「係長にすらなれない…」場合のキャリアプラン戦略。係長になるためには?

係長といえば、出生街道の登竜門。

係長とは?

  • 係長(かかりちょう)とは、業務を行う最小単位である係において管理的立場にある者に対する役職である。
  • 通常、係は課の下に属し、係長は、課長や課長代理、課長補佐よりも下位、主任や役職無しの職員よりも上位にあたる。
  • 主に、中堅、若手の管理職に与えられる役職であり、民間では早い者では20代半ばから係長に昇進する一方、係長のまま定年を迎えるケースもある。

出典:係長|Wikipedia

係長は「初めて与えられる管理職役職」として、出世・昇進に関心がある方なら是非とも目指したい地位だと言えますよね。

しかし、係長は早ければ20代中盤で任される一方で、40代になって初めて係長になり、そのまま係長として定年を迎える場合も十分にありえます。

では、一体何がその差を分けるのでしょうか?

今回は転職事情・キャリアプランなどの情報なども交えまして「係長になれない原因とその対策」について、ご紹介していきます。

係長にすらなれない場合に見直すべきポイント

まずは係長になれない場合に、見直したいポイントを探っていきましょう。

キャリアプランの見直し全般に言えますが「自分の能力は一切関係ない」と冷静に切り離し、客観的に判断してみるといいでしょう。

というのも、多くの方が「自分には能力がある」「自分は仕事が出来る」と”主観的”な自己評価をしがちで、それは傍から見ると「係長候補=管理職に求められる要素ではない」ということがよくあることだからです。

さらに俯瞰してみますと「職場の状況」「社内の人間関係」という、本人の能力や努力自体が昇進の評価に関わっていないことも十分ありえるからです。

ですので、原因をひとつに過程せず、あらゆる可能性を考慮しておくといいでしょう。

社風・通例・慣習など「社内の評価基準」を知っておこう

係長になれない場合、まずは大原則として「社内の評価基準」を知っておきましょう。

昇進に関する社内評価の一例

  • 社風(やる気や熱意がある人間が評価されやすいなど)
  • 通例(「勤務経歴◯年以上」などの条件や前例がある)
  • 慣習(「年度毎に○人」「会社の予算状況に合わせて」などの慣習が強くある)

こういった要素は簡単に言えば「教育課程で飛び級が存在しない」「部活動は上級生優遇」と言った、実力主義とは程遠い基準となり、慣習や伝統など、日本のタテ割り型の組織らしい評価基準となります。

ですので、先輩や上司からしっかりと話を聞き出して「会社の昇進基準」を自分で考え出すことが大事でしょう。

少なからず、学校のように「待っていればチャンスが来る」「長く勤めていいれば昇進できる」という、単純なものではありません。

上司との人間関係は良好か?

係長になれるかどうかは、ハッキリ言って「上司との人間関係」が非常に大事になってきます。

なぜなら、出世できるかどうかは直属の上司の決定権にかかっていることが多いからです。

小さな職場であれば、経営者や役員など実質的な決定権を持つ人物が上司として密接に関わりますし、そうでなければ上司経由で根回しして本社や人事に掛け合ってもらう必要があります。

そのため、上司に嫌われたら最後、どんなに能力があっても正当評価されないリスクもあるのです。

大きな会社であれば、ひとりの上司に社内評価が左右されないように部署替えなどで対処していますが、そうでなければ上司との関係は死活問題になりかねません。

まずは冷静に「上司との人間関係」を見直すべきでしょう。

上司とウマが合わなくても、この先係長としてさらに上の社員と関わっていく以上、今の上司としっかりと関係が築けなければ、出世するための資質に欠けると判断されても仕方のないことでしょう。

そもそも「係長の席」は空いているか?

そもそも大前提として「係長の席は空いているのか?」を冷静に見極めておくことも大事でしょう。

小さな会社や部署替えのない職場の場合、係長がすでにいて、なおかつ退職見込みがなければ、どれだけ部下が現在の係長よりも優秀であっても、出世のチャンスは閉ざされます。

というのも、日本では年功序列がまだまだ根強いので、一度昇進させた管理職を降格させることは少ないからです。

よほど現在の係長が問題のある人物で失態でも起こさない限り、降格も退職も難しいのが実情。

あくどい方法として「スキャンダルなどの工作をしかけて左遷させ、出世の席を奪い取る」などの話もありますが、現実的に考えるとその後確実に係長になる保証はありませんし、何より自他共に疑いや後味の悪さが残る方法ですのでオススメはできません。

この「出世の席が物理的に空いてないので係長としてマネジメント経験が積めない」という状況は「管理職経験を積みたい」という前向きな転職理由に変わるので、もし当てはまるのであれば転職してキャリアプランを見直したほうがよいでしょう。

同僚が優秀過ぎないか?【同期が先に出世して悔しい…】

「係長になれない…」という悩みに「同期が先に出世して悔しい」と言った感情から、功名心を焦ってしまうケースです。

社会人として自他共に厄介な感情となるのが「嫉妬心」ですよね。

もし「係長になれない…」という悩みが同期や同僚、あるいは同年代の他の会社との出世争いから生まれたものでしたら、一度冷静に考えを改め直すべきでしょう。

自分は自分、他人は他人」と強い自制心がなければ、係長として長く続けていくのも困難になります。

上には上がいるので、嫉妬心で判断を焦ってしまうようであれば、どの道どこかで折れてしまいます。

「嫉妬心を持つな」とは言いませんし、出世や昇進のための原動力としても必要ですが、仕事で評価されるための本質を見誤らないように、自分の感情をコントロールすることも管理職に求められる”資質”です。

係長になるためのキャリアプランとは?

以上の係長になれない原因を踏まえて、ここからは「係長になるためのキャリアプラン」を考えていきます。

係長になれるかどうかは「運の要素」が大きい

「係長になるための方法」は会社ごとによって変わり、実際はその時々の運に左右されやすいものです。

極端な話、自分より優秀な同期が多い黄金世代であれば、自分は一生平社員のままの恐れもあります。

また、執念深い上司に一度楯突いただけで、二度と出世のチャンスがなくなるなんてバカげたこともありえます。

つまり、今の職場で係長になれる可能性が低いとわかった場合は、転職してチャンスを広げた方がいい場合も十分に考えられるのです。

もちろん、逆境の中でも今の職場で頑張り続ける選択肢もあるでしょうが、出世やキャリアにこだわるのであれば、転職して別の会社で職場を選ぶドライな判断も必要でしょう。

根回しや社内の人間関係には気をつかおう

出世には「根回し」「コミュニケーション能力」など、人間関係も大きく絡んできます。

仮に今あなたの職場の上司が人間性最悪のクズであっても、若い頃は人付き合いが良かったなど、何かしらの「出世できた理由」があったはずです。

中には「自分の方が仕事出来るのになんであいつが?」と感じる方もいるでしょうが、その考え方自体が出世できない根本的な原因かもしれません。

会社にはその会社ならではの「評価される基準・出世できる基準」が存在するはずです。

ビジネス本やネットの情報、転職サイトに書いてあることはあくまで「目安・一般論」ですので、最後に参考になるのは「実際に同じ会社で働く先人たちの意見」であることは、忘れないようにしておきましょう。

今の会社の昇進コースが自身の能力や価値観に合っているか?

キャリアプランを見直す場合に「今の会社で求められていることと、自分の思い描いているキャリアコースが一致するかどうか?」は非常に重要になってきます。

たとえば、プレイングマネージャーとしてより仕事の専門性や技術力を磨いて、前線で鍛え上げたい場合に、会社側から「会社の経営に関わるデスクワーカー」「後進の育成」などを求められている場合「自分のしたいことと、会社から求められていることが一致しない」という状態に陥ることになるのです。

ハッキリ言って、古風な企業では仕事の能力よりも「人間関係」「根回し」「人柄」の方が何倍も重視されやすい傾向があるので、自身の仕事の価値観と合う・合わないはかなり重要になってきます。

会社から「上司のご機嫌取り」を求められれば、それが出世の条件になってきます。

それが果たして自分の価値観に合うかどうかは、冷静に考えておく必要があるでしょう。

今の職場で係長になれなそうなら早めに転職活動しておこう

もし、今の会社で係長になれる見通しが立たないのであれば、転職活動でキャリアアップできそうな職場を探してみるのもありですよ。

なぜなら、今の職場で係長になれるかどうかは、結局の所は”運”だからです。

であれば、転職活動で様々な職場の出世条件や仕事で求められる能力を吟味しておき、より自分に合った会社で働いたほうが、自分にとっても会社にとってもメリットが大きいからです。

少ないからず、今の会社で長年係長にもなれずに不満を抱え続けて働き続けるよりは、早めに見切りをつけて正当評価してくれそうな会社に転職した方が、将来性は断然上ですからね。

当サイトでは優良転職サービスの紹介や、キャリアについての考え方や情報について多数掲載しております。

ぜひ、この機会に自分のキャリアプランを見直すきっかけにしてみてください。

中間管理職向け転職エージェント

管理職クラスにオススメの転職サービス

最後までお読みいただいた方に、当サイトが保有している情報の中でも、とくに管理職クラスの方に自信を持ってオススメできる転職サービスをご紹介していきます。

管理職クラスであれば、安易に転職すると今まで積み上げた立場を捨てることになるので、多くの転職エージェントを併用して各社の求人情報を徹底的に吟味した上で、納得の行く転職先を選ぶことを強く推奨いたします。

多くの転職エージェントでは面談に呼ばれることが第一条件ではありますが、登録しておくだけで自分のキャリアに合った非公開求人が届くようになるので、出来る限り多くの転職サービスを併用しておきましょう。

応募したい求人にレスポンスを返せば、それが面談に呼ばれる条件になることも多いので、行動は早いに越したことはありません。

関連:転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

とくに今は景気がいいおかげで、優良企業が積極的に人材採用を行っているので、転職に関心がある方は出来る限り早めに転職活動を始めておくといいでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

管理職クラスの方にとくにオススメしたいのが、TVCMでも話題の「BIZREACH(ビズリーチ)」です。

→ビズリーチの徹底解説記事はこちら

ビズリーチは年収500万円以上を目指す管理職クラスを対象としており、国内の上位ランクの非公開求人の多数集まるサイトとして、非常に高い評価を得ております。

ビズリーチは他の転職エージェントと違い「サイト上でヘッドハンターと直接交渉可能」「ヘッドハンターの評判を閲覧できる」など、利用者自らヘッドハンターを選ぶことが可能です。

他社の転職サービスと違い、対等な立場でヘッドハンターや企業側と交渉が出来るため、フェアに転職先を見つけ出すことが可能です。

本格的にヘッドハンターと交渉するには、有料会員になる必要があるため、その点は踏まえて利用しておくといいでしょう。

ただし、会員登録自体は登録無料で、企業・ヘッドハンターからのスカウト求人自体は無料会員でも受け取れるので、それでも満足できないのであれば有料会員になるという流れ使うのがオススメです。

当サイトの編集部も利用していますが、他の転職エージェントや求人サイトではお目にかかれない優良求人ばかり届くので、興味があるなら登録だけでもしてきましょう。

転職エージェント同様、職務経歴書の情報を充実させるとスカウトされる確率がグッと高くなるため、時間のある方は登録後に職務経歴書の記入まで済ませておくといいですよ。

Spring転職エージェント(アデコ運営)

管理職クラス関わらず、キャリア形成で悩んでいる方にオススメの転職エージェントが、スイス発の世界No.1人材サービス会社の手がける「Spring転職エージェント」ですね。

→Spring転職エージェントをオススメする理由

国内の人材サービス会社と根本的に運営体制や転職サポート手法が違うため、かなり高精度で良質な求人提案とサポートが期待できます。

求人提案は「量より質」のため、より自分に合った転職先の情報が届きやすく、求人情報もかなり詳細に書かれており、なおかつ広告色がないのでフェアな情報に期待できます。

自身が外資系企業ということもあり、外資系企業への紹介も強く、外資系企業向けの転職ノウハウも非常に成熟しています。

また、担当者が個人プレイの「両面型」のエージェントであるため、高い交渉力やディープな情報にも期待でき、今後の転職の相談相手としても頼もしい相手を見つけやすいのが強みです。

関連:知っておきたい「分業型」と「両面型」のメリット・デメリット。転職エージェントを使うなら業界内情も知っておこう。

当サイトの編集部も利用していますが、コアな求人に詳細な情報が記されており、担当者の対応力も外資系ならではの高さを感じさせます。

Spring転職エージェントは登録から面談まですべて無料で、非公開求人も登録後すぐに受け取れますので、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

面談拠点は全国に展開しています。

JACリクルートメント

外資系企業・海外転職・グローバルな日系企業への転職を考えるのであれば「JACリクルートメント」もオススメです。

→JACリクルートメントの解説記事

JACリクルートメントは他社と違って、ミドルクラス・ハイクラスの管理職のみを利用対象としているため、取り扱い求人・紹介先企業とのコネ・転職ノウハウすべてが高水準の転職エージェントです。

また、自身がイギリス発の外資系企業ですので、外資系への紹介には圧倒的な説得力があります。

アデコ同様、両面型のコンサルタントのみが在籍しているため、交渉力やレスポンスの早さにも期待できるところも強みです。

当サイトの編集部でも利用していますが、名だたる大企業や世界規模の超有名企業の求人も紹介してもらえるので、キャリアアップ志向の方は必ず登録しておくといいでしょう。

他社転職エージェント同様、登録から利用まで完全無料ですので、気になる方は早めに登録を済ませておきましょう。面談拠点は関東・関西圏中心です。

関連コンテンツ