【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

誰にも言えない会社でうんこを漏らした時の悩み。大人のための漏らした時の対処法

「よく出先で下痢を漏らすので対処法が知りたい…」
「職場でうんこを漏らしてしまった…」
「仕事でストレスを感じると脱糞してしまう…」

このようにお悩みではありませんか?

大人のウンコの事情は表立って話しにくいため、下痢を漏らしてしまって対処法がわからず、検索しまうのは仕方のないことです。たとえ出先や職場であっても生理現象である以上、下痢を漏らしてしまうのは誰でにもあることですから、何も恥ずかしがる必要はありません。

2022年、悲劇の死を迎えてしまうことになったあの安倍元首相ですら、首相在任中に「潰瘍性大腸炎」という持病から下痢、血便などの症状を抱え、首相を退任したことすらあるのです。

また、巨大匿名掲示板の創設者である西村博之さんも「漏らしたことある人のほうが年収が高いという事実が発見されました」と報告しています。

参考ひろゆき お腹壊して「漏らしたことある人のほうが年収が高い」データ引用「皆さん頑張りましょう」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

もし、読者の方も不意の下痢便に悩まされているなら、仕事によるストレスや不規則な生活により、便のコントロールが上手くできていないのかもしれません。

そこで本記事では、とくに「出先や職場で漏らしてしまった時の対処法」に焦点を当て、漏らしてしまった時のリスクや対処法、また漏らさないための予防策まで、合わせてご紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

ウンコや下痢を漏らした時の対処法~具体的な処理手順

まず皆さんに知っておいて欲しいことは「うんこを漏らすのは”過程ではなく結果”」だということです。

仕事中、あるいは外出時や移動中に「この感じは屁だろう…」「音も出なさそうだしこっそりやってしまうか…」と軽い気持ちで放屁しようとした結果、ウンコや下痢は漏れてしまうということです。

思っていた以上に下痢がパンツに漏れてしまうことで、なんとも言えない感触の気持ち悪さや不快感から、歩くことや仕事に集中できなくなってしまうと、仕事の生産性は著しく低下します。

こういった事態に陥った時にも、涼しい顔で毅然と対応してこそ、一流の大人というものです。

ここでは、うっかり漏らしてしまった時の対処法を具体的な手順付きでご紹介していきます。

現実逃避をやめ、気持ちを切り替える

下痢を漏らしてしまった際、「これはやってしまった」という気持ちや「どうしよう」という焦燥感があなたを襲うことでしょう。

そして、「いい歳してうんこを漏らしてしまった」「こんな自分が恥ずかしい、消えてしまいたい」と、人によっては「本来子供のような至らない者がするであろう失態」に打ちひしがれ、自分を責めてしまう人もいます。

しかし、断言します。「うんこを漏らしても適切に処理をすれば誰にも迷惑をかけないどころか、窮地を乗り越えた事による達成感と成長の実感」を味わうことが出来ます。

持つべきものは下痢止め薬などではなく「漏らした時も自分を許せる気持ちと行動」です。

自分を許し、受け入れ、共に歩みましょう。

現状を把握する

さぁ、お尻がムズムズする感覚に襲われながらも我に返ったあなた。まずは冷静に被害状況を推察しましょう。

さすがにここで履き物を下ろして目視で確認する訳にはいきません。公衆の面前で皆様にご迷惑をかけてしまいます。

そうなってしまっては、漏れてしまったうんこも可哀想です。うんこも宿主以外に見られると恥ずかしいですからね。

漏れてしまったうんこは大体次のパターンに分かれます。

  1. 許容量全てが出ている【被害:大】
  2. 咄嗟に門を閉めたがそこそこ出た【被害:中】
  3. 出た途端に門を閉じ尻と尻でうんこを挟んでいる【被害:小】

多くの場合は被害小寄りのどちらかです。尻から感じる温もりを感知し、現状を把握しましょう。

顔色変えることなく移動を開始

現状把握は行いました。それでは移動を開始します。この際、「いかにも自分は漏らしてないぞ」という自信ありげな顔をしましょう。なぜか勇気が湧いてきます。

どれだけの被害があるかによりますが、これ以上被害を大きくしない為に、移動には気を使う必要があります。

理想としては、

  • 尻と尻を内側に寄せ
  • 大腿を使った移動ではなく
  • 足先だけで移動する

事が好ましい移動方法です。バレリーナのような優雅な足運びが必要です。

ここで「早く処理したい」と気持ちが焦ってしまうと、下着からうんこが漏れてしまう恐れがあります。

さすがに履物にまで被害が及ぶと、自宅撤退を考慮する必要が出てきますので、まずは現場保存に努め、なるだけ振動のない動きを心がけましょう。

最寄りのトイレへ

漏らした場所から最短で到着するトイレを探しましょう。
今回は非常事態なので、オストメイトや身障者用トイレを使う事も致し方ありません。

うんこを漏らしたあなたは、今この瞬間、全ての社会、人々から見守られ、救われる存在です。全てにおいてあなたの人権が優先されます。

最寄りのトイレに到着したら、「着替え」「尻の洗浄」を目的として、処理に移りましょう。

処理開始

まず、急がず慌てず、便座に腰掛け、ゆっくりと履物を下ろし、被害状況を目視により確認します。

爆心地である下着はもう破棄してしまいましょう。天才外科医、ブラックジャックの如く、慎重に下着を摘出します。

この際、足を抜く時にうんこが付着しないよう気を付けましょう。

下着の摘出が終われば、履物を注視し、うんこの付着がないかを確認します。

多少付着している程度なら、トイレットペーパーで①物を掴むようにしてうんこを排除し、②付着後の染みを吸収するように拭き取りましょう。

これでひとまず山は越えました。破棄する下着は決してトイレ内に置きっぱなしにせず、持ち帰りましょう。

うんこは漏らしても、漏らしたという証拠は漏らさない。これが社会人としての美しい心構えです。

トイレは使う前より美しく、ですね。

手持ちの袋などがなければ、下着を紙で包んでおきましょう。

コンビニで下着を購入

さぁ、もうひと仕事です。と言っても簡単、下着を購入し、装備するだけです。

古い下着を脱ぎ捨て、綺麗な尻に新しい下着を装着するのはまさに脱皮。うんこを漏らす行為は、より美しくなるための過程に過ぎないのです。

さぁ、これであなたは1回り人間として大きく成長する事が出来ました。

今後はうんこを漏らした人にもより優しく接する事が出来るでしょう。

会社や公共の場でウンコや下痢を漏らしたらどうなる?

次に「公共の場でウンコを漏らしたらどうなる?」というリスクについて解説していきます。

社会人である以上、情報や秘密など、漏らしてはいけないものも多々ありますが、皆さんも「いい歳した大人がうんこなど漏らしてはいけない」、そうお考えではないでしょうか。

その考えは間違っているとお伝えせざるを得ません。うんこは漏らしても良いのです。犯罪ではないし、適切な処置をすれば誰にも迷惑をかけることはありません。

ただ、そうは言ってもウンコを漏らした時の「おかしな挙動」や「あふれる臭気」から周囲の反応が悪くなったり、社内であればウンコを漏らしたことを噂されて今後のキャリアで不利になるリスクも予想されます。

ここでは、そういった「ウンコを漏らした時のリスクや被害」を前もって知っておくことで、毅然としてウンコを漏らした時の対処を迅速に行える心構えを読者に育んでもらいます。

周囲の人に怪しまれたり嫌われる可能性がある

職場や公共の場においては、思わぬトラブルが起こることは避けられないものです。その中でも、ウンコを漏らしてしまう事態は、周りに驚きと迷惑を同時にもたらします。漏らした現場に居合わせた周囲の人々は、このような出来事に対してさまざまな反応を示すことが予想されます。

ウンコや下痢を漏らした際、職場が静かにデスクワークに集中する環境ならお腹の下る音や下痢便の漏れる音によって、それに気づいた周りの人は、明らかな不快感を抱くことがあるかもしれません。

また、ウンコの不快な臭気に気づき、ウンコを漏らした犯人を密かに探し出そうと周りの様子を伺う人もいることでしょう。あるいは、会社の椅子に下痢の跡が染みついてしまい、それを発見した同僚や先輩により社内で漏らしたことを噂される懸念もあります。

人々はクリーンで快適な職場環境を求める傾向があるので、このような出来事は一部の人にとって強烈かつ凶悪な不快感を与えます。その結果、会社内での信頼を損ねたり、社交的な関係にヒビが入る可能性もあります。

また、ウンコを漏らしたことがバレてしまった場合、自己管理能力を疑われることもあります。なぜなら、一般的な成人であれば、適切なタイミングでのトイレの使用や排泄について、自己管理が求められるからです。

しかし、中にはウンコを漏らすという行為に理解や同情を示す人もいます。人は誰しも失敗や偶発的な事故を起こす経験があるものですから、思いやりや支援の手を差し伸べる人々もいるでしょう。

結論として、職場でウンコを漏らしてしまうという状況では、周囲の反応は様々です。 一部の人々からは疑われたり嫌われたりする可能性があるかもしれませんが、理解や同情を示す人々も存在します。大切なのは、そのような事態に対して冷静に対処し、適切な対応をとることです。

漏らした汚物の臭いで周りに迷惑をかけたり衛生的な被害を及ぼす

ウンコを漏らしてしまうと、漏れた汚いものの臭いが周囲に広がる可能性があります。

まず、漏れた汚いものは一般的に不快なものとされます。職場や他の公共の場においては、清潔で快適な環境を守ることが求められます。これによって、人々が集中力を欠いても、作業効率が低下したりする可能性があります。

さらに、漏れた汚物が床や家具などの表面に付着する場合、衛生的な被害も発生する可能性はありません。 汚物には細菌や病原体が含まれることがあり、これらが他の人々に感染するリスクがあるその結果、感染症の拡散や健康上の問題が発生する可能性があります。

トイレや洗面所の漏れなどの正しい場所で清掃し、消臭剤や除菌剤を使用するためには、早急に対処することが重要です。臭いや菌の拡散を防ぐことが必要です。また、場合によっては職場の管理者や上司に報告し、専門の清掃業者に依頼する必要があるかもしれません。

漏らした羞恥心や屈辱をバネに仕事で活躍できるようになる

ウンコを漏らすという体験は、確かに屈辱的で恥ずかしいものですが、そのような経験が活きて社会的に活躍できるようになることもあります。

一般的に、屈辱的な出来事は個人の自信やメンタルに影響を与える可能性がありますし、自己評価や自己肯定感が下がり自信を失うこともあります。

しかし、屈辱的な出来事から学びを得たり、成長することはあります。

ウンコを漏らしてしまった経験から、自己管理や身体的な健康に対する意識を高めることはできるかもしれませんし、漏らして社内で評価が落ちた場合も、それを乗り越えるために必要な精神的な強さや回復力を身につけることもあります。

たとえば、江戸幕府の創設者である徳川家康は、若い頃にうんこを漏らした時の屈辱を忘れないように肖像画を残したという逸話があります。

敗走中の家康が恐怖のあまり脱糞し、浜松城に入城した後に家臣から脱糞した旨を咎められて「これは味噌だ」と家臣に言い放ったという逸話がよく知られているが、この話は出典となる史料が判明していない

出典:三方ヶ原の戦い-Wikipedia

屈辱的な経験を乗り越える過程で、自己の成長や内面の強さを養うことができますが、それには適切な機会や環境などが必要です。ウンコを漏らしたことで気まずい思いをしたり、周りにバレてしまった際には、自分の弱点や失敗に向き合い、それを乗り越えるための努力を続けることで、将来の成功に繋げる覚悟を決めましょう。

出先でお腹を壊さないための予防策とは?

しかし、うんこは生理現象ですので、なかなかコントロールできないですよね。

ですので、色々と対策しておく必要があります。

私が実践した、脱糞対策を紹介します。

トイレに頻繁に行っておこう

まず、勤務中はトイレに頻繁に行っておくといいですね。

私はお腹の調子が悪い日は、2時間に一回は便座に座るように心がけました。

予め上司に「職場でうんこ漏らしたことあるので…」と言っておくと、察してくれます。

正露丸を常備しておこう

下痢止めの王様とも言える「正露丸」も手放せないですね。

ただ、正露丸を飲んでも、下痢が出ちゃうときもあります。

さらに言うと、薬に頼りすぎると、薬に体が慣れてしまって、効き目が薄くなってくるので、あまり積極的に使うのはやめておきましょう。

場合によってはオムツを使おう

最終手段は、大人用のオムツをつけて、漏れてもいいように対策しておくことですね。

接客業の繁忙期など、長時間トイレに行けない時期は、私もオムツを着用していました。

安心して漏らせるので、履いておくといいですね。ニオイも防げるので、漏れてもバレません。

うんこを漏らしてしまうような職場環境や働き方を見直す

そもそもの前提として、うんこを漏らしてしまうような職場環境や働き方を強要するような会社に疑問を持つという考え方も大事です。

たとえば、

  • 常に対人ストレスの生じる接客の現場
  • トイレが手入れされてない職場
  • 勤務中にトイレに行きにくい雰囲気のある職場
  • 物理的な時間拘束が多くトイレに駆け込めない仕事

など、従業員に下痢を漏らすことを強要しているとしか思えない職場環境は、従業員の健康や職場衛生について真面目に考えていない証拠です。

そういった職場では、勤務中に下痢を漏らすという屈辱を従業員に与えるばかりか、長く働く上で健康面での不安が残るなど、多くの問題を抱えていると言えます。

考えてみてください。

もし、自分の職場環境が、

  • 余計なストレスがなく快適に働ける職場
  • トイレがキレイで思わず用もないのにトイレに行きたくなる職場
  • 勤務中でもトイレに行きやすい職場
  • 生活リズムが崩れにくい勤務時間で体調を壊すことの少ない会社

だとしたら、出先で下痢を漏らすという辱めを受けることも少なくなると思います。

ですから、外出時や職場でウンコを漏らすことが多いような方は、今の職場環境がブラックすぎて健康被害が出ていないかどうかも見直し、転職も考えておくといいでしょう。

しかし、読者の中には、

「忙しすぎて転職活動を行う時間がない…」
「自分の経歴やスキルでは転職なんて無理…」
「うんこを漏らすことを理由に転職なんてありえない…」

と思われる方も多いはず。

そのように思われる方にこそオススメしたいのが、転職エージェントに登録してプロに相談し、効率良く転職を進めるという方法です。

転職エージェントでは採用にしっかりお金をかけている企業への紹介がほとんどなので、うんこを漏らすような劣悪な職場で働くリスクが低くなりますし、経歴次第ではすんなり年収アップ転職もできます。

また、仮にすぐに転職する気がなくても「今の自分でこれだけの良い条件の企業に転職できる!」と気付けるだけでも、今の仕事をいつでも辞められる安心感からストレスも減り、うんこを漏らすことも減るかもしれません。

とくに最近では、転職が当たり前のキャリアの時代になっているため、無理に嫌な会社で働き続けてうんこを漏らす屈辱を味わうよりは、快適に働けて健康状態も良い生活を実現できる会社で働いた方が将来性も高いです。

ぜひ、うんこを漏らした時の対処法だけでなく、根本的な「うんこを漏らすような劣悪な職場環境から抜け出す」ためにも、転職エージェントを有効活用してみて、転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました