自分が就ける仕事はブラック企業しかない…と思い込んでいる方へ。ブラックしかないと感じるのは社会を知らないから

編集長
ブラック企業撲滅を目指す
スコシテン編集長です

「自分はブラック企業にしか入れない…」
「ブラック企業の求人しか見つからない…」
「世の中の仕事がブラックにしか見えない…」

そう悩んでいませんか?

私もかつてニート時代、同じような道を通ってきました。

どんな求人を見ても「これは給料が低いからブラックだ!」「年収が高いのに経験不問でうさんくさい…絶対ブラックだ!」とばかり決めつけていて、応募して面接で話を聞いてみることすらしない日々を送ってきました。

ですが、実はそういう考え方って結構もったいないんですよね。

それはなぜか?

世の中には、優良企業なのに年収も高い求人が紛れ込んでおり、ブラック企業ばかりではないからです。

以下の記事でもご紹介しておりますが、求人情報だけに頼らず、自分でしっかりと企業を見抜く能力さえ身につければ、ブラック企業はまず見抜けます。

そうは言っても、優良企業に勤めたことがない方は「自分にはブラックしかない…」と不安に思われていることかと思います。

そこで当記事では、ブラック企業しか見つからないとお悩みの方に、そうでない企業を見つけ出すコツや考え方をご紹介してまいります。

スポンサーリンク

ブラック企業しか見つからない人の特徴とは?

まずは「なぜ、ブラック企業しか見つからないのか?」という理由から考えていたいと思います。

…というか、多くの場合は「本人の考え方や求人情報の見方に問題がある」ケースばかりですので、まずは自分自身に原因がないか考えてみてください。

本人の思い込みが強くてブラックだと決めつけている

ブラック企業しか見つからない原因として考えられる理由は、本人の思い込みが強くて優良企業もブラックだと決めつけているからでしょう。

たとえば、以下のように決めつけて悪い側面ばかり見ていませんか?

思い込みの強い人の考え方現実
営業職新規飛び込みばかりのブラックルート営業・ノルマなしのホワイトな職場もある
飲食業ワンオペのブラックばかり高級志向の予約制レストランなら超絶ホワイト
建設業ヤンキー上がりばかりでブラック若手不足なので面倒見のいいおっさんも多い
IT業界深夜勤務ありのブラックばかり在宅ワークありのホワイトな職場もある

一部の悪い情報だけを参考にし過ぎると、すべての業界や会社がブラックにしか見えなくなります。

これは恋愛で言えば「最初に付き合った異性がクソ性格悪かったから、他の異性もきっとそうに違いない!」と決めつけているほど、あまりに残念な物の考え方だと言えます。

心当たりのある方は、イメージだけでブラックだと決めつけているだけですので、まずは自分の考え方から見直してみることが大事でしょう。

希望条件・理想が高すぎる

ブラック企業しか見つからない人の考え方としては、希望条件や理想があまりに高すぎて、自分の要望に合わない企業はすべてブラックだとしているパターンです。

これはたとえば、以下の通りです。

  • 土日完全休業じゃなければブラック
  • 月給30万以上じゃなければブラック
  • 残業があるとブラック
  • 交通費完全支給じゃなければブラック
  • 業務内容が多すぎるとブラック
  • 社員教育や研修がしっかりしてないとブラック
  • 過去に炎上案件があるとブラック

このように、企業側に一切の非のない完璧さを求めると、世のすべての企業がブラックばかりに見えても仕方ありません。

恋愛で言えば「黒髪ロングの処女。良家のお嬢様で大人しい性格。家事もこなせて料理も美味しく、不倫しても文句を一切言わない。それ以外は全員ブス」ぐらい、ありえない条件が前提になっていると言えます。

「年収が高い=ブラック」だと思っている

ブラック企業しか見つからない人は、今まで自分が経験した仕事の相場でしか物事を考えていないため、なぜか「年収が高い=ブラック企業」だと思っています。

たとえば、最近の未経験職の年収相場で言えば「300万~600万」ぐらいは当たり前ですが、ブラック企業しか見つからないと思い込んでいる人は、なぜか「年収が高いから何が裏がある…ブラック企業に間違いない!」と決めつけてしまうのです。

その原因としては「年収が高い仕事ほど、難しい仕事や責任のある仕事を任せられるに違いない!」という、困難から逃げたい心理もあります。

以下の記事にも書いていますが、別に世のすべての仕事が「年収が高いからキツイ」というわけでもありません。

もし心当たりのある人は、単に「年収が高い仕事も低い仕事もどっちもブラック!」だと思って、行動しない理由を見つけているだけかもしれません。

求人情報の見方が間違っている

ブラック企業しか見つからない人は、求人情報の見方が間違っているか、あるいは求人情報を絶対視しているだけかもしれません。

以下の記事でも書いてますが、求人情報はあくまで目安でしかありません。

たとえば、ハローワークの求人であれば、どこかの部署の人が適当に書いたため正確ではないことはよくあることです。

求人サイトの情報であれば、広告文が強調されていて過剰表現になっていたり、逆に表現が曖昧で正確な仕事内容がわかりにくいなど、様々な事情が絡んできます。

こういった事情を理解している人は「求人情報だけでは正確なことはわからないから、電話や面接で確かめてみよう」「実際に職場に行って、真実を確かめよう」と考え、自分の目と足で企業実態を確かめようとします。

逆にブラック企業の求人ばかりしか見つからないと思っている人は、求人情報だけで真偽を図ろうとするので、ずっと悩んだりネット情報だけを参考にしてしまい、みすみす優良企業へ入社できるチャンスを逃してしまうことになるのです。

また、優良企業の求人は基本的に「非公開求人」として、登録制の転職サイトや転職エージェントで面談参加した人しか閲覧出来ない傾向にあります。

無料で得られる情報であったり、行動せずに得られる情報は、大したことがないということです。

ネットの口コミばかりを参考にしている

ブラック企業しか見つからないと思っている人は、ネットの口コミや評判を参考にし過ぎな傾向にあります。

2chやガールズちゃんねる、あるいはTwitterのような「とりあえず不満や愚痴吐いておけばOK」みたいなコミュニティばかりで情報集めしていませんか?

そういったサイトでは、不満・愚痴ばかりが集まりやすいため、実はまともな企業の情報であってもブラックに錯覚してしまうようになりがちなのです。

参考にするにしても、会員登録必須の転職サイトなどを利用したほうが、何倍も建設的で実態に則した情報が得られます。

たとえば、会員制転職サイトの「キャリコネ」であれば、履歴記入必須の登録制サイトですので、口コミも信憑性の高いものが集まります。

さらにビジネス色の強い「Vorkers」ともなると、かなり的確で鋭い企業の口コミが閲覧可能です。

また、転職サイト・転職エージェントの口コミ・評判自体にも同様のことが言えます。

転職サービスの口コミを参考にしない方がいい理由転職エージェントの口コミや評判を参考にし過ぎてはいけない理由

早い話、ネットの悪い口コミばかりを見ていれば「行動しない理由」を必ず見つけ出せるので、世のすべての企業がブラックにしか見えなくなり、自分を正当化できるわけです。

それでもブラックしかないと思っているなら?

以上のように「ブラックしかない」と思っている人は、単に思い込みが強いだけであることがほとんどだと言えます。

私自身、同様の経験をしたことがあるので、痛いほど気持ちはわかります。

ですので、もしブラックしか見つからないと不安な方は、まずは登録制の転職サイトを使ってみるなり、転職エージェントで相談するなどして、現実的に自分が受かる見込みのある求人を見るところから始めましょう。

転職サイトなら受け身で採用見込みのある求人が届く

読者がブラックな求人しか見つからないと悩んでいるのであれば、まずは転職サイトに登録してみて、自分の経歴でも採用見込みのある求人をチェックしてみることをオススメします。

国内の登録者数No.1の「リクナビNEXT」であれば、自分の経歴に合わせてスカウト・オファーが届くので、現実的に自分でも採用してくれる求人条件がわかります。

また、年収査定機能のある「ミイダス」では、採用意欲の高い企業からガンガンオファーが届き、サイト上で直接やりとり出来るので、より自分に興味を持ってくれる企業が多い事実を実感できます。

既卒・ニートで20代の方であれば、就職サイト+カウンセリング支援も兼ねている「いい就職ドットコム」も、ブラック企業撲滅方針をしっかり示している優良サービスとしてオススメです。

その他にも、登録制の転職サイトでは自分の経歴に合わせてスカウト・オファーが届き、自分に興味のある企業がどれぐらいの数あるかわかるので、使っておくだけ自信が湧いてきます。

他の転職サイトに関しては、以下の記事に詳しくまとめております。

既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービス

読者が既卒・第二新卒・フリーターなどに該当し、経歴に自信がない方であれば、20代向けの就職支援サービスの利用もオススメです。

就職支援サービスでは、カウンセリング面に時間をかける傾向にあり、ブラック企業に対する不安を解消した上で就職先を見つけ出すことが出来ます。

また、会社によっては軽い職業訓練や講習もあり、働く心構えから身につきます。

さらに、最近では就職支援サービスもブラック企業排除にかなり気をつかっており、明確に優良企業紹介のガイドラインを示している人材会社も多めの傾向にあります。

就職支援サービスの詳細に関しては、以下の記事にもまとめてあるので、ぜひチェックしてみてください。

転職エージェントならさらに年収アップ・有名企業にも期待できる

ブラック企業を避けて、出来る限り年収面や待遇面にこだわりたい方であれば、転職エージェントを使っておくといいでしょう。

以下の記事で国内のエージェントの事情についてまとめていますが、使い方次第では非常に心強い味方となり、年収アップも現実的に実現可能です。

ただし、希望条件をハッキリさせておいて、スピーディーに行動する意欲の高さが求められるので、その点だけは注意です。

そこさえしっかりしておけば、転職エージェントでは経歴・学歴問わずに優良企業に入社出来るチャンスがグッと広がるのは間違いないので、ブラックしかないと悩んでいる方は使ってみてください。

まとめ:世の中、ブラックな企業ばかりではない

いかがでしたか?

私も以前は「世の中にはブラック企業ばかりだ!」と思っていましたが、登録制の転職サイトを使ってみたり、転職エージェントを活用していくうちに考え方が変わってきました。

また、当サイトを運営する中で、人材会社の中の人とも関わる機会が増え「言うほど、世の中ブラック企業ばかりではない」と思ってます。

あとは読者がどこまで信じて行動するかどうかにかかってますので、ぜひともこの記事を機会に世の中ブラック企業ばかりでない事実を、自分自身の目と耳で確かめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました