会社が他と比べて恵まれているか判断も出来ません。

また、転職を考えるにしても、とりあえず満3年の勤務実績があるだけで「新社会人として厳しい3年間を耐えた人材」として評価が高まるので、よほどブラックな職場でもなければ、まずは我慢して続けてみるべきです。

どうしても卒業後3年以内で我慢できずに「辞めたい…」と悩んでいる方は、転職を考えるにしても「第二新卒」に含まれることになります。

第二新卒層を積極採用している企業ですが「新卒からは人気がない地味な中小企業」「知名度・ブランド力に釣られて大企業に勤めるも、合わなくて辞めたい人」と言った人が主なターゲットですので、キャリアアップ転職というよりは「就職活動失敗のリカバリー」という側面が強くなります。

ですので、冷静に今の会社を辞めるべきか判断する意味でも「第二新卒向けの転職支援サービス」と活用しておくといいでしょう。

第二新卒の転職ですが、内定をもらいやすいだけであって、新卒採用時よりいい会社に就けるわけではないので、その点は重々承知しておくと、間違わずに済むはずです。

大企業・公務員クラスの「将来性の高い仕事」

大企業・公務員クラスのような、一般的に「将来性が高い仕事」と言われる組織で働いている方は、我慢して続ける方がいいかもしれません。

大企業・公務員が「なぜ、将来性が安定しているのか?」を考えればわかりますが、年功序列型の組織運営がされているので、我慢して働き続ければどんなに仕事で大きな成果が出せずとも、最低限の地位や待遇は保証されるからです。

大企業・公務員のように、一般的に「将来性が安定している仕事」を辞める場合は、転職しても「ストレスが減る代わりに、待遇や給料は下がる」「中小企業以下が主な転職先のため、将来性が不安定になる」ことがほとんどです。

下手にベンチャー企業や中小企業に就けば、将来性とトレードオフになりますので、転職するにしても慎重に決めたいものです。

ただ、大企業勤めや公務員で働き続けても必ずしも安定とは言えませんし、途中で脱落して左遷させられるリスクもあります。

ですので、転職するのであれば「そもそも、自分は本当に定年退職まで大企業勤め・公務員として働き続けられるのだろうか?」という中長期的視野で考えてみると、間違わずに済むでしょう。

上司や先輩から期待されている場合

我慢して仕事を続けたほうがいいケースは、上司や先輩から期待されている場合でしょう。

上司や先輩が期待しているかどうかはそう簡単に判断の出来ないものですが、面倒見のいい上司がいたり、会社の将来を担うための人材教育をしっかりしてくれていると感じるのであれば、義理に応える意味でも続けておくべきです。

逆に、明らかに上司や先輩から疎まれていたり、あるいは放置されているのであれば、わざわざ我慢してまで長く続ける必要はないでしょう。

厚生労働省の調査結果を見てみても、狭い職場であればあるほど離職率が高いという傾向が出ております。

これが何を意味するかと言うと、

  • 職場の人間関係が狭いと、一緒に働く人間との相性が大事になる
  • 会社の規模が小さいとワンマン経営になりがちで、経営者との考え方が色濃く仕事に反映される
  • 逆に会社が大きいと、嫌な上司がいても部署替えまで我慢すればOK

…という組織の性質があるため、小さい会社ほど経営者や上司との相性が大事になるということです。

世の中には、まったく教育や指導を行わないのに、無責任に採用だけして人材を確保する会社も、決して珍しくはありません。

上司や先輩が指導や教育を行ってくれないのであれば、極論「組織で働く意味がない」とも言えるので、これは我慢せずに辞めてしまってもいいでしょう。

我慢せずに仕事を辞めた方がいいケースは?

昇給・昇進・待遇向上が見込めない場合

仕事を我慢してまで続ける必要がないのは、昇給・昇進・待遇向上が見込めない場合でしょう。

つまり、仕事で我慢し続けても「リターン」や「見返り」が得られないと感じる場合です。

仕事はボランティアや慈善行為ではないのですから、社員の頑張りで業績が上がったのであれば、然るべきリターンがあって当然ですから。

ただ、昇給・昇進・待遇向上が見込めないで転職する場合は、以下の点に注意。

  • 転職すれば年収アップ・待遇向上は見込めるか?
  • 自分の経歴でキャリアアップ転職は可能か?
  • 転職したとして、新しい会社で成果を出せる自信はあるか?

とくに転職する場合、年収に関しては非常にシビアですので、今の会社が不当に低いのでもなければ、中々上がらないのが実情です。

ですので、昇給・昇進・待遇面で不遇に感じていて転職する場合は、在職中に慎重に転職活動しておき「本当に転職して今の会社で抱えている不満や悩みが改善できるのか?」を見極めておくことが重要になってきます。

転職活動も「我慢」が大事だということです。

仕事が好きになれない・向いていると思えない場合

仕事で我慢しすぎない方がいいと言えるのは、今の仕事が好きになれない・向いているとも思えない場合でしょう。

とくに「今の仕事が嫌々続けている」「毎朝仕事に行きたくないと感じている」のであれば、一度転職についてしっかり考えてみるべきかもしれません。

今の時代、昇給や出世が期待できないで先が見えない時代ですので、頑張っても報われない会社も多いです。

あくまで「我慢して続けろ」が通用するのは、先がある仕事に関してのみで、そうでない仕事は辞めて転職するのも立派な選択肢です。

ハラスメント行為が横行している会社の場合

仕事でわざわざ我慢する必要がないものは、上司や先輩からのハラスメント行為でしょう。

正直言って、仕事での人間関係のいざこざや対人関係のストレスは、無駄なストレスだと言ってもいいぐらい、我慢する必要のないものです。

とくに、職場におけるハラスメント行為の原因は、

  • 仕事や人生が上手くいかないストレスの発散
  • しょうもない嫉妬心からくる足の引っ張りあい
  • 権力を乱用した弱い者いじめ

…など、まったく仕事の成果や自身の成長につながらないような不健全なストレスですので、これは我慢する価値はないでしょう。

会社の先行きや将来性にまったく期待できない場合

会社の先行きや将来性にまったく期待できない場合も、仕事で我慢し続ける必要はないでしょう。

いくら経営者が従業員相手に「この会社は大丈夫だ!」「経営再建してみせる!」なんて言っても、結果や行動が伴わないのであれば、社員の心は離れていくものです。

たまに「将来性のない会社でも最後まで働くべき!」という意見もありますが、経営者の判断ミスの責任を部下や社員が取る必要など、まったくもってありません。

今や、政治や国ですら将来性を感じさせなくなったご時世です。

会社の経営方針や先行きに不安を感じたら、柔軟に転職出来る態勢を作っておくことも、一つの処世術だとも言えるでしょう。

労働者の要求を聞き入れない、改善が見込めない会社の場合

労働者の要求を一切聞き入れなかったり、あるいは聞いているパフォーマンスだけで改善が見込めない会社も、我慢して働き続ける必要はないでしょう。

なぜなら、苦労を我慢して働き続けるのは、あくまでその分の見返りを企業側が与えてくれることが、大前提にあるからです。

よく「義務を果たさない奴が権利を主張するな!」と言いますが、必死に我慢して働いている従業員であれば、権利を主張してもいいのです。

むしろ、日本人は我慢して不平不満を表立って声に出さないから、搾取されてしまうのです。

これが大企業クラスで、労働組合が機能していれば、ある程度は満たすことはできます。

しかし、ワンマン経営寄りの中小企業・零細企業ですと、経営陣が一切従業員の声を聞かない会社も多いですので、その場合は見切りをつけておくことも大事でしょう。

仕事を我慢して続けるぐらいなら転職活動しておこう

仕事を我慢して続けることに不安や不満を感じているのであれば、一度しっかりと転職活動して「本当に今の仕事を我慢して続けるべきか?」を、冷静に見極めておくことが一番でしょう。

何も転職活動をしたからと言って、今の会社を辞めることを意味しません。

むしろ、転職活動を通じて、今の会社の待遇の良さに気づいて、かえって仕事のモチベーションにつながることもあります。

逆に明らかに今の会社で搾取されすぎていたことに気づき、我慢する必要がないと気づいて、転職に積極的になれる可能性もあります。

どちらにせよ、不平不満を募らせて我慢したまま今の仕事を続けるよりは、転職活動をしておく方がマシです。

「仕事で我慢の限界に来た…」と感じているのであれば、この機会に転職活動を始めてみましょう。

転職するならまずは転職エージェントへ相談しておこう

転職活動を始めるのであれば、まずは「転職エージェント」を使っておくのが鉄板です。

転職エージェントはキャリアに関する相談から非公開求人の紹介まで、総合的な転職のサポートを無料で行ってくれています。

前述の通り、転職エージェントを利用したからと言って、必ずしも転職をする必要はありません。

まずは「今の仕事は我慢してまで続ける価値はあるのか?」を相談するつもりで、気軽に使ってみてください。

1人で今の仕事に悩みを抱え込んでいるよりは、プロのアドバイザーから客観的な意見をもらったほうが、絶対に今後の参考になりますよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました