パワハラ上司の意外過ぎる末路…。世の中の残酷さを知りたくなかったら読まないでください。

私は25歳の女性のMです。

先日、上司のパワハラに耐えかねて、転職することになりました。

しかし、あまりに上司のパワハラがひどすぎて、今でも思い出すだけで吐き気がします。

私が転職したことを旧友であるスコシテン編集長に話すと、

編集長
おっしゃ!オラ!
そのクソ上司シめてきたるわ!

…と張り切って、取材に行くも、返り討ちにあいました

パワハラ上司に直撃インタビュー

パワハラ上司の名前はA(40歳)。

今回、スコシテン編集部はパワハラ上司の行きつけの飲み屋に忍び込み、パワハラ上司に「お前は部下を辞めさせた、罪悪感はねえのかよ!!!!」とMの代わりに直訴してやろうと考えていた。


ーーーども。辞めたMの友人の〇〇(スコシテン編集部)です。

A:何?何か用?

ーーーいやあ、パワハラごときでやめちゃうなんて、最近の若者は根性ないっすよねww

A:お前、話がわかるな。最近の若者は根性なさすぎて、話にならねえよ。

※スコシテン編集部は「パワハラ上司は酒屋で暴力を振るうこともあった」という報告を事前に聞いていたため、今回は「あえてパワハラ上司のご機嫌をとって、本音を聞き出す」という方針で、取材を進めることにした。

A:だいたいね、オレがパワハラ上司なんて言われてるけど、オレらの若い頃はきたねえ言葉で上司に罵られて、体罰振るわれるのなんて、当たり前だったわけ。それを考えると、あの程度で「パワハラ!訴えてやる!」なんて、ちょっと仕事なめすぎじゃないかな?

ーーーおっしゃる通りですね。私も新人時代は、ヤンキー上がりの先輩にぶん殴られながらも、必死に仕事をこなして「いつか見返してやる!」と思ってましたよ。

A:ガハハ!最近の若者は、言いたいことも言わないザコばかりだからな。そりゃあ、パワハラも横行するに決まってるよ。だって、こっちが仕事ふりまくっても、嫌な顔せず引き受けてくれるんだもん。

この間新しく入ってきた派遣の20代なんかも、ガンガン仕事振っても何も言わないからなあ。まさに「都合よく使い捨てできる人材」だねえ。

ーーーしかし、真面目に働くのはいいことなのでは?

A:バッカじゃねえの、お前(笑)そんなんじゃ、都合良く使われるに決まってんじゃねえの。

オレらが若い頃はね、怒鳴られて、蹴る殴られるしてもさ、その分「頑張ったんだから給料上げろ!」と、かけあってたわけね。最近の若者は度胸もねえから、そんなことすらできない。自業自得じゃん?

ーーーまさにそのとおりです。

A:だいたい、最近の若者は転職ばっかしてんでしょ?うちの会社がイヤなら、さっさとやめればいいじゃん(笑)まあ、ウチで続かないやつはどこいっても同じだと思うけど(笑)

率直にパワハラについて反省しているのか聞いてみた

ーーーMさんの報告によると、

「女なのに魅力がない、もっと愛想よくしろ」
「仕事なめてんじゃねえぞ、そんなんじゃ明日からその席ねえと思えよ」
「飲み会に来ないとか付き合い悪いなぁ。その調子じゃ、査定に響くぞ」
「なんで、この程度の仕事に時間かけるかなあ…」
「彼氏とメールしてる暇あるなら、さっさと仕事終わらせろよ」

…など、心無いことを言われたそうですが…。

A:ん〜、言ったかなぁ…(笑)いちいち、そんなこと覚えてねえっつうの(笑)よく、そんなこと細かいこと覚えてんな。だから、仕事も出来ねえんじゃないの?

ーーーほんとそれですよね。いちいち、女は細かいことを覚えていますからね。Aさん、結構仕事出来そうな男な気がしてきましたよ〜。

A:そうそう。オレは仕事で結果出してるから、多少の横暴は許されるわけね。なんだかんだで、会社もバカじゃないから、仕事出来る人間は多少のパワハラぐらい目をつむってくれるの。

ーーーほんとそれですよね。コンプライアンス部門とか設置している会社多いですけど、かけあってもちゃんと対応してくれないですからね〜。

A:コンプライアンスから「〇〇のようなことがあったみたいですが、事実確認をお願いします」なんて、オレを通してくるレベルだからねえ。コンプライアンス部門なんて飾りだっちゅうの(笑)

ーーーそこなんですよね。そこなんですよ。学校で「いじめられてる!」と教師に訴えても、まともに対処してくれないのと一緒ですよね。

A:そうそう。世の中、結果出してコツコツ地位を固めた奴が勝つようにできてんの。最近の若者はそこをわかってないんだよな〜。

パワハラ上司叩きについて率直に聞いてみた

ーーーネットには、

「パワハラ上司には天罰を!!」
「そのうち、部下から愛想尽かされろ!!」
「訴えてやる!絶対に復讐してやる…」

…などの怨嗟にあふれていますが、どう思われますか?

A:「やってみれば?」って感じ。実際、ネットにグチグチ書いているやつって、なんも行動しないし、その上に仕事も出来ないからねー。そういう、どんくさいやつをウチの会社は「仕方なく雇ってやってる」だけだから。「悔しいなら仕事で結果出せば?」って感じ。

ーーー仕事が出来ても、パワハラで苦しんでいる若者もいるみたいですが?

A:それは「仕事出来た気になってる」だけじゃないの?
いるんだよねえ、部下のレベルの仕事がちょっと出来ただけで「自分仕事出来ます!」アピールするヤツ。そーいうヤツは、調子に乗らないように早々に叩き潰しておく(笑)すると、ちょっと優秀ならすぐに勘付いて、生意気言わないようになるから。

んで、しっかりと仕事こなせるようになったら、こっそり二人で飲みに誘って「お前はよくわかってる、ウチの出世頭だ」と褒めておくと、またメキメキと仕事してくれるようになるわけね。ウチはそういう社風だし、そういう処世術できない若者は、気づくまで叩き上げるようにしてるわけね〜。

ーーーほんと、そういう「大人の処世術」をわからない若者って多いですよね…。

A:そうそう。オレもキミに話しかけられた時「なんだこいつは?」と思ったけど、最初に一言で「こいつは見どころあるな!」と気に入ったよ。
実際、仕事でもそういう「こいつは見どころあるな!」という感覚は大事だからね。
んで、どう?ウチの会社に入ってみない?

ーーー遠慮しておきます。パワハラ上司なんてクソ喰らえだ!!!!!!!

A:ガハハハハ!!!
まあ、そう言わず飲もうや。オレも、最近の若者の根性のなさを愚痴りたいんだよ!

※この後、このパワハラ上司とは仲良くなって時々飲むのですが、今は会社役員候補として、メキメキ出世しているそうです。

編集長
結局、
パワハラ上司でも
仕事ができれば「正義」ってわけだな

パワハラにあった女性の感想

パワハラにあって転職したMです。

スコシテン編集部には、ちょっと幻滅しました。

まるでパワハラを肯定するようなインタビューの仕方で、私の気持ちなんて配慮していません。

こんなインタビューを後日「いい記事が書けそうだ!」なんて送ってきたのですから、びっくりです。

私が、どれだけ辛い思いをしたのか、まるでわかっていません。

最後に「クソ喰らえだ!」と言ったぐらいで、他はまるでパワハラ上司のご機嫌とりばかりで、本当に幻滅しました。最悪です。

二人とも、バチが当たって不幸になればいいのに…。

パワハラ上司に歯向かっても勝てない!

パワハラ上司には、どうあがいたって勝てません。

仕事のできるパワハラ上司に出会ったら最後、人生を台無しにされかねません。

とくに私みたいな女性は、社内で弱い立場になると、一生いじめの標的にされちゃいます。

悩みを聞いてくれて「よっしゃ!パワハラ上司に仕返してやる!」と言ったスコシテン編集長も、結局口だけで何もしてくれませんでした。

コンプライアンス部門だってそうです。

”話を聞いている振り”だけで、何もしてくれないんです。

残念ながら、これが社会の現実なんです。

パワハラ上司が嫌なら、自分で逃げて幸せになる道を探すしかない。

これが、私のような弱い人間にできる、唯一の反抗でした。

しかも、インタビュー出たように、パワハラ上司は何の罪悪感も感じておらず、反省もしない最低最悪野郎です。

「そんなんじゃどこ行っても続かないぞ?」
「ウチに恩とか、そういう気持ちはないのか?」
「お前みたいなどんくさいやつ、どこも雇ってくれないぞ」

…など、辞める前に脅してきましたが、そんなものはただの口から出まかせです。

私が「こんな会社絶対辞めてやる!」と決心すると、すぐに転職先も見つかりましたからね。

もし、私と同じで辛い思いをしている方は、転職してパワハラ上司から逃げることだけを、考えてください。

そのまま、パワハラ上司の会社で働くと、ほんとうに人生を台無しにされちゃうと思います。

パワハラ上司から逃げるなら転職エージェントを使っておこう

パワハラ上司が嫌で嫌でしょうがないなら、転職エージェントでプロの転職アドバイザーに相談しておくといいです。

私もパワハラ上司に耐えかねて、転職エージェントに色々と相談しましたが「辛かったですね…」「これからのことを考えましょう」と、親身になって相談に乗ってもらい、心が楽になりました。

その時はあまりに辛かったので、思わず転職エージェントの面談で泣いてしまったのですが、優しくハンカチを差し出してくれ、

「辞めても、いくらでも次はあります。頑張りましょう」

…と、励ましてくれました。

その後、無事に内定を頂き、今はいい上司と良い人間関係の中で、落ち着いて仕事が出来ています。

パワハラ上司に、付き合い続ける必要はありません。

今時、転職エージェントに相談すれば、いくらでも次の仕事は見つかります。

私みたいにパワハラ上司に悩んでいる方は、転職エージェントを一度使ってみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ