レベルの高い職場についていけない時の対策。そのまま頑張るべきか?それとも転職するべきか?

「レベルの高い職場に入ってついていけない…」

そうお悩みの方は多いと思います。

なぜなら、人事が間違って能力のない人間をレベルの高い集団に放り込んでしまうような事態が、企業ではよくあり得ることだからです。

そして、そういったミスマッチな配置をしてしまうと、職場としては悲惨な結果につながります。

ついていけない側「みんなの足を引っ張ってしまって申し訳ない」
レベルの高い側1「誰だよ、あいつ入れたの?」
レベルの高い側2「最初はみんなそんなもんだよ(本心:使えねーな)」

往々にして、このような結果になりかねません。

しかし「ピンチはチャンス!」という言葉もある通り、出来ればなんとかついていきたい気持ちもあるはずです。

そこで今回はレベルの高い仕事についていくための考え方と、ついていけない場合の考え方についてご紹介していきます。

レベルの高い職場に就いてしまう理由

まず「なぜ、ついていけない職場に就いてしまうのか?」をしっかり考え直し、自分の今の状況を見つめ直す必要があります。

新卒入社後にすぐ辞める人にもありがちですが、多くのミスマッチ採用は以下のような要因が重なって起こります。

  • 事前のリサーチ不足(自己分析・業界研究不足)
  • 求人条件の話を掘り下げないで入社してしまった
  • 採用した側の人事と現場の連携がとれていないゆえのミスマッチ
  • 採用した側の会社が人手不足で忙しい時期に入社してしまった

…といった、求職者と会社側のすれ違いから、生じてしまうものです。

事前のリサーチ不足による”覚悟”が足りないで入社したケース

レベルの高い職場でモチベーションを持ち続けて働き続けるには”覚悟”が必要です。

  • 周りのレベルが高いことなんて百も承知
  • 自分が一番職場でレベルが低いことは知った上で入社している
  • 年下だろうが、低学歴だろうが、自分より優秀な人がいることは承知

こういった精神状態が出来上がっているのといないのとでは、仕事に対する覚悟も天と地ほどの差があります。

「年収が下がるから、その程度の仕事だろう」
「自分には大手の実績があるから、中小やベンチャーも余裕でしょ」
「前の職場では優秀だったので、次もうまくいくだろう」

こういった慢心があると、いざ転職して働き出した時にレベルの高い職場についていけなくなるわけです。

どんなに社会経験のある人物であっても、新しい職場に就けば新人と同じです。

今までの経験が通用しない環境に入れば、これまでの自信が折られることなんて、珍しくもないのです。

面接のアピールで自分を過大評価してしまうケース

「レベルの高い職場についていけない…」と感じてしまう原因に、選考や面接で自分を課題に評価してしまうケースも考えられます。

あるいは、自分では普通にアピールしたつもりが、会社側から過大評価されてしまっているケースですね。

書類選考や面接での採用基準というのは、非常に曖昧なものです。

少ない情報や短い面接時間から、あなたの能力や適性を判断しないといけないわけです。

たとえば、レベルの高い職場に「自分と同じ学歴・似たような経歴の優秀な人材」がいれば、あなたもその人物と同じ能力を持っている可能性がある…という判断もされるわけですね。

また、中途採用の経験が浅い会社は「即戦力としてすぐ使い物になるだろう」と、転職してきた人に過剰な期待を寄せるケースもままあります。

まともな会社であれば「慣れるまで時間がかかる」「しばらく様子を見よう」と思いますが、人手不足で忙しい会社であればそうは行きません。

関連:「即戦力!」を求める企業はバカ。転職で失敗する人の「即戦力」の認識の過ち

ですので、冷静に「この会社で今の自分に求められているものは何か?」を見極めましょう。

才能や能力など”資質”に期待されて採用されるケース

多くの会社での正社員採用は、将来性に期待されて決められるものです。

雑用レベルの仕事しかこなせない新社会人も、将来性があるからこそ、初月からそれなりに月給が与えられるわけですね。

これは、転職して中途採用される場合も、例外ではありません。

そうなると、中途採用であっても「新卒人材同様の扱い」しかされないことなど、珍しくもないわけです。

会社が変われば、前職の経験や今までの経歴は、一旦リセットして考えなければなりません。

もちろん、あなたの評価には前職の経験や経歴も多少は含まれているでしょうが、新しい職場での仕事では、それらは「仕事で証明」しなければなりません。

どんなに高学歴・大手企業勤めの経験のある中途採用人材であっても、成果が出せなければ、それはアルバイトや非正規の社員と変わりありません。

今までの過去の功績や経験をすべて捨て去り、新しい環境に馴染むために考えを改めましょう。

レベルの高い職場についていくための考え方

もし、あなたが「レベルの高い職場でも、とりあえず頑張ってみよう!」と考えるのであれば、これから紹介することを意識してみてください。

レベルの高い職場についていくことは、並大抵の覚悟と意志では達成できないものです。

今までの能力や経験以上に、精神状態ややる気も大事です。

とにかく、何が何でも喰らいついていくことが大事

レベルの高い職場についていくためには「何が何でも喰らいついてやる!」という、根性は大切です。

今の自分は新卒入社の新人と同じだ!」ぐらいのハングリー精神を持ち、貪欲に仕事に取り組み続けることが大切ですよ。

転職は、決してCMに芸能人を起用するような、ステータス・知名度主義ではありませんからね。

どんなに経歴がある人材であっても、成果が伴わなければ、アルバイト以下としてしか見られません。

もし、あなたが「自分にはキャリアや実績があるから、どこでも通用する」という甘えがあるのであれば、それは一度捨ててしまうべきです。

転職してから最初の一年ぐらいは「自分は何も出来ない人材だ!」と前向きに考え、全力で仕事に取り組みましょう。

本気で取り組めば、いちいち「レベルの高い職場についていけない…」なんて悩む暇もないはずですからね。

周りから刺激を受け続けよう

レベルの高い職場についていくためには、レベルの高い同僚や上司から、しっかり刺激を受けましょう。

レベルの高い職場で働いている人であれば、しつこいぐらいに仕事について聞いていけば、必ず教えてくれます。

仕事でも人生でもそうですが、一定以上の経験を積んだ人であれば、余裕の無さそうな忙しい人や、愛想のないとっつきにくい人物であっても、しつこく聞き続けるぐらいの気持ちでなければ、レベルの高い職場についていき続けるのは厳しいでしょう。

一度聞いて教えてもらえないのであれば、聞く時間を変えてみたり、質問の仕方を変えてみることも大事ですよ。

また、レベルの高い職場の同僚や上司にこまめに聞き続けていけば、出来るようになったことも認識されやすくなるので、迷惑になるぐらいに聞き続ける精神で挑みましょう。

目標や将来設計をこまめに立てよう!

レベルの高い職場についていくためには、目標や将来設計も大事です。

比較対象がレベルの高い上司や同僚ばかりでは、自信をなくしてしまうため、まずは自分自身をしっかりと見つめて、自分の成長をしっかりと確かめておくべきですね。

目標も「上司から認められる」「成長する!」なんて曖昧なものでは、達成した実感もわきにくいです。

まずは「仕事でわからないことを1日に10見つける」「職場の同僚・上司全員にわからないことを聞いてみる」ぐらいに、すぐに達成可能な目標から立ててみましょう。

どんなに優秀な人材であっても、最初から結果を出せることなんてありませんからね。

レベルの高い職場を辞めて転職する場合は?

ここまでは「レベルの高い職場についていくための考え方」を紹介してきました。

しかし、人間生まれながらの能力差や、適性というのは、たしかに存在するものです。

熱意や努力だけでくつがえせない、レベルの差に悩み続けても、ただただ辛いだけですからね。

「仕事向いていない」と感じる人の特徴7つと対処法4つ。向き・不向きは確実に存在すると知っておこう
「今の仕事が向いていない…」 当ブログにお越しの皆様は、少なからず自分の人生や今の仕事に悩みを抱えていることか...

運動音痴の人間が「プロを目指す!」と意気込んでいながらも、部活ですらスタメンになれないようでは、見ている方も当人も辛いものです。

ですので、私は「レベルの高い職場についていけないなら、辞めることを考えることも前向きな選択肢」だと思いますね。

自分には無理であることに気づいているにも関わらず、努力や熱意だけでしがみつくのは、そのうち体も心も壊しかねません。

「自分には無理」「周りのレベルが違いすぎる」と感じたのであれば、無理をせずに、自分の力量相応の職場に転職するのも、立派な選択肢のひとつです。

考えてもみてください。

世の中には、プロやエリートにもなれず、才能も実力もなかったことを知りつつも、なんだかんだで身の丈に合った仕事や生活をして、幸せに生きている人のほうが圧倒的に多数なのです。

「レベルの高い職場についていけない…」と感じるのであれば、引き際を考えるのも大切ですよ。

周りの同僚や上司との相性やスタンスが大事

レベルの高い職場についていけるかどうかは、周りの同僚や上司との相性も大事です。

たとえば、周りの同僚や上司が超優秀であっても、すべての面で優秀とは限りません。

実は、あなたにしかできないことや適性を高く評価してくれていることも、珍しくはないのです。

そして、忘れないでいて欲しいことは、レベルの高い人間というのは「後輩や部下に、自分を追い越して欲しい」と考えている人も多いということですね。

逆にいくら仕事が出来ても、他人の揚げ足取りや欠点探しに躍起になっているような人物ばかりの職場なら、辞めたほうがいいでしょう。

そういう職場は、足を引っ張り合うだけの未来が待っています。

「レベルの高い職場についていけなかった…」ということは、恥ずかしいことではない

また、レベルの高い職場に勤めている人に言っておきたいことは「ついていけなかったこと」は、別に恥ずかしくもなんともないということです。

多くの人は、挫折や失敗を経験し、自分の限界を知っていくわけです。

「自分には才能がない」
「頭の良さや理解力が違いすぎる」
「考え方や経験が違いすぎる」

こういった悩みを経験していく中で、自分の居場所や立ち位置を見つけ出したり、あるいは流し流されて、自分に合った仕事や生き方にたどり着くわけです。

レベルの高い職場についていくのが辛いと感じたら、それは「自分には向いていなかった…」と潔く諦めるのも、立派な選択肢です。

あの夏目漱石ですら主席で卒業してイギリスに留学後、現地で心をへし折られ帰国するという挫折を味わっています。

レベルの高い職場を辞めようか悩んでいるなら、転職エージェントに相談しておこう

もし、レベルの高い職場についていけずに悩んでいるのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみるのもオススメですね。

転職エージェントでは、プロがカウンセリングした上で、客観的に今の自分のレベルを評価してくれるので、今の職場が自分に合っているかどうか、正確に判断できます。

転職エージェントでは、今までの紹介実績や、紹介先企業の年収や求める人材などの情報をもとに診断してくれるので、客観的に自分の今の職場のレベルについていけるかどうかを教えてくれます。

今の職場のレベルがあまりに高すぎるのであれば、無理をせずに少しランクを下げた職場を紹介してもらうのも、立派な選択肢のひとつですね。

転職エージェントでは、企業にマッチング精度の高い人材を紹介するサービスですので、そもそもレベルが高すぎる職場に転職してしまうようなリスクが下がるので、職場でのレベルの差に悩んでいる方は、一度面談を受けてみるといいですよ。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ