【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

意外と多い「ポートフォリオ用の作品がない…」という悩み。未経験からクリエイター転職を成功させるポイント

「未経験からクリエイター関係職に就きたいけどポートフォリオ用の作品がない…」
「転職活動を始めたけど、ポートフォリオにどの作品を載せるべきかわからない…」
「ポートフォリオに載せるほどの実績や作品がない…」
「ポートフォリオに載せる作品のレベルが低すぎて不安…」

このようにお悩みではありませんか?

読者の方が、新卒・未経験状態から就職を目指すクリエイター志望であっても、実務経験があって中途採用からの転職を目指す身であっても、ポートフォリオ作成に関する悩みは生まれてくるものです。

なぜなら、クリエイターが作品を作る際には学生であれば「課題だから」といった目的があったり、実務経験があれば「上司の指示」「クライアントの要望」など業務上の目的があるからです。あるいは、個人的なスキルアップで作品を作るケースもあるかもしれません。ですが、ポートフォリオの場合は明確に「採用されたい企業側の意図に沿うように作る」という目的が生じます。

ですから、相手側の企業が求めている人物像や求めているスキルレベルの基準がわからなければ、ポートフォリオ作成が進まなくても当たり前というものです。ですので、ポートフォリオ作成が思うように進まなかったり、ポートフォリオ作成に際して自身の作品や実績に不安を感じても、思い悩む必要はありません。

逆に言えば、企業側が求めているポートフォリオの要素や載せてほしい作品のレベルさえ把握すれば、自ずと今まで作ってきた作品や自分のスキルレベルをアピールするための過去の経験を思い出せるかと思います。

そこで本記事では、ポートフォリオ作成に関する悩みについて、クリエイターだからこそ陥りやすい原因や悩みの誤解についてご紹介した後、ケース別にどのような点を重視して作るべきか、またどのような作品や実績を重点的にアピールするべきか、まとめてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

まずはポートフォリオ作成が進まない根本原因から特定しよう

初めに考えておくべきことは「そもそも、ポートフォリオ作成のどこで自分が悩んでいるのか?」というボトルネック(業務の停滞や生産性の低下を招いている工程・箇所のこと)がどこかを正確に認識するということです。

たとえば、読者の方が「ポートフォリオに載せる作品が少ない…」と悩んでいたとしても、

「ポートフォリオ掲載用にデータ保存していた作品が少ないのか?」
「今まで完成させた作品数自体が少ないのか?」
「著作権や守秘義務の関係で実務制作した作品の掲載ができないからか?」

では、悩みの根本も解決策も変わってくるからです。

また、企業側もクリエイター側が悩んでいるほど、提出されたポートフォリオをじっくり閲覧しているとは限りません。自分の経歴やスキルがざっくりとわかるレベルの作品だけで十分なこともありますし、逆に言えば過剰なまでの作品量を掲載してしまうことで、クリエイターの負担も企業の負担も増えてしまいお互いに無駄な労力となる可能性もあります。

そういった可能性も踏まえながら、まずは一度ポートフォリオ作成や掲載作品のことで悩む前に「就職や転職を行う際に、自分がどこで悩んでいるか?」の特定から始めてみましょう。以下に、とくにクリエイターが就職・転職活動で悩みがちな例をご紹介していきます。自分に当てはまるものを見つけ出してみてください。

実務での制作実績がない(とくに未経験者や新卒生の場合)

第一に考えられるのが「実務上での制作実績がない」というケースです。

これは「作品がない・少ない」という悩みよりは「どの程度のレベル感のポートフォリオを作ればいいか判断できない」「実務経験での成功体験がないため自信がなく不安」といった点が、根本原因な悩みの原因であると考えられます。

たとえば、未経験者であっても、それまでの学習や実習によってプロクオリティの作品が作れるスキルがあるにも関わらず、単にそういった機会に恵まれていないだけかもしれません。あるいは、クライアントとのやりとりの経験がないため、企業側の求めている作品クオリティが測れないのかもしれません。

この場合、対策は「ポートフォリオ用に制作スキルアピール作品を作る」「ポートフォリオなしでも職務経歴書(履歴書)や面接対策でカバーする」となります。実務経験がない以上、企業側が求めているクオリティには至らくてもしょうがないことですので、それ前提で今時点で自分が持つスキルをしっかりアピールしておく方が、無理に背伸びしないで済むかと思います。

ポートフォリオに載せる作品データを保存していない

クリエイターあるあるとして、制作後のデータを保存・管理してなかったり、過去の作品に満足できていため処分してしまうなど、後のポートフォリオ制作を考慮していなかった場合にも作品が少ないと悩む印象にあります。

この場合、シンプルに以下のような流れで過去の制作実績や作品をできる限り掘り出すといいでしょう。

  1. 履歴書や職務経歴書を作るついでに過去の制作実績も思い出して書き出す
  2. 公開されている制作物のURLやデータを見つけ出す(仕事で関わった人に聞き出す)
  3. スキャン・スクリーンショットで作品の見た目がわかる形でデータ保存しておく(紙媒体や実データがない場合)

単純に作品データがないのであれば、できる限りの形で作品の実物や見た目が相手に伝えられる手段で掘り起こしてみれば、案外、見つかるものでしょう。また、企業内での制作物であれば関係者(全体進行を担っていることの多いディレクターなど)に連絡して、最終的な公開媒体やURLを再確認しておくことも大切です。

いずれにしてもこのケースの場合、自分の記憶や人脈をフル動員して過去の作品データを掘り起こすことが先決となるため、できる限りのことは試して必要な作品データを得た後で、ポートフォリオ作成に取りかかるのが好ましいでしょう。

完成させた作品が少ない(完成度やクオリティを気にしすぎている)

クリエイターを目指す方の中でも、ビジネス慣れしておらずアーティスト思考が強い場合に陥りやすいのが「未完の作品が多く公開できる作品が少ない」という状態です。自分の中で満足いくクオリティに達してなかったり、他人に見せるほどの水準でないと思ったまま、多くの作品を未完のまま放置している方も多いのではないでしょうか?

もし、そうであれば、勇気を出して未完のままの作品でもポートフォリオに掲載してしまうという手もあります。アピール方法次第では評価される可能性があるからです。

たとえば、未完の作品でも「制作ツールのこの機能を使いこなすために作ってみた」「こういうものを完成させようと思って作ったが、今の自分にはここが足りなかった」などと説明書きも添えておけば、どういう意図で作品制作しようとしたかが伝えられますし、自分のスキルも客観的に分析できている証拠ともなります。

また、採用企業側に成長途中のクリエイターの才能を見抜ける人物がいるのであれば、どのような作品が相手の目に止まって評価されるかわかりません。逆に、未経験人材にも完成クオリティを求めるような企業は、入社後にスキル不足でついていけない可能性も考えると無理に採用される必要もないため、そのような会社を事前に見極めるためにも「あえて未完成作品も載せておく」というのは有効な戦略になると思います。

もちろん、世間のポートフォリオ作成ノウハウとしては「完成したクオリティの高い作品だけ載せましょう」と紹介していることもありますし、アドバイスする人によっても未完成作品は載せない方がいいという方もいるかもしれませんが、自分の成長過程や才能をアピールしてチャンスを拾いたいなら、そういった「攻めの姿勢」も持った方が、思わぬ会社からの採用につながることでしょう。

著作権・守秘義務(NDA)の都合でポートフォリオに作品掲載できない

クリエイターとして実務経験があり転職活動中の方は、著作権や守秘義務(NDA)にも細心の注意を払ってポートフォリオ作成をする必要がある点も悩みです。

これは極論で言えば、転職活動のポートフォリオに実務で携わった作品を掲載することが守秘義務に抵触するリスクはあります(※契約関係や契約内容にもよります)。ただ、実際には経営レベルの守秘事項を他社に流して損失を与えるわけでもなければ、黙認されることの方が多いです。

著作権に関しては、多くは制作会社か取引先どちらかに移譲する形の契約形態が多いですが、一般的向けに公開されたことのある作品であれば誰でも自由に閲覧できる状態にあったのですから、ポートフォリオに掲載してもまず問題ないでしょう。

どうしても不安であれば、以下のポイントだけ気をつけておけば、トラブルになる可能性は下げられるでしょう。

  • 経営戦略などの秘匿情報が掲載された作品(内部向け資料など)
  • 著作権譲渡した作品の著作権が自分にあると主張する行為
  • チームワークで制作した作品をすべて自分が作ったように思わせる行為
  • 一般向けに公開されていない制作担当の個人/企業名を記載する行為(特定されない形でぼかして対応)

中途採用者の場合、このような作品に付随する著作権・守秘義務の取り扱い意識も転職活動時に見られるポイントです。ですので「どこまでポートフォリオに載せて大丈夫か?」「どこまでの情報を伏せるか?」も転職時の評価基準だと考え、自己判断することも大事だと言えます。

※本項目の著作権や守秘義務に関する記載は、あくまで通例や実態を踏まえた弊サイトの一見解となります。弊サイトの記載が必ずしも読者の行為の合法性を担保するわけでなく、また違法行為かどうかを保証するものではございません。正確な法解釈に関しましては、各自、弁護士などの専門家に確認するなどしていただきますようお願い申し上げます。

ポートフォリオ用の作品が少ない時の対処はどうすればいい?

上記の「ポートフォリオが少ないと悩んでしまう原因」を踏まえると、おおよそ今の自分の問題は見えてきたかと思います。その上で、ここからはより具体的に「ポートフォリオ用の作品が少ない場合はどうするか?」についてご紹介してきますので、自分に出来そうなことから着実に進めてみましょう。

趣味・練習・課題・実務問わず、すべての作品を載せるつもりで取りかかる

未経験者であったり、転職活動に慣れてなくてポートフォリオ作成が進まないのであれば、まずは「趣味・練習・課題・実務関係なくすべての作品を載せるつもり」で取りかかる必要があります。そう意識し、作品を整理したり掘り起こす過程で「今まで自分はこれだけの作品を作ってきたんだ…」「過去から追ってみると成長している…」と気づけるかもしれません。

また、クリエイターとして制作経験があれば感覚として理解している方も多いでしょうが「洗練されたモノほど作るのが難しい」と考えると、まずはアイデア出しの段階だと捉えて「すべて載せるつもり」でより好みせず難しく考えずにポートフォリオ作成に取り組んでみるのです。

もちろん、最終的には全部載せる必要はありません。ただ、企業側がポートフォリオのどこをどのように評価するかわからない以上、できる限り「全部詰め込む」方が、相手側の目に止まる可能性は高くなるはずです。

履歴書・職務経歴書に沿った形で作品紹介を行う

次に、より整理されたポートフォリオが作成できる考え方として「履歴書・職務経歴書に沿った形で作品紹介を行う」という方法をご紹介します。先に履歴書・職務経歴書を作ってしまい、そこで紹介されている経歴やスキルをポートフォリオ内の実物作品で補足して説得力を上げるという形です。

たとえば、デザイナーとしてAdobe IllustratorやPhotoshopが使えるのであれば、ツールの機能を使った制作物を「このツールできるデザイン例」という形でスキルの証明手段として伝えれば、職務経歴書の文字情報としてもポートフォリオの視覚情報的にも伝わりやすくなることでしょう。

これを今まで使ったことあるツールすべてで行い、それぞれのツールを活用した簡単な作品をポートフォリオに載せるだけでも、企業側からすれば「この人はこのツールを使ってこれだけのことができる」と思ってもらいやすくなります。

また、学生時代にデザイン科や芸術大学に通ってたのであれば「学生時代の総括」と表するページを作ってみるのも手でしょう。デッサン作品などで基礎的な画力や知識もアピールしておけば、少なからず「学生時代に遊んでいたわけではない」と説得力を出すことができます。

実務経験がある場合は基礎的なスキルがあることは前提となりやすいため、関わったプロジェクトやクライアント毎にページを分けて作品だけでなく解説や担当範囲を記載するなどしておけば、ビジネス上でどのように考えて作品制作したかも伝わるため、より説得力が高くなるはずです。

作品の制作経緯や説明書を作り「作品を魅せる」

ポートフォリオの作品数で勝負するのではなく、質で勝負するのであればこの考え方もありです。

通常、多くのクリエイター作品は「ラフ案→試行錯誤→修正→完成」といった流れをたどるものです。しかし完成品だけでは、制作してない人から見れば「どれだけの技術を使ってどれだけ労力を割いたか?」がわかりにくいものです。

ですので、作品のラフ案から初期設定案、そこからの作業工程の経緯もポートフォリオに掲載することで、一つの作品が生まれる物語や背景まで魅せてしまうわけです。そうすることで、作品が少ない人でもポートフォリオの情報量を増やすことができるわけですから「作品が少ない」という印象を与えずに済むことでしょう。

これはたとえば、アニメのブルーレイ特典に付属している絵コンテ集であったり、有名イラストレーターのメイキング動画などでも取り入れられている、言わば「裏方作業を魅せることで、作品そのものだけでなく制作工程や技術力を評価してもらう」という考え方になります。

クリエイターといっても、作品そのもののクオリティで勝負するアーティスト思考が強い職業もあれば、効率性を問われるオペレーター的な立ち位置になり作品数が問われる場合もあります。自分がどちら側を志望していて、相手の会社がどちら寄りの資質を求めているかも考えて、量をこなすより質を追求した人であればこういった柔軟な発想で自己アピールすることも欠かせない視点です。

クラウドソーシングで受注して制作実績を増やす

一番オススメで確実なのは「クラウドソーシング」という、ネット越しに仕事を受注できるサービスで、ガンガン制作をこなしていくことですね。

とくに「クラウドワークス」はデザイン系の案件が豊富ですので登録して、仕事の募集だけでも見ておくといいですよ。

コンペ式ですと、腕に自信がなくとも気軽に提案できるので、ポートフォリオの作品数稼ぎにはもってこいです。おまけに採用されれば、報酬ももらえます

学生でも利用できるので、こづかい稼ぎにはオススメですね。実力さえあれば、ここで生計を立てるフリーランスを目指すことも出来ます。

…ただここだけの話、あまりクラウドソーシングのザイン案件の単価は高くないので、利用者も「値段相応の仕事、ポートフォリオの作品数稼ぎ」という感覚で使うのがいいです。

ここで経験を積みながらポートフォリオを充実させ、就職・転職に結びつけるという意識で使いましょう。

とにかく「質より量をこなす」には、もってこいですよ。

クラウドワークスでデザインの仕事を探す【登録無料】

ポートフォリオサイトを活用する

ポートフォリオ作成が進まない方は、ポートフォリオサイトを活用しておくのも手です。

とくに最近はWEB系のクリエイター需要が高まっており、ポートフォリオサイト+ビジネス流用という形式のサイト・アプリも増えているので、時代の流れについていくためには使っておきたいです。

また、転職サービスである「マイナビクリエイター」では「MATCH BOX」というポートフォリオサイト機能が連動しています。

MATCH BOXに投稿した作品は、転職業者側も定期的にチェックしており、求人情報の紹介やスカウト・オファーのきっかけになることもあるので、ポートフォリオ作成がてらに活用しておくといいでしょう。

マイナビクリエイターの登録はこちら【完全無料】

ポートフォリオ用の作品がないならデザイナー・クリエイターを諦めるのも手

もし読者がデザイナー・クリエイター系の実務経験がなく、専門学校・美大に通っただけでデザイナー・クリエイターを目指しているだけなのであったら、悪いことは言いません。

デザイナーやクリエイターを諦めて、一般職を目指す道を考えておくのも手ですよ。

以下の記事などにも書いておりますが、学生時代にクリエイターを目指してたからと言って、必ずクリエイターになることが正しいわけではありません。

むしろ、ポートフォリオをしっかり作り込めるほどの熱意がないのであれば、明らかにデザイナー・クリエイターに向いていないことも考えられます。

以下の記事などでは、クリエイター・デザイナーの厳しい実情を紹介していますが、これを読んで「クリエイター・デザイナーになりたくないなあ…」という気持ちがあるなら、無理にクリエイターを目指す必要もありません。

私自身、デザイン系の学校を卒業してクラウドソーシングなどで修行がてら仕事してた時期もありますが「あ、これ向いていないし、好きな仕事じゃねぇわ」という感じで、見切りをつけました。

以下の記事でも紹介している通り、日本人は「学校に通ったのに、その職に就けないともったいない」と思っている人も多いです。

しかし、今まで勉強してきたことや努力してきたことが必ず役に立つわけではありませんし、クリエイティブ系の学校に通ったからと言って、絶対にクリエイターになる必要もありません。

ですので、ポートフォリオに入れる作品がないとお悩みの方は「学歴・経歴があるからと言って、必ずしもデザイナー・クリエイターになる必要はない」という選択肢も考えておくと、本当に自分に向いている仕事に出会えるかもしれまん。

デザイナー・クリエイター以外の道も考えておくなら就職支援サービスを使っておこう

ここまでお読みの方の中には「クリエイター以外の道も考えておきたい」「やっぱりポートフォリオを作れる自信がない」と、自信のない方もいるはずです。

そういった方は、20代向けの就職支援サービスを活用しておき、他の業種・職種への道も考えておくといいでしょう。

20代向けの就職支援サービスでは、今までの学歴・経歴関係なく利用でき、正社員として思いもしなかった企業に就職できることもあるので、使っておくだけ損はありません。

仮に「クリエイターの道も一般職の道も考えておきたい」という方であれば、就職支援サービスと以下のクリエイター専門の支援サービスを併用しておけば、どちらの選択肢も慎重に検討できます。

未経験者でも利用できるクリエイター向けの就職支援サービス

マイナビクリエイターオススメNo.1…文中で紹介している通り、クリエイター向けの転職支援サポート。在学中の生徒もサポートしており、就職支援としての色合いが強い。→マイナビクリエイターの解説記事

シリコンスタジオエージェントゲーム業界志望にオススメ…ゲーム業界専門の転職支援サービス。学生でもゲーム系学歴があれば利用可能。非正規雇用の求人も扱っている分、受け入れ口は広いのが強み。→シリコンスタジオエージェントの解説記事

いずれにせよ、選択肢は多いほど本当に自分に合った企業を選べる可能性が増えるのは間違いありません。

就職支援サービスも転職エージェントもすべて無料で使えるので、ぜひとも有効活用してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました