選択に迷った時はどうする?

人生は選択の連続です。
時には大きな決断に迫られ、迷うこともあることでしょう。
そんな時、どのようにして選択をすればいいのでしょうか?

この記事では、優柔不断で決断力がない人でも、間違いのない選択ができるための考え方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

選択に迷った時は決断する前に判断材料を集める

選択に迷った時は決断する前に判断材料を集める選択に迷った時、まずすべきことは判断材料を集めるということです。
選択を正しいものだと根拠付ける判断材料がなければ、人は自分の決断に自信が持てません。
また、事前にしっかりとした情報を集めておけなければ、気分や思い込みだけで決断してしまい、後悔してしまうことになります。

たとえば、筆者は以下のような人生における選択ミスをした経験があります。

  • 進路選びや就職先選びで間違えた
  • 無駄な買い物に大きな金額を使ってしまった
  • 恋愛でどうしようもない相手を好きになってしまいつらい思いをした

気持ちが絡む恋愛や結婚はともかく、仕事選びや買い物は事前に情報を集めて冷静に検討しておけば、選択ミスは防げたはずです。では、どうして判断材料を集めることが重要なのでしょうか?

それには以下の3つの理由があります。

  • 不安を消すため
  • 自分の判断が間違いないものだと確固たるものにするため
  • 間違った決断をして後悔しないため

それぞれ、詳しく解説していきます。

不安を消すために判断材料を集める

選択に迷った時に必要になるのが「不安を消すための情報を集める」ということです。
就職活動で考えてみましょう。
面接を受ける前に、求人票や企業サイトを閲覧して、その企業が信用できるかどうか、どのような仕事を行っている会社か、まずは調べるかと思います。

これは突き詰めれば「不安を消すため」に調べるわけです。口コミサイトにあまりに酷い評判が多ければ警戒するでしょうし、企業サイトがしっかり作り込まれていければなんとなく安心できるかと思います。

このように、事前に判断材料を集めておくことで、正しい選択ができるのです。

ただ、これには一つ問題点があります。
口コミサイトに私怨で悪い評判や、ひどい場合はでたらめな話を書いていたら、不安が膨らむばかりで正しい判断ができなくなることもあります。
ですので、不安を消すために情報を集めているのであれば、自分の目的に合わせて情報の取捨選択を行うことも大切でしょう。

自分の判断が間違いないものだと確固たるものにするため

自分の判断が間違いないかどうか確固たるものにするために、判断材料を集めることもあります。
これは他人に相談する時の心情を考えてみるとわかりやすいでしょう。
自分の中で答えが決めっていて他人に相談してみた場合、仮に相手が求めている答えと違うことを行った時、ガッカリした記憶はありませんか?
もしそうであれば、これは「最初から自分の中で答えが決まっていて、背中を押して欲しい」から起こる心理です。

いわば、自分の選択が正しいかどうか確認のするために判断材料を集めているわけですね。
相談する人がいない場合は、何かの本やドラマ、あるいはネットの文章を読んで、自分と同じ考えや結論を出している人に勇気をもらって行動することもあるかと思います。
もし心当たりがあるなら、それは自分の中で答えが決まっている証拠かもしれません。
ですので、自分が何に強く感動し、どんな意見や考え方に勇気をもらっているか考えながら、自分の心の中の答えを探っていくことも大切でしょう。

間違った決断で後悔しないため

人生には後悔がつきものですが、事前によく調べておけば回避できた失敗もたくさんあります。
とくに今はネットで調べればある程度の情報も集まり、失敗を避けることもしやすくなってます。
買い物であれば、安い値段でより良い品物が買えたり、便利なツールが見つけられるなど、回避できる失敗は数知れません。

また、自分と同じ考えで成功した人の意見を見れば勇気が持てますし、失敗した人の反省点を踏まえれば、自分は失敗せずに済むことだってあります。
世の中には「知らなかった」では済まされない知識や情報も数多く存在し、知っておくだけで差がでることだってあります。
ですので、事前に後悔しないために様々な判断材料を集めることは、選択を間違えないためのかしこい手段だと言えるでしょう。

選択を急ぐ必要はないと知っておき、納得できるまで考え抜く

選択に迷った時、焦らず、急がないことも重要です。
何かを決断しなければならない時、時間制限があるように見えて、そうでないことも数多くあります。
たとえば、結婚や転職は収入に困っているわけでもなければ、先延ばししても問題のない選択です。
もちろん、他人が急かしてくることもあるでしょうが、その焦りで正しい決断ができなければ本末転倒ですよね。
結婚も転職も一度進んだら戻れない人生の大きな決断になるだけに、自分が納得できるまで考え抜くことはとても大切です。
どこまで妥協できるかを知ることも大切ですし、選択することで失うものと得るものを天秤にかける必要もあります。
筆者も、人生の大きな決断をする時は、納得するまで考え抜く、中途半端な気持ちでは決断しない性格ですが、その分、人生の選択に大きな後悔はありません。

迷っている最大の理由は自分が変わってしまうことにある

選択に迷っている時、なぜ悩むのかを考えたことはありますか?
その理由は単純で「自分が変わってしまう」からです。
逆に言えば、自分が大して変わらないで済む選択なら、そんなに悩むことはないということです。
たとえば、今の職場を辞めずに転職してダブルワークできて、どちらがいいかを選べるのであれば、誰もがそうしたいと願うはずです。
それができないからこそ、多くの人は仕事を辞めたり転職することに悩むこととなるのです。
結婚にしても、自分の人生のこれからを決めることとなり、離婚した場合は世間体などの問題も発生するため、誰もが慎重になって当たり前です。
これらの人生の大きな選択にある根本的な悩みや不安は「自分が変化してしまう」ところにあります。
仕事を辞めなかったり、結婚しなければ、自分の人生が大きく変わることはなく、これまでの生活を維持できます。
人が変化するためには大きな犠牲が必要ですし、環境が変わってから慣れるまでに時間がかかります。
ですので、考えておきたいことは「自分は変わりたいのか?それとも今のままでいいのか?」ということです。
現状維持を続けることで得られる安定や安心が大事なら選択をやめることが大事ですし、逆に変わることにワクワクを覚えるのであれば決断するべきなのかもしれません。

選択に迷った時はやめるのも大切

選択に迷っているのであれば、やめることもまた勇気です。
選択しないという選択は、失わないことを意味します。
とくに人生の大きな決断では、失うものも支払う代償も少なくはないので、失うものと得るものをしっかりと吟味しなければなりません。
仮に、選択した結果、得られるものが少ないと感じるのであれば、立ち止まって選択を保留することも大事でしょう。
また、選択を一度やめることで、より良い可能性と出会うこともあるかもしれません。
あるいは、選択を一度やめた結果、忘れた頃にまた選択するべきタイミングが来るかもしれません。
ですので、迷っているのであれば「今はまだその時ではない」と思って、決断を先送りすることも大切なことと言えるでしょう。

時には流れに身を任せることも重要

ここまでは事前に判断材料を集めて考え抜くことをご紹介してきましたが、人生の中には流れに身を任せて選択をすることが重要な場面もあります。
判断材料を集めて選択することは、失敗や後悔を防ぐためには大事ですが、逆に言えば「やらなかった後悔」や「失敗から得られる教訓」を捨ててしまうことにもなりす。
仮に、読者の方が今まで考えすぎて何も決められなかったことが多いと感じるのであれば、時には流れに身を任せて選択をすることも大事でしょう。
ただ、その場合は「失敗しても問題がない範囲」で挑戦してみて、大きな損失が出ないリスクマネジメントも大切ですので、人生の大きな決断を流れで決めることは避けておくほうが無難かもしれません。

最後に大事なのは「自分の気持ち」

選択に迷った時、一番大切となるのが「自分の気持ち」です。
判断材料を集めて後悔を避けすぎるばかり、自分の本当の気持ちを押し殺して、望まない選択をしてしまうことは少なくありません。
たとえば、本当は挑戦してみたいのに、親の意向や世間体だけで大企業に入社してしまい望まぬ人生を送ってしまったり、あるいはインターネットの有名人に影響されすぎて夢を追うばかり、本当は平穏な人生を過ごしたいのにリスクばかりを追ってしまうなど、判断材料を参考にしすぎるのも考えものです。
また、世の中には「これはやめておいた方がいい」という情報も少なくなく、それが自分の選択を曇らせてしまうこともあります。
とくに心が迷っていたり、自分の判断に自信がない時は、他人の意見や世間体に左右されてしまい、自分の気持ちを見落としがちです。
さらに言えば、自分の本当の気持ちが伴っていない行動は、長くは続かないものです。
たとえば、年収や世間体だけで選んだ仕事は段々と嫌になってくるものですし、恋愛や結婚などはもっと嫌な思いをして毎日が苦しくなることだってあるかもしれません。
判断材料を集めるのはあくまで間違いや失敗を防ぐためですが、自分の本当の気持ちが失敗や後悔に対する恐怖に勝るのであれば、迷わずに選ぶべきです。
逆に失敗や後悔する可能性の方が頭をよぎるのであれば、それは自分の気持ちがまだ固まっていない証拠です。
ですので、選択に迷ったら最後は自分の本当の気持ちを見つけ出し、そこから選ぶべきでしょう。

転職の選択に迷った時は?

文中でも何度か話題に出していますが、当サイトでは主にキャリアや転職に関する情報をお届けしております。
ですので、最後に転職に関する選択の悩みに関して、より具体的なアドバイスをお伝えしていきます。

今の仕事の悩みは職場を変えることで改善可能か考える

転職を考える人に多いのが「今の職場の苦しみから逃れたい」という気持ちで転職を検討するということです。
これは「転職を考えるきっかけ」としては問題ないのですが「今の仕事を辞めて転職を決める決め手」にはなりません。
今の仕事が嫌で苦しかったとして、次の職場でも同じような悩みを抱えることを想像すれば判断が鈍りますし、何より、転職先の人事もそれだけの理由だと中々採用してくれません。
ですので、大事なのは「今、自分が抱えている悩みが仕事を変えることで本当に完全可能か?」ということです。
早い話、年収が低すぎたり勤務時間が長いだけの悩みなら、転職すればすぐに解決することは十分ありえますが、人間関係の悩みはどこの職場でもつきまとうものです。
また、一時的に仕事に対するモチベーションが低下していたり、単に仕事がだるいだけなら、それは自分自身の問題である可能性が高いです。
いずれにせよ、転職を考えるきっかけとしては今の仕事を続けるべきかどうか悩んでいる時に始めてみる価値はありますが、仕事を辞めたり実際に転職するための決断は、十分に判断材料を集めてからにするべきでしょう。

今までのキャリア次第で選べる選択肢が限られることも知っておく

転職という人生の選択肢において、他とは違うところは「今までのキャリア次第で実質的な転職先が限られてしまう」ということです。
たとえば、無職で30代に突入してしまった人が、いきなり管理職に転職するというのは非常に難しい話です。
また、今まで身につけてきたスキルや職種によっては、希望できる年収にも限界があります。
選択肢は無限に見えて、限られているのです。
ですので、転職で間違いない選択を行うには、自分の可能性を現実的に見つめることも重要です。
少なからず、無限の可能性をキープできる選択とは違って、転職では実質的な選択肢が限られているため、まずは「自分にはどのような選択肢があるのか?」を正しく知っておくことが大切です。
逆に言えば、現実的な選択肢も知らないまま、無根拠な可能性で見切り発車で仕事を辞めてしまうことは、後悔や失敗にもつながりやすいです。
今の仕事が嫌でしょうがなくてすぐにでも辞めたいのでもなければ、まずは自分の選択肢を知っておき、間違いのない判断材料を集めておくといいでしょう。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました