会社に殺されそうなあなたへ。仕事に殺される恐怖に追い詰められているなら今すぐ逃げ出す勇気を

日本の企業は人を殺しても口だけ反省して、問題を解決する気ゼロです。

そのため、企業に殺されないためにも、職場選びを慎重に行う必要があります。

過労死大国日本では、職場選びを間違うと殺されるリスクがあるのです

仕事が理由で人を殺すということは、「天皇陛下万歳!」「お国のために!」と言って、若者を騙して戦闘に若者を乗せて突っ込ませた神風特攻隊、戦時のレベルです。

戦闘機で玉砕覚悟で戦艦に突っ込んだところで、大局なんて変わるわけないのですから、神風特攻隊はハッキリ言って無駄死にでしかありません。

要するに、国に騙されて、無理やり殺されたわけです。

現代の過労死も、神風特攻隊と同じです。日本の企業は労働者を騙し、殺すこともいとわないのです。

まあ、日本の神風特攻隊などの自滅大好き・切腹上等な国民性を見ればわかりますが、社会には自分から死ぬほど働くバカもいます。

しかし、そんな仕事に命かけているバカに合わせて生きる必要はありません。

頭のおかしい人間に合わせて仕事していると、やがてまともな判断力もなくなって、過労死してしまうわけです。

スポンサーリンク

未だに過労死の減らない現実

一時期の「ブラック企業ブーム」や、安倍政権での「働き方改革」により、ブラック企業や過労死自体は減少傾向ですが、まだまだ過労死のリスクは日本の社会中に散らばっています。

2017年では過労死による死者が191人もいたことが判明しており、その中でも29歳以下の若者が最多という結果が出ています。

社会の右も左もわからない20代の若者を、肉体・精神ともに追い詰め、死に追い込もうとしている企業はまだまだ日本に存在しているのです。

少し社会に出ればわかりますが、法律や規則はなんの効果もありません。

労働法やコンプライアンスなど無視して隠し通している企業も多く、職場・会社全体で異常な環境が当たり前になっているため、新社会人はそれがおかしいことに気づかないまま殺されるハメになるのです。

なぜ過労死は起こるのか?

残念ながら、今の日本の企業で上にいる世代はバカが多いので「そもそも、なぜ過労死は起こるのか?」ということをわかっていません。あるいは、わかっていても改善する気がゼロです。

なので、日本の企業体質や社会が変わることに期待するのはやめておきましょう

過労死が起こる理由は、しっかり順序だって考えていくとシンプルです。

「いじめ」「戦争での特攻」「虐殺」といった、集団心理・同調圧力・マイノリティの排除などが起こす、殺人メカニズムが引き起こすのです。

過労死は意図して起こせるものであり、それを未然に防げないのは企業側や会社員・管理職の怠慢としか思っていません。

さらにダメ押しして言っておくと、過労死は殺人事件となんら変わりないメカニズムにより引き起こされます。

私からすれば過労死は一家殺人・猟奇殺人となんら変わりのない残虐な行為だとしか思っていませんね。

こんな殺人事件と同じ組織構造を放置している以上は「殺されたい人材募集!」と言っているのと、大差ないですからね。

「休まなければ人は死ぬ」という事実に気づけないバカ

「人が死ぬという境界線」は非常に曖昧です。

哲学的に言えば「人は生まれた瞬間からゆっくり死んでいっている」だけの存在ですからね。

そのため、そもそもが「生きる」「死ぬ」自体の感覚や境界線というのは、非常に曖昧なものであり、自覚なく他人を死なせる人間というのは予期せず現れるのです。

たとえば、常識的に考えると「何日も寝なければ死ぬ」「何日も食わなければ死ぬ」という事実は、誰でもわかりますよね。

しかし、仕事をしている人間はそんな当たり前のことすら忘れてしまうのです。

「寝なくても働ける」
「食事が不規則でも働ける」
「辛くても働ける」

日本の社会人はこんな奴隷精神・戦場の兵隊レベルで働いていた時代があったわけです。

医薬品の販売方法を見ているとわかりますが「頭が痛くても働きたい」「24時間働こう!」など、社会人は「無理にでも働くことがかっこいい!」と本気で思い込んでいるわけです。

そんな頭のおかしいことをを言い出す人間が上司や取引先にいると、そいつ1人に合わせて全体が動かざるを得ないわけです。

そして困ったことに、体力ややる気のあるような人間は、24時間無休で何日も働き続けることが出来てしまうため、他人も同じことが出来ると勘違いしてしまうわけです。

普通に考えれば、他人が自分と同じように働くことなど出来るわけがありませんが、人の痛みのわからない頭のおかしい人間は、その事実に気づかないのです。

そのため、部下や取引先にも「休まず働け!」という命令を容赦なく下すことが出来るわけですね。

精神的に他人を追い詰める、日本人の陰湿な体質

また、過労死には日本人の慣習や体質なども大きく関係しています。

「空気を読め」「言わなくてもわかるだろ」「暗黙のルールを守れ」といった、同調圧力・暗黙知が日本の組織にははびこっていて、それが過労死に結びつくハメになるのです。

「上司が仕事しているから先に帰れない」
「みんな辛いから、自分も辛い思いしなきゃ」

2011年の3月11日の東北大震災でもわかりましたが「震災中だから広告は自粛するべし」「東北の人たちも頑張っているから、国民みんなで頑張ろう!」だの言っている国民も多かったでうよね。

東北にまったく関係ない国民ですら、大勢の意見や雰囲気に流されていたわけですからね。

別に、他の人が頑張っているから自分が頑張る理由も、他人が辛いから自分も辛くなる理由なんて、これっぽちもありませんので、筆者は冷めた目で見てました。

話が逸れました。

311の例から学べるように、日本人には「他の人が~」「周りの人が~」という同調圧力で、余儀なく頑張らざるを得なくなる環境が自然と出来上がるわけです。

そうして、職場の異常な働き方にバカ正直に合わせてしまった結果、うつ病や過労死につながってしまうのです。

過労死しない職場を選ぶためには?

まず、ここまでお読みの方で「私の会社ヤバイかも…」と感じた方は、今すぐやめることを考えましょう

社員を大事にしていない会社は、社員を死んでも替えの利く「モノ」としか考えていません。

過労死を起こす会社の見分け方を紹介していきます。

労働基準法違反の会社はすぐに辞めよう

労働基準法を思いっきり違反している会社や、コンプライアンス(法令遵守)意識の低い会社は即刻やめることを考えるべきですね。

とくに労働時間について明記してある「36協定」に違反しているかどうかはしっかりチェックしておくべきです。

時間外労働に関する労使協定。労働基準法36条に基づき、会社は法定労働時間(主な場合、1日8時間、週40時間)を超える時間外労働を命じる場合、労組などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出ることが義務づけられている。違反すれば6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金。

出典:36協定 – コトバンク

この基準だけではわかりにくいですが、特殊な事情がない限りは月の残業時間は45時間までというのが、一般認識です。

それも例外が認められるのは「災害時のトラブル対応」「弁護士・医師などの極めて専門性の高い職種」など”本当に替えの利かない仕事”や”対応に緊急を要する事態”時のみに限られます。

それを勘違いしたバカは「協定さえ結べば社員コキ使って残業させてもOK」と都合よく解釈して、いくらでも人員の替えが利くような仕事でも、平然と月100時間以上の残業を押し付けてきます。

そんな「法律や協定さえスルーしておけば残業時間を増やしもいい」と勘違いしている企業は、社員を殺す気満々です。

しかも卑劣なことに、コンプライアンスが守られていない会社というのは、周りが良い人や熱意のある人ばかりであるために、苦しい思いをすることも多いです。

言っておきますが、労基法の守られていない会社で働き続けてあなたが過労死しても、会社の人間はせいぜい葬儀に参加して泣いてるフリをする程度で、あなたのことなんてすぐに忘れてしまいます。

しょせん、同僚や上司、あるいはお客なんてその程度の存在でしかないのです。

そんなどうでもいい人間のために、労基法を無視してまで尽くす必要はありません。

そもそも、労働基準法違反とわかっていながら、ブラック企業で働くことは殺人者同然です。

労基法の守られていない会社で働き続けることは、あなた自身も過労死を生み出すための犯罪に加担しているという自覚も持ちましょう。

労働基準法の抜け穴を利用している・バレなきゃOKと思っている企業に注意

また、労働基準法やコンプライアンスを嫌々守っているだけの企業も注意です。

実際に社会に出ればわかりますが、社員を殺してもなんとも思わない会社は、平然とコンプライアンス違反を行っています。

まあ、要は労働基準法違反なんて外部にバレなきゃいいのです

タイムカード改ざん。
サービス残業の強要。
パワハラの圧力で社員に文句を言わせない。
上司がサービス残業しているから、部下もそれに合わせる。

こういったことが当たり前になっている会社では、誰も「おかしい」だなんて言えないのです。しかもそれを「法令違反」という意識もないまま仕事しているわけですね。

何度も言いますが、そんな会社のいいなりになって金をもらって生活していることは、仕事で仲間を殺す気満々な殺人者集団と変わりないので、すぐにやめましょう。

そんな会社、潰れてしまったほうが世のためですからね。

体育会系・高圧的な上司や先輩のいる職場も危険です

日本のブラック企業や過労死を生み出す根本的な原因は、未だに「企業戦士」だの軍隊や部活ノリで仕事している、体育会系の時代遅れの連中のせいです。

企業戦士だかなんだか知りませんが、死ぬほど頑張るのは勝手だが、集団自殺に他人を巻き込んでんじゃねえ…っちゅう話ですよ。

体育会系ノリの連中はバカなので、死ぬほど頑張ればどうにかなると勘違いしています。

残念ながら、仕事なんて死ぬほど頑張っても、出せる成果が増えるとは限らないのです。

しかしながら、1980年台の人生イージーモードなバブル期に「頑張っておけばどうにかなった」時代の連中は頭が悪い人間が多いので「頑張ればどうにかなる」と未だに勘違いし続けているのです。

ですので、言っておきます。

世の中、頑張ってもどうにもならないことの方が圧倒的に多いです。

未だにバブル期の栄光に取り憑かれている中高年世代の「仕事のために死ね!」という説教にだまされてはいけません。

体育会系の人間は頭が悪い人間が多く、理屈や正論をすべて根性論や感情論で否定するので、対話が成立しません。

ですので「話し合えばわかる」「頑張れば認めてもらえる」なんて考えて無理をせずに、黙ってやめることを考えましょう。

「いじめ・セクハラ・差別」などのハラスメントにも注意

いじめ・セクハラ・差別を平然と行ってくるハラスメント上司にも注意が必要です。

未だに職場の女性を風俗嬢やキャバ嬢だと勘違いしているセクハラ上司。
家庭環境や出身校、あるいは能力的なことで差別的発言をするモラハラ上司。
暴力や高圧的な態度、恫喝などで部下を脅すパワハラ上司。
道徳を利用し、職場内で部下を孤立させるモラハラ上司。

日本の職場は、ハラスメントのパラダイスです。

残念ながら「仕事ができる」「立場や地位、実績がある」上司の場合は、ハラスメント行為を行っていても、会社側は黙認するのが当たり前なのです。

そんな職場に勤めてしまった場合は、素直に「運が悪かった」と諦めるしかありません。

上司のハラスメント行為に耐えられないと感じたら、過労死する前にやめましょう。

過労死したくなければ、自分に合った職場を選ぼう!

過労死しないためには、自分で自分の身を守る方法を考えるしかありません。

いくら、弱者が叫ぼうが、政府が法律で取り締まろうが、企業はあの手この手使ってくぐり抜け、仕事のためなら死人が出ても構わないと考えているからです。

実際に「過労死で人を殺しても罰金50万円で済む」と判例が通ってしまった以上は、過労死させても50万円と経営者が頭下げて辞任程度で済むので、そりゃあ会社は過労死対策なんて真面目にやらねえよ…ちゅう話ですからね。

大手広告会社「電通」が社員に違法な残業をさせたとして労働基準法違反の罪に問われた裁判で、東京簡易裁判所は「違法な長時間労働が常態化し、サービス残業がまん延していた」などと指摘し、罰金50万円の判決を言い渡しました。

出典:電通 違法残業に罰金50万円の判決 東京簡裁|NHKニュースWEB

ですので、企業に殺されないためにも、仕事はしっかり選ぶべきなのです。

今の職場に対して無理を感じているのであれば、そのうちうつ病になって過労死してしまう恐れもあります。

もし不安に感じているのであれば、まだまともな判断力があるうちにやめる方法をしっかり考えておきましょう

会社に洗脳されて「無理していること」を自覚できなくなってからでは遅いですよ。

今の職場に不安を感じている人は転職専門家に相談しておこう

もし今の職場に危機感を感じているのであれば、余裕のあるうちに転職の方法を考えておくことを強くオススメします。

とくに転職エージェントではプロの専門家がカウンセリングした上で、自分に合った転職先をおすすめしてくれるため、忙しくて時間のない方でも簡単に転職先を見つけられます。

ここで一度「今の職場環境と賃金が割りにあっているのか?」「今の会社に頑張る価値はあるのか?」ということをしっかり把握しておけば、クソみたいな会社に尽くして過労死させられるリスクは格段に減ります。

また、転職エージェントではブラック企業は絶対に登録できないようになっているため、過労死させられるような職場に就くリスクもほぼゼロと言えます。

今の職場に限界や危機感を感じていて「過労死させられるかも…」と不安な方は、一度しっかり転職について知っておくべきです。

今の自分の能力で就ける転職先候補を知っておくだけでも、選択肢は圧倒的に広がりますよ。

今の会社に、本当に死ぬほど尽くす価値があるのかどうか、見極めましょう。

世の中死ぬほど尽くすべき仕事…なんていうのは存在しませんから。

一度転職エージェントを利用して転職させれば、社員を殺す気満々の職場で働くことのバカさが身にしみてわかるようになりますよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

仕事コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました