仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

今の仕事から逃げたい!今すぐ辞めて逃げの転職を成功させるコツとは?

「仕事から逃げたい…」
「でも、立ち向かわなきゃ…」

そう思っている現代人は、実に多いことでしょう?

まあ『仕事を辞めることは負け犬か?勝ち組・負け組という価値観で仕事するのはやめておこう。』という記事にも書いてあるんですが、

お前は何に立ち向かって、何から逃げたいんだ?

…ということさえわからないまま「勝ち」「負け」「逃げる」だの、薄っぺらい理由で行動している人間も多いんです。

つまり「仕事から逃げたい」と思い行動に移せないのは、結局のところあなたが「何に立ち向かうべきか」という、行動理念や生きる理由がないからなんです。

神風特攻隊のお話

ここでひとつ「立ち向かう」「逃げる」について、シンプルでわかりやすい例を紹介します。

かの頭の狂った人間の尊厳を踏みにじる「神風特攻隊」という歴史の過ちのお話をしましょう。

あらかじめ言っておくと、私は九州出身で知覧特攻平和会館に行ったこともありますし、それこそ祖父母や親戚は特攻隊に関わっていた経緯もあり、いろいろな話も聞かれています。

教科書や教育ではさも「お国や家族のために命を投げ捨てた若者は偉い!彼らの犠牲の上に今の日本はある!」なんて教え方していますが、それはウソです。卑劣な洗脳です。

実際には、特攻隊なんてトチ狂ったことにビビって逃げたり、踏ん切りがつかずに戻ってきた若者の方が多いんです。

だいたい、第二次大戦中の頭のいい士官クラスなんて、戦場で「日本に勝ち目なんかない」と思っていたぐらいですからね。

戦時中は「負ければ後はない!」「特攻しないと家族や愛する人は守れない!」なんて、ほざいてる人も多かったですが、終わってみればそんなことはありませんでしたからね。

こんなバカでもわかる事実に気づいていないのが、日本のバカな教育者どもなのです。

そのため、未だに「仕事をやめるやつは逃げ」「やめるやつは負け犬」など、考えなしに叫ぶバカが減らないのです。

だいたい、戦時末期の状況で考えれば自分の意志で動き、非国民と言われようが、逃げ恥を晒そうが、終戦まで生き残った人間が勝ちという事実は、誰でも簡単にわかるのです。

「逃げることが悪い」と思っているやつは、それこそ死ぬまで働いて死んでいけばいいんです。くだらねえ自殺に他人を巻き込むのは、日本人の悪い癖ですね。

私からすれば、神風特攻隊で命を散らしていった若者は、大局的に物事を判断できず、勝手に「家族のため」「愛する者のため」と勘違いしていって、大して戦果にもならない作戦で自殺していったバカです。本当に家族や愛する者のためだと思うなら、どんな汚い手を使ってでも、生き残るべきでしたからね。

そんなのは「君のためなら世界を敵に回して死んでやる!」と言っている、勘違い男同然ですからね。

神風特攻隊という過ちは、日本人のバカっぷりを学ぶにはもっともわかりやすい例です。

君は、何のために命を投げ出したい?

とはいえ、私は「日本のため」「家族のため」という大義を持って、戦闘機で突っ込んでいった当時の若者には敬意も持っています。本人からすれば、それが本気でお国や家族のためだと思っていたんですからね。ていうか、命投げ出すなんて、それだけの覚悟がないと無理でしょうから。

どんな仕事でも、少なからず命を削らなければならないことはあると思います。

プライベートな時間を捧げたり、身体を酷使したり、劣悪な環境で働いたり。あるいは、ストレスの塊のような上司やお客の罵詈雑言を毎日聞いたり、関係のない失敗の責任を負わされたり…。

仕事は、命を削ってお金を貰う行為です。

しかしながら、今の世の中、命を捨てるほどの価値のあることなんて、なーんもないんです。

遺書を残して自殺してみても、せいぜいマスコミで数日取り上げられて「可哀想だね」程度で終わります。そして、暗殺されるような大物もいませんし、1人死んだところで組織は何も変わらずに回り続けます。

人の命なんて、せいぜいその程度なんです。

あなたが死んでも代わりはいますし、家族や身内も泣いて葬儀はしてくるでしょうが、その記憶も少しずつ風化していきます。

だから、

せめて何に命を投げだすかなんて、自分で選べよ

…ということが言いたいんですね。

別にしょーもない会社のためだろうが、クソ上司のためだろうが、家族や恋人のためだろうが、社会のためだろうが、何でもいいんです。逆に、納得出来ないようなクソみたいな仕事や、自分勝手な親や家族なんかのために、命を投げ捨てる必要なんかありません。

しょうもない仕事のために、命をすり減らす必要なんかないんです。

世の中「頑張っている」人間は少ない

世の中、本当の意味で「努力している・頑張っている」ような人間って、少ないはずです。

「金のためだから」
「私がしないと誰かに迷惑をかけるから」
「上司に指示されたから」

その程度のレベル生き方で「自分は頑張った」「自分は苦労した」と、自己満足している人間が大半です。

「何がなんでも出世してやる」「何がなんでも稼いでやる」という、強烈な意志で命を削っている人間なんか、まずいませんからね。

人間の意志なんて、その程度なんですよ。

そして「現実は厳しい」「そんなことは出来ない」など、言い訳ばかりで行動しなくなるんです。仕事の9割なんて、その程度のレベルばかりですからね。

現実に直面して、理想や理念から”逃げて”、しょーもない仕事ばっかりしている人間ばっかりなんです。

そんな理想や理念から逃げているような連中は、問題を先送りにするばかりで、面倒事は他人に投げ出します。今の政治を見ていればわかりますが、少子高齢化の対策なんかも問題先送りで”逃げてばっかり”ですからね。

今の仕事をなんとなく続けること」は、逃げでしかないんですよ。

もっといい環境や、自分の能力を活かせる仕事を見つけるために仕事をやめることは、「逃げ」ではなく「挑戦」です。

「仕事をやめることは逃げ」と言っているのは、挑戦もできない。変わることもできない「今の仕事に逃げ続けている人間たち」の言い訳でしかありません。

転職は”挑戦”です

このように、仕事をやめることは逃げではなく挑戦である…という事実を知っておけば、もう「仕事から逃げたい」なんて考えが、いかに挑戦的かわかってきたでしょう。

今の職場に尽くし続ける価値はありますか?
今の上司に従い続けて、成長できる未来は見えますか?
今の仕事を続けた先に、幸せな未来はあると断言できますか?
今の仕事の難題に立ち向かって、得られるものはあると思いますか?

もし、そうでなければ、今の仕事に尽くす必要なんかありません。

報われない努力ほど、虚しいものはありません。まるで神風特攻隊みたいに、自己満足で戦闘機で突っ込んで無駄死にするようなものですからね。

そんな職場に「頑張ってみよう」「立ち向かってみよう」と必死にしがみつくことこそ、思考停止の”逃げ”なんです。不満や不安のある仕事になんとなく居座り続けることは、それこそ「逃げている」と言えます。

仕事を続けるか、新しい仕事を見つけるか。

この2つの選択肢で考えれば、圧倒的に前者の方が楽ですからね。

楽な選択肢を選ぶのは”逃げ”です。

”逃げないため”の転職は転職エージェントを使おう

今の仕事をダラダラ続けて”逃げない”ためにも、今すぐ転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

この記事を読んで熱くなっていても、一晩寝れば「まあ、今の仕事で頑張ってみるか」と、あなたはまた逃げてしまいますからね。人間の意志とは弱いものです。

転職エージェントに登録すれば、あとは担当の方と予定を組んで面談していくため、逃げるまでもなく転職活動せざるを得なくなるので、逃げやすい性格の人ほど、すぐに登録しておくべきでしょう。

何も「転職エージェントを利用する=今の職場をやめる」というわけでもないので、希望する転職先がなければ、途中で利用をやめてしまっても問題ありません。登録・利用は無料ですので、今逃げずにすぐ登録しておきましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。