事務職をやめたほうがいい理由。転職で未経験から事務職を目指すデメリットとは?

「未経験から事務職に就きたい!」
「事務職が一番、楽そう…」
「事務職は人と関わらずに済む…」

そう考えていませんか?

だとしたら、あなたはまだまだ社会や職業について知らない証拠です。

私自身、無職時代に「自分はコミュニケーション能力が低く、デスクワークとPCぐらいしか取り柄がないから…」と事務職を目指そうと思っていた時期もありました。

しかし、今の仕事で転職やキャリア、果ては経済や社会について詳しくなるにつれて「あれ?今どき事務職になるメリットなくね?」と気づいてしまったので、その理由についてまとめておきます。

※当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する社員の方の見解ツイートも、合わせてご紹介しております。

ウズキャリの紹介記事→ウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

スポンサーリンク

事務職に就くデメリットとは?

事務職に就くデメリットは、以下の通り。

  • 競争倍率が高すぎて、事務職の人材価値が低い
  • 派遣社員制により割を食っている職種である
  • IT・AIにより仕事の価値が低くなりやすい職種の筆頭
  • 女性主体の職場なので、人間関係がギスギスしやすい
  • 「与えられた仕事をこなすだけ」なので、無能になりやすい

一つずつ、詳しく解説してまいります。

事務職は競争倍率が高すぎて、人材価値が低い

事務職は売り手市場の2018年現在でも、有効求人倍率0.3~0.5と非常に競争倍率が高く、これは職種全体で見ても、ぶっちぎりで他の職種よりも人気が高い職種であることがわかってきます。

参考リンク:「人手不足な職業・人余りな職業」ランキング | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

そのため、よほど経歴が優れていなければ、まず受かりません。

少なからず、中途採用枠で未経験者が事務職を目指すのは、あまりに割に合わないと考えるべきでしょう。

↓当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する社員の方の見解ツイート

派遣社員制により割を食っている職種である

通常、競争倍率の高い仕事と言えば「競争倍率が高い分、勝ち抜いたら美味しい思いが出来る」と考えがちですが、実際はそうでもありません。

事務職の場合「楽そうな仕事だから…」という理由で目指す人が多すぎて倍率が高くなっているだけですので、そのあたりは企業側もバカではないのでしっかり対策しております。

具体的には、派遣会社に業務委託をすることで「人件費カット」「福利厚生の負担軽減」「社員教育の放棄」という感じで、非常に割を食っています。

ただし、逆に考えれば「派遣社員で妥協してもいい」と割り切れるのであれば、事務職としてキャリアやスキルを積んでいく考え方もありだとも言えます。

関連:事務職への転職なら派遣がオススメの理由5つ。正社員と派遣どっちがいい?

★派遣会社に関して

派遣会社は登録しておけば、いつでも仕事を紹介してもらえます。

どうしても事務職に就きたい方は、全国展開している派遣会社「テンプスタッフ」「JOBNET(マンパワーグループ)」がオススメです。

→テンプスタッフの解説記事はこちら
→JOBNET(マンパワーグループ)の解説記事はこちら

少なからず、今の日本の企業は「誰でも出来る仕事」「楽な仕事」に関しては、すべて非正規に押し付けて低待遇・低賃金で働かせるという考えで経営されていますので、そういった事情も踏まえて「本当に事務職で働いて、将来は安定か?」を考えておきましょう。

↓当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する社員の方の見解ツイート

IT・AIに奪われる仕事筆頭

事務職と言えば、IT・AIによる技術革新により、消えゆく仕事の筆頭だと言えます。

事務職自体、歴史的に見ても「Microsoft Office(Word,Excel)」などのIT技術の発達によって、技術の価値が著しく下がってしまったという過去を持ちます。

そのオフィスソフトウェア自体「ちょっと勉強すれば誰でも使えるように設計されているソフト」なので、別に事務職以外にも使える人はたくさんいます。

そのため「派遣会社に業務委託されて人件費が下がる=社員を教育する必要がない」と、企業側に「社員に任せるほど、重要な仕事ではない」と判断されてしまっているのです。

また「将来AIに奪われる仕事」としても、確実に今度割を食う仕事だと、何度も指摘されております。

参考リンク:消える一般職、事務職正社員の需給ミスマッチ——「価値生まない仕事」は自動化される | BUSINESS INSIDER JAPAN

女性主体の職場

事務職と言えば、社会慣習的に見ても「女の仕事」「会社の華」という感じで、根っこに男尊女卑の考え方が存在します。

関連:女性事務職の知られざる苦悩!事務は決して楽な仕事ではない【ドロドロの人間関係、職場いじめ、つまらない業務内容】

ですので、古風な会社ですと「可愛さしか取り柄のない女をしょうがなく働かせてやっている」という、男尊女卑の考え方が根底にある職場も存在します。(表立って声に出さない社員が多いだけで)

差別がいけないどうのこうのではなく、現実としてそういう歴史や社会慣習があるので、そういった面も踏まえておきたいものです。

また、事務職と言えば閉鎖的で女性だらけの職場ですので人間関係がギスギスしやすく「派閥争い」「気難しいお局との対人関係」などに疲れて、辞めた人の愚痴がネット上に多く投稿されております。

事務職になると無能になりやすい

筆者の偏見が混じっていますが、事務職の経歴を持つ方で「この人、全然仕事出来ないじゃん…」「こいつ、仕事ナメてんのか?」という人、割とよく見かけます。

たとえば「事務職として働いて、出来れば結婚して専業主婦になって逃げたい」と、心の奥底で考えている人などは、マジメに仕事している人からしたら、割とバレバレです。

別に結婚して専業主婦に逃げる考え方自体は、したたかな女性の生存戦略ですので否定はしません。

関連:仕事辞めて結婚したいと言う考えは逃げなのか?永久就職・専業主婦は現実的に可能?

…が、それ前提でナメた態度で仕事を選ぶと、企業側からも見透かされます。

(多くのビジネス本や経済社でも暗に「事務職要らない」と示唆が上がっているので、本音を出さないだけで私と同じ考えの方は多いはず)

また、事務職志望の方の多くは「仕事に対して受け身な人」が、あまりに多く感じます。

基本的にすべての仕事において「受け身な人材」というのは、総じて嫌われます。

その理由は単純で、自分から新しい仕事を覚えたり、自発的に課題を見つけて改善することが出来ないからです。

たとえば、未経験から事務職を目指す方は、以下のように考えていませんか?

  • 楽そうな仕事だから
  • PCスキル(オフィススキル)さえあれば大丈夫そうだから
  • 仕事上の人付き合いが最小限で済むから
  • 事務処理だけで済むので、転勤・新規の仕事を振られずに済むから

前述の通り、事務職は競争倍率が高い職種ですので、その程度の甘えた考え方ではまず未経験からは絶対受かりません。

「それでも、一生事務職で食っていく!」「事務職のスキルを極まる!」という覚悟で就くのであれば止めませんが、それ以外の「他の仕事が嫌だから、事務職でいいや…」程度の考えの人は絶対に事務職を目指すのは止めたほうが身のためでしょう。

↓当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する社員の方の見解ツイート

未経験から事務職を目指す場合は慎重に

やや厳しめになりましたが、私自身過去に「なんとなく楽そうだから事務職を目指そう…」とナメた考えで仕事探しを行い、書類選考で落とされまくった経験があるため、その時の反省も込めて書いております。

それでも「どうしても事務職に就きたい…」「出来るだけ楽な仕事をしたい…」と考えるのであれば、妥協案として「派遣社員として、事務職のスキルを積む」という方針で転職活動することをオススメいたします。

ただし、派遣社員として事務職になった場合、給料は下がりますし、スキルの向上・キャリアアップに関しては自己学習しなければいけません。

そういった面で、将来性に不安が残り続けるリスクは、事前に知っておきましょう。

それでも「どうしても事務職じゃなければ嫌だ!」と思うのであれば、地道にハローワークで小さな会社の事務職に応募し続けるぐらいしか、選択肢はないでしょう。

未経験から事務職を目指したい方は人材会社の無料サービスを活用しておこう!

「事務職じゃなくても、条件が希望通りなら他の職種でもいい!」という方であれば、人材会社の運営する「転職エージェント」の活用をオススメいたします。

また「既卒・第二新卒(卒業後3年以内の人)」であったり、20代のフリーター・ニート(無職)の方であれば、専門の就職支援サービスも多数あるため、利用しておく価値はありますよ。

転職エージェントと比べて「対応が丁寧」というメリットがある反面で「紹介先は小さめな会社が多め」というデメリットもあるので、その点を抑えておくと使い分けしやすくなります。

未経験からの事務職への転職を希望している方はこれらのサービスを活用して「本当に事務職に就くべきか?」を今一度考え直して、間違いのない転職活動を成功させてください。

タイトルとURLをコピーしました