高卒だけど仕事辞めたい…。就職何年からなら辞めても大丈夫?高卒からの転職は厳しい?

最終学歴「高卒」からの就職・転職活動は厳しいものです。

しっかりとした求人選び・転職活動をしなければ、正社員として優良求人を見つけ出すことができず、そのまま仕事が続かないこともあります。

このページでは高卒から転職を成功させるための全知識をお届けしていきます。

スポンサーリンク

高卒が仕事を辞めたい主な理由とは?

まずは、高卒の人が仕事を辞めたい理由からご紹介していきます。

後ほど説明しますが、高卒から就職して3年以内に仕事を辞める人の割合は50%ほどというデータがあり半分の人は辞める計算になります。

また、就職活動で本格的に何社にも応募する大卒生と違い、高卒生の場合は一社から内定をもらった時点で就職活動終了となり、キャリアに対して深く考える機会がないまま就職してしまい、会社が合わないですぐに退職する人も少なくありません。

こういった高卒の就職事情や、データに基づいた離職者の割合で考えてみただけでも、高卒の人材が仕事を辞めたくなるのは不思議なことではなく、むしろ労働環境によっては若いうちに辞めた方がいいこともあり得るので、これを機にご自身のキャリアを考えるきっかけにしてみてください。

低賃金・重労働の仕事が多い

高卒が仕事を辞めたい第一の理由としては、低賃金・重労働の仕事が多いからでしょう。

低賃金・重労働とは、主に以下のような労働条件を指します。

  • 休日が少ない
  • 残業が多い
  • 出先での現場仕事が多い
  • 肉体労働が中心
  • 頭を使わない単純作業が多い

仕事自体が大変ならともかく、週に1日しか休みのない仕事や残業が多いブラック企業スレスレの会社も少なくはありません。

また、高卒でも就ける肉体労働や現場仕事ですと、どれだけ仕事が大変で長時間働いたとしても、スキルが身についたり経歴が評価されるわけではなく給料も上がりにくいです。

高卒で就職できる仕事のすべてがそうとは言いませんが、大卒と比べると、比率としては高めにはなるはずです。

高卒で就職できる仕事は辞める人の割合が多い

知っておきたいのが、高卒から入社した人は大卒に比べて仕事を辞める人が多いということです。

会社の規模、業種/職種によって辞める割合は変わりますが、大卒が3割ほどなのに対して、高卒は5割近くが3年以内に辞めていくという統計結果が出ています。

▼高卒3年以内に辞めた人の割合

【会社の規模/従業員数】

1,000人以上:25.3%
500~999人:32.9%
100~499人:37.9%
30~99人:47.1%
5~29人:56.4%
5人未満:64.0%

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553.html

【職種/業種】

宿泊業・飲食サービス業:62.9%
生活関連サービス業・娯楽業:58.0%
教育・学習支援業:58.0%
小売業:49.4%
不動産業、物品賃貸業:46.7%

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00002.html

上記のデータを見てみても「従業員数500人以下の企業」「離職率の高い職種/業種」のどちらかに当てはまると5割近くの人が、高卒3年以内に辞めていることが見えて来ます。

どちらかの条件に当てはまっている会社で働いているなら
高卒3年以内に辞めたとしてもおかしくないということですね…

「3年以内」というのもあくまで目安でしかなく
上記の条件に当てはまる会社は人が辞めていく割合が高い傾向にある

学歴/勤務年数問わず、人が辞めていく割合(離職率)が高い会社には何かしらの問題を抱えていることがほとんどなので、この機会に会社の状況や課題を確認してみて、長く働く価値のある会社かどうか判断しておくことが大事です。

次に、職種・業種別に辞める人の割合を見てみましょう。

厚生労働省発表のデータでは総務省の規定する職業分類になっているのでわかりにくいので、転職市場/人材業界で使われている一般的な区分にして見てみます。

▼高卒で辞める人の多い業種/職種一覧

これらの職業の共通点を挙げるなら、

…と言った特徴があります。

人が辞めやすい職業の原因を知りたいなら
以下の離職率が高い原因の記事を読んでくれ!

高卒は大卒に比べてキャリアのあらゆる面で不利になりやすい

高卒は大卒と比べ、キャリアを考える上ではあらゆる面で不利になりやすいです。

▼高卒が大卒よりもキャリアで不利になりやすい理由

  • 大卒は基礎的な教養/教育レベルが高いので難しい仕事にも適応しやすい
  • 大卒は学生時代に一定以上の競争社会をくぐり抜ける努力をしてきている
  • 高卒は技術職/現場仕事が主なのでホワイトカラーとして採用されにくい
  • 以上のような事情から求人条件で「大卒以上」とされることが多い

求人/書類選考において、優良求人に関しては「大卒以上」という条件が目につくことで、高卒の不利さを実感する人は非常に多いです。

高卒というのは当たり前の状況の求人ばかりなのですが、年齢が二十歳以上であったり、大卒などを想定した22歳以上というものが多く、大卒などを応募条件にしてはいないものの、高卒である者は応募すらも出来ないような求人ばかりだったのです。
ただ、ここで覚えておいてほしいのが「高卒だからキャリアで不利になる」のではなく「高卒だと得られるチャンスが減る」というだけの話で、実際は大卒以上で募集していても高卒からでも採用してくれる企業もあるということです。

高卒で仕事を辞めたい時の判断ポイントは?

高卒から就職して何年なら辞めてもいい?

読者の中には「高卒から就職して何年なら仕事を辞めてもいいの?」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

結論から言っておくと何年で辞めても問題ないです。

というのも、前にも紹介した通り、高卒から就職できる企業はキャリア的にプラスになりくい仕事が少なくなく、長く続けても昇進・昇給が見込めないばかりか、転職市場でも通用しなくなる可能性があるからです。

中には「すぐ辞めると経歴に傷がつくのでは…?」と不安に思っている方もいるでしょうが、しっかりとした考えがあって辞めたり、次の転職先選びに時間をかける覚悟さえあれば、若いうちに短期離職はさほどマイナスにはなりにくいです。

ただ、以下のような仕事は事情が変わってくるので注意。

  • 大企業グループ系列の企業
  • 建設・電機工事などの技術職

大企業グループ内の企業、とくに大手メーカーであれば、将来性は悪くないので短期離職は控えておいた方がいいかもしれません。

また、建設・電機工事などの技術職は業界独特のキャリアコースがあり、とくに建設系の仕事は転職市場でもかなり事情が特殊になるので、他の業種に移りたいのでもなければ、一度業界内の事情について調べた上で辞めるかどうか考えておくといいかもしれません。

高卒で工場を辞めたい時はどうする?

高卒で仕事を辞めたい職種として多いのが「工場勤務」です。

高卒生の実に4割近くが工場勤めだと言われ、そのうち工場勤務に該当する製造業の離職率は28%ほどです。

参考資料
https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000667999.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/11652000/000557457.pdf

高卒から工場勤務として働いている人で辞めたい理由には、

  • 長時間の単純作業が辛い
  • 寮暮らしがキツイ
  • 職場の先輩・上司との人間関係が合わない

といったものが目立ちます。

工場勤務を辞めたいは、以下の記事でもご紹介しています。

関連:工場勤務辞めたい理由6つと工場勤めから転職する際の注意点。工場勤務からの転職先は何がある?

高卒で仕事を辞めたい場合はどうする?転職は厳しい?

求人選びには気をつけておくこと

高卒から正社員として転職したい方もいらっしゃると思いますが、その場合、求人選びには気をつけておくべきです。

というのも、優良求人は「大卒以上」とされているため、高卒は書類選考で落ちることが多くなるからです。

また、最終学歴が高卒の人の場合、大学生と違ってガッツリと就職活動を経験していないため、面接対策と求人選びがしっかり出来ておらず、優良求人があっても見落としたり、面接までたどり着いても自己アピール不十分で不採用になりやすいです。

その結果、最終学歴高卒でも入社しやすい条件の悪い求人を消去法で選ぶこととなり、チャンスを逃しがちです。

最終学歴高卒ってだけで
転職活動が不利になるんですね…

実はそうとも限らないんだ…

多くの高卒の転職希望者が勘違いしがちなことですが、求人表記載の「大卒以上」はあくまで目安でしかないので、実際は高卒以上でも採用してくれる企業も少なくはありません。

ただ、求人表に「大卒以上」と書かれているだけで、モチベーションの低い高卒以下の学歴の人材が応募しなくなるだけで、自ら悪い条件の求人を知らず知らずのうちに選んでいるわけです。

ですので、最終学歴高卒の人であっても、チャンスのありそうな求人・企業さえ選べば、大卒以上でないと採用していない企業でも入社できる可能性はあります。

高卒の人が優良企業の求人を見つけるコツ
以下の記事に詳しく紹介しているぞ!

高卒から仕事を辞めたいと感じているなら転職エージェントに相談!

高卒から仕事を辞めたいと感じている方で、転職先について不安がある方は「転職エージェント」の活用をオススメします。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました