【2019年版】成長業界一覧!これから伸びる業界は?|転職方法・キャリアプラン・必要資格の情報あり

これから伸びることが期待されている成長業界で働きたいと思っていませんか?

経済やビジネスに少し関心のある方なら、将来性の不安な「衰退業界」「斜陽産業」に関しては、把握していることかと思います。

今や大企業勤めでも安心できない時代ですから、将来性の安定していそうな成長産業で働きたいものですよね?

そこで当記事では、転職情報を手がける視点を交えつつ、各経済誌やビジネス書などを参考にして集めた「今後、成長していくであろう業界」をまとめてご紹介していきます!

参考書籍(画像・データ出典)

成長業界一覧

成長業界を傾向・分類別で大きく分けると以下の通り。

  • 製造・テクノロジー関連
  • サービス業
  • インフラ関連
  • その他(コンテンツマーケティング、コンサルティング業など)

それぞれ、成長が期待・予測されている背景がありますので、各業界ごとの事情も踏まえた上でお読み頂けると、今後の動向がより正確に理解できるはずです。

※余談ですが、経済学者ピーター・ドラッカーの「ポスト資本主義社会」で指摘されている原則に照らし合わせてみても「テクノロジー」「サービス業(第3次産業)」の両者が今後の成長産業だと感じさせられます。

製造・テクノロジー関連

製造・テクノロジー関連の業界に関しては、おおむね「次世代の革新的技術」全般が成長業界だと言ってもいいでしょう。

たとえば「AI」「自動運転」「IoT」「フィンテック」などのビジネス誌などでもよく見る技術は、国内のハイレベルな技術者が足りていませんので、高年収求人がよく出ている職種・業種だと言えます。

AI産業

成長業界として誰もが納得できるのが「AI(人工知能)」に関わる職種・業種でしょう。

大手IT企業の「Google」「Apple」「Microsoft」「Amazon」「Facebook」「IBM」などの超有名企業を筆頭に、中国では「アリババ集団」「百度(バイドゥ)」などもAI開発に参入しております。

一方で、日本国内ではAI産業への参入に遅れをとっているのが実情で、現段階でAI開発に取り組んで目立った成果や功績を挙げている企業は、以下の通りです。

プロジェクト発足・開発段階の企業も含めれば潜在的な需要はあるとは思われますので、AI産業に興味のある方は、将来を見越してAI開発に携わっている企業や業界の動向をチェックしておくといいでしょう。

なお、AI・ビッグデータに関する求人案件・職種分類では「データサイエンティスト」という区分で募集されていることが多いです。

AI・データサイエンス関連への転職に興味のある方へ

AI・データサイエンス関連の職種への転職を考えている方は、大手IT系の企業の社員研修に組み込まれるほどの実績を持つ「テックアカデミー」において「AIコース」「データサイエンスコース」のカリキュラムを通信講座で受けられますので、利用を検討してみてください。

関連:TechAcademy(テックアカデミー)の特徴と強み。IT・WEB業界でも定評のある通信講座の実力と実態は?

次世代自動車産業(電気自動車・自動運転技術など)

製造・テクノロジーでの注目産業は「次世代自動車産業」でしょう。

自動車業界では「CASEの波」と呼ばれる4つの技術革新が、今後の鍵として認識されております。

CASEとは、Connected(つながる)、Autonomous(自律走行)、Shared(共有)、Electric(電動)を意味する言葉です。

出典:コレ1枚で分かる「自動車産業に押し寄せるCASE」 (1/2) – ITmedia エンタープライズ

とくに、自動運転+無人運転のインフラ革命実現に向けて、世界中の各自動車メーカーが電気自動車の普及を目標に掲げている点は、もはや無視できない事実だと言えるでしょう。

また、海外では「テスラ」を筆頭に、将来的に自動運転可能になるように実証実験を行っている電気自動車を市場に流通させている会社もすでに存在しています。

動画出典:Model S | テスラジャパン

国内の各自動車メーカーも、自動運転車実現に向けて電気自動車の普及を目指しているという事実は知っておき、今後の業界動向に備えておきたいところです。

半導体(メモリ・IoT)

半導体事業も、技術革新に伴い伸び代のある産業だと言えます。

理由としては「次世代自動車向けのセンサー」の需要が高まっているからです。

とくにIoT時代に際して、メモリの需要が高まっている点に注目です。

何かと暗い話題の多い製造業・電機メーカーですが、技術革新に伴い参入余地や伸び代はまだまだある業界ですので、会社の経営方針や先見性などを見極めて、成長性の高い企業で働くことが大事だと言えるでしょう。

IoT・ビッグデータ

IoT・ビッグデータに関するソフトウェア事業も、成長産業として注目されております。

国内では、情報産業の大手グループ企業が筆頭となってIoTプラットフォームを提供しており、業界内でも注目されている技術であることがわかります。

現状ではIoT運用もビッグデータ運用も「実験段階」の会社も多いのですが、逆に言えば市場が成熟する前に技術を得たり実績を作っておけば、将来的にハイレベルな人材にもなり得る…とも言えます。

クラウド

IT産業の中でも、とくに「クラウド」に関する市場も順調に成長中です。

最先端技術である「AI」「IoT」「ビッグデータ」よりかは、既に市場開拓・実用化が進んでいる分野で、数々の企業が開発・運用実績を残しております。

ちなみにAI関連同様、クラウド関連の専門人材も慢性的に不足中で、高年収の期待できる人材層だと言えます。

クラウド認定資格について

クラウドの普及に際して、各大手IT企業では認定資格制度を設けております。

上記の資格を取得をしておけば、転職で有利に働き、年収アップにも期待ができるので、今後のキャリアの足しにしたい方はチェックしておきましょう。

仮想通貨(ブロックチェーン)

何かと話題になっている「仮想通貨」業界も、今後の成長業界として注目です。

これらの企業の多くはITベンチャー系も多いのですが、注目すべきは大手金融企業や大手IT企業も出資・業務提携しており、参入も表明している点です。

不正や問題が多いながらも、仮想通貨の技術を手にしたい企業が多いことがわかってきます。

また、仮想通貨の技術の根幹となる「ブロックチェーン」は、革命をもたらす新たな技術として注目されています。

ここではブロックチェーンの説明は省きますが、今後の金融や経済の在り方を揺るがしかねない技術として、金融庁・金融会社が無視できないレベルの技術であることは仮想通貨関連のニュースを見ておけば、疑いのない事実でしょう。

ブロックチェーン技術の転職に興味のある方へ

仮想通貨・ブロックチェーン・フィンテック関連の転職を考えている方は、大手IT系の企業の社員研修に組み込まれるほどの実績を持つ「テックアカデミー」において「ブロックチェーンコース」のカリキュラムを通信講座で受けられますので、利用を検討してみてください。

関連:TechAcademy(テックアカデミー)の特徴と強み。IT・WEB業界でも定評のある通信講座の実力と実態は?

ネットサービス関連

スマホの普及に伴い、ネットサービスも大きな発展期・転換期にあると言えます。

とくに以下の業界には注目。

  • 通販関連
  • 広告関連

ネットサービス事業で台頭してきた企業は、まだ上場して年数の浅い若めの企業も多く、柔軟な働き方を取り入れている会社も多いので、意外な転職チャンスがあるかもしれません。

成長業界への転職に興味がある方は、ぜひとも事業内容や成長している理由を把握しておき、自身のキャリアプランニングに役立ててみてください。

eコマース(ネット通販)

ネットサービスの中でも、誰もが成長を実感している業界が「eコマース(ネット通販)」事業でしょう。

eコマース事業を手がける有名企業の例

  • Amazon(アメリカ)
  • アリババ集団(中国)
  • 楽天
  • ヤフー
  • メルカリ
  • ZOZOTOWN

上記のような大手通販サイト・有名アプリなどの他にも、

  • 大手小売店舗のEC事業
  • ベンチャー・専門ショップのEC
  • オークション・フリマなどの個人売買形式のEC業者

…など、多様なニーズに応えるサービスが登場しており、eコマースは一大産業に成長しつつあります。

注目したいのが、これだけeコマースが増えてきて認知されているにも関わらず、全体の消費率は約6%と、まだまだ発展途上にあるというところです。

これがどういうことかと言うと、このサイトや記事に訪れるようなネットユーザーであればeコマースの認知度は高いでしょうが、そうでない層にはまだまだ浸透していない…という原因が考えられます。

潜在的な需要を考えますと、まだまだ伸び代も可能性もあるのがeコマース事業だと言えますので、参入チャンスの大きいうちに転職を考えておくのもいいでしょう。

ネット・WEB広告会社

ネット・WEB系の広告会社も、成長業界だと言えます。

広告費に占めるインターネットの割合も、すでに地上波テレビに追いつく勢いであり、非常に成長性の高い産業であることがわかります。

インターネット広告事業は「メディアレップ」「アフィリエイト」など様々なビジネスモデルが存在しており、企業側も細かいニーズに応えられる広告運用を手がけていることが強みです。

逆に言えば、従来型の地上波テレビや看板などで目立つ広告を打っておけばいい時代は終りつつある…とも言い換えられます。

その証拠に、既存の広告出稿先であった「テレビ業界」「出版業界」などは、衰退業界として苦境に立たされております。

また、大手広告代理店である「電通」「博報堂」「アサツーディ・ケイ」などもネット広告事業に参入中であり、今後どう対応していくかは注目ポイントです。

SNS

ネットサービスの中でも、スマホ普及後爆発的に注目を集めているが「SNSサービス」でしょう。

主な人気SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Pixiv

ただし、プラットフォーム提供としてのSNSビジネスは、先行したサービスや有名サービスが既にシェアの大半を占めている点には注意です。

これからSNS関連の産業が伸びていく理由は、

  • SNSで集めたユーザーにどうアプローチをかけるか?
  • SNSをどう活用してビジネスに役立てるか?

…という面に、多くの会社が関心を集めているからでしょう。

「たくさん人を集めるだけの力を大手SNSは持っているが、集めた人の何を提供するか決まっていない」という性質に、良くも悪くもビジネスチャンスがあると考えられているのです。

たとえば、現段階ではSNSに関連する事業・会社は以下のようなものが生まれております。

SNSに関連する新たに生まれているビジネス

  • 法人向けのSNS運用の代行業者
  • SNSを活用したマーケティング・広告会社
  • 上位SNS運営会社の関連サービス展開

今後は「SNSをビジネスで効果的に活用できる」というスキルもビジネスチャンスになるという点で、SNS産業の成長性にも期待しておきたいところです。

サービス業

カーシェアリング・ライドシェア

近年、シェア系のサービスで注目されているの「カーシェアリング」「ライドシェア」など、車などの交通サービスのシェア化に関するビジネスです。

これは大手自動車メーカーも主体となって行っており、社会インフラを変える可能性を秘めております。

大手自動車メーカーのカーシェアリングの取り組み

  • エブリゴー(HONDA)…スマホアプリだけで手続きの済むレンタカー・カーシェアサービス。
  • Ha:mo(TOYOTA)…超小型車乗り捨て型サービス。都市部・地方都市で社会実験中。

ビジネスモデルとしては「乗り捨て型の小型車を配置する仕組み」「市場販売している自動車をスマホで隙間時間にレンタルする仕組み」など、会社ごとに微妙な違いがあります。

また、カーシェアリングビジネスにおいて特筆すべきなのは、海外の「UBER(ウーバー)」が配車アプリにおいて、圧倒的市場シェアを占めていることでしょう。

前に紹介した「次世代自動車」と連携すれば、自動運転車をスマホひとつで手配出来てしまう社会が実現する兆しすら見え始めているわけです。

ただ、ひとつだけ問題があって、日本国内では「白タク行為」として違法行為になる点です。

ですので、新興勢力が参入してくるのではなく、既存のタクシー会社・交通会社が配車アプリを試験的に導入していく流れになっています。

すでにタクシー会社7社が共同で開発・運用している「みんなのタクシー」などがリリースされております。

※国内では白タク行為に関する法規制が障壁となり、配車アプリの普及は当面は遅れを取り続ける事情は知っておきたいです。

シェアサイクル

シェアサイクル産業も、成長産業として徐々に認知度を高めてきており、年々利用が増加傾向です。

シェアサイクル参入企業

シェアサイクル事業の抱えている課題としては「乗り捨てによる公害の懸念」があるのですが、官民連携による観光地誘致・地域おこしなどにも期待されており、今後の業務連携や社会インフラに与える影響も見逃せないでしょう。

レジャー・テーマパーク業界

レジャー・テーマパーク業界も、近年では業績が上向き傾向にあります。

理由としては、

  • 「モノよりコト消費」による一人あたりの単価上昇
  • 外国人観光客の呼び込みに成功
  • 知的財産権利用による呼び込み力の強化(アニメ・ゲームキャラとのコラボなど)

…など、エンターテイメント性の強化による部分も大きいです。

介護業界

介護業界も需要対して供給が追いついていないという意味では、まだまだ成長余地の残されている業界だと言えます。

国の介護事業に関する支出が年々増えていることも、追い風です。

ただし、現段階では以下のような課題も多い点も事実。

  • 人手不足に対して、業務効率化の取り組みが追いついていない
  • 今後増えていく外国人労働者への対応
  • 国からの資金に頼っているため、人件費の底上げのための収益源確保が難しい

逆に言えば、上記の課題に対して精力的に取り組んでいる企業であれば、今後の伸び代も大きいと言えます。

インフラ関連

インフラ関連の事業も、需要に対して人手が追いついていないという意味では、成長産業だとも言えます。

そのため、各インフラ業種で今まで「発注者>受注者」であった力関係が入れ替わり「受注者>発注者」となったことで、仕事を選んだり単価を上げることが可能となったのが、インフラ関連事業の追い風となっています。

陸運・物流業界

eコマースの発展に伴い、陸運・物流業界も成長産業だと言えます。

ただし、報道やニュースでも伝えられている通り、

  • 深刻な人手不足・ドライバー不足
  • 不在宅配による時間ロス
  • 単価低下による利益率の低下

…など、まだまだ課題の多い業界であることも確かです。

とくに、今後の現場の人手不足・業務負担をどう解消していくかが当面の問題でしょう。

ただし、前述のように「次世代自動車の普及」「カーシェアリング」などの業務改善の余地が見え始めている業界でもありますので、将来的には成長することはあっても、衰退することは決してありえない業界だとは言えます。

建設業界

建設業界も成長産業…というよりは、バブル崩壊・リーマンショックで低迷していた時期から、東京五輪開催に向けて不況から脱却してきている…という流れで上向き傾向です。

また、背景には「人手不足のため、建設会社が仕事を選べるようになった・単価を上げられるようになった」という事情もあります。

もっとわかりやすく言えば、今まで散々エリートホワイトカラー階級が数字ゲームや机上論で現場の声を無視し、生活を支えるインフラ事業に辛苦を舐めさせたことに対して、静かな逆襲が始まっているのです。

ただし、建設業界が抱えている課題としては、

  • 土曜日出勤が当たり前の現場が多い(=時間拘束が多い)
  • 女性比率が極端に少ない
  • 慢性的な人手不足(安全保証の関係で派遣社員の道入も難しい)

…などもあります。

ITテクノロジー導入による業務効率化や、建設業のイメージ上昇による地道な人材確保など、建設業以外のノウハウを持つ人材の参入余地は多いと言えるでしょう。

その他

映画・アニメ業界

映画・アニメ産業も成長産業です。

映画・アニメ業界の成長余地

  • 海外向けのビジネス展開
  • ライセンス契約による著作権料による収益化

近年では、コンビニなどで精力的なアニメコラボ企画が行われていることもわかる通り、知的財産権を活用したビジネスによる収益も無視できなくなってきております。

また、海外展開による売上が伸びている点にも注目です。

課題としては、現場で働くクリエイターの低単価・長時間労働もあるのですが、業績の増加とともにクリエイター育成や労働環境の是正につながるかどうかも、今後の注目のポイントでしょう。

以下の記事に、アニメーターの転職に関しての情報をまとめおります。

ゲーム業界

ゲーム業界も、まだまだ伸び代の大きい成長産業だと言えます。

ゲーム業界の今後の成長要素

  • スマホゲームアプリの市場拡大
  • VRコンテンツの市場拡大
  • 国内ゲームの海外展開
  • e-Sportのビジネス化

家庭用ゲーム機は底打ち状態にある一方で、スマホゲームの市場拡大には目が見張るものがあります。

また、国内でもようやく浸透してきた「e-Sports」事業の拡大にも注目です。

余談ですが、任天堂のヒット作品「スプラトゥーン」も明らかにe-Sports展開を意識したイベントを行っており、今後の国内でのe-Sports事業の浸透も楽しみです。

当サイトでは管理人がゲーマーということもあって、ゲーム業界の転職に関する特集記事もまとめておりますので、気になる方は参考にしてください。

コンサルティング業界

全業種の中でも高年収として知られるコンサルティング業ですが、優秀な人材・ニーズの高い人材は不足していることで、これからの成長余地があると言えます。

とくに需要としては「中小・零細企業の後継者不足」「中堅企業以上のデジタル化道入」に関する知識や実績を持つコンサルタントの需要が追いついていないようです。

ですので、近年注目されている資格なども、人材市場価値を高めるためにチェックしておきたいです。

中小企業診断士…中小企業の経営に関する課題解決を目的とした資格。

ITストラテジスト…ITスキル×経営に関する資格。

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)…プロジェクトのマネジメントに関する資格。

MBA(経営学修士)…経営に関する学位。アメリカでは部長クラスの6割以上が保有している、管理職になるための学位。

人材業界

人材派遣業も業績が年々上昇傾向にあります。

その背景には、

  • 国内の慢性的な人材不足
  • 企業側の人事・選考の負担軽減
  • 非正規雇用社の増加に伴う派遣会社の需要増加
  • ネット集客による多様な人材ニーズに対応可能になった
  • 仕事の高度化・複雑化に伴い、専門知識のある仲介者のニーズが生まれた

…など、様々な事情があります。

また、2016年に「キャリアコンサルタント」が国家資格化したことからも、人材コンサルティング業の需要が見込まれていることがおわかりいただけることかと思います。

画像出典:キャリアコンサルタントとは?|キャリア開発のパイオニア 日本マンパワー

ちなみに人材業界に転職する方法は簡単で、転職したい会社の運営する転職エージェントに登録して「御社で人材コンサルタントとして働きたい」と頼むだけでOKです。

私も転職エージェントを利用していますが、その人材会社内の求人を提案されることもありますし、あるいは転職エージェントを利用してそのままその会社に引き抜かれたという事例もよく聞きます。

成長業界への転職はどうすればいい?

以上のように、成長業界として注目されている業種は、意外と多いことがわかってきたのではないでしょうか。

成長産業に若いうちに転職しておけば、年収アップ・キャリアアップに期待できることはもちろん、大きな仕事やプロジェクトに関われるチャンスも増えますので、転職意欲が高い方は早めに業界に関する情報を得ておくといいでしょう。

当サイトでは転職に関する情報をまとめておりますが、以下に現在の主要な転職サービスをご紹介していきますので、気になる方は登録だけでも済ませてみてください。

転職サイトに登録して最新の情報を受け取っておく

転職について興味がある方で、今はそこまで意欲がなかったり、あるいは成長産業に関わるために資格取得等のキャリアを見直したい段階の方は、まずは転職サイト・転職アプリで最新の情報を受け取っておくことをオススメします。

オススメの転職サイト(登録するだけでOK)

リクナビNEXT…自分の経歴に合わせて最適な求人の届く転職サイト。他社エージェントからのスカウトも届くので、登録しておくだけ損はない。→リクナビNEXTの解説記事

MIIDAS…パーソルの手がけるカジュアルな転職アプリ。市場価値・適性年収がわかり、使いやすいデザインが魅力。紹介企業は中小企業が多めの傾向。

GeekOut…パソナの手がけるIT系エンジニア専門の転職情報サイト。同社の中でも、とくにAI・IoT・VR・フィンテック関連の最新情報の提供に特化している。パソナ自体、日系企業や国内の社会事業と密接な結びつきのある会社なので、上流の仕事に関わるチャンスが欲しいなら必ず活用しておきたい。

ビズリーチ…国内でも最高峰クラスの求人やヘッドハンターの集まる、SNS型の転職サイト。年収500万以上が登録目安。ただし本格的に使いこなすなら「レジュメのアップロード必須」「課金して公開情報を広げる」などの必要あり。→ビズリーチの解説記事

上記のサイトでは「スカウト・オファー」という機能で自分の経歴に合わせた求人情報が届いたり、最新の転職・業界情報も取得できますので、まだ転職活動について具体的な方針を考えていない方は、ひとまず登録しておいて損はないはずです。

大手転職エージェントを利用する

転職に関して強い関心があるなら、転職エージェントを利用して、プロに相談しておくのも手でしょう。

オススメの大手転職エージェント

リクルートエージェント…国内No.1の人材会社リクルートが手がけるエージェント。求人数最多。大手有名企業の紹介実績多数。人材業界のスタンダードなのでとりあえず使っておくだけ損はない。→リクルートエージェントの解説記事

doda(デューダ)…国内No.2のパーソル社手がけるエージェント。紹介してもらえる求人数が非常に多い。総合転職サイトとして機能しており、提携他社からのスカウト・オファーも届く。→dodaの解説記事

Spring転職エージェント…世界No.1の外資系人材会社「アデコ」の手がけるエージェント。求人情報の精度が高く、担当者が両面性なので交渉力にも期待できる。また、国内の外資系企業への紹介も強く、英語の実務経験がない人でも英語を活かせる仕事に紹介してもらいやすい。→Spring転職エージェントの解説記事

パソナキャリア…国内No.3のパソナが手がけるエージェント。元が人材派遣会社なので、より現場ニーズに近い求人情報が得られる点が強み。国内の社会事業とも強い結びつきがある。逆にビジネス面は弱めで効率よりは対応の丁寧さ重視。→パソナキャリアの解説記事

マイナビエージェント…若手向けでブランド力抜群のマイナビの手がけるエージェント。→マイナビエージェントの解説記事

20代向けの就職支援サービスを活用する(未経験の場合)

経歴に自信がない20代の未経験者に関しては、20代向けの就職支援サービスがオススメです。

20代向けの就職支援サービスでは「既卒・第二新卒」を対象に、経歴・学歴にネックがある層でも将来性のある企業へ紹介してもらえるため、やる気次第で成長産業に就くことが可能です。

20代向けの就職支援サービスも年々増加傾向にあるのですが、オススメは以下の通りです。

オススメの20代向け就職支援サービス

就職Shop…リクルートの運営する20代の未経験向けの支援サービス。少規模の会社を中心に扱っており人柄・人間性重視。求人数最多。→就職Shopの解説記事

ハタラクティブ…急成長のレバレジーズ社の手がける、20代向けのサービス。中卒から中退者までOKと受け入れ幅が広く、全国展開な点も強み。→ハタラクティブの解説記事

DYM就職…就活生向けに展開しているDYM社の手がけるサービス。ベンチャー気質が強いため、中堅どころの成長業界への紹介も多い。拠点も全国展開。→DYM就職の解説記事

ウズキャリ…社長自身がフリーター・ニートの経歴を持つUZUZ社の手がけるサービス。IT・WEB系の紹介に強い。→ウズキャリの解説記事

JAIC(ジェイック)…全国展開の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、企業側からは根強く支持されている。→JAICの解説記事

GEEK JOB(ギークジョブ)…本格的なプログラミング研修を無料で受講できる。ITエンジニアを目指す人向け。AI系の案件はすぐに就けるわけではないが、将来的に高度な仕事に取り組むエンジニアになりたいなら、業界動向を聞いてキャリアプランを練るためにも活用するのも手。→GEEK JOBの解説記事

20代向けの就職支援サービスの傾向・特徴としては、

  • 面談対応重視なので求人紹介の前にまずは相談という形式
  • ただし、業者によってはSkype・LINE・電話面談などの融通が利く
  • 小さめの会社が多く、各業者毎に得意先の職種・業種がある
  • 学歴・経歴不問なため、人柄・人間性などのやる気重視

…などの特徴があるので、いくつかの業者を併用したり、ビジネスライクな転職エージェントも使っておくなど、使い分けも大事です。

専門職向けのエージェントを利用する

成長業界に関しては、人手不足や専門性の高い人材を求めていることもあり、専門職向けの転職エージェントも登場しております。

とくにテクノロジー関連の仕事に携わっている場合は、専門性の高い相談や求人提案で認識の齟齬を起こさないためにも、専門職向けのエージェントを活用しておきたいです。

専門職向けの転職エージェント

メイテックネクスト…製造業界の人材派遣会社の老舗「メイテック」の子会社の手がけるエージェント。現場ニーズや業界動向を把握しているので、圧倒的に専門性に期待できる。メーカー勤め・エンジニアであれば必ず使っておきたい。→メイテックネクストの解説記事

シリコンスタジオエージェント…ゲーム制作会社「シリコンスタジオ」の手がけるエージェント。ゲーム業界と根強い取引実績があり、関わりたいゲームタイトルから求人を選べるほど。ただし人材派遣会社という性質上、派遣社員の取り扱いもあるので、事前に派遣制度について理解した上で使っておきたい。→シリコンスタジオエージェントの解説記事

Geekly(ギークリー)…IT・WEB・ゲーム業界専門のエージェント。ビジネスライクな方針だが、高年収案件から未経験者OK求人まで幅が広い点は強み。キャリアアップ志向なら使っておきたい。→Geeklyの解説記事

マイナビクリエイター…若手向けにブランド力のあるマイナビの手がける、IT・WEB・ゲーム業界志望のクリエイター向けのエージェント。ポートフォリオ作成のサポートに力を入れており、大手企業勤めのクリエイターのセミナーも開催している。就活生にも対応している分、キャリアアップ転職にはやや不向き。→マイナビクリエイターの解説記事

ハイクラス向けのエージェントを利用する

転職エージェント・人材会社の方針として、ハイクラス人材のみを対象としているサービスも存在します。

高年収の案件に特化している分、保有している情報や担当者の提案力に期待もできますので、該当する方は使っておくといいでしょう。

ハイクラス向けの転職エージェント

JACリクルートメント…日系・グローバル系・外資系の管理職・スペシャリスト人材向けのエージェント。30歳以上がメインターゲット。外資系運営。→JACリクルートメントの解説記事

ロバート・ウォルターズ…英語力のある人材特化の転職エージェント。外資系運営。コンサルタントとの直接的なやりとりが中心になるため、国内エージェントの受け身で使えるエージェントに慣れている人は注意。→ロバート・ウォルターズの解説記事

ビズリーチ…ヘッドハンターと直接交渉できる、プラットフォーム型の転職サイト。登録目安は現在年収500万。国内の高年収案件・フリーランス案件が集うため、他のエージェントで納得行く提案が得られない場合の最終手段として使いたい。→ビズリーチの解説記事

成長業界への転職は計画的に

以上、長くなりましたが、成長業界についてご紹介してきました。

成長業界に転職を考える際の注意としては、

  • 今の自分のキャリアで成長業界へ通用するか知っておく(自己分析)
  • 最新の業界動向を把握しておき、求められる人物像を知っておく(業界研究)
  • 各企業毎の事業領域や取り組みを知っておき、自分でも転職できるチャンスがないか見極める(企業研究)
  • 必要に応じて、資格取得や技術習得にも取り組んでおく

…など、転職を成功させるための基本を、長期的視野でしっかり実行しておくことです。

また、転職エージェントでいくつかの担当者と付き合いを作っておき、優先的に希望する業種・職種の求人を送ってもらえる環境を作っておくことも、より確実に転職を成功させるための秘訣です。

当記事でご紹介した情報や各種サービスなどを活用した上で、一人でも多くの読者が成長業界への転職チャンスを得られるのであれば、サイト運営者冥利に尽きます。