仕事についていけないならどうする?周りが優秀過ぎて辛い場合は?レベルの高い職場へ転職してしまった時の対策とは?

「今の職場についていけない…」
「周りの能力が高すぎて、追いつけない…」
「周りのレベルが高くてついていけない…」

こうお悩みの方は多いかと思います。

普段は声に出しにくいかもしれませんが職場での能力差に関する悩みというのは、中々他人に相談しにくいものですよね。

筆者も毎日毎日、他人に実力の差を見せつけられては「自分は無能だ…」と虚無感に苛まされる日々を送り続けています。

ハッキリ言って、何の苦労もしてなさそうなリア充が才能もあって実力も上、苦労も努力もしている自分がまったく追いつけないどころか引き離される…という状況は、精神的にもかなり堪えますから。

そこで思い知るのは、努力や工夫だけでは決して覆さないほどの圧倒的な実力差が、同世代の人間にもあるという、残酷なまでの事実です。

では、そのような環境にどう耐えていけばいいのでしょうか?

当記事ではレベルの高い仕事についていくための考え方と、ついていけない場合の考え方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

仕事についていけないで辛いと感じる理由は?

仕事についていけないで辛いと感じてしまう理由には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

よく挙げられる理由としては、以下の通り。

  • 周りとあまりに能力がかけ離れすぎている
  • 求められる能力が本来の自分とかけ離れている
  • 職場の雰囲気や会社の社風が合わない

とくに「周りとの能力差」「理想と現実のギャップ」に関しての心理的な悩みも多いので、心当たりのある方はチェックしておいてください。

また、以下の記事には「仕事が辛くて辞めたい…」と悩む原因についてまとめていますので、ぜひご参考ください。

物理的に仕事量・労働時間の面でキツイ

仕事についていけないで辛いと感じるのは、仕事量が多かったり、労働時間が長すぎたり、あるいは休日が少ないなど、単純に物理的・肉体的に仕事についていけない場合でしょう。

ブラック企業が減らない日本の労働環境では、まだまだ時間的にも肉体的にも異常な負荷をかけられる仕事が、数多く存在します。

その裏には、

「残業時間が長いほどエライ」
「仕事を効率化するという発想がない」
「業務改善する暇や余裕がない」
「事業範囲を広げるだけ広げて、人材確保や教育がまったく追いついていない」

…など、複雑な事情や理由があります。

ですが、それらの問題や課題はあくまで経営者・人事・管理職に仕事であって、末端の社員の考えるべき問題ではありません。

物理的・体力的についていけない場合、過労死や病気になるリスクもあるので、無理をせず辞めることや休職することも視野に入れておくといいでしょう。

人間関係が悪い・職場の雰囲気になじめない

今の仕事についていけなくてつらいと感じるのは、人間関係が悪かったり、職場の雰囲気になじめない場合でしょう。

わかりやすく言えば「今の職場と”ノリ”が合わない」と考えるといいでしょう。

もちろん、社会人としてはある程度は今の会社に合わせる努力は必要ですが、それでも根本的な部分で合う・合わないという相性は誰にでもあるものです。

終身雇用制が崩壊してしまった今の日本で、わざわざ人間関係が悪い職場や相性の悪い上司と我慢して長く付き合う必要などないので、最悪転職を考えておくのもありでしょう。

業務内容が入社前に想像していたのと違いすぎる

仕事についていけないで辛いと感じるのは、業務内容が入社前に想像していたものとあまりに違いすぎて、悩んでいる場合でしょう。

わかりやすく言えば「理想と現実のギャップ」「思ってたのと違う」ですね。

たとえば、入社前に、

「この求人要項なら前の職場と同じ感じだろう」
「給料が高くないから、楽な仕事だろう」
「派遣・契約だし、楽だろう」
「自分の経歴なら、この仕事もこなせるだろう」

…と甘く見ていると、痛い目を見ることはよくあります。

あるいは、就職・転職活動が嫌になって「もう楽になりたい…」と妥協してしまうと、思いもしなかったブラック企業に入社してしまう結果ともなり、早期退職につながりがちです。

このケースの場合、事前にリサーチして自分に合った転職先を選ぶ方法を知らない方が多い印象がありますので、一度転職エージェントなどでアドバイザーから意見をもらっておくことをオススメします。

周りが優秀過ぎるのがつらい…

仕事についていけないで辛いと感じてしまうのは、周りがあまりに優秀過ぎたり、能力レベルが高すぎる場合でしょう。

仕事に関しては「能力レベル」というものが確かに存在します。

同じ集団の中で明らかに離れすぎた人選をしてしまうと、優秀な者は足を引っ張られうんざりし、逆に無能な足を引っ張るばかりで罪悪感を感じてしまうことになりかねません。

もちろん、それを表面上態度に出すことはしませんが、内心では現場の人間に不平不満が溜まっていくものです。

その結果、仕事が出来る優秀な人ほど足を引っ張られることに耐えきれず黙って辞めていきます。

逆に仕事が出来ない人は、努力しても追いつけない、足を引っ張り続けるだけの無能感に苛まされ、うつ病になってしまうわけです。

そのため、同じチーム内には同程度の能力の者を配置するのが、人事の暗黙の了解なのです。

放任主義・放置プレイが当たり前の会社

仕事についていけないで辛いと感じてしまうのは、放任主義・放置プレイが当たり前の会社の場合でしょう。

わかりやすく言えば「自分から成長できない+仕事を取れない奴は要らない」という感じの社風です。

面倒見のいい上司や先輩がいなかったり、教える余裕がない会社であれば、まったく新人に指導を行ってくれない会社も、決して珍しくはありません。

即戦力を求められすぎてついていけない

中途採用者の場合、多くの企業では「即戦力」としての能力を求められることになります。

程度の差はあれど、中途採用者に対して「1日でも早く、即戦力級の実力を身につけて欲しい」と企業側が考えるのは当然です。

ただ、それはあくまで願望や理想でしかないので、まともな判断力のある企業ならまずは様子見するはずです。

ですが、そこがわかっていない会社ですと、中途採用者に前任者・古参社員並の即戦力を求めることもありえるので、見極めは必要でしょう。

周りの意識が高すぎる

仕事についていけない理由としては、職場の仕事に対する意識があまりに高すぎる場合でしょう。

意識の高い職場の特徴

  • セミナー参加は当たり前
  • 土日休日返上は当たり前
  • 人脈・コネ作りなど、プライベートも仕事に関する付き合いばかり

仕事においては意識の高さ・向上心・上昇志向も大事ではありますが、それはあくまで職場全体で同じ方向を向いている場合の話。

中には「そこまで仕事に全部を捧げたくない」「公私は分けたい」と考えている方もいるはずでしょう。

レベルの高い職場についていくための考え方

もし、あなたが「レベルの高い職場でも、とりあえず頑張ってみよう!」と考えるのであれば、これから紹介することを意識してみてください。

レベルの高い職場についていくことは、並大抵の覚悟と意志では達成できないものです。

今までの能力や経験以上に、精神状態ややる気も大事です。

とにかく、何が何でも喰らいついていくことが大事

レベルの高い職場についていくためには「何が何でも喰らいついてやる!」という、根性は大切です。

今の自分は新卒入社の新人と同じだ!」ぐらいのハングリー精神を持ち、貪欲に仕事に取り組み続けることが大切ですよ。

転職は、決してCMに芸能人を起用するような、ステータス・知名度主義ではありませんからね。

どんなに経歴がある人材であっても、成果が伴わなければ、アルバイト以下としてしか見られません。

もし、あなたが「自分にはキャリアや実績があるから、どこでも通用する」という甘えがあるのであれば、それは一度捨ててしまうべきです。

転職してから最初の一年ぐらいは「自分は何も出来ない人材だ!」と前向きに考え、全力で仕事に取り組みましょう。

本気で取り組めば、いちいち「レベルの高い職場についていけない…」なんて悩む暇もないはずですからね。

周りから刺激を受け続けよう

レベルの高い職場についていくためには、レベルの高い同僚や上司から、しっかり刺激を受けましょう。

レベルの高い職場で働いている人であれば、しつこいぐらいに仕事について聞いていけば、必ず教えてくれます。

仕事でも人生でもそうですが、一定以上の経験を積んだ人であれば、余裕の無さそうな忙しい人や、愛想のないとっつきにくい人物であっても、しつこく聞き続けるぐらいの気持ちでなければ、レベルの高い職場についていき続けるのは厳しいでしょう。

一度聞いて教えてもらえないのであれば、聞く時間を変えてみたり、質問の仕方を変えてみることも大事ですよ。

また、レベルの高い職場の同僚や上司にこまめに聞き続けていけば、出来るようになったことも認識されやすくなるので、迷惑になるぐらいに聞き続ける精神で挑みましょう。

”適材適所”だと割り切り、サポート役に徹する

今の職場についていけないと感じている方は、無理についていくのではなく、適材適所でサポート側に回るという考え方もしてみるといいかもしれません。

たとえば、私は「自分などは永遠の影だ…」としか思っていないので、表に立って目立つような立ち位置などは、望んでもいません。

また、心底「何者にもなりたくない…」とも望んでいます。

もっと言えば「表に立って目立つだけが絶対的な価値基準ではない」とも言えます。

世の中では、声のでかい人間や目立った成果のある人間が評価されやすくなっていますが、そんなミーハーな価値基準だけでしか人の仕事の結果を判断できない人ばかりではありません。

しかし、若い頃は「目立った成果」や「わかりやすい努力」が注目されがちなのも確か。

ですが、そんなものと自分を比べる必要はありません。

自分の価値を、その程度の浅い価値観や基準に委ねてしまう必要はないのです。

それでも、自分の強みや特性に自信がないのであれば、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」などの性格診断を参考に、自分の性質を理解しておくのもいいでしょう。

”大器晩成”という言葉を信じる

気休めにしか聞こえないかもしれませんが「大器晩成」という言葉を自分に当てはめるのもありでしょう。

大器晩成とは?

大きな器は完成するまでに時間がかかることから、真に偉大な人物も大成するのが遅いということ。大人物は遅れて頭角を現すということ。才能がありながら不遇である人に対する慰めの言葉としても用いる。

出典:大器晩成(たいきばんせい)の意味・使い方 – 四字熟語一覧 – goo辞書

そもそも、20~30代の仕事の成果なんて、マクロ視点で見れば五十歩百歩でしかありません。

もっとわかりやすく言えば、人生での仕事の成果や功績などは、自分が死ぬまでの全時間軸で評価されるべきであって、目先の利益や評価などは、気にする必要などないのです。

実際、経済誌・ビジネス誌では40代でもまだまだ未熟と言われているほど、若い頃の成果などは上からは見向きされていないものなのです。

ちなみに筆者がこういうことを恥ずかしげもなく自信満々に書いているのは「最後に勝って笑って立ってられるのは自分だ」という確信があるからに過ぎません。

仕事についていけないのであれば、転職するのも手

以上、仕事についていくための考え方をご紹介してきました。

それでも今の仕事についていく自信がない方は、転職を考えておくのも手でしょう。

職場における能力の差は、努力や根性だけではどうしようもないこともありますし、人には向く・不向きも確実に存在します。

ですので、やれることをやった上で今の職場についていくのが無理だと判断したら、潔く自分の能力に合った職場に転職するのも、立派な選択肢だと言えるはずです。

新卒3年以内なら第二新卒向けの就職支援サービスを活用しておく

仮に読者の方が新卒3年以内の方であれば「第二新卒」に含まれますので、20代向けの就職支援サービスを活用しておくといいでしょう。

第二新卒向けの就職支援サービスは、転職というよりは「就職活動失敗のリカバリー」という意味合いが強いのが特徴です。

人柄・人間性重視の職場や未経験職への転職に関しては、業者ごとにきめ細かいサポートが期待できますので、気になる方はチェックしてみてください。

レベルの高い職場を辞めようか悩んでいるなら、転職エージェントに相談しておこう

もし、レベルの高い職場についていけずに悩んでいるのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみるのもオススメですね。

転職エージェントでは、プロがカウンセリングした上で、客観的に今の自分のレベルを評価してくれるので、今の職場が自分に合っているかどうか、正確に判断できます。

転職エージェントでは、今までの紹介実績や、紹介先企業の年収や求める人材などの情報をもとに診断してくれるので、客観的に自分の今の職場のレベルについていけるかどうかを教えてくれます。

今の職場のレベルがあまりに高すぎるのであれば、無理をせずに少しランクを下げた職場を紹介してもらうのも、立派な選択肢のひとつですね。

転職エージェントでは、企業にマッチング精度の高い人材を紹介するサービスですので、そもそもレベルが高すぎる職場に転職してしまうようなリスクが下がるので、職場でのレベルの差に悩んでいる方は、一度面談を受けてみるといいですよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました