職場でうんこを漏らした時の対処法。オフィス脱糞常習犯の私がオススメする、職場でのウンコのお作法

ども!職場でよくウンコを漏らす、ウン太と申します!

私は今まで10回以上、職場でウンコを漏らしたことがあります。

すかしっ屁だと思って油断してると、ぶりぶりしちゃうんですよね。

私はストレスに弱いのにクレーム対応してるので、怒鳴られて長時間拘束されると、自分でも気づかないうちに漏らしちゃってたこともあります。

そんなわけで、私の体験談も交えて、職場でのウンコとの付き合い方について紹介いたします!

なかなか、表には出せないウンコネタだけに、みなさんの参考になると思います!

職場でウンコ漏らすとどうなるの?

とりあえず、みなさまは

「職場でウンコ漏らすと居場所ねえだろ!」

と思われるかもしれませんが、そんなことはない…と言いたいのですが、まあドン引きされますね。

ただ、ドン引きを通り越して、色々同情されちゃいますね。

初の職場脱糞

私が始めてウンコを職場で漏らしたのは、なんと入社して2週間目でした。

コールセンターの凄まじい怒号と忙しさに追われ、トイレに行くタイミングを逃しちゃうんですよね。

それですごく怖いクレーマーの対応に二時間ぐらい付き合わされて、思わず

ブリブリィイイ!!

という音と共に、思いっきり下痢便を漏らしちゃったんです。

それで上司が察したのか、メモ帳に「電話変わるから、トイレ行って来い!」と助けてくれて、なんとかトイレに逃げられましたね。

パンツに下痢便がべっちょりついて、気持ち悪かったですね。

その後、上司の許可を経て、最寄りのコンビニまで行って、替えのパンツを購入してきました。

職場に戻ると冷ややかな目で見られましたが、それ以外はどうということはなかったです。

上司からは、説教されましたけどね。

うんこを漏らす前に、報連相を徹底し、他人に引き継ぐ大事さを学びました。

うんこを漏らすという失敗は、人を成長させるんです。

徳川家康はうんこを漏らして天下を取りましたからね。

三方ヶ原の戦い

敗走中の家康が恐怖のあまり脱糞し、浜松城に入城した後に家臣から脱糞した旨を咎められて「これは味噌だ」と家臣に言い放ったという逸話がよく知られているが、この話は出典となる史料が判明していない

出典:三方ヶ原の戦い-Wikipedia

逸話の真偽は定かではないですが、肖像画はうんこ漏らしたての顔なので、本当の話でも不思議ではないでしょう!

天下人だって若い頃は漏らしてたんです。

社会人上がりたての方は、恥ずかしからずに堂々と漏らしましょう!

狭いオフィスでうんこを漏らすとくさい

その後、コールセンターから事務職に転職したのですが、その職場でも漏らしちゃいました。

納期前の徹夜残業していた時に、早く終わらせて帰りたい一心で集中しすぎて、うんこを漏らしちゃったんです。

その時はすごくサイレントな漏らし方だったので「まあ、バレないだろうしいいか」と思ってました。

しかし、それが甘かった!

夏場で薄手の生地のパンツとスーツだったので、うんこが浸透して、イスにまで染みてたんです。

当然、職場のはほのかにうんこの臭いが蔓延します。

残業で疲れていたのか、誰も表立って「臭い…」とは言いませんでしたが、明らかに私に冷ややかな目線が向けられていましたね。

私は気を見計らって、トイレでパンツを着替えました。

しかし、オフィスに戻ると、私のイスのうんこの染みが見つかったのか、オフィス内は大騒ぎでした。

「おい!お前うんこ漏らしたのか!なんで言わないんだ!臭いじゃないか!」

上司が、大声で騒ぎ立てました。

「あ、いや。これはですね…」

私は言葉に詰まってました。

すると、他の上司が腹を抱えながら笑って言いました。

「クソうけるwwwwwwウンコ漏らしてたのかwwwwwww」

徹夜残業のテンションか、職場がワケのわからない雰囲気になってましたね。

私ももうどうでもよくなって、

「今後はウンコを漏らしたら、ちゃんと報告します」

と言ったら、

「漏らす前にトイレに行けよ!」

と、至極真っ当なツッコミを返されました。

他の職場での脱糞体験談

他にも、私の職場でのウンコを漏らした体験談はあるのですが、挙げると長くなりそうなので、箇条書きにします。

  • 接客業で立ちながら脱糞
  • 取引先で怒鳴られて、勢いでウンコを漏らす
  • デスクワークで「まだ大丈夫」と我慢して脱糞

うんこを漏らしたせいで職場の人間関係が気まずくなって、転職することが多かったですね。

ウンコは職場で漏らさないように、しっかり心がけておくべきです。

職場でうんこを漏らさないように対策するには?

しかし、うんこは生理現象ですので、なかなかコントロールできないですよね。

ですので、色々と対策しておく必要があります。

私が実践した、脱糞対策を紹介します。

トイレに頻繁に行っておこう

まず、勤務中はトイレに頻繁に行っておくといいですね。

私はお腹の調子が悪い日は、2時間に一回は便座に座るように心がけました。

予め上司に「職場でうんこ漏らしたことあるので…」と言っておくと、察してくれます。

正露丸を常備しておこう

下痢止めの王様とも言える「正露丸」も手放せないですね。

ただ、正露丸を飲んでも、下痢が出ちゃうときもあります。

さらに言うと、薬に頼りすぎると、薬に体が慣れてしまって、効き目が薄くなってくるので、あまり積極的に使うのはやめておきましょう。

場合によってはオムツを使おう

最終手段は、大人用のオムツをつけて、漏れてもいいように対策しておくことですね。

接客業の繁忙期など、長時間トイレに行けない時期は、私もオムツを着用していました。

安心して漏らせるので、履いておくといいですね。ニオイも防げるので、漏れてもバレません。

下痢用サプリメントも効果的

私はあまりにも下痢が酷かったので「黒梅日和」という、下痢用のサプリメントを使いましたね。

食生活の乱れがちな社会人生活一人暮らしだったので、思いっきって栄養摂取から変えてみることにしました。

すると、かなり効果が実感できましたね。

このサプリメントを使いだしてからというもの、職場でうんこを漏らしそうになることはなくなりました。

もっと早くつかっておけばよかったです。


職場でうんこを漏らすことは誰もが抱える悩みです

いかがだったでしょうか?

人間は赤ちゃんから老人まで、うんこを漏らす恐怖と常に戦い続ける生き物です。

うんこを漏らすことは、決して恥ずかしいことではありません。

とはいえ、うんこを職場で漏らすと、やっぱり他人に迷惑がかかるので、事前に漏らさないように対策しておくのがベストです。あるいは、漏らしてもいいように、前向きにオムツの利用も検討しておくといいですね。

また、職場がうんこを漏らすほどストレスが多く、忙しい仕事なら、転職するのもありですね。一度うんこを漏らした職場での居場所がなくなった場合も、転職した方がいいですね。また、漏らす可能性が高いです。

転職する気がなくても、職場で漏らしちゃって恥ずかしくなった時の逃げ道として、転職エージェントに登録しておくと心も楽になりますよ!

みなさんも、もっと職場の脱糞について、しっかり考えていきましょう!

うんこ・下痢に悩む社会人にオススメの書籍