【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

指示待ち人間の何が悪いの?向いている仕事に就けば活躍できるしどうでもよくない?

突然ですが、自分、指示待ち人間なんですよ。

自分から積極的に動くのが苦手で、上司や同僚からの指示を待って行動するタイプ。

嫌いな言葉は「自発性」や「挑戦心」です。

だって、失敗するのは嫌だし、上が決めたこと以外をやるのってリスクじゃないですか?

こんな性格だと「主体性がない」とか「やる気がない」とか言われるんですよね。

でも、これの何が悪いんでしょうか?

上が指示を出す気がないのに「指示待ちじゃダメだよ」「自分で考えろ」って言われも、それって、単に上が指示を出すのが面倒だからそう言ってるだけなんじゃないしょうか?

だいたい、日本人って、学校で座って授業聞くだけで、勝手なことする怒られるような教育受けるじゃないですか?

あれって「勝手なことをしない」ことを覚えるためにあるのであって、それと真逆のことを求める会社のほうがおかしくないですかね?

なので、私の結論は「指示待ち人間じゃないほうがおかしい」なんですよね。

だってそうでしょ?

上の指示がなければ黙って待機しておくのが、かしこい社会人の立ち回り。

勝手なことをして怒られたり、先回りして徒労に終わるぐらいなら、やる気なく思われようが指示待ちこそが最適解。

私みたいな考えの人のほうが、実は多数派なんじゃないですかね?

その証拠に、今回紹介する「指示待ち人間に向いてる仕事」を知れば、いかに指示待ちの姿勢こそが仕事のできる人間の証かが見えてくると思いますよ~。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

指示待ち人間の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

指示待ち人間とは、自発性や主体性に欠けており、当事者意識が希薄な人のことを指します。彼らは常に他人の指示を待ち、自ら進んで行動することができません。

自発性や主体性に欠けており当事者意識が希薄

指示待ち人間は自発行動的にすることが苦手で、他人からの指示を待つ傾向があります。

  • 自発的に行動せず、周囲からの指示や提案を待つことが多い
  • 当事者意識が希薄で、組織や顧客の課題を自分事として考えられない
  • 主体性に欠け、自己主導的な行動や積極的な意思決定ができない
  • 業務に対する取り組みが十分ではなく、責任感や主体性が欠けている
  • 仕事の流れや業務プロセスに問題があっても、それを放置し続ける

より具体的な例としては

  • 例1: プロジェクトの方向性が不明瞭な際に、積極的に方向性を問い合わせず放置してしまう
  • 例2: タスクが終了した後、次のタスクを探すことなく、何もしない時間が増える
  • 例3: 自らの業務範囲外と判断したことについて、関与しないことを選ぶ

といった勤務態度が目立つなら、主体性に欠けると言えるでしょう。

自分で考えて行動することや主体的に動くことが少ないと、仕事において以下のような悪影響を及ぼします。

  • プロジェクトの遅延や仕事のミスが増加する原因となる
  • 効率的な仕事の進行が困難になることがある
  • 他のメンバーが余計なサポートやフォローを行う必要が生じる

他人から見ると「何も考えずに待っているだけの人」という印象を持たれることとなり、社内評価が落ちる可能性も高まります。

適応力が低めで前例のない未知の業務へ適応できない

DXやAI化など変化の激しい現代において、前例のない未知の領域へ適応できる人材の需要が増加しています。そうでなくても、新規プロジェクトや新しい業務内容に適応する能力は、キャリアにおいて必要な資質の1つです。

指示待ち人間は、前例のある業務には比較的対応できますが、前例のない未知の業務には適応できないことが多めです。具体的な指示がないと行動に移せなかったり、新しい状況に対して拒否反応があるからです。

これは、仕事の幅を広げることや新しいチャレンジをすることに制約を生じさせます。

前例や手順が不確かな状況では不安や戸惑いを感じることが多く、慣れ親しんだ業務にばかり固執したり、誰かが業務フローの改善を提案することや指示を待つことが多くなります。

これにより、仕事において以下のような弊害をもたらす可能性が高まります。

  • 新たな知識やスキルの習得に抵抗を感じ、自己学習を行わない
  • 企業の新しい方針や変更に対して適応できず、実行が滞る
  • 新しい業務ツールや業務改善の導入が遅れる、または変化を拒む
  • 他のメンバーとのコミュニケーションや情報共有を怠り、変化の予兆をキャッチしない
  • 上司や部下の意見や提案を拒み、業務の進行や改善の障害となる

周りからは「変化に対して消極的」「挑戦しない」「時代遅れ」という印象を持たれることが多くなるかもしれません。

課題能力が低く、率先した業務改善に力を発揮できない

自発性を発揮したり、未知の領域に対応するために必要なのが「課題を発見する能力」「課題を解決する能力」となりますが、指示待ち人間はそのいずれにも欠けていることがあります。

  • 自分の業務内容や組織・顧客の課題を発見する能力に乏しい
  • 問題点を特定し、最適な改善案を出す能力がない
  • 新たなアイデアを考えたり、提案する能力に欠ける
  • 他のメンバーからの改善提案に対しても、受動的になりがちで積極的なフィードバックができない
  • 新しい方法や手法を導入するチャンスがあっても、リスクを避けるために保守的な選択をすることが多い
  • タスクが完了した後、その業務の振り返りや改善のためのディスカッションを避ける

業務改善のために率先して行動することもできず、誰の仕組みや手順に従うだけとなり、新しいアイデアや効率化のための議論に参加することもできず、組織全体の成長や業務改善や成果向上に取り組む機会を逃してしまうことが起こります。

他人から見た場合、「問題点の抽出ができない」「課題解決能力に欠ける」「業務改善ができない」「変革や改善に対して消極的」と、悪印象を受けることがある。

自己的な目標がないため向上心が生まれにくく競争意識に欠ける

指示待ち人間は、自らのキャリアや成果に対する強い志向や目標が定まっていない場合が多いです。

指示を待つ人間は自らに明確な自己目標を設定することが大切、将来への意欲や意欲を持ちにくい傾向があります。自己の成長やキャリアの発展を意識する一方、日々の業務に応じて指示その結果、自己の能力開発や専門知識の獲得に積極的に取り組むことが第一、他の人との競争力や成果において劣る可能性があります。

仕事ができないへの挑戦に消極的、自己学習が遠慮される部分での競争力が低い

[1] 彼らは自己目標が明確でなく、自己成長やスキルの向上に対する努力が足りないです。
[2] 挑戦的な仕事に対して消極的であり、自己学習や自己啓発に挑戦が低い状態が続きます。
[3] 競争力を高めるための努力自己啓示が不足しており、一部の中での成果や成長に支障が生じます。

指示待ちの性格の持ち主は、自らのキャリアや目標に対する意識が低い傾向があります。
これは、他者との競争よりも安定した環境を求めることが強いからです。

  • 業務の質や効率の向上が期待できない
  • 職場での昇進や評価のチャンスがあっても、その機会を活かすための努力を怠る
  • 自らのスキルアップや資格取得に対するモチベーションが低
  • 自らの成長やスキルアップのチャンスを逃すことが多い
  • 他者との比較や競争を避けるため、チャレンジする機会を放棄することが多い
  • 周りのモチベーションの低下や業務への関心喪失にも悪影響をもたらす

この性格は、組織内での競争力が低く、評価や昇進のチャンスを逃す可能性が高まる。

指示を待つ人間は仕事ができないや新たなスキルを身につけることへの挑戦に極度な傾向があります。自ら学ぶことがやスキルの獲得に挑戦することなく、業務の幅を広げることや自己の成長に特に、自己学習や自己啓発が求められる一時や競争が激しい環境では、他の人との間で偏見を持ち、職場での競争力が低下する可能性があるあります。

他のメンバーからは、「モチベーションが低い」とか「競争心がない」と感じられることがある。

指示待ち人間に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

指示待ち人間は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼指示待ち人間が持つ意外な適性

  • 従順
    上の指示や方針を疑わない、忠誠心がある、野心がなく造反リスクが低い、つまらない仕事も難なくこなす
  • 誠実
    規則やルールを遵守する、言われたことはしっかりやる、手順どおりに学ぶ、既存のやり方を重視する

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、流されやすい人に向いてる仕事を解説していきます。

コーポレート業務/バックオフィス業務全般

指示に基づいたデータ入力や書類作成、スケジュール管理などのルーチン業務に向いています。

  • 総務:企業内の庶務や施設管理などを担当します。
  • 人事:採用や労務管理など、人材に関する業務を担当します。
  • 財務:会計や経理など、企業の財務管理を担当します。
  • 書類整理スタッフ:書類の整理やファイリングなど、文書管理を担当します。
  • データ入力スタッフ:データの入力や集計など、データ管理を担当します。

これらの仕事に就くことで得られるメリットや発揮できる適性を説明、指示待ち人間の性格に向いてる理由を補足的に説明します。

公務員全般

公務員の仕事は法律や規則に基づいて業務を実行することが求められます。指示待ち人間はルールや規則を守る姿勢があり、公共の利益を考える意識も持っています。

  • 市役所職員:地方自治体の業務を担当します。
  • 郵便局員:郵便物の受け渡しや窓口業務を担当します。
  • 税務署職員:税金の徴収や申告書の受付など、税務に関する業務を担当します。
  • 警察官(事務系):警察署での事務業務を担当します。
  • 図書館員:図書館での貸出業務や資料整理などを担当します。

工員(工場作業者)

工場での作業は連続の手順や作業指示に基づいて行われます。指示待ち人間はこのような作業環境で自分の役割を明確に把握し、効率的に業務遂行することができますます。

  • 組み立て作業員:製品の組み立て作業を担当します。
  • 品質検査員:製品の品質チェックや検査業務を担当します。
  • 梱包作業員:製品の梱包や出荷準備などを担当します。
  • 機械操作員:製造機械の操作やメンテナンスなどを担当します。
  • 仕上げ作業員:製品の仕上げや加工作業を担当します。

コールセンター/カスタマーサポート

カスタマーサポートの仕事は、顧客からの問い合わせや要望に対して適切な対応をすることが求められます。指示待ち人間は指示通りの対応をすることが得意であり、問​​題解決に向けてサポートを提供することができます。

  • カスタマーサポート:顧客からの問い合わせやトラブル対応などを担当します。
  • ヘルプデスク:IT関連の問い合わせやトラブル対応などを担当します。
  • 予約受付:予約や申し込みの受付業務を担当します。
  • 問い合わせ対応:商品やサービスに関する問い合わせ対応を担当します。
  • テクニカルサポート:技術的な問題やトラブルの解決を担当します。

オペレーションスタッフ/オペレーター

オペレーションスタッフやオペレーターの仕事は、機械やシステムの操作や監視を行うことが主な業務です。オペレーション業務では指示に従って作業を進めることが多めです。 指示待ち人間は指示通りに作業を遂行することが得意であり、正確な作業を行うことができます。

  • 機械オペレーター:製造機械や設備の操作を担当します。
  • 監視員:施設や設備の監視や管理を担当します。
  • 制御オペレーター:制御装置やシステムの操作や監視を担当します。
  • 設備オペレーター:建物や設備の運営や保守を担当します。
  • 運転手:車両や機械の運転業務を担当します。

派遣社員

派遣社員は様々な職場で一時的に働くことが求められます。

派遣社員の中には、先述のコールセンター業務や工員、オペレーターなど未経験からでも行える簡単な作業が多数あるため、指示待ち人間でもできる仕事が多いと言えます。

  • 一般事務派遣:企業の事務業務を一時的にサポートします。
  • 受付・セクレタリー派遣:受付業務や秘書業務を一時的にサポートします。
  • 営業アシスタント派遣:営業活動のサポート業務を一時的に担当します。
  • データ入力派遣:データ入力や集計業務を一時的に担当します。
  • イベントスタッフ派遣:イベントの運営やスタッフ業務を一時的に担当します。

また、派遣社員は派遣会社が雇い主となるため、実際に働く現場の運営会社ではなく派遣会社の指示に従うのが正規の手順となるため、派遣会社さえしっかりしておけば指示や業務範囲が明確なことも多いです。

ただ「派遣社員」といってもその範囲が広く、すべての派遣社員の仕事が指示待ち人間に向いてるというわけではない点には注意です。また、派遣社員の一部には高度な専門スキルが要される場合もあります。

専門職のアシスタント

  • 医師のアシスタント:医師の診療や手術のサポート業務を担当します。
  • 研究アシスタント:研究者の研究業務や実験のサポートを担当します。
  • 技術者のアシスタント:技術者の開発業務や試験のサポートを担当します。
  • 建築現場のアシスタント:建築現場での施工管理や資材調達のサポートを担当します。
  • デザイナーのアシスタント:デザイナーのデザイン業務や制作のサポートを担当します。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

指示待ち人間が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事を見極める

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を見極めましょう。

▼指示待ち人間に向いてない仕事の例

  • 独立して業務を進める必要がある仕事
    例:起業家、フリーランス、自営業、コンサルタント、ディレクター・マネージャー
    向いてない理由:自らの判断で方向性を定めて行動することが多く、他者へ指示を出すこともあるため
  • 迅速な意思決定が求められる仕事
    例:緊急対応の医療スタッフ、警察官、消防士、警備員、トレーダー
    向いてない理由:瞬時に判断を下すのが得意ではないため、迅速な行動が求められる仕事は厳しいかも
  • 新しい取り組みや斬新なアイディアが求められる仕事
    例:スタートアップ・ベンチャー企業、研究開発職、マーケティング職、企画部門
    向いてない理由:既存のルールにとらわれない新しいアイデアが求められるため

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/扱ってる商品やサービスなど

様々な情報から判断しましょう

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました