大阪から東京への転職を成功させるためのコツ。関西から関東へ転職するメリットとは?

「大阪から東京へ転職したい…」そう悩んでいませんか?
東京は大阪よりも平均年収が高く、日本国内の労働人口の4割以上が関東圏で働いているというデータもあります。
それだけ東京は文化や経済の中心地であり、仕事においても選択肢は広いと言えます。

一方で、大阪も第二都市として人や仕事も多くはありますが、東京と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。
そのため、大阪から東京へ転職しようと考えている人も少なくはないはずでしょう。
そこで当記事では、大阪から東京へ転職しようと悩んでいる人に向けて、知っておきたいことをまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

大阪から東京の企業に転職したい理由は?

まずは、大阪から東京へ転職したいと感じる理由についてご紹介していきます。自分自身の気持ちの整理や、転職活動時の志望動機としてご活用ください。

東京の仕事は大阪に比べて平均年収が高い

東京および関東圏の平均年収は大阪に比べてやや高めです。

・2016年の平均年収

東京都 473万円
神奈川県 477万円
千葉県 445万円
埼玉県 439万円
大阪府 411万円

出典:平均年収ランキング2016(47都道府県の平均年収)|doda

単純に平均年収だけで比べると、東京と大阪では66万円もの平均年収の差があります。
これは「同じような仕事であっても働いている場所の違いだけで年収差が開く」という残酷な現実を表していると言えます。

つまり、大阪から東京への転職を成功させれば、今と変わらない仕事量であっても年収が上がる可能性が高まるのです。
もちろん、今の自分のキャリアで都内に転職可能な企業があるかどうかで変わってきますが、平均年収が高い分、基本給が上がる可能性が高い事実は見過ごせないでしょう。

また、地方間での平均年収の格差に関してよく言われるのが「地方は物価が安く都内は物価が高いので、自由に使えるお金は変わりない」という指摘です。
これに関しては、大阪と東京で賃貸物件の相場はそこまで変わらない上、光熱費の固定費も誤差の範囲なので、実際は東京で転職して年収が上がった分だけ生活が豊かになりやすいと言えます。

東京には有名企業の本社など魅力的な仕事が多い

東京都内には名だたる有名企業の本社が数多く存在します。
逆に大阪では有名企業の事業所があるだけで、本社は都内にあることも少なくありません。
大阪に事業所があるならともかく、東京都内にしか事業所のない会社も数多く存在します。

つまり、事業が上手く行っていて東京から大阪へ進出する企業は多いものの、逆はそこまで多くはないということです。

また、広告業やエンタメ産業などの華やかな仕事の多くは東京都内に本社があり、都内でほとんどの仕事が回っています。
そう考えていくと、東京近郊に住むことで得られる仕事の選択肢は広がる一方で、大阪では選択肢は狭まるということです。

ちなみに、有名転職サイト「リクナビNEXT」の公開求人で見てみても、東京都内の求人は1万5000件近くあるのに対し、大阪の求人は3000ばかりと、実に5倍近くの差が出ている事実からも、いかに東京に多くの仕事が集まっているかがわかるはずでしょう。

「最終的に選ぶ仕事は一つなので求人数が多くても関係なくない?」という声もありますが、求人母数が多いということは、それだけ自分が求める理想の条件に近い会社と出会える可能性が上がるということを意味します。終身雇用制度が崩れ、誰もが転職を考えないといけない現代において、東京で働き仕事の選択肢が増えることは大きなメリットだと言えるでしょう。

東京の人は大阪に比べて冷静な性格の人が多め

世の中には「県民性」と呼ばれる、その地域に住む人や集まる人の性格傾向が存在します。
大阪は元々商売で栄えた町という経緯もあるためか、気性の荒い商売っ気が強い人が集まる一方で、都内は冷静で他人に干渉しない人が多く感じます。

また、東京都内は生粋の江戸っ子よりも、変化を求めて上京してきた若者が多いため、挑戦心のある人と仕事で出会いやすいとも言えます。
もちろん、大阪や地方にもそのような人物はいますが、上京して実際に行動している…という意味では、東京都内の方が自分の人生に良い影響を与えてくれる人物と関わりやすいと言えるでしょう。

都内では公私ともに人との出会いが多い

東京は文化や経済の中心地だけあって、公私ともに人との出会いが増えやすいと言えます。
仕事でもよりハイレベルな人材と関わることで刺激になり、自身の成長にもつながることでしょう。
また、キャリアだけでなく恋愛や結婚を考えた場合、都内の方が出会いが増えやすいと言えます。

大阪から東京へ転職する時のポイントは?

ここからは具体的に、大阪から東京へ転職する際に注意すべきことをご紹介していきます。というのも、都内の求人にいきなり応募しても「大阪住まい」というだけで落とされる確率が高くなるからです。ですので、出来れば万全の準備をした上で転職活動に臨んだ方が間違いなく済むはずでしょう。

「大阪から東京へ住みたい」という動機以外も探し出す

大阪から東京へ転職する際、真っ先に考えておきたいことが「大阪から東京へ転職したい」以外の動機も探し出すということです。
当然ですが、転職の志望動機としては弱く、よほど経歴が企業の求めてる人物像と合ってなければ、転職活動が難航しやすくなります。

具体的に言えば、転職することで自分と企業が得られるメリットをイメージするといいかもしれません。
たとえば、今まで仕事で関わる人が限定的だったなら「都内で働くことでより様々な業種や職種の人と仕事で関われると思ったから」と説明すれば説得力が上がるはずでしょう。
逆に「東京の方が年収が高いから…」というような、転職先や仕事内容と関係の薄い志望動機は避けた方がいいです。
あくまで転職は大阪から東京へ引っ越すための手段に過ぎないため、本来の目的である転職自体は分けて考え、転職先となる企業や仕事内容に焦点を当てて志望動機を考えるといいでしょう。

転職活動や引っ越し用の貯金があると安心

大阪から東京へ転職する場合、大事になるのが「引っ越し用の資金があるかどうか?」ということです。
引っ越しの際は思わぬ出費がかさみますので、最低でも20万円ほどの余裕が欲しいものです。また、住所変更の手続きなどで時間もかかりますので、有給休暇を消化するなどして時間を作る必要もあります。
いずれにせよ、引っ越し用の費用が準備できなければ、都内への転職も思うように進まなくなりますので、引っ越しのための予算やスケジュール管理も考えておくといいでしょう。

大阪で働きながら都内の仕事を見つけ出すとさらに安心

大阪から東京への転職を考えるなら、転職エージェントに登録してプロの専門家に相談しておくといいでしょう。
転職エージェントは無料で使え、自分に合った求人を紹介してくれ、内定後の調整も行ってくれます。

すでに説明した通り、無策で大阪から東京の求人に応募しても落とされる確率が高いため、まずは転職エージェントで専門家の意見を聞いておき、どのような求人なら転職可能かどうかを知っておくといいでしょう。

幸い、転職エージェントでは東京・大阪どちらにも事業所があることが多いため、大阪から東京へ転職する際に心強い味方になってくれるはずです。
また、わざわざ都内にまで行かずとも、電話面談やネットでの書類選考でスムーズに転職活動が進められるため、面接前の準備は自宅で空いた時間にも進めることができます。大阪から東京へ転職を考えている方は、この機会にぜひ転職エージェントを利用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました