やればできる!実は仕事ができる人の特徴〇選!才能を発揮するために必要な条件とは?

「自分は実は仕事ができる!」
「だけど自信がない…」

そう思っていませんか?

とくに最近の若者は「やれば出来る人」「あえて本気を出さない人」などが多いので、実は仕事が出来るにも関わらず、周りに無能・仕事ができないと思われていることが多い傾向にあります。

しかし、出来れば「仕事ができる人」として、しっかり評価されたいものですよね?

そこで当記事では、実は仕事ができる人の特徴をお伝えしてまいります。

▼仕事を辞めようか悩んでる方へ

仕事をやめようか悩んでいても転職に踏み切れない人は多いと思います。
そうお悩みでしたら国内No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」の利用がオススメです。

リクルートエージェントは非公開求人だけでも20万件以上の取り扱いの業界最大手の転職エージェントです。初回登録さえ済ませれば自分の経歴や希望条件に合った優良求人を無料で紹介してくれるため、自分に向いてる仕事や年収アップに期待できる仕事を見つけ出すチャンスです。また、内定率を上げるためのサポートも充実しているため、今の仕事や転職活動に自信が持てない人でも無理なく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントは「まだ辞める気はないけど自分に本当に転職先があるのか知りたい…」という場合もスマホで気軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方は早めに登録しておきましょう。

→リクルートエージェントの登録はこちら

実は仕事ができる・本当に仕事のできる人の特徴とは?

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人はどのような特徴があるのでしょうか?

筆者が見てきた人物の中でも「こいつ…!実はできる…ッ!」と感心してきた人の特徴をご紹介していきます。

先が見えているので期限内に仕事を片付けられる人

実は仕事が出来る人は先が見えているため、どんな仕事も期限内に終わらすことができ、いつも余裕を持っています。

逆に仕事の出来ない人は、

  • 納期前まで仕事を溜め込む
  • 仕事を早く終わらせすぎて逆に仕事を振られる
  • 何をすればいいかわからないまま無駄な時間を持て余す

…など、先が見えないばかりに目の前のタスクに追われがちです。

もし、職場にいつも余裕を持っているような人物がいたなら、それはもしかしたら「実は仕事のできる人」かもしれないので、仕事っぷりを観察してみるといいでしょう。

仕事で手を抜くのが上手い

実は仕事ができる人は、仕事で手を抜くのが上手いです。

仕事で手を抜くのが上手い人の例

  • 無駄な仕事に時間をかけない(プレゼン資料の作成など)
  • 真面目に仕事しても評価してくれない相手の前では本気出さない
  • 割に合わない仕事は受けない

「仕事ができるのかできないのか、判断がつかない…」という感じで周りを泳がせるのが上手なので、自分で自由にやるべき仕事とそうでない仕事を分けて請け負うことが出来るのです。

また、あまりに仕事が出来すぎると、周りと足並みが揃わなかったり、あるいは上司のひいきに対して周りから嫉妬を買うなど、いいことばかりではありません。

ただし注意点としては、上司や人事の見る目があると、手を抜いてもバレバレなこともあるので、そこは適度にコミュニケーションをとって相手の評価や心象を知っておくなどの根回しも大事でしょう。

人付き合いの線引きがしっかりしている

仕事でストレスとなりやすいのが「人間関係・対人関係」です。

当サイトでも仕事での人間関係に関する記事は多いですが、たくさんの方が職場の人間関係を理由に転職しているぐらい、仕事での対人関係は大事です。

それを実は仕事が出来る人はよくわかっていますので、仕事における人付き合いの距離感のとり方や線引きが、実に上手いです。

仕事での人付き合いの線引きが上手い人の例

  • 無駄な飲み会には参加しない(ただし、重要な場面では参加する)
  • プライベートの話ははぐらかす・受け流す
  • 年収・給料などの話はしない

仕事ではプライベートまで付き合いを強要されることも多いですが、最近の若者はプライベートに干渉されることを嫌う傾向にあり、飲み会などの文化を見直している企業も増えています。

職場での人間関係・対人関係に関しての価値観は、その会社・業界の社風や規模、あるいは上司や経営者の人柄でガラリと変わるものです。

今の職場の人間関係が合わないと感じているのであれば、前向きに転職を考えておくのもありでしょう。

容量良く上司の指示を無視する

実は仕事の出来る人は、意外なまでに他人の指示を無視して、一見すると言うことを聞いてないように思われる人が多いです。

ですが、なぜか周りから嫌われたり、反感を買うようなことはあります。

それはなぜか?

上司にしろ、取引先やクライアントにしろ、必ずしも正しい指示をするとは限らないです。

たとえば、上司が「〇〇の資料集めておいて」と頼んだ場合、仕事が出来る人はその指示を無視して資料を集めないこともあります。

それは「なぜ、上司は資料を集めろと頼んだのか?」と考え、一手先を読んで行動するからです。

仮に上司の目的が「クライアントに向けてのプレゼンを作るための資料」だとした場合、実は仕事ができる人であれば、

  • 資料が必要なくなるほど、その分野に詳しい人を紹介する
  • 先にプレゼン相手の調査を行っておき「実は資料を用意する必要がない」と気づき、上司を説得
  • 上司が資料を参考にする手間がなくすために、資料の要点や概要をまとめた上で上司に報告

…など、結果的に上司の指示を無視したにも関わらず、上司の要求に応えてしまうわけです。

もちろん、それを独断でやれば思い違いを起こすこともあるので、やりすぎは禁物です。

また、このレベルまで仕事ができると「言わなくても出来る人=忖度出来る人」という状態が生まれてしまい、都合よく使われる可能性も高まる点にも注意。

安易に他人に手を貸さない

実は仕事ができる人は、安易に他人に手を貸しません。

なぜなら、人の仕事を奪いすぎると、

  • 自分の負荷が増えてしまう
  • 職場内に「困ったらあの人に頼めばいい」と甘えが生まれる
  • 周りや部下が育たない

…など、チーム全体としてはマイナスの影響があるからです。

また、前述のように「言わなくても助けてくれる=忖度、暗黙の了解」という甘えが生まれ、仕事のできる人ほど割りを食って不満を抱えがちになります。

そして悲しいことに、他人に頼られる・仕事ができてしまう人ほど不満を抱えたまま転職してしまい、職場が崩れてしまうのです。

これは何も社員単位の話ではありません。

会社にしても、あまりに取引先から仕事を安請け合いし過ぎると、

  • 相手の要求に応えられない低品質な成果物を納めざるを得ない自体になる
  • 不当に低い報酬で受注してしまい、それが当たり前になる
  • 自社のキャパを越える業務量を請け負ってしまい、人手不足のブラック企業になる

…など、安易に仕事を安請け合いすることは、リスクを生むこともあるのです。

仕事を断るのが上手い

実は仕事ができる人は、仕事を断るのがとても上手です。

上記の通り、仕事を安請け合いし過ぎることはあまり褒められたことではないのですが、かと言って安易に断りすぎるのも考えものです。

ですので、断る際に、

  • 相手を立てておき、仕事をもらったこと自体には感謝しておく
  • 断る理由を説明した上で、代案を提示しておく
  • しつこい相手にはわざと嫌な顔をして断る

…など、場合に合わせた断り方を用意しているものです。

一方で、仕事のできない・相手の気持ちを汲めない人間は、バカ正直に「出来ません」と答えてしまいます。

人の話を聞くのが上手い

仕事においては、話上手よりかは聞き上手の方が重宝されやすい存在です。

それがなぜかと言うと、

  • 職場の複雑な人間関係・人間感情を理解しやすい
  • 仕事の愚痴・悩みを聞くことで、相手の弱みを知れる
  • 同僚の不満などをいち早く察知して、対策を練れる
  • 取引先の隠れた要求・要望を引き出せる

…など、仕事上においても多くのメリットがあるからです。

また、聞き上手であることは、それだけ会社の人間からも信頼されている証拠でもあります。

「努力するだけではどうにもならない」と知っている

実は仕事ができる人は、努力だけではどうにもならないこともあると、よく知っています。

それがなぜかと言うと、本気で取り組んで結果が出せない挫折を味わったことがあるからで、自分の限界を弁えているのです。

ですので、無理しない程度に適度に努力し、仕事での時間配分や労力も上手く分散できます。

一方で「努力すればなんとなる」と思っている人は、何度も同じやり方で失敗してしまい、原因や改善策に気づかず、同じ過ちを何度も繰り返し続けます。

また、会社自体が「努力したところで大してリターンがない」という仕組みですと、多くの場合は努力しすぎない方が、結果として上手く行くものです。

ただし、やる前から努力すらしない人は論外ですので、その点は勘違いしないように肝に銘じておきたいです。

本当に仕事ができる人は転職を考えている

本当に仕事ができる人は、常に転職のチャンスを考えおります。

それには、以下のような理由があるからです。

仕事のできる人ほど転職を考えている理由

  • 自身の人材価値を高めるキャリアに関して知っておくため
  • 万が一、今の会社で思うように仕事を任さられなくなった場合に備えて
  • 社内の人事に不当評価されて、割を食った場合に備えて
  • 倒産・リストラに備えて

とくに現代の日本では、終身雇用制度が崩壊してしまっており、転職が盛んな時代になっていますので、仕事ができる人は常に転職を意識しています。

一方で、仕事のできない人は「左遷させられてから転職を初めて考える」「退職してから転職活動を始める」など、事前の準備や情報集めを怠った状態から転職活動を行います。

そうすると、

「30歳以降で未経験職への転職が困難」
「市場価値を高めてこなかったので、他の会社で通用しない」
「年収を上げるための資格・経歴を作ってこなかったので、収入が下がる」

…など、転職先選びにも妥協せざるを得ません。

将来そうならないためにも、早いうちに転職して「常に仕事ができる人」を目指してみてください。

「仕事ができない」のは会社にも原因があるかも?

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人は、今の会社に原因があって思うように仕事が出来ていないのかもしれません。

本当は仕事ができるのに、思うように仕事ができていない人の例

  • 今の仕事が向いていないため、適性が発揮できない
  • 職場環境が悪く、意思疎通がとれないため、仕事を覚えられない
  • 上司の教え方や付き合い方がひどく、本来のポテンシャルが発揮できない

ひどい場合は、ハラスメント・職場いじめなどで追い詰められてしまい、自分が無能だと思い込んでいる方もいますが、職場環境が変われば仕事ができるようになる可能性もあります。

ですので、仕事ができる自分になるためにも、転職を考えてみるといいでしょう。

転職エージェントを活用して自分の能力が発揮できる職場を見つけ出そう

もし、読者の方が「実は自分は仕事ができる」「本当は仕事ができるのに思うように評価されない」と悩んでいるのであれば、一度転職エージェントでプロに相談してみることをオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが相談に乗ってくれ、本当に自分に向いている転職先を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントに相談することで、年収が上がる可能性や、より自分の適性を活かして働きやすい職場を見つけ出している方も多いので、ぜひとも転職エージェントを活用してみてください。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました