仕事に不満があって我慢できない!職場に不満があるならしておきたいことは?

職場に不満がある人は成長します。

冷静に考えてみてください。

現状に満足しきっている人って、それ以上努力すると思いますか?

しませんよね。

不満がある=もっとよくする意志がある」ということなんです。

「風通しのいい職場」なんて言葉もありますが、実際は不満を隠して、当たり障りのないことばっかり言ってる大人たちばかりですよね。

たとえ、不満を言ったとしても「勝手なことを言うな」と、一蹴されるのがオチです。

断言しておきましょう。

不満を放置している会社は絶対に成長できません。

では、なぜ「不満がある人」が成長できるか、冷静に考えていきましょう。

不満がない=成長余地がない

不満がないということは、成長する余地や意志がないということを意味します。

極端な話、原始時代のような生活を送っていて、文明の利器が必要ないと言う人がいれば、テクノロジーは必要ありませんからね。

職場に不満がない、あるいは不満を持つことを許さないと言っている人は、肉を生で食って満足しているようなもんです。焼肉にして、調味料やタレをつけたり、家族や友人と食べることでより美味しくなることを知らないから、1人で生肉を食べているだけの仕事で満足しきってるんです。

ビジネスアイデアとは、不満や不安から生まれるものです。

満足しきっているブタは、家畜のように餌を与えられるだけで生きていけるわけですね。

「職場に不満を抱くことを許さない」と言っている人は、原始人や家畜みたいなものです。

原始時代並の仕事で「オレも苦労しているんだからお前も苦労しろ!」だの言っていたり、「オレも薄給で命削って働いてるんだからお前もそうしろ!」なんて言っている人は、

お前も原始時代の生活をしろ!
家畜のような餌と生活で満足しろ!

…と主張しているわけですね。

まさに社畜どころか、社会の成長を否定する、悪しき人材としか言い様がないですね。

そんな愚かなことを主張しているから、いつまで経っても同じ環境で惨めに働き続けるしかないわけです。

なにせ「不満を解消する=成長する」という発想がないのですから。

「不満を解消する=成長する」こと

「不満を解消する」というのは、企業が成長するためには必要不可欠な能力です。

顧客の不満を放置していれば、そのうち強力な競合サービスが現れた瞬間、瞬く間に離れていきます。

そういったこともわからず「不満を言うな」と言っている会社は、もはやビジネスをする気がないと自白しているようなものです。

「クレームは大事にしろ」という言い分も、そういった隠れた不満を見つけ出すために行われるわけであります。

もっとも、実際は声にならない不満のほうが大多数なのですから「クレームを大事にしろ」と言っているのは、声にならない声を聞き出すことのできないバカの言い訳でもありますけどね。そういう会社ほど、従業員の不満は封殺するあたり、いかに言葉の表面だけしか理解していないかわかるでしょう。

話が逸れました。

不満を解消すること=成長することです。

あなたが職場に不満を抱いているのも、それは成長したい=もっと良くしたいという意志があることなんです。

我慢することが美徳の時代は終わりました

しかし、日本では不満を表立って口にすることはタブーとされています。

なぜなら、戦前から頭の成長が止まっている日本人が多いから。

未だに「欲しがりません、勝つまでは」ならぬ「欲しがりません、死ぬまでは」と思って、国の成長を否定している隠れ非国民もめちゃくちゃ多いです。

いつまで、戦前70年前の発想で頭が止まっているんでしょうか。

歴史をちゃんと学習していない証拠です。

さらに言うと、バカに至っては「不満を言わないこと=大人であること」と勘違いしている始末です。

大人ならば、不満を受け入れて前向きに改善していくことべきですからね。それもできない大人の皮を被った子供は実に多いです。今どき、我慢なんて子供でもできますから。ていうか、子供は我慢するしか選択肢がないことも多いですけどね。

そんなに我慢したければ、さっさと無給で劣悪な労働環境で働けばいいんじゃないでしょうか?

社会では不満のある人ほど伸びる

そういった事情もあり、職場では不満のある人ほど成長できます。

仕事というのは「環境を作り変えていくこと」がいちばん大切です。

大企業では定期的に人事の入れ替えを行い、新しい事業に手を出していきます。

一見、安定性のあって保守的な大企業ですら、その程度の成長戦略は行っているわけです。

今の環境で満足しきっている人間は、そこで成長が止まっているわけです。

つまり、大人に見えて、ただの子供です。

会社や今の環境にすがっているだけの、お子様です。実家で親の資産食いつぶしているニートや、与えられるおもちゃだけで満足しきっている子供と、大して変わりないわけです。

そういう奴らが「自称:大人」を名乗り、偉そうに説教たれているのが、日本の経済成長を否定している根本的な原因です。

そんな子供みたいな人材が、出世したり、昇給が見込めるわけありませんからね。

なんせ、成長しませんからね。

成長しない人間を育てるほど、企業も暇ではありませんからね。

不満を解消できる会社には良い人材・良い顧客が集まる

当然ながら、不満を解消して成長できる企業は、それだけ良い人材や良い顧客が集まり、社内環境も良くなります。

人は、住みやすい環境を求めて移住し続けますが、仕事しやすい職場や満足度の高いサービスですと、一生住み続けたいと思うわけです。

言ってしまえば、転職やサービス選びなどの選択肢というのは「国選び」みたいなものです。

今、世界中で移民問題が起こっていますが、それと一緒です。

不満を解消できる環境を人は欲しているのです。

それを否定するということは、発展途上国の貧困環境で、貧しい生活をし続けろと言っているようなものです。

資本主義社会の先進国である日本の国民が、いかに思想が貧しいままかおわかりいただけることでしょう。

もし、あなたが不満を解消できない職場にいるのであったら、それは発展途上国に住み続けているようなものです。そして、周りの人間も「発展途上国のような会社での仕事に満足しような!な?」と主張しているわけですね。

不満を抱かなくなった時、人の心は死にます。

なぜなら、よりよい人生を送ることを諦めてしまうわけですから。

不満を糧にもっと成長しよう!

あなたの職場は、不満を解消できる風通しの良い職場でしょうか?

日本の企業の9割以上は「不満を言うことすら許されない職場」ばかりがはびこっています。

なぜなら、発展途上国レベルの仕事で満足しきっている原始人が多いからです。

そんな職場で働き続けてしまっては、そのうち不満も忘れ、成長の止まった人間になっていくことは目に見えていますよね。

そうなる前に、一度転職を考えましょう。

転職するなら転職エージェントを使おう!

転職を考えるなら、転職エージェントに登録して相談することをおすすめします。

転職というのは、いうなれば「国選び」みたいなものです。

いつまでも発展途上国・原始時代のような発想をしている職場は、無料求人サイトやハローワークに求人出しただけで仕事した気になっています。そして、質の低い人材や、求めていない人材に無駄な時間を費やします。

しかし、今までの求人サービスに不満を抱く成長性のある会社は、転職エージェントを有効活用しています。

つまり、転職エージェントとは「不満を持つ者同士が、お互いに成長できる転職サービス」といえるわけです。

まさに先進国ならではの、転職サービスですね。

この転職エージェントを利用して転職しない人は、もはや成長する気がまったくないと言えますね。

職場に不満を持つということは、成長する気があるということです。転職エージェントでは、不満を成長する動機に変える人々を歓迎しています。利用しない手はないでしょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ