難易度高め!?大阪から東京へ転職するメリットと成功させるために必要なこととは?

「大阪から東京へ転職したい…」そう悩んでいませんか?
東京は大阪よりも平均年収が高く、日本国内の労働人口の4割以上が関東圏で働いているというデータもあります。
それだけ東京は文化や経済の中心地であり、仕事においても選択肢は広いと言えます。

一方で、大阪も第二都市として人や仕事も多くはありますが、東京と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。
そのため、大阪から東京へ転職しようと考えている人も少なくはないはずでしょう。
そこで当記事では、大阪から東京へ転職しようと悩んでいる人に向けて、知っておきたいことをまとめてご紹介していきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

大阪から東京の企業に転職したい理由は?

まずは、大阪から東京へ転職したいと感じる理由についてご紹介していきます。自分自身の気持ちの整理や、転職活動時の志望動機としてご活用ください。

東京の仕事は大阪に比べて平均年収が高い

東京および関東圏の平均年収は大阪に比べてやや高めです。

・2016年の平均年収

東京都 473万円
神奈川県 477万円
千葉県 445万円
埼玉県 439万円
大阪府 411万円

出典:平均年収ランキング2016(47都道府県の平均年収)|doda

単純に平均年収だけで比べると、東京と大阪では66万円もの平均年収の差があります。
これは「同じような仕事であっても働いている場所の違いだけで年収差が開く」という残酷な現実を表していると言えます。

つまり、大阪から東京への転職を成功させれば、今と変わらない仕事量であっても年収が上がる可能性が高まるのです。
もちろん、今の自分のキャリアで都内に転職可能な企業があるかどうかで変わってきますが、平均年収が高い分、基本給が上がる可能性が高い事実は見過ごせないでしょう。

また、地方間での平均年収の格差に関してよく言われるのが「地方は物価が安く都内は物価が高いので、自由に使えるお金は変わりない」という指摘です。
これに関しては、大阪と東京で賃貸物件の相場はそこまで変わらない上、光熱費の固定費も誤差の範囲なので、実際は東京で転職して年収が上がった分だけ生活が豊かになりやすいと言えます。

東京には有名企業の本社など魅力的な仕事が多い

東京都内には名だたる有名企業の本社が数多く存在します。
逆に大阪では有名企業の事業所があるだけで、本社は都内にあることも少なくありません。
大阪に事業所があるならともかく、東京都内にしか事業所のない会社も数多く存在します。

つまり、事業が上手く行っていて東京から大阪へ進出する企業は多いものの、逆はそこまで多くはないということです。

また、広告業やエンタメ産業などの華やかな仕事の多くは東京都内に本社があり、都内でほとんどの仕事が回っています。
そう考えていくと、東京近郊に住むことで得られる仕事の選択肢は広がる一方で、大阪では選択肢は狭まるということです。

ちなみに、有名転職サイト「リクナビNEXT」の公開求人で見てみても、東京都内の求人は1万5000件近くあるのに対し、大阪の求人は3000ばかりと、実に5倍近くの差が出ている事実からも、いかに東京に多くの仕事が集まっているかがわかるはずでしょう。

「最終的に選ぶ仕事は一つなので求人数が多くても関係なくない?」という声もありますが、求人母数が多いということは、それだけ自分が求める理想の条件に近い会社と出会える可能性が上がるということを意味します。終身雇用制度が崩れ、誰もが転職を考えないといけない現代において、東京で働き仕事の選択肢が増えることは大きなメリットだと言えるでしょう。

東京の人は大阪に比べて冷静な性格の人が多め

世の中には「県民性」と呼ばれる、その地域に住む人や集まる人の性格傾向が存在します。
大阪は元々商売で栄えた町という経緯もあるためか、気性の荒い商売っ気が強い人が集まる一方で、都内は冷静で他人に干渉しない人が多く感じます。

また、東京都内は生粋の江戸っ子よりも、変化を求めて上京してきた若者が多いため、挑戦心のある人と仕事で出会いやすいとも言えます。
もちろん、大阪や地方にもそのような人物はいますが、上京して実際に行動している…という意味では、東京都内の方が自分の人生に良い影響を与えてくれる人物と関わりやすいと言えるでしょう。

都内では公私ともに人との出会いが多い

東京は文化や経済の中心地だけあって、公私ともに人との出会いが増えやすいと言えます。
仕事でもよりハイレベルな人材と関わることで刺激になり、自身の成長にもつながることでしょう。
また、キャリアだけでなく恋愛や結婚を考えた場合、都内の方が出会いが増えやすいと言えます。

大阪から東京へ転職する時のポイントは?

ここからは具体的に、大阪から東京へ転職する際に注意すべきことをご紹介していきます。というのも、都内の求人にいきなり応募しても「大阪住まい」というだけで落とされる確率が高くなるからです。ですので、出来れば万全の準備をした上で転職活動に臨んだ方が間違いなく済むはずでしょう。

「大阪から東京へ住みたい」という動機以外も探し出す

大阪から東京へ転職する際、真っ先に考えておきたいことが「大阪から東京へ転職したい」以外の動機も探し出すということです。
当然ですが、転職の志望動機としては弱く、よほど経歴が企業の求めてる人物像と合ってなければ、転職活動が難航しやすくなります。

具体的に言えば、転職することで自分と企業が得られるメリットをイメージするといいかもしれません。
たとえば、今まで仕事で関わる人が限定的だったなら「都内で働くことでより様々な業種や職種の人と仕事で関われると思ったから」と説明すれば説得力が上がるはずでしょう。
逆に「東京の方が年収が高いから…」というような、転職先や仕事内容と関係の薄い志望動機は避けた方がいいです。
あくまで転職は大阪から東京へ引っ越すための手段に過ぎないため、本来の目的である転職自体は分けて考え、転職先となる企業や仕事内容に焦点を当てて志望動機を考えるといいでしょう。

転職活動や引っ越し用の貯金があると安心

大阪から東京へ転職する場合、大事になるのが「引っ越し用の資金があるかどうか?」ということです。
引っ越しの際は思わぬ出費がかさみますので、最低でも20万円ほどの余裕が欲しいものです。また、住所変更の手続きなどで時間もかかりますので、有給休暇を消化するなどして時間を作る必要もあります。
いずれにせよ、引っ越し用の費用が準備できなければ、都内への転職も思うように進まなくなりますので、引っ越しのための予算やスケジュール管理も考えておくといいでしょう。

大阪で働きながら都内の仕事を見つけ出すとさらに安心

大阪から東京への転職を考えるなら、転職エージェントに登録してプロの専門家に相談しておくといいでしょう。
転職エージェントは無料で使え、自分に合った求人を紹介してくれ、内定後の調整も行ってくれます。

すでに説明した通り、無策で大阪から東京の求人に応募しても落とされる確率が高いため、まずは転職エージェントで専門家の意見を聞いておき、どのような求人なら転職可能かどうかを知っておくといいでしょう。

幸い、転職エージェントでは東京・大阪どちらにも事業所があることが多いため、大阪から東京へ転職する際に心強い味方になってくれるはずです。
また、わざわざ都内にまで行かずとも、電話面談やネットでの書類選考でスムーズに転職活動が進められるため、面接前の準備は自宅で空いた時間にも進めることができます。大阪から東京へ転職を考えている方は、この機会にぜひ転職エージェントを利用してみてください。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました