男が稼げる仕事はコレ!未経験・学歴不問でも稼げる職業を見つけるコツ!

「男だけど高年収の仕事に就きたい!」
「とにかく年収の高い仕事がいい!」

このように思われている男性の方もたくさんいらっしゃることでしょう。
ですが、世の中は理不尽なもので、高年収で安定した仕事に就くためには学歴やスキルが必要不可欠です。
ただ、逆を言えば多少の安定性を捨てれば高年収の仕事は意外と数多くあるものです。
そこで当記事では、学歴のない未経験の男性でも高年収を目指しやすい稼げる仕事について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

学歴不問/未経験でも男が稼げる仕事

男で稼げる仕事を探している人の中には、学歴や経歴がなく、中々稼げる仕事にありつけない人も少なくはないと思います。
そのような方に向けて、まずは比較的学歴や経歴がなくても就きやすい、高年収を見込める仕事について解説していきます。

配送業

稼げる仕事として知られているのが「配送業」です。
佐川急便やクロネコヤマトのような有名配送業者はもちろんのこと、トラック運転手などの配送業も稼げる仕事であることは意外と知られていません。
トラック運転手の平均年収は約450万ほどと言われていますが、大手引越センターや物流ドライバーとなれば年収600万を越えることもあり、未経験からでも就ける仕事としては高年収が見込みやすい仕事だと言えます。
また、配送業は以下のようなメリットがあり、向いてる人にはとことん向いてる仕事だと言えます。

  • 免許さえ取得していれば未経験でも就きやすい
  • 人付き合いが他の仕事ほど多くない
  • 配送中の時間は自由に使える

トラック運転手となるには「大型自動車第一種免許」が必要ですが、経歴がなくても免許さえ取得してしまえば採用されやすくなるため、稼ぎたい未経験者にとっては挑戦してみる価値のある仕事だと言えるでしょう。

ただし、デメリットとしては、

  • 荷物の積み込みなどで体力が必要とされる
  • 深夜の配送で生活リズムが不規則になりやすい
  • 常に運転しなければならないので事故のリスクを抱えることになる
  • 目的地にたどり着くために地図を読む能力がいる

など、必要とされる体力や基礎的なスキルもあるということです。
ですが、運転が得意で体力にも自信がある人にとっては天職の可能性もあるため、大型免許の取得を検討してみるといいでしょう。

法人営業

営業職も未経験からでも稼げる仕事として定番です。
営業というと、個別宅に訪問して地道に売り込む仕事のイメージがありますが、稼げる営業職は企業に対して売り込みを行う「法人営業」です。
というのも、企業間取引では取引の額が高くなるため、必然的に働く人の給料も高くなりやすいわけです。
ただ、営業職の年収はピンキリで300万~700万と幅が広いため、仕事選びを間違うとそこまで年収が上がらない点には注意。
未経験から営業職で高年収を目指す場合、大事になるのが求人票の年収幅が広い場合に「その会社での年収実績」を聞き出すことです。
ほとんどの場合、すさまじい営業成績を上げた人の年収額であったり、スピード出世をした人の年収額であるため、実際に自分がそのような活躍ができるかどうかは冷静に見極めておきましょう。
また、稼げる営業職の多くは「成果報酬(インセンティブ)」という形で、成績に応じて給料がプラスされる形式が採用されているため、事前に求人票や面接で企業の給料体制をしっかり確認しておくといいでしょう。

期間工

男で稼げる仕事として有名なのが期間工の仕事です。
期間工の仕事は、大手メーカーの製造を一定期間行う仕事で月収50万以上とかなりの高単価の仕事もあります。
その代わり、以下のデメリットもあります。

  • 寮住み込みの仕事がほとんどのためプライベートの拘束が多い
  • 期間限定の仕事なので契約打ち切りのリスクもあり、長く働くには不向き
  • マニュアル通りに行う仕事なのでスキルが身につきにくいい

寮住み込みに関して言えば、住宅費や生活費は会社が負担してくれることを意味しますので、自由に使える給料はその分増える点はメリットだと言えます。
また、期間工の契約形態や仕事内容を考えると、短期間でお金を稼ぐためには向いてますが、長い目でキャリアを積むためには不向きな仕事とも言えます。
そのため、期間工で稼いで、その資金で引っ越しや勉強、転職活動を行うなど、何かしら次の仕事につなげる算段は立てた上で就きたい仕事だとも言えるでしょう。

製造業

期間工同様、製造業の仕事も稼げる仕事だと言えます。
他の仕事のように、未経験からでも高年収を見込めるような爆発力はありませんが、

  • 寮を用意している会社が多い
  • 大規模な会社が多いので安定性は高い
  • 仕事の作業内容がマニュアル化されているため未経験からでも習得しやすい

など、仕事や会社の安定性が製造業の最大の魅力です。
月収も未経験から25~30万円と高めの給料が設定されていることもあり、社員として働くのであれば安定性は抜群だと言えるでしょう。
ただ、製造業の中でも派遣社員の場合、作業レベルの仕事しか振られず出世できる可能性も低いため、最低でも契約社員からの採用を意識しておくといいかもしれません。

ホスト(水商売)

女性同様、男性でも水商売は未経験からでも稼ぎやすい仕事のひとつです。
とくにホストとして働き指名を集めるほどになれば月収100万を越えるなど、爆発力はピカイチです。
ただ、以下のような大きなデメリットもある点には注意。

  • 水商売なので世間体はあまり良くない
  • 店によって給料の体制が異なる
  • 若さや容姿の良さ、トーク力などのスキルが必要とされる
  • 接客やプライベートにも及びかねない人間関係で病みやすい

成功すれば稼げる夢のある世界ですが、現実は店や客との関係で病んでしまい人の入れ替わりが激しかったり、世間体の悪さから堂々と自分の仕事内容を話せない、またキャリア的にマイナス印象になりやすいなど、リスクも大きい仕事です。
おまけに若い人でなければ就けない仕事なため、未経験からでも様々な仕事に就きやすい貴重な20代期間を無駄にしてしまう可能性もあります。
ですので、仮に稼ぐことが目的であっても、相応のリスクを背負える覚悟がなければ、安易に水商売の世界に足を踏み入れないようにしておくべきでしょう。

建設業

建設業も男が稼げる仕事として有名です。
一級建築士ともなれば年収600万円以上は見込めるので、他の職種に見劣りしないと言えるでしょう。
建設業と言っても仕事は多岐に渡り「建築施工管理技士」「建築家」「現場監督」など、様々な仕事内容が存在します。
建設業は人手不足なので未経験からでも就きやすい仕事ですが、以下の条件があるなら適性が高いと言えるでしょう。

  • 大学、専門学校や工業校で工学を学んだ学歴がある
  • 建築関連の資格を保有している、または取得する意志がある
  • 肉体労働や現場仕事に抵抗がない

なお、資格を取得する場合、実際に働きながら自身のキャリアに合わせて必要なものを取得していく形になるので、まずは現場で実務経験を積むことが大切です。

漁業

稼げる仕事のイメージがある漁業ですが、仕事内容によって年収が200万~700万と大きく分かれる仕事です。
漁業の実態としては、

  • 遠洋漁業
  • 沖合漁業
  • 沿岸漁業

と別れ、とくに遠洋漁業は高年収の見込める仕事で、カニ漁業やマグロ漁業であれば1年に3ヶ月ほどで年収1000万分を稼ぐような働き方もできます。
漁業のデメリットとしては自営業となるため、正社員のような安定した待遇には期待できないという点です。
一般的には「漁業協同組合」に加入し、後ろ盾として頼る形になります。
同様に、漁師になりたい場合は漁業協同組合に加入することになるため、興味のある方は最寄りの漁業協同組合に問い合わせてみるといいでしょう。

プログラマー

今、稼げる仕事として有名なのがプログラマーです。
ただ、プログラマーが稼げる仕事という話はごく一部の例であり、未経験から就職する場合は年収200万~300万ほど、現場の仕事も過酷でキャリア上の工夫が必要な点には注意が必要です。
具体的には、一人で開発・提案できるレベルのスキルや経験が必須で、そのレベルまで行けば月50万~100万の案件を請け負うフリーランスとして働くことができるでしょう。
プログラマーとして稼ぐ場合、多数のプログラミング言語を習得したり、業界動向を把握するなど、常に学ぶ姿勢と自発的に調べる能力が必要となるため、他の稼げる仕事とは別の労力が要されることは事前に知っておくといいでしょう。

マーケター

プログラマー同様、マーケターも稼げる仕事として有名です。
マーケターになる場合、一般的には大卒相当の学歴が必要とされる求人が多く、初年度年収も200万~300万ほどと爆発力はありません。
また、有名企業のプロジェクトに関わるでもなければ、40代地点での年収は500万円も行けばいい方なので、キャリアをしっかり考えておく必要があります。
肉体労働が苦手で頭脳労働が得意ならマーケティング職を目指してみる価値はありますが、未経験からの就職難易度や年収の上がり方を考えると、稼ぐこと目的では目指さない方がいい仕事だとも言えるでしょう。

コンサルタント

最も稼げる仕事がコンサルタントです。
コンサル業界の平均年収は1000万円を越え、稼げる仕事の代名詞だとも言えます。
ですが、コンサルタントとして稼ぐには、大卒相当の頭脳から実務経験、企業の課題を解決する能力が必要で、求められる資質も能力もかなり高水準だと言えます。
仮に未経験からコンサルタントを目指す場合は、リサーチャーなどのコンサルタントをサポートする地味な仕事から就いてみるのも手でしょう。

男が楽に稼げる仕事を見つけ出すコツは?

ここからは稼げる職業を見つけ出すためのコツをご紹介していきます。

稼げる仕事だからと言って、自分に向いてる・向いてない、あるいは採用してもらえるか否かは別問題なので、そういったことにも気をつけながら自分に合った稼げる仕事を見つけ出してみてください。

月収ではなく年収で判断する

稼げる仕事を見つけ出すためには、月収ではなく年収を目安に判断するといいでしょう。

高収入求人を見てみると「月収」「年収」で記載が変わりますが、以下のように微妙な違いがあります。

月手取り→実際に月にもらえる給料の額、手取り額
月収→月当たりの給料 ※手取り額を指す場合もあり
年収→年間の給料総額 ※ボーナス、各種手当て含む

とくに気をつけて見ておきたいのが、

  • ボーナス込みでの年収計算で年収が上がるのか?
  • 元の月収が高い分、ボーナスは低いのか?

ということです。

わかりやすく言えば、月収は高いにも関わらず年収の低い仕事なら、稼げるイメージとは真逆で、最終的な支給額は少なくなってしまいます。

残業手当や福利厚生も確認しておく

稼げる仕事に就く場合は、残業手当や福利厚生も確認しておくことも大事です。

とくに求人に記載された月収額が高い場合は、残業手当込みで計算していることもあるため、基本給をもとに残業時間を計算しておく必要があります。

また、福利厚生として「住宅手当」等の手当額が収入に加算されることもあるため、実際の月収額よりも収入が多くなることも考えられます。

金回りのいい業界の仕事を選ぶ

お金回りのいい業界を選ぶことも、稼げる仕事を見つけるコツのひとつです。

お金回りのいい業界を見つけるためには、以下の点に注目しておくといいでしょう。

  • 業績の良い業界を知っておく
  • 成長産業を知っておく
  • 取引額の高い業界を知っておく
  • 衰退業界や顧客単価の低い業界は避ける

とくに「業績の良い業界」「取引額の高い業界」を意識して選べば、給料の低い仕事に引っかかることは少なくなり、将来的な昇給にも期待できるはずです。

業績の良い業界を知りたいなら、以下の記事も参考にしてみてください。

関連:【成長業界一覧】これから伸びる業界は?|とっておくべき資格、転職するための全知識をご紹介!

成果が出ると給料の上がる仕事を選ぶ

稼げる仕事を見つけるコツとして、成果や成績次第で給料が上がることも大事です。

自分の努力や成績次第で給料が上がる場合、求人票に「インセンティブ(成果報酬)あり」などの記載があります。

また、年収の幅が広かったり、初年度年収実績が高い場合は、自分の実力次第で年収が上下するため、人によっては下手な仕事よりも稼げると言えます。

無料求人サイトではなく登録制の転職サービスを活用する

稼げる仕事を見つけるためには、無料で登録なしで閲覧できる求人サイトよりは、登録制の転職サービスを活用した方が、より高年収の仕事を見つけやすくなると言えます。

その理由は以下の通り。

  • 登録なしの求人サイトは求人の質が悪め
  • 登録制の転職サービスなら非公開求人が閲覧できる
  • 登録制の転職サービスは職務経歴に合わせて自分に合った求人が届く

登録なしで使えるサイトで閲覧できる求人はごく一部で、稼げる仕事を見つけるにも一苦労ですが、登録制の転職サービスなら非公開求人を含め、未経験からでも就ける高年収の仕事と出会える可能性が高くなります。

高年収の仕事は転職エージェントで探すのがベスト

未経験からでも稼げる仕事を見つけたいのであれば、転職エージェントを利用しておくのが一番です。

転職エージェントは無料で利用でき、自分に合った求人を紹介してくれ、転職活動のサポートも行ってくれます。

転職エージェントの年収のボリュームゾーンは400万~600万ほどなので、登録しておくだけでも非公開の稼げる仕事の情報が閲覧できるので、登録しておくだけ損はありません。

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の指導や添削、面接対策まで行ってくれるため、稼げる仕事に応募しても落選続きになる事態も避けられ、効率良く稼げる仕事に就くことができます。

また、内定後の年収交渉もエージェント側で担当してくれるため、年収に幅がある求人であっても、できる限り年収を上げることが可能です。

もし、読者が稼げる仕事をお探しであれば、この機会に転職エージェントを活用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました