将来性のある会社の特徴。将来性の高い仕事を見つけ出すコツとは?

将来性のある会社で働きたいと思いませんか?

誰もが将来性のある異性と結婚したがるように、会社も出来れば将来性のある会社がいいものです。

しかし、今や日本は大企業でも先行きが不安定な時代になっており、将来性のある会社の見極めが困難となっております。

ですが、将来性のある会社を見極めることは、慣れればそう難しいことはありません。

そこで当記事では、わかりやすく将来性のある会社を見極めるための特徴についてご紹介していきます。

将来性のある会社の特徴とは?

資本力がある

将来性のある会社と言えば、単純に資本力のある会社でしょう。

資本力の基準となる要素

  • 純利益・売上高
  • 株式の相場や株主の保有率
  • 国からの補助金・助成金
  • 関連会社・子会社の数

上記の要素を満たしているという点で、東証一部上場クラスの大企業は安定性も将来性も高いと言われているのです。

どんなに経営階級が腐っていて、社員がやる気がなかろうが、資本力さえあれば会社はなんだかんだで経営できてしまうものです。

逆に、株式発行による資金調達をしていなかったり、利益が安定していないような零細企業は、どれだけ儲かっていても、それだけで将来性に不安が残ります。

経営陣に10年先のビジョンがある

会社に将来性があるかどうかを見極めるためには、10年先のビジョンがしっかりあるかどうかを知っておくことも重要でしょう。

通常、会社経営とは数年先までの事業計画や目標に沿って、方針が決まるものです。

株主総会が開かれる会社であれば、株主からの意向を聞くなどして、社外からの意見なども取り入れ、慎重に事業計画を練るものです。

あくまで「10年」は目安ですが、安定した企業ほど何年も先を見越したプロジェクト立案や人材育成を行っているので、その分将来性は高いものとなります。

逆に経営陣に10年先のビジョンがない場合、

  • 行き当たりばったりの経営方針により業績が不安定になる
  • 思いつきや流行りに便乗しただけの無計画な事業投資による赤字
  • 目先の利益を追い求め、品質向上や人材教育などの企業努力を怠り組織崩壊
  • 販路拡大・新規開拓などを怠り、理不尽な取引先の要求に逆らえない
  • 業務量の適正値を見直すことが出来ず、自転車操業状態になり現場が消耗
  • 主要取引先との契約打ち切りにより、大幅転落
  • 余剰資金確保が出来ておらず、不況に耐えられない

…など、ありとあらゆる経営リスクが想定されます。

逆に言えば、10年先をしっかり読んで経営されている会社は、上記のようなリスクに備えた事業計画を練っているわけです。

ですので、大企業クラスであれば「株主総会の報告書や決算書などを読む」などして自社の経営状況を知っておく、中小企業・零細企業であれば「経営者や役員と関わって会社の経営状況を聞く」などして、会社の将来性を確かめておくといいでしょう。

現場目線を忘れないで社員を大事にしている

将来性のある会社は、現場目線を忘れないで社員を大事にしている会社でしょう。

会社が大きくなりすぎたり、あるいは上流が現場の苦労や目線を知らないと、現場とかけ離れた組織運営がなされ、社員の心が離れていくのは、歴史からも学べる普遍的な人間心理です。

最近では非正規雇用者も増えておりますが、中にはコスト面から派遣社員・アルバイトだけで現場を回すことになっている会社もあり、社員のレベルや仕事の品質の低下が目立っています。

会社を潰す方法とは実に簡単で、社員が一斉に退職すればいいだけですので、どれだけ儲かっていようが、社員が離れたくなる会社なら将来性はゼロです。

事実、本当に社員を大事にしていない会社は一斉退職される憂き目にあうことも稀にあるので、

また、社員教育の観点から見ましても、社員を大事にしない会社は人が育たない=将来的な会社経営の後継者不足に悩まされることになるため、将来的に不安が残ります。

販路拡大・事業拡大を怠っていない

将来性のある会社の条件としては、販路拡大・事業拡大を怠っていない会社だと言えます。

たとえば、国からの助成金だけで成り立っている会社は、その助成金が出なくなった時点で収入源がなくなってしまうわけですので、余裕のあるうちにその他の収入源を確保しておかなければ、どれだけ今儲かっていても、将来性は高いとは言えません。

また、取引先が理不尽な要求をしてきても、その会社との取引が主な収入源を占めている状態であれば、断るわけにもいかないのです。

そのため、会社を守るため意味でも、常に販路拡大・事業拡大をして会社を伸ばすことは必須の努力であり、それを怠っている会社は将来性に不安が残り続けるわけです。

仕事を安請け合いしていない会社

将来性のある会社は、仕事を安請け合いしていない会社でしょう。

仕事の発注・受注に関しては、需要と供給のバランスがあります。

たとえば、今話題の「AI」は人手不足な上、取り組んでいる企業も少ないため、仕事を請ける相手を選べる状態にあります。

ですので、一番いい条件で高額の報酬を支払ってくれる取引先と仕事をすることが可能なのです。

一方で、人余りの多い職種・業種であったり、あるいは他の会社と仕事内容が差別化出来ていない会社は、仕事を選ぶことが出来ません。

また、安さを売りにしている「薄利多売」についても、売上単価を下げて大量の商品を売る形式で利益を得ているため、どこかで単価を上げる経営方針を取らなければ、デフレ構造から抜け出せません。

薄利多売のビジネスモデルの具体例としては「大手小売」「大手飲食店」などが当てはまり、人件費も抑えられている業種として有名です。

将来性のある会社に転職するためには?

以上のように、将来性のある会社を見極めるためには、経営に関する基礎知識があればさほど難しくはありません。

ですが、将来性のある会社に転職するためには、ただ知っておくだけではなく、自分の頭で考えて行動することも大事です。

そのためには、以下のことを意識して行っておくといいでしょう。

目先の利益・年収に流されないことが大事

将来性のある会社を見極めて転職成功させたいのであれば、まずは目先の利益・年収に流されないことが大事でしょう。

とくに一般企業の給与体系であれば、年収のピークは40代以降となるので、20代地点での年収なんて気にするだけ無駄です。

画像出典:「会社四季報」業界地図 2019年版

10年後の未来を考えていない企業に将来性がないように、社員側にも10年後のビジョンがなければ、将来性のある社員にはなれないということです。

業界分析・企業研究をしっかり行う

将来性のある会社に転職したいのであれば、まずはしっかりと「業界分析」「企業研究」を行っておくことが大事です。

自分で「将来性があるかどうか?」の判断が出来て初めて、その会社で働く意義や理由が見出だせる物です。

逆に言えば「将来性のある会社ってどんな会社?」と疑問に思っているうちは、まだ自分の意志だけで転職先を見つけ出したり、キャリアプランを練られるほどの能力や判断力がない証拠です。

ですのでまずは、情報集めや業界の研究・分析をしっかり行い、今後自分が将来性のある企業や業界に転職するために何が必要かを知っておくといいでしょう。

ちなみに以下の記事では、将来性の高い成長業界について様々な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

転職エージェントについて相談しておく

将来性のある会社を見つけ出したい方は、早めに転職エージェントを利用しておき、プロのアドバイザーから意見をもらっておくといいでしょう。

今回紹介したような、将来性のある会社を見極めるための情報を、より具体的に提供してくれるため、今後のキャリアの参考になります。

ただ、将来性のある会社を見つけ出す意図で使うのであれば、

  • 中長期で転職活動を行うという意図をエージェント側に伝えておく
  • 「どうやったら年収が上がるか?」など、具体的なアドバイスをもらっておく
  • 相性のいい担当者とマッチングしたら、継続的に付き合って優良求人を紹介してもらえる体制を整えておく

…など、将来的に転職を考えているという意志をハッキリ伝えて理解してくれる担当者を見つけ出すことが大事です。

こちらの意志をしっかり伝えておかなければ、急かしてくるエージェントもいますので、事前にしっかり要望を通しておくことで、流されずに将来性のある会社を見つけ出すことが可能です。

また、担当者の受け持っている求人範囲と自分の経歴がマッチすれば、定期的に優良求人を紹介してくれる強いパートナーにもなりえるので、付き合い方も考えておくといいでしょう。

ぜひとも、転職エージェントのご活用をご検討してみてください。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ