周りのレベルが高すぎて仕事についていけない!?能力以上の仕事を振られる職場は辞めるべき?

「今の職場についていけない…」
「周りの能力が高すぎて追いつけない…」
「周りのレベルが高くてついていけない…」

こうお悩みの方は多いかと思います。

当記事ではレベルの高い職場で周りについていけない時の悩みについて、とくに目立つケースの対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

能力以上の仕事に挑戦できるレベルの高い職場は成長チャンスだが…

自分の能力以上の仕事に挑戦できるレベルの高い職場は自分自身を成長させ、キャリア的にもプラスになるチャンスではありますが、それはあくまで厳しい環境でも適応できて耐え抜ける人材に限った話です。

レベルの高い職場の中には、当然ながらついていけずに途中で脱落してしまう人もいます。

もちろん、せっかくのレベルの高い職場で得た挑戦権ですから、なんとか追いつきたい気持ちもあるでしょう。

ただ、ひとつ考えておいてほしいことは、常に能力以上の仕事を振られるレベルの高い職場は自発的に課題を見つけて仕事に取り組めるような人材を前提としていることが多いので、そうでない人材からすれば非常に厳しい環境となるのです。

とくに以下のような、個人の能力の高さや自発性に依存する職場は注意です。

▼個人の能力差が出る職場は?

  • 一人当たりの仕事の重要度の上がるベンチャー企業
  • 個人プレイ/成果主義傾向のある外資系企業
  • 個人のスキルや成長性の問われるITエンジニア
  • 社員の平均水準能力が高い大企業(中途採用の場合)

いずれも、キャリアアップ思考の人には人気の高い企業ではありますが、一歩間違えるとすぐに仕事についていけないような職場もあるので、向いてない人にはとことん向いてない可能性があります。

少なからず、以下のような人にとってはレベルの高い職場は地獄だと感じるでしょう。

▼レベルの高い職場についていくのが厳しい人は?

  • 指示がなければ/自発的に動くことができない
  • 自分から課題を発見して仕事を見つけられない
  • 日々の自己学習を行えない/行う気力がない
  • 成果を出すために逆算してするべきことを計算できる

レベルの高い職場は、そもそも社員に教育する気がない/自己学習できることが前提なことが多いため、今まで積みあげてきた基礎教育/経歴/スキルに加え、自発性も必要とされることとなります。

少なからず、入社後に「自分は何をすればいいのかわからない…」と悩んだまま行動出来ないような人材は注意が必要でしょう。

仕事で何をしていいかわからない…
レベルの悩みなら以下の記事で確認しておこう!

周りが優秀過ぎて辛い時の心理を自己認識しておく

レベルの高い職場で周りが優秀過ぎて辛いと感じているなら、自分自身の心理状態を自己認識しておくことも大事です。

▼周りが優秀過ぎて辛い時の心理

  • 周りと比べて自分の劣っている部分ばかりに目が行ってしまう
  • 周りの人物を過大評価、自分を過小評価しがち
  • 周りの足を引っ張っているようで罪悪感を感じる

組織での仕事はあくまでチームワークですので、周りより劣っていても互いに補い合えれば良好な関係を築けるかもしれません。

そのためには、自分が劣っているという感覚よりは「周りの優れている人から吸収しよう」「周りの人が不得意な仕事を自分が率先してやろう」という考え方が重要です。

いずれにせよ、レベルの高い職場では周りと比べすぎることは自分の精神に負荷をかけてしまいがちなので、自分自身の心理状態を正しく認識した上で制御することも大事でしょう。

自分が無能だと感じている時
以下の記事も読んでみてください

大企業についていけないなら協調性に潰されないようにする

大企業についていけない場合は「協調性」に潰されないことを意識しておきたいです。

大企業は組織として成熟しているため、個人プレイ重視のベンチャー/外資系と違い、会社の風土に馴染んが社員同士の無言の圧力や連帯感についていけないと感じることが多めです。

大手企業は研修で大卒生を一から鍛え上げて戦力としているため、平均能力は高くて当然だと心得ておきましょう。

転職して大企業に中途採用された場合、一から鍛えられ会社に馴染んで能力水準も高い同僚と仕事しなければならないので、周りの能力の高さに驚くこともあるかもしれません。

新卒入社からついていけない場合は、単純に大企業での働き方が合ってない/能力水準が足りていない可能性が高いので、第二新卒枠での転職を考えておく必要があります。

中途採用枠として転職した場合は、大企業特有の風土や働き方に馴染めていないだけの可能性もあるので、まずは能力以前に会社/職場に馴染むことを意識しておくと、道筋が見えてくるかもしれません。

大企業勤めで失敗したと感じているなら
以下の記事も参考にしてみてくれ…

転職先についていけないなら社内環境への適応を最優先にする

大企業以外に転職して中途採用された場合も、まずは能力よりも先に社内環境への適応を最優先にするべきでしょう。

▼転職先についていけない時にしておくべきこと

  • 社内の人間関係に馴染めるようにコミュニケーションを図る
  • 社内の独自のルールや仕事の仕方を把握する
  • 他部署/上司/役員などの業務範囲や役割を把握する

中途採用者の場合、仕事の実務能力よりもいち早く職場に溶け込み、自分の役割を把握することが大事です。

また、中途採用者は入社後に放置されることも少なくないので、どれだけ前の職場で優秀だった社員もその会社のルールや仕事の仕方がわからなければ、すぐに馴染めるわけもありません。

中途採用者の扱いがひどいと感じているなら
以下の記事も参考にしてみてください

上司の要求が高すぎてついていけないなら素直に相談する

レベルの高い職場についていけないと感じる理由として、上司(あるいは周り)の要求が高すぎるというものがあります。

この場合、単に上司や周りの人間が中途採用者の仕事の能力を把握出来ていないだけなのかもしれないので、素直に相談して伝えておくのが一番でしょう。

むしろ、ここで出来もしない仕事を安請け合いしてしまい、無理についていこうとする方が逆効果となります。冷静に「今の自分に出来るのはこれぐらいの仕事だ」と伝える方が、転職先に対してスムーズに馴染める結果になるはずです。

ただし、例外は部下にも高い水準の仕事を求める上に部下の話を聞かないような、クラッシャー気質のある上司の場合です。

クラッシャー上司の詳細はここでは省きますが、話を聞いてるように見えて、結果的に高い水準の仕事を求めるように誘導してくるようであれば、注意が必要かもしれません。

とくに「威圧してくる」「長時間に渡って説教してくる」などの精神的に消耗させて無理やり仕事に取り組ませてくる上司であれば、クラッシャー気質があると言えます。

部下を潰すクラッシャー上司の特徴
以下の記事でも紹介しています

意識の高い会社が合わないなら話に流されないこと

仕事についていけない理由としては、職場の仕事に対する意識があまりに高すぎる場合です。

▼意識の高い会社にありがちなこと

  • 難解なビジネス用語や業界用語が飛び交う
  • セミナー/勉強会などへの参加が多い
  • 土日休日も仕事絡みのスケジュールに使う
  • 人脈・コネ作りなどプライベートも仕事に関する付き合いが多い

仕事においては意識の高さ/向上心/上昇志向も大事ではありますが、必ずしもそれが仕事の成果に結びつくとは限りません。

また、意識が高い会社ではプライベートも仕事に関する時間にあてることが多くなりますが、そこまで付き合うかどうかは本人の自由です。

もし、意識の高い会社が合わないと感じているのであれば、無理についていこうとせずに自分のペースで職場に馴染むことも大事でしょう。

30代以上から仕事についていけない場合は管理職/経営目線を持つこと

30代以上からの仕事についていけない場合、管理職/経営目線が足りていないがため、社内での立ち位置が確立できていない可能性があります。

▼30代以上から必要なビジネススキルは?

  • 管理職として部下を育てる/指導する能力
  • 職場全体の仕事の進行/管理を行うマネジメント能力
  • 会社の経営方針を現場に落としこむ能力

もし、30代以降で管理職/マネージャークラスの役職がついてない、あるいはすでに管理職相当なのに仕事ができないのであれば、経営目線が足りていない可能性があります。

管理職になれない人の特徴
以下の記事でも紹介しています

ただ、30代以上ともなるとキャリアが複雑になり、仕事で求められる能力も会社の状況や職種/業種によっても変わってくるので、一概にこうとは言い切れないのが実情です。

また、本人が仕事ができない理由が、職場/会社の環境が原因であることも考えられるので、キャリアを整理する意味でも一度転職活動してみるのもありかもしれません。

仕事についていけないのであれば、転職するのも手

以上、仕事についていくための考え方をご紹介してきました。

それでも今の仕事についていく自信がない方は、転職を考えておくのも手でしょう。

職場における能力の差は、努力や根性だけではどうしようもないこともありますし、人には向く・不向きも確実に存在します。

ですので、やれることをやった上で今の職場についていくのが無理だと判断したら、潔く自分の能力に合った職場に転職するのも、立派な選択肢だと言えるはずです。

新卒3年以内なら第二新卒向けの就職支援サービスを活用しておく

仮に読者の方が新卒3年以内の方であれば「第二新卒」に含まれますので、20代向けの就職支援サービスを活用しておくといいでしょう。

第二新卒向けの就職支援サービスは、転職というよりは「就職活動失敗のリカバリー」という意味合いが強いのが特徴です。

人柄・人間性重視の職場や未経験職への転職に関しては、業者ごとにきめ細かいサポートが期待できますので、気になる方はチェックしてみてください。

レベルの高い職場を辞めようか悩んでいるなら、転職エージェントに相談しておこう

もし、レベルの高い職場についていけずに悩んでいるのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみるのもオススメですね。

転職エージェントでは、プロがカウンセリングした上で、客観的に今の自分のレベルを評価してくれるので、今の職場が自分に合っているかどうか、正確に判断できます。

転職エージェントでは、今までの紹介実績や、紹介先企業の年収や求める人材などの情報をもとに診断してくれるので、客観的に自分の今の職場のレベルについていけるかどうかを教えてくれます。

今の職場のレベルがあまりに高すぎるのであれば、無理をせずに少しランクを下げた職場を紹介してもらうのも、立派な選択肢のひとつですね。

転職エージェントでは、企業にマッチング精度の高い人材を紹介するサービスですので、そもそもレベルが高すぎる職場に転職してしまうようなリスクが下がるので、職場でのレベルの差に悩んでいる方は、一度面談を受けてみるといいですよ。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました