【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【やればできる】実は仕事ができる人の特徴。まだ君は本気出してないだけ

「自分は実は仕事ができる!」
「だけど自信がない…」

そう思っていませんか?

とくに最近の若者は「やれば出来る人」「あえて本気を出さない人」などが多いので、実は仕事が出来るにも関わらず、周りに無能・仕事ができないと思われていることが多い傾向にあります。

しかし、出来れば「仕事ができる人」として、しっかり評価されたいものですよね?

そこで当記事では、実は仕事ができる人の特徴をお伝えしてまいります。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

実は仕事ができる・本当に仕事のできる人の特徴とは?

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人はどのような特徴があるのでしょうか?

筆者が見てきた人物の中でも「こいつ…!実はできる…ッ!」と感心してきた人の特徴をご紹介していきます。

先が見えているので期限内に仕事を片付けられる人

実は仕事が出来る人は先が見えているため、どんな仕事も期限内に終わらすことができ、いつも余裕を持っています。

逆に仕事の出来ない人は、

  • 納期前まで仕事を溜め込む
  • 仕事を早く終わらせすぎて逆に仕事を振られる
  • 何をすればいいかわからないまま無駄な時間を持て余す

…など、先が見えないばかりに目の前のタスクに追われがちです。

もし、職場にいつも余裕を持っているような人物がいたなら、それはもしかしたら「実は仕事のできる人」かもしれないので、仕事っぷりを観察してみるといいでしょう。

仕事で手を抜くのが上手い

実は仕事ができる人は、仕事で手を抜くのが上手いです。

仕事で手を抜くのが上手い人の例

  • 無駄な仕事に時間をかけない(プレゼン資料の作成など)
  • 真面目に仕事しても評価してくれない相手の前では本気出さない
  • 割に合わない仕事は受けない

「仕事ができるのかできないのか、判断がつかない…」という感じで周りを泳がせるのが上手なので、自分で自由にやるべき仕事とそうでない仕事を分けて請け負うことが出来るのです。

また、あまりに仕事が出来すぎると、周りと足並みが揃わなかったり、あるいは上司のひいきに対して周りから嫉妬を買うなど、いいことばかりではありません。

ただし注意点としては、上司や人事の見る目があると、手を抜いてもバレバレなこともあるので、そこは適度にコミュニケーションをとって相手の評価や心象を知っておくなどの根回しも大事でしょう。

人付き合いの線引きがしっかりしている

仕事でストレスとなりやすいのが「人間関係・対人関係」です。

当サイトでも仕事での人間関係に関する記事は多いですが、たくさんの方が職場の人間関係を理由に転職しているぐらい、仕事での対人関係は大事です。

それを実は仕事が出来る人はよくわかっていますので、仕事における人付き合いの距離感のとり方や線引きが、実に上手いです。

仕事での人付き合いの線引きが上手い人の例

  • 無駄な飲み会には参加しない(ただし、重要な場面では参加する)
  • プライベートの話ははぐらかす・受け流す
  • 年収・給料などの話はしない

仕事ではプライベートまで付き合いを強要されることも多いですが、最近の若者はプライベートに干渉されることを嫌う傾向にあり、飲み会などの文化を見直している企業も増えています。

職場での人間関係・対人関係に関しての価値観は、その会社・業界の社風や規模、あるいは上司や経営者の人柄でガラリと変わるものです。

今の職場の人間関係が合わないと感じているのであれば、前向きに転職を考えておくのもありでしょう。

容量良く上司の指示を無視する

実は仕事の出来る人は、意外なまでに他人の指示を無視して、一見すると言うことを聞いてないように思われる人が多いです。

ですが、なぜか周りから嫌われたり、反感を買うようなことはあります。

それはなぜか?

上司にしろ、取引先やクライアントにしろ、必ずしも正しい指示をするとは限らないです。

たとえば、上司が「〇〇の資料集めておいて」と頼んだ場合、仕事が出来る人はその指示を無視して資料を集めないこともあります。

それは「なぜ、上司は資料を集めろと頼んだのか?」と考え、一手先を読んで行動するからです。

仮に上司の目的が「クライアントに向けてのプレゼンを作るための資料」だとした場合、実は仕事ができる人であれば、

  • 資料が必要なくなるほど、その分野に詳しい人を紹介する
  • 先にプレゼン相手の調査を行っておき「実は資料を用意する必要がない」と気づき、上司を説得
  • 上司が資料を参考にする手間がなくすために、資料の要点や概要をまとめた上で上司に報告

…など、結果的に上司の指示を無視したにも関わらず、上司の要求に応えてしまうわけです。

もちろん、それを独断でやれば思い違いを起こすこともあるので、やりすぎは禁物です。

また、このレベルまで仕事ができると「言わなくても出来る人=忖度出来る人」という状態が生まれてしまい、都合よく使われる可能性も高まる点にも注意。

安易に他人に手を貸さない

実は仕事ができる人は、安易に他人に手を貸しません。

なぜなら、人の仕事を奪いすぎると、

  • 自分の負荷が増えてしまう
  • 職場内に「困ったらあの人に頼めばいい」と甘えが生まれる
  • 周りや部下が育たない

…など、チーム全体としてはマイナスの影響があるからです。

また、前述のように「言わなくても助けてくれる=忖度、暗黙の了解」という甘えが生まれ、仕事のできる人ほど割りを食って不満を抱えがちになります。

そして悲しいことに、他人に頼られる・仕事ができてしまう人ほど不満を抱えたまま転職してしまい、職場が崩れてしまうのです。

これは何も社員単位の話ではありません。

会社にしても、あまりに取引先から仕事を安請け合いし過ぎると、

  • 相手の要求に応えられない低品質な成果物を納めざるを得ない自体になる
  • 不当に低い報酬で受注してしまい、それが当たり前になる
  • 自社のキャパを越える業務量を請け負ってしまい、人手不足のブラック企業になる

…など、安易に仕事を安請け合いすることは、リスクを生むこともあるのです。

仕事を断るのが上手い

実は仕事ができる人は、仕事を断るのがとても上手です。

上記の通り、仕事を安請け合いし過ぎることはあまり褒められたことではないのですが、かと言って安易に断りすぎるのも考えものです。

ですので、断る際に、

  • 相手を立てておき、仕事をもらったこと自体には感謝しておく
  • 断る理由を説明した上で、代案を提示しておく
  • しつこい相手にはわざと嫌な顔をして断る

…など、場合に合わせた断り方を用意しているものです。

一方で、仕事のできない・相手の気持ちを汲めない人間は、バカ正直に「出来ません」と答えてしまいます。

人の話を聞くのが上手い

仕事においては、話上手よりかは聞き上手の方が重宝されやすい存在です。

それがなぜかと言うと、

  • 職場の複雑な人間関係・人間感情を理解しやすい
  • 仕事の愚痴・悩みを聞くことで、相手の弱みを知れる
  • 同僚の不満などをいち早く察知して、対策を練れる
  • 取引先の隠れた要求・要望を引き出せる

…など、仕事上においても多くのメリットがあるからです。

また、聞き上手であることは、それだけ会社の人間からも信頼されている証拠でもあります。

「努力するだけではどうにもならない」と知っている

実は仕事ができる人は、努力だけではどうにもならないこともあると、よく知っています。

それがなぜかと言うと、本気で取り組んで結果が出せない挫折を味わったことがあるからで、自分の限界を弁えているのです。

ですので、無理しない程度に適度に努力し、仕事での時間配分や労力も上手く分散できます。

一方で「努力すればなんとなる」と思っている人は、何度も同じやり方で失敗してしまい、原因や改善策に気づかず、同じ過ちを何度も繰り返し続けます。

また、会社自体が「努力したところで大してリターンがない」という仕組みですと、多くの場合は努力しすぎない方が、結果として上手く行くものです。

ただし、やる前から努力すらしない人は論外ですので、その点は勘違いしないように肝に銘じておきたいです。

本当に仕事ができる人は転職を考えている

本当に仕事ができる人は、常に転職のチャンスを考えおります。

それには、以下のような理由があるからです。

仕事のできる人ほど転職を考えている理由

  • 自身の人材価値を高めるキャリアに関して知っておくため
  • 万が一、今の会社で思うように仕事を任さられなくなった場合に備えて
  • 社内の人事に不当評価されて、割を食った場合に備えて
  • 倒産・リストラに備えて

とくに現代の日本では、終身雇用制度が崩壊してしまっており、転職が盛んな時代になっていますので、仕事ができる人は常に転職を意識しています。

一方で、仕事のできない人は「左遷させられてから転職を初めて考える」「退職してから転職活動を始める」など、事前の準備や情報集めを怠った状態から転職活動を行います。

そうすると、

「30歳以降で未経験職への転職が困難」
「市場価値を高めてこなかったので、他の会社で通用しない」
「年収を上げるための資格・経歴を作ってこなかったので、収入が下がる」

…など、転職先選びにも妥協せざるを得ません。

将来そうならないためにも、早いうちに転職して「常に仕事ができる人」を目指してみてください。

「仕事ができない」のは会社にも原因があるかも?

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人は、今の会社に原因があって思うように仕事が出来ていないのかもしれません。

本当は仕事ができるのに、思うように仕事ができていない人の例

  • 今の仕事が向いていないため、適性が発揮できない
  • 職場環境が悪く、意思疎通がとれないため、仕事を覚えられない
  • 上司の教え方や付き合い方がひどく、本来のポテンシャルが発揮できない

ひどい場合は、ハラスメント・職場いじめなどで追い詰められてしまい、自分が無能だと思い込んでいる方もいますが、職場環境が変われば仕事ができるようになる可能性もあります。

ですので、仕事ができる自分になるためにも、転職を考えてみるといいでしょう。

転職エージェントを活用して自分の能力が発揮できる職場を見つけ出そう

もし、読者の方が「実は自分は仕事ができる」「本当は仕事ができるのに思うように評価されない」と悩んでいるのであれば、一度転職エージェントでプロに相談してみることをオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが相談に乗ってくれ、本当に自分に向いている転職先を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントに相談することで、年収が上がる可能性や、より自分の適性を活かして働きやすい職場を見つけ出している方も多いので、ぜひとも転職エージェントを活用してみてください。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました