大雑把な人に向いてる仕事10選

このページでは大雑把な人に向いてる10の仕事について紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

大雑把な人に向いてる仕事【解説付き】

大雑把な人に向いてる仕事は以下の通りです。

  • 広告プランナー
  • ゲームプランナー
  • マーケター
  • バイヤー
  • 店長・店主
  • 不動産営業
  • 金融マン
  • ファイナンシャル・プランナー
  • インストラクター
  • スポーツチームスタッフ

いずれの仕事も、完璧を求めるよりは大雑把な方がやりやすいと感じることが多い仕事です。
向いてる理由も解説していきますので、ぜひ自分に合った仕事を見つけ出してみてください。

広告代理店スタッフ

広告代理店スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発信したい情報の内容を把握して、もっとも効果的な宣伝方法を企画・立案し、実際の制作物としてつくり上げることです。

扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットによる広告・宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、 さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広告までと多岐にわたります。

求められる人材としては「広告プランナー」「コピーライター」「CMプランナー」「アートディレクター」「グラフィックデザイナー」「営業マン」など、さまざまな職種やスキルが求められます。

このように広告代理店には幅広い職種が存在するため、一つのスキルを極めてない大雑把な人でもこなせる仕事の一つだと言えます。

広告代理店は従業員数人の小規模な会社から、100人以上の大きな会社までと様々ですが、中規模以下の広告代理店では未経験者を募集していることも少なくありません。
広告代理店スタッフとして働きたいなら、そういった会社の求人を探し出してみて、応募してみるといいでしょう。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームソフト開発~商品化の企画を担当する仕事です。任天堂やSONYなど、大手ゲーム会社が販売している家庭用ゲーム機で動くソフトを開発する「セカンドパーティー(他社製品と連携して用いる製品の提供者)」と呼ばれる会社が主な勤務先となり「どのようなゲームソフトを作るのか?」という、企画段階から関わっていくことになります。

ゲームプランナーになるには、理工系の大学や ITソフトウェア関連の専門学校、ゲームクリエイーターを養成する専門学校などでプログラミングの基礎を学びぶことで、ゲームメーカーやソフトウェア開発会社に就職するのが一般的です。

ゲームプランナーは幅広いスキルが必要な一方で、細かい作業はクリエイターやエンジニアに振ることが多い立場となるため、大雑把な人に向いてる可能性があります。

もし、転職してゲームプランナーを目指すのであれば、未経験からでも働きやすい「ゲームデバッガー」としてゲーム制作と関わって業界内でキャリア構成していくか、プランナー・ディレクター候補としての人材を募集しているゲーム関連会社の求人に応募してみるといいでしょう。

服飾バイヤー

デザイナーやメーカーが主催するファッションショーなどに足を運び、自店(社)のコンセプトや販売方針に合った服を選び、価格を交渉して仕入れるのが服飾バイヤーの仕事です。流行を逃さず、良い商品をいかに安く仕入れられるかが勝負です。未発表のブランドを発掘し、新たに販路を広げるのもバイヤーの大切な仕事と言えるでしょう。

ショップやメーカーで販売実績を積んだあと、仕入れ担当の部署に配属されるのが一般的です。海外へ洋服や雑貨の買い付けに行くこともあるので、外国語が話せると有利でしょう。また近年では、企業に所属するバイヤーとは別に、個人が通販サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて商品を紹介することも可能になっている。たとえば、通販サイト「BUYMA」にはそうしたパーソナルショッパー(バイヤー)が135か国9万人いると聞きます。

雑貨バイヤー

雑貨店で売るための商品を買い付けるのが雑貨バイヤーです。雑貨店で扱うオリジナルの商品以外は、見本市や問屋などで買い付けてから店舗で販売することが多いのです。中小のショップでは多くの場合、オーナーや店長がバイヤーを兼ねています。海外で買い付ける機会が多いので、英語が話せると非常に有利となります。

バイヤーになるには、雑貨店を経営する企業に就職し、店舗の販売スタッフとして一通りの経験を積んだあとに目指すとよいでしょう。商品や流通ルートに関する知識に加えて、買い付けに際しては高度な交渉力が問われます。

また、売れる商品を見極められるかどうかがバイヤーの腕の見せ所です。雑貨が好きで、雑貨ショップをめぐり、リサーチするのが苦にならない人が向いています。

輸入家具バイヤー

世界各国から、家具を安く買い付け、日本国内で販売するのが輸入家具バイヤーの仕事です。仕入れた家具は、国内の家具店に卸したり、 みずからのショップで販売します。売れ筋を見極める目とインテリアに関する知識が不可欠な職業と言えるでしょう。

建築やインテリア関係の大学・専門学校を卒業後、卸売り業者に勤務するケースが多いです。独立して自分のショップを構える場合も、卸売り業者で輸入販売のノウハウを学んだほうが成功する確率は高くなります。

また、質のいい輸入家具を安く仕入れるには、英語力が必須と言えます。日常会話レベルではなく、専門用語や契約に関してのビジネス用語も使いこなせるレベルを目指しましょう。

店長・店主

不動産営業

住宅や土地の購入・売却・賃貸を考えている人に接し、さまざま な要望を聞きながら契約をまとめていくのが不動産営業員の仕事。 例えば不動産店(営業所)に来店した客に、物件の位置、住宅の間 取り、価格、日当たりなどを説明する。住宅や土地の購入に際して は、資金・法律・税金などの問題についても説明を行なう。

客が物 件に対して興味を持ったら、現地へ案内。商談がまとまったら契約 書を作成する。契約は不動産取引の専門家である宅地建物取引士が 手続きを行なうことになる。
高校や大学を卒業後、住宅メーカーや不動産会社、建設会 入社に勤務。宅地建物取引士の資格を取得しよう。

高校や大学を卒業後、住宅メーカーや不動産会社、建設会社に勤 務する。およそ半年間の研修期間を経て各営業所に配属される。会 社によっては、宅地建物取引士の資格を取得することを義務付けて いるところも多い。

宅地建物取引士の資格試験は、不動産適正取引推進機構が実施し ている。将来性を考えてもぜひ取得しておきたい資格である。

Let’s 検索 不動産適正取引推進機構>宅建試験

金融マン

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれる。
いずれも特別な資格が必要なわけでなく、就職試験に合格して、その人生をスタートすることになる。

従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっているし、 ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えている。

今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついている。
その中でも金融業界は経済を主導する工場にある。
特に欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っている。
その傾向は今後ますます強まっていくだろう。

そういう意味では、仕事は大変だが、それだけ働きがいのある仕事だと言える。
一方、転職が当たり前になりつつある今、金融マンがそれぞれの分野に磨いたスキルは幅広い業種でも取られることになり、転職にも有利となる。
例えば、銀行マンなら財務や分析の知識を生かして、一般の企業の財務関係の部署に転属する道が開けるだろう。

証券マンなら、企業情報や財務や株などの知識を武器にM&A(買収・合併)の会社などに転職するという手があるし、経済や金融などの専門誌を出している出版社に就職する人もいる。
大手企業の中にはリスクマネジメントに取り組むところが多く、損保や生保の知識も活かせるだろう。

しかし、漠然と過ごしていたのでは、他の業界に移って活躍できるだけのスキルを磨くことはできないことは言うまでもない。
これは金融業界で働く人に限らないが、日本人の働き方が大きく変わろうとしている今、常に自分のスキルを高めようとする意識を持つことが大切な時代になってるということである。

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーとは、個人の資産運用の相談に応じて、総合的な資産運用や管理方法をアドバイスする専門家のことで、「FP」と略されることもある。
主な仕事は、相談者の資産状況を分析し、投資計画や貯蓄計画、保険や遺産相続対策などの資産設計や運用法について総合的な視点でアドバイスすること。
幅広く最新の金融知識を持つことはもちろん、不動産や法律ついての広い知識が求められる。
さらに顧客の希望を丹念に聞き、正確に理解する力が不可欠で、顧客が不快感や抵抗感を持たずに相談できるような信頼を得る必要がある。
また、法律の変更や社会状況の変化によって資産運用の方針が変わることもあるため、あらゆる情報を多方面から習得し、常に社会情勢に敏感であることが求められる。
この仕事につくのに特別な資格は必要ないが、一般的には日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のファイナンシャル・プランナー資格(AFP資格・CFP資格)などを取得しておく方が有利とされる。
まずはAFP(Affiliated Financial Planner)の研修受講および認定試験(2級FP技能検定)に合格し、さらにその上級資格であるCFP(Certified Financial Planner)のライセンスを取得すると仕事をする上で有利になる。
このCFP資格は北米、アジア、ヨーロッパオ、セアニアを中心に、世界の24の国と地域で導入されている。
資格取得者は、銀行・証券・生保・損保などの金融機関をはじめ、不動産会社、税理士事務所、会計事務所でも積極的に採用されている。
その他、独立して貯蓄や投資に関するアドバイザーとして活躍している人も多い。

インストラクター

スポーツチームスタッフ

プロ野球やJリーグなどのプロスポーツチームでは、選手以外にも以下のようなスタッフが働いてチームを支えています。

  • 広報(新聞やテレビなどのマスメディアの取材に対応)
  • 通訳(外国人選手につく)
  • スカウト(チーム強化のために新たな選手の発掘と獲得を行う)
  • 営業職(関連グッズやチケットの販売などに携わる)

こうして見ると、プロスポーツチームも一般企業と変わりなく、一般職相当の仕事があることがわかってくるはずです。ですので、スポーツチームの広報や営業職として働くのであれば、一般企業同様、学歴やビジネス経験・資格があった方が有利だと考えられます。通訳を目指すなら、英語力はもちろんのこと、韓国語やスペイン語などの語学も磨いておくと、採用に有利になることでしょう。

大雑把な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました