【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

上司のせいで人が辞める職場の特徴とは?上司と合わないことで辞めたい時はどうする?

「上司のせいで人が辞めていく…これは上司の責任?」
「退職したいけど上司が理由と原因の場合はどうするべき?」

このようにお悩みではありませんか?

退職のきっかけとして多いのが「人間関係」で、その中でも一番多いのが「上司との関係」だと言えるでしょう。

軍隊モノのアニメや映画で「指揮官が変わるだけでこうも変わるのか…」といったセリフもありますが、それと同じで、組織というものは上司や経営者などの上に付くリーダーによって驚くほど働きやすさや居心地の良さが変わるものです。

ですから、上司のせいで人が辞める職場であったり、あるいは部下に「この上司と関わりたくないから辞めたい」と思わせてしまうようなら、それは間違いなくその上司に人格面での問題があると考えられます。

しかし、仮に上司が部下を辞めさせたくなるような問題ある人物だとして、今後のキャリアを考えると「上司の何が問題で自分は何をストレスと感じているか?」「また同じような上司のいる会社に転職しないためにはどうするか?」といったことを深く考えておく必要もあります。

そこで本記事では、上司のせいで人が辞めていくメカニズムについて解説していった上で、上司が理由で退職を検討する際の方法から注意点まで、上司が理由で辞めることについて知りたい情報をまとめてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

会社では、上司の権限は絶対である

上司が原因で辞めてもいい理由その1
<組織における「上司」という存在の大きさ>

日本の企業組織構造では、あまりに上司の権限と影響力がデカすぎるから

日本の組織では「上の命令は絶対」です。

逆らったら、クビになります。

これが辞めていい理由の一つ目。

仕事の割り振りから指導はもちろん、社内評価についても上司が大きな影響力を持ち、年収や出世についても、すべて上司の気分や機嫌で左右されるわけですからね。

上司が、善良で判断力のある人間なら問題ありません。

しかし、部下の手柄を横取りするようなモラルの欠けた人物であったり、仕事の評価に私情を持ち込むような感情的な判断の目立つ人物であれば、当然ながら部下は不当な扱いを受けることになります。

こんなに理不尽なことはありません。

日本の企業組織は、原則としてタテ割型社会なので、上司の権限は絶対ですからね。

仕事の割り振りや社内評価にしても、必ず上司を通して行う必要があります。

そのため、一にも二にも、今の職場の上司が絶対になるわけですね。

学校で言えば、担任教師を通さなければ、校長や教頭どころか、他の科やクラスの教師とも話せないようなものです。

つまり、担任教師の指導が悪くても、他の教師に教えてもらうことができない…という状態になるわけですね。

それどころか、部活もその担任教師が紹介して上に話を通してくれないと、希望する部にすら入部できない…という状態なのが、日本の企業組織なんです。

ですので、担任教師に嫌われたら最後、一切チャンスがつかめなくなることも、珍しくないんです。

つまり、上司次第で、人生が決まるわけです。

おおげさに言えば、結婚相手以上に、上司が自分の人生に与える影響は大きいんですよ。

上司は選べないという理不尽

そして、結婚相手以上に与える影響のデカイ上司にもかかわらず、自分から選ぶことはできない。

これが、ますます理不尽さを際立たせる。

部署替えのある規模の企業ならまだしも、中小規模であれば、一生同じ上司と同じ空間で仕事しなければいけません。

今や、定年退職後も働かなければならない時代に突入していますが、この先一生今の上司と仕事したいですか?

したくないですよね。

一緒に仕事する上司は、しっかり選ぶべきなんです。

「上司は選ぶな!」とは言いますが、会社も採用で人を選んでいる時点で、それは間違いです。

自分の人生に影響を与える人物は、しっかりと選ぶべきですよ。

上司が悪いと「挑戦」を通して「成長」ができない

上司が中高年リーマン並に挑戦心のカケラもない人物ですと、チャンスが与えられません。

新しい仕事に挑戦してみたいと思っても「責任取りたくない」「面倒な仕事を増やすな」と、とにかく部下のやる気を奪います。

そのような上司のもとで働いていては、挑戦心ある若者も徐々にやる気を失くしていき、嫌々仕事し続けるだけの、社畜に変わり果てるだけです。

相性の合わない上司と仕事をし続けるデメリット

上司が原因で辞めてもいい理由その2
<相性の悪い上司が仕事に与える感情面のデメリット>

相性の合わない上司と仕事を続けることはデメリットが多すぎるから

次は、上司と合う・合わないといった「相性」の問題についてです。

「人の好き嫌いはするな」とは言いますが、それは建前の話でしかありません。

相性の悪い上司と仕事し続けることは、精神的なデメリットが大きいんです。

そして、それは大なり小なり、仕事に悪影響を及ぼします。

  • 余計なストレスで、仕事の能率や集中力が下がる
  • 職場の空気が悪くなり、チームワークが乱れる
  • 感情的な理由で、的確な仕事が振られなくなる

仕事でストレスが発生するのは仕方ありませんし、避けられないものです。

しかし、わざわざ同じ職場内に不要なストレスを持ち込む上司は、ハッキリ言って公私を分けられてないですからね。

大人になれば、嫌いな人間とも折り合いをつける能力は必要かもしれません。

しかし、嫌いな人間を好きになることは、無理です。

上司と相性が合わないことが原因で、仕事に悪影響が及んでいるのであれば、辞めることを考えたほうがいいでしょう。

部下の能力を活かすも殺すも、上司次第

上司が原因で辞めてもいい理由その3
<”器”不足の上司の下では能力は活かせない>

部下の能力を活かすも殺すも、すべては上司次第だから

そもそも、日本の企業では能力がなくてもエスカレーター式に出世できるため、本来上司になる器ではない人間も、上司になれるんです。

そのため、自分のことしか考えていない、物分かりの悪い上司は、いつまで経っても上司としての人望も器もないままで居続けます。

日本の職場では「マネジメント層がしっかりマネジメント出来ていない」という問題がよく起こっていますが、根本的に「マネジメントの重要性」というのが、理解されていないのです。

マネジメントとは、カンタンに言えば人材管理のことですね。

つまり、部下が不満やストレスを抱えて能力を活かしきれていないのは、上司がちゃんと仕事できていないという話になるわけです。

上司がマネジメント出来ていれば、チームの仕事は何倍にもなります。
しかし、そうでなければ、職場で足を引っ張り合うだけにもなるんです。

部下の能力を活かし、チームをまとめあげるのも上司の仕事ですからね。

部下が辞めたら、上司の責任です

そもそも、上司が原因で仕事を辞めてしまっても、何一つ悪いことはありません。

なぜなら、部下を辞めさせてしまうような上司が悪いから

「上司のせいで辞める!上司が悪い!」と言えば言い訳がましく感じるかもしれません。

しかし、少なからず経営陣や上司の上の部署は、そういう判断を下します。

「あいつには根性がなかった…」「辞めるやつは弱い」とかいう、そーいう次元の話ではないんです。

まともな経営感覚のある社会人であれば「上司のマネジメントが悪いせいで、せっかく人事が時間をかけて採用して、会社が高い給料払って育成していた”人材”を失った」という判断をしますからね。

言ってしまえば、上司は「会社から大切な人材を預かっている」状態なんですよ。

ですので、上司が合わないことで、仕事で不当につらい思いをしているのであれば、むしろ辞めた方が、その会社のためになると思っちゃってもいいぐらいですね。

自信を持って辞めましょう。

上司が理由で辞めるのは自然のことだった!

このように考えていくと、いかに上司が原因で辞めることが、当たり前のことかおわかりでしょう。

  • 日本の組織において「上司」が仕事に及ぼす影響が大きすぎる
  • 相性の悪い上司と働いていても、仕事に悪影響ばかり
  • 上司のマネジメント能力が低いと、部下も能力を発揮できない

このような上司のもとで働き続けることは、人生において損であるどころか、社会的に見ても大損失です。

むしろ、ここまで辞めるべき理由があるというのに、カンタンに辞められなかった時代こそ、異常だったと言えるでしょう。

戦国時代は主君替え・下克上は当たり前でしたが、今もまったく変わりがないんです。

今は情報化社会で、転職先の情報は集め放題、しかも会社を辞めても死ぬことも恨まれることもない。

こんなに辞め放題・上司選び放題の時代なのに、合わない上司と働き続ける方がどうかしてます。

上司が理由で仕事が上手く行ってないのであれば、やめっちゃったほうが、絶対上手く行きますよ。

上司が理由で転職活動するなら「本音と建前」を使い分けよう!

紹介しましたように「上司が原因・きっかけで転職を意識する」ということは、いたって普通のことです。

しかし、実際に転職活動する際に「上司が理由で転職を希望しました」と言ってしまっては、当然いい印象はありません。

ただ「言ってはいけない」だけであり、別に表に出さなければ、問題ないんです。

転職理由・志望動機をしっかりと突きつめていけば、上司が原因で辞める場合も、前向きな転職理由に変えていくことができます。

要は「ホンネとタテマエ」の使い分けです。

たとえば、今回紹介した「上司が理由で辞めてもいい3つの理由」を、そのまま口にしてみたとしましょう。

「こいつは屁理屈ばっかりで、仕事してくれなそう…」

このように、マイナス印象を与えてしまいますからね。

なぜかというと「自分自身の経験が伴っていない」「具体性の一切ない理由」だからです。

ぶっちゃけ、この記事読んでそのまま同じコト言うだけなら「誰にでも出来る」わけで、そんなんで採用してくれる会社は「誰でもいい会社」でしかありません。

より「自分に合った会社」「自分に合った働き方」を実現したいのであれば「自分自身の言葉で話す」という方法が、必要不可欠になってきます。

自分自身をよくつかめていない人を、会社や人事がしっかりと理解してくれる道理もありませんからね。

「そんなこと言われても具体的にどうすればいいかわからない…」

ここまでの説明では、こう思われている方も多いかもしれません。

私自身、進学から就活、転職活動においても、自己アピールや志望動機を考えることは本当に苦手で、その度につらい経験をしてきました。

これについては、個人個人で今まで得てきた経験も違いますので、正解を見つけ出すには自分で考え抜く必要もあります。

自分自身の経験を上手く活かせるのは、自分だけですから。

ただし、第三者のアドバイスを受けたり、この記事のようなノウハウ・考え方を参考にしてみるのも、無駄ではありません。

上司が理由で辞めても、次も上手くやっていける職場がみつかる!」という自信が得られるまで、しっかりと考えてみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました