【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

大雑把な人に向いてる仕事を厳選紹介!雑な性格ほど適性を発揮しやすい職業の条件とは?

「自分は大雑把な性格で細かいことが苦手…」
「正確さを求められる仕事にストレスを感じる…」
「綿密に計画を立てるよりはざっくり方向性だけ決めてやる方が好き」

このように考えている人が
本当に自分に合った適職
見つけ出せるように
この記事では様々な
情報をお届けしていきます

大雑把な性格は、言い換えると、

  • 細かいことにこだわらない
  • 豪快
  • 大胆
  • 無造作
  • ざっくりとしている
  • アバウトな性格

など、良い部分もたくさんあります。

しかし、細かいことにこだわる職場や、完璧主義な人からは、

  • いい加減
  • 仕事が雑
  • ミスが多い
  • 無計画

など、マイナス評価されることもあることでしょう。

向いてる仕事を見つけ出すコツは、自分の良い部分(=強み)が活きる職業や会社を選ぶことが第一です。

逆に向いてない仕事は、自分の欠点が目立ったり上司に指摘されることが多く適性をイマイチ発揮できないことが多くなります。

この記事を最後まで読むことで
自分の才能を発揮できる
「向いてる仕事」と
実際に就くための方法が
見えてくるぞ!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

大雑把な人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

大雑把な性格の持ち主は、時としてその性格が仕事場での様々な問題を引き起こすことがあります。その短所を知り、意識することでより良いキャリアを築くヒントとなるでしょう。

仕事内容のミスや雑さが目立ち指摘される機会が増える

大雑把な性格の持ち主は、詳細にこだわらない傾向があります。
これは、仕事の精度が低下するリスクがあります。例として、データ入力のミス、重要なステップの省略、情報の欠落などが考えられます。
同僚や上司から「不注意」「粗雑」といった評価を受けることが多いでしょう。

細かな報連相を怠り対人面でトラブルになることがある

報告、連絡、相談の流れを怠ることが多いです。
このような状況は、プロジェクトの遅延、誤解の原因、予期しない問題の発生といった実害を招く可能性があります。
周りの人々から「信頼性に欠ける」「情報共有が不十分」と感じられることが多いでしょう。

見切り発車しがちで長期計画が必要な業務で困難な事態に対応できない

計画的に物事を進めるのが苦手で、短期的な対応を優先することが多いです。
これが原因で、期限を守れない、予算超過、後からの手直しが頻発するなどの問題が生じることがあります。
関係者から「先見の明がない」「計画性に欠ける」と評価されることが多いでしょう。

緻密な設計や計画、高度な専門知識が要される仕事に対応できない

細部までの計画や緻密な作業が得意でないです。
この特性は、高度な技術や知識を要する業務、詳細な計画が求められるプロジェクトでの対応が難しいことを意味します。実害としては、仕事の遅れ、質の低下、再作業の増加などが考えられます。
関係者から「専門性に欠ける」「詳細に注意が行き届かない」と感じられる可能性が高いでしょう。

緻密な設計や計画、高度な専門知識が要される仕事に対応できない

感覚的な判断を好むため、具体的な理由や根拠を伝えるのが難しいです。
この性格は、他人への指導や教育時に説明不足や伝え忘れが発生することがあります。結果として、教える側と学ぶ側の間での誤解や不満が生じるリスクがあります。
受講者や部下から「伝え方が雑」「指導が不十分」と感じられることが多いでしょう。

大雑把な人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

大雑把な人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼大雑把な人が持つ意外な適性

  • 要領が良い
    頭の回転が速い、勘が良い、重要な仕事を見極める、細部よりも全体にこだわる、要点を理解する
  • 考えるよりも動く
    挑戦的、無駄なルールや慣習に縛られない、知識よりも実践派

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、大雑把な人に向いてる仕事を解説していきます。

大雑把な人に向いてる仕事は以下の通りです。

  • 広告プランナー
  • ゲームプランナー
  • マーケター
  • バイヤー
  • 店長・店主
  • 不動産営業
  • 金融マン
  • ファイナンシャル・プランナー
  • インストラクター
  • スポーツチームスタッフ

いずれの仕事も、完璧を求めるよりは大雑把な方がやりやすいと感じることが多い仕事です。
向いてる理由も解説していきますので、ぜひ自分に合った仕事を見つけ出してみてください。

広告代理店スタッフ

広告企画制作会社スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発信したい情報の内容を把握して、もっとも効果的な宣伝方法を企画・立案し、実際の制作物として作り上げることです。扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットによる広告や宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広告までと多岐にわたります。

広告企画制作会社で求められる人材は、広告プランナー、コピーライター、CMプランナー、アートディレクター、グラフィックデザイナー、営業マンなど、さまざまな職種が求められます。自分がなりたい職種を決めて、スキルを学べる専門学校や大学へ進みましょう。広告企画制作会社の規模は、数人の小さい事務所から100人以上の大所帯までさまざまです。また、会社によっては得意とするジャンル・媒体もわかれています。自分のやりたい分野がはっきりわかっている人は、その分野で必要とされるスキルを学べる大学や専門学校に進み、基礎的な能力を身につけ、 その上で希望する職種のある企業へ就職しましょう。

大胆に効果的な広告を考えられる大雑把な人にも向いている職業だといえるでしょう。

ゲームプランナー

ゲームソフトを企画して、企画が通れば開発の人間に企画の内容を伝え、プログラム言語を用いて試作品を完成させ、商品化していくのがゲームプランナーの仕事です。ゲームクリエイター、ゲームデザイナーとも呼ばれれています。

ゲームプランナーの多くは、任天堂やソニーなど大手 IT 企業(プラットフォーマー)が構築したシステムで動くソフトを開発するセカンドパーティーと呼ばれる会社(ゲーム開発専門企業)に勤務しており、どんなゲームソフトをつくるのかという企画から関わっていきます。

ゲームクリエイターになるには、理工系の大学や ITソフトウェア関連の専門学校、ゲームクリエイターを養成する専門学校などでプログラミングの基礎を学ぶことで、ゲームメーカーやソフトウェア開発会社に就職しています。

ゲームプランナーは幅広いスキルが必要な一方で、細かい作業はクリエイターやエンジニアに振ることが多い立場となるため、大雑把な人に向いてる可能性があります。

セールスプロモーション

商品やサービスが「もっと売れるように」さまざまなアプローチをしてサポートしていく仕事がセールスプロモーション(販売促進)です。具体的には作り手(自社)・売り手(卸売り・小売り)・ユーザーの3者に対して、商品やサービスが売れるよう働きかけることになります。セールスプロモーション会社では、商品を販売したい広告主(メーカーなど)やプロモーション全体を仕切っている広告代理店から依頼を受けて、さまざまな企画を実行します。まず、クライアントの抱える課題を見つけ出し、その課題を解決するために、多岐にわたるプロモーション方法のなかから最適な方法を選びます。その方法はひとつの場合もあれば、いくつかを組み合わせて行なわれる場合もあります。

セールスプロモーション会社に就職するのに、学歴や資格、経歴は不問です。未経験の場合は、まずアシスタント職として入社して経験を積み、プロデューサーやディレクターを目指すのが一般的です。 ただ、必須となるのは企画書の作成になり、企画立案の経験はとても重要視されます。イベントを企画するだけでなく、そこからどう購入まで繋げていくかというアイデアが重視されます。また、SNSを利用するなど、時代に合った手法で企画立案できることも重要です。

こだわりすぎると逆にうまくいかないこともある業務のため、大雑把な人にむいている仕事といえるでしょう。

バイヤー

バイヤーとは、商社や百貨店、チェーンストアや小売店などに実際の店舗に並ぶまでに流通業界から商品の仕入れを行う人のことを広く指します。

消費者のニーズに合った商品を選択して買い付けを行なったり、商品が店頭に並んでからも消費者の反応を見るために売り場に立つこともあります。買い付けを行なうだけでなく、商品知識や市場を読む力を活かして広告やマーケティング、製品開発に携わることもあります。

バイヤーになるためには特別な資格は必要ないため、誰にでもチャンスはある仕事だと言えます。まずは商社や百貨店などに就職し、販売や商品開発、広告などの部門で業務をこなしてからバイヤーとして配属されるコースを目指すといいでしょう。

バイヤーに必要な資質には「商品の質を見極める洞察力」「取引先と渡り合える商人としての高い交渉力」「海外との取引の際に求められる英語力」になります。

幅広い知識をもって、売れ筋商品を大胆に見極められる大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

服飾バイヤー

デザイナーやメーカーが主催するファッションショーなどに足を運び、自店(社)のコンセプトや販売方針に合った服を選び、価格を交渉して仕入れるのが服飾バイヤーの仕事です。流行を逃さず、良い商品をいかに安く仕入れられるかが勝負です。未発表のブランドを発掘し、新たに販路を広げるのもバイヤーの大切な仕事と言えるでしょう。

ショップやメーカーで販売実績を積んだあと、仕入れ担当の部署に配属されるのが一般的です。海外へ洋服や雑貨の買い付けに行くこともあるので、外国語が話せると有利でしょう。また近年では、企業に所属するバイヤーとは別に、個人が通販サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて商品を紹介することも可能になっている。たとえば、通販サイト「BUYMA」にはそうしたパーソナルショッパー(バイヤー)が135か国9万人いると言われています。

幅広い知識をもって、売れ筋商品を大胆に見極められる大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

雑貨バイヤー

雑貨店で売るための商品を買い付けるのが雑貨バイヤーです。雑貨店で扱うオリジナルの商品以外は、見本市や問屋などで買い付けてから店舗で販売することが多いのです。中小のショップでは多くの場合、オーナーや店長がバイヤーを兼ねています。海外で買い付ける機会が多いので、英語が話せると非常に有利となります。

バイヤーになるには、雑貨店を経営する企業に就職し、店舗の販売スタッフとして一通りの経験を積んだあとに目指すとよいでしょう。商品や流通ルートに関する知識に加えて、買い付けに際しては高度な交渉力が問われます。

幅広い知識をもって、売れ筋商品を大胆に見極められる大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

輸入家具バイヤー

世界各国から、家具を安く買い付け、日本国内で販売するのが輸入家具バイヤーの仕事です。仕入れた家具は、国内の家具店に卸したり、 みずからのショップで販売します。売れ筋を見極める目とインテリアに関する知識が不可欠な職業と言えるでしょう。

建築やインテリア関係の大学・専門学校を卒業後、卸売り業者に勤務するケースが多いです。独立して自分のショップを構える場合も、卸売り業者で輸入販売のノウハウを学んだほうが成功する確率は高くなります。

また、質のいい輸入家具を安く仕入れるには、英語力が必須と言えます。日常会話レベルではなく、専門用語や契約に関してのビジネス用語も使いこなせるレベルを目指しましょう。

幅広い知識をもって、売れ筋商品を大胆に見極められる大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

新聞販売店員

新聞販売店とは、各世帯と新聞の宅配契約を結び、新聞の配達、集金、営業、区域管理などの業務を行なう店のことです。新聞社との新聞販売取引契約に基づき販売事業を行っています。販売店によっては、複数の新聞社と契約している場合もあります。主な収入源は新聞購読料と折り込みチラシの売上となっています。

配達員に関しては、とくに必要な資格や学歴はありません。中学生(13歳以上)でも、親や中学校、労働基準監督署の同意・許可があれば、配達のアルバイトをすることが可能です。配達員の多くは、主婦や会社員、定年退職された人などが、空いた時間を活用して配達しているようです。詳しくは近くの新聞販売店に問い合わせてみましょう。

アルバイトなら、とくに難しいことを考えずにできるので、大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

自動車販売店員

自動車販売店員は、宣伝・情報収集・分析・販売計画・顧客管理といった流れのなかで、チームを組んで自動車を販売します。店頭での対応のほか、配属された担当地域では、過去に来店したり、購入実績がある顧客の自宅を訪問することもあります。イベントの案内や新製品の紹介などによってコミュニケーションを深め、「得意客」を増やすことも重要な仕事です。

自動車販売店員になるには、まずはメーカーなどの研修センターで研修を受けることが多いようです。その後は各ディーラーにおいて自動車一般・法律・販売・登録・代金回収などに関する基礎教育を受け、先輩について顧客を訪問しながらセールスのノウハウを身につけます。試乗や納車を行なうために、自動車の運転免許は不可欠です。また「自動車整備士」の資格を持っていると活躍に有利となるでしょう。

考え込むよりも行動するほうが早い大雑把な人にも向いている職業だといえるでしょう。

パチンコ店員

パチンコ店員は大まかにホールスタッフ、カウンタースタッフ、清掃スタッフの3つにわかれます。ホールスタッフはパチンコやスロットで大当たりした際のドル箱を入れ替えたり、お客さんが帰る時には玉やメダルを計数機に流したりします。そのほか、ホールの見回りをし、長時間不在の席を見つけたら整理したり、パチンコ台やスロット台で発生する玉やメダルの詰まりを解消したりします。また、カウンタースタッフは利用客の出玉を景品に交換したり、景品の在庫管理を行なうほか、店内アナウンスをしたり、お客さんの上着を預かったり、充電器を貸し出したりするなどの業務をすることもあります。清掃スタッフは開店前や閉店後にパチンコ台や床、トイレなどの店内設備の清掃を行ないます。

パチンコ店員になるのに学歴や経歴は不問ですが、立ち仕事の上、重たいドル箱を持ち歩かなくてはならないため体力は必須になります。詳しくは近くのパチンコ店に採用情報を問い合わせてみましょう。

アルバイトなら、とくに難しいことを考えずにできるので、大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

書店員

書店員は、書店で本の販売とそれに付随するさまざまな業務に携わるのが仕事です。売り上げを伸ばすためには陳列などにも工夫が必要となりますし、お客さんからの質問に答えるために、最新情報や商品の配置も常に把握しておかなければなりません。近年は、書店員の投票によって決まる「本屋大賞」をはじめ、書店独自の宣伝POPやPRからベストセラーが生まれることも多く、書店員の目利き力にも期待がされています。

書店員になるのに必要な資格などはありません。いくつも支店を構えるような大きな書店では、正社員としての採用の条件に大卒が求められることもありますが、それ以外では学歴を問われることもありません。詳しくは近くの書店に採用情報を問い合わせてみましょう。

考え込むよりも行動するほうが早い大雑把な人にも向いている職業だといえるでしょう。

CD・ビデオレンタル店員

CD・ビデオレンタル店で、映画やドラマなどのビデオ(DVD、ブルーレイ)、音楽CDなどの貸出と返却の受付業務のほか、商品管理や顧客情報の管理などを行なうのがCD・ビデオレンタル店員の仕事です。

ほとんどの店舗が会員制を採用しており、初めて利用するお客さんには入会手続をしてもらいます。免許証などで本人確認をして会員証を発行し、利用方法を案内します。貸出の際にはカウンターにて員証を提示してもらい、会員番号と商品バーコードをリーダーで読み取って後、代金を受けとり、返却期限を確認して商品を貸し出す。返却の際には、再び商品データを読み取り、期限内に返却されているか確認します。返却されたビデオやCDに傷などの異常がないかをチェックし、店内の棚に戻します。そのほか、会員からの問い合わせに対応したり、返却予定日を過ぎても商品が返却されない場合には電話による督促なども行ないます。

また、商品仕入れの仕事もあります。最新作品や入会時に登録された会員のニーズにあわせて商品を揃え、店内に陳列します。毎月数多くの新作ビデオやCDが発売されるなかから、会員のニーズにあった商品を仕入れる必要があるため、日頃から情報誌やメディアをチェックするなどして、幅広い商品知識を持つことが必要となります。

CD・ビデオレンタル店員になるのに学歴や経歴は不問です。詳しくは近くの店舗に採用情報を問い合わせてみましょう。

アルバイトなら、とくに難しいことを考えずにできるので、大雑把な人に向いている職業といえるでしょう。

店長・店主

店長・店主とは、お店の管理者として販売から接客、売上管理までを担当する仕事全般を指します。コンビニ店長のような全国展開しているチェーン店で働くこともあれば、個人で開業してから仕入れから販売まで1人でこなすこともあります。

店長・店主になるには、アルバイトから昇格することもあれば、大手チェーンに正社員として雇用されて配属されることもあり、個人で経営することもあります。大手小売の店長職は離職率が高い傾向がある反面、求人募集も多いため、気になるなら転職サイトで探してみるといいでしょう。

店長・店主は仕事の範囲が広く、細かいことにこだわるよりは重要な箇所のみ集中して取り組み、アルバイトやパートに細かい作業を任せる力も必要なため、大雑把な人の方が適性は高いと言える職業でしょう。

不動産営業

住宅や土地の購入・売却・賃貸を考えている人に接し、さまざまな要望を聞きながら契約をまとめていくのが不動産営業員の仕事です。 たとえば不動産店(営業所)に来店したお客さんに、物件の位置、住宅の間取り、価格、日当たりなどを説明します。住宅や土地の購入に際しては、資金・法律・税金などの問題についても説明を行ないます。

お客さんが物件に対して興味を持ったら現地へ案内し、商談がまとまったら契約書を作成します。契約は不動産取引の専門家である宅地建物取引士が手続きを行ないます。

高校や大学を卒業後、住宅メーカーや不動産会社、建設会社に勤務します。およそ半年間の研修期間を経て各営業所に配属されます。会社によっては、宅地建物取引士の資格を取得することを義務付けているところも多数あります。

宅地建物取引士の資格試験は、不動産適正取引推進機構が実施している。将来性を考えてもぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

考え込むよりも行動するほうが早い大雑把な人にも向いている職業だといえるでしょう。

金融営業

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれています。いずれも特別な資格が必要な職業ではありません。

従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったのですが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっていたり、ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えています。

今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついており、そのなかでも金融業界は経済を主導する工場となっています。とくに欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っています。そういう意味でも仕事は大変ですが、それだけ働きがいがあるとも言えます。

考え込むよりも行動するほうが早い大雑把な人にも向いている職業だといえるでしょう。

インストラクター

インストラクターとは日本語では「指導員」と訳され、その名の通り、他人に何かを教えたり指導することが仕事内容となります。インストラクターと呼ばれる仕事は、以下のように様々なジャンルに存在します。

スポーツ スポーツクラブインストラクター
ダンスインストラクター
エアロビクスインストラクター
美容・健康
美容インストラクター
ヨガインストラクター
ピラティスインストラクター
ライフワーク
食育インストラクター
生涯学習インストラクター
ティーインストラクター
レジャー
キャンプインストラクター
アウトドアインストラクター
レクリエーションインストラクター
森林インストラクター
釣りインストラクター
スキューバダイビングインストラクター
ビジネス
OA機器インストラクター
パソコンインストラクター

趣味のインストラクターはもちろん、OA機器インストラクターのような企業相手に活躍するインストラクターもいます。インストラクターになるには、資格取得が必須なものもあれば、知識や経験さえあれば自由に名乗れるものもあるので、興味があるなら詳しい情報を調べてみるといいでしょう。

何かしらの専門的な知識や経験があり、人に教えることに興味があるなら、インストラクターを目指してみることを考えてみるのもいいでしょう。

スポーツチームスタッフ

プロ野球やJリーグなどのプロスポーツチームでは、選手以外にも以下のようなスタッフが働いてチームを支えています。

  • 広報(新聞やテレビなどのマスメディアの取材に対応)
  • 通訳(外国人選手につく)
  • スカウト(チーム強化のために新たな選手の発掘と獲得を行う)
  • 営業職(関連グッズやチケットの販売などに携わる)

こうして見ると、プロスポーツチームも一般企業と変わりなく、一般職相当の仕事があることがわかってくるはずです。ですので、スポーツチームの広報や営業職として働くのであれば、一般企業同様、学歴やビジネス経験・資格があった方が有利だと考えられます。通訳を目指すなら、英語力はもちろんのこと、韓国語やスペイン語などの語学も磨いておくと、採用に有利になることでしょう。

チームに対するこだわりが強すぎると上手くいかないことも懸念される業務なので、大雑把な人にむいている職業といえるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました