【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

仕事を辞めたいけどやりたいことがない…自分が何をしたいかわからない、スランプに陥ってたら自分自身に問うべきこと

「仕事を辞めたいけどやりたいことがない…」
「転職したいけど何がしたいかわからない…」

このように悩んでいませんか?

「今の仕事はなんとなく嫌だ。でも、次に何かしたいことがあるわけでもない…」と漠然とした動機で仕事を辞めてしまい、転職活動に失敗してしまう人は少なくはありません。ただ、そう感じていたり実際に行動に移しているのであれば、自分でも気づかないレベルで「本当はやりたいこと」があり、本能がそれを求めて合わない仕事を身体や心が拒否しているのかもしれません。

仕事を辞めたいけど、次にやりたいことがなかったり、何がしたいかわからない場合、主に以下のような原因があると考えられます。

  • 今の仕事を流れや周囲の意見、世間体など、消極的な理由で選んだ
  • 今の仕事で自分の適性を発揮できていないと感じている
  • 今の仕事のままでは将来に不安があるが、かと言って辞めるほどではない
  • 世の中の仕事の数々を知らない
  • 業界分析や企業研究をしていない
  • 自分の適性や本当にやりたいことを突き詰めていない

前の3つは「今の仕事が最適ではないと感じているが、辞めるほど嫌でもない」という、言わば「大きな不満はないが、満足しているわけでもない」という状態で、現状の環境に対する欲求です。逆に、後の3つは自分自身の知識量や分析の不足から生じる状態で、未来の自分を強くイメージできる判断材料や情報足りていないと言えます。そのため、未来の自分の成功イメージ(なりたい自分)が上手くイメージできず、現状に不満があっても、将来をイメージすることができず「やりたいことがない」「何をしたいかわからない」となるのです。

ですので、読者にとって必要なことは「やりたいことを見つけるために仕事に関する知見を広める」「自分自身の動機や本音を掘り下げる」といった行動や思考となります。そうすれば、行動する過程で「この会社の社風や仕事内容に惹かれる」「この人は尊敬できるので、この人を目指してみたい」と、具体的な将来像が見えてくるかと思います。

そこで当記事では、やりたいことがないまま仕事を辞めたいと悩んでいる人に向けて、自分が本当は何をしたいかを見つけ出すためのヒントや行うべきことをご紹介していきたいと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

やりたいことがないのに仕事を辞めたい心理は?

まずはやりたいことがないのに仕事を辞めたいと思う心理や理由から解説していきます。

今の会社に嫌なところや不満がある

やりたいことがないのに仕事を辞めたいと感じるのは、今の会社に嫌なところや不満があるからでしょう。

たとえば、以下のようなことに覚えがありませんか?

  • 会社の人間関係が悪くて居心地が悪い
  • 仕事が思うようにできない
  • 仕事がつまらない
  • 残業が多くプライベートの時間が確保できない
  • 給料が少なく生活に余裕が持てない

もし、身に覚えがあるのであれば、それは今の会社を内心では嫌だと思っている証拠かもしれません。

会社が嫌いだと感じているのであれば、以下の記事をチェックしてみるといいでしょう。

関連:会社が嫌いになったらどうする?|仕事は好き、職場の人間関係が嫌い、会社が嫌いなケース別に対処法をご紹介!

今の仕事が「やりたくないこと」だらけ

今の仕事が「やりたくないこと」だらけの場合も、辞めたくなる理由のひとつです。

仕事である以上、やりたくないことは多少はあるかもしれませんが、ほとんどの仕事が「やりたくないこと」だらけですと、仕事に希望が嫌になってしまうというものです。

「やりたくないこと」は「めんどくさいこと」とも言い換えられます。

もし、今の仕事で「やりたくないこと」や「めんどくさいこと」が多いと感じているのなら、その反動で「やりたいことをしたい!」という欲求が高まっているのかもしれません。

やりたいことが出来ずに満たされている実感が湧かない

やりたいことが出来ずに満たされている実感が湧かないことも、やりたいことがないのに辞めたくなる理由かもしれません。

仕事を通して満たされる実感が得られない原因は、主に以下のようなケースです。

  • 成長している実感が持てない
  • 成果や目標を達成していく喜びがない
  • 上司や顧客の期待に応えられる機会がない

上記のような実感が得られていないのであれば、それは今の仕事にやりがいや達成感を感じていない証拠かもしれません。

今の仕事が簡単すぎて作業と化してしまっている

やりたいことがないのに仕事を辞めたいと悩んでいるなら、今の仕事が簡単すぎて作業と化してしまい飽きているのかもしれません。

仕事が簡単すぎて飽きる要因は以下の通りです。

  • 業務内容がすぐに習得可能なものばかり
  • 頭を使う必要のない単純作業(ルーチンワーク)
  • 現在の仕事が自分の能力レベルに対して低すぎる
  • 成長したため今の業務内容や役職では合わない

総じて言えば、自分の能力や資質に対して今の仕事のレベルが合っていない可能性があります。

もし、心当たりがあるなら、以下の記事も読んでおくといいでしょう。

関連:レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

やりたいことがないのに仕事を辞めるとどうなる?

やりたいことはとくにないけど、とりあえず仕事を辞めたい…と悩んでいる人もいるかと思います。

その場合、辞めてしまったらどうなるのでしょうか?

筆者自身、20代の間はやりたいことがわからず、職を転々としたり無職期間も存在しましたが、その時の経験からわかったことをお伝えしていきます。

自分の軸が曖昧なので仕事選びに苦労する

やりたいことがないまま仕事を辞めることは、自分の軸が曖昧なまま転職活動を行うことになるので仕事選びに苦労することになります。

「やりたいことがわからない…」
「自分が何をしたいからすらわからない…」

このような状態で転職活動したとしても「入社後に何をすればいいのか?」「自分が希望する業界に入社するためにはどのようなスキルが必要なのか?」すらわからないため、仮にやりたい仕事を見つけたとしても中々採用されません。

「やりたくないこと」が先行しがちで希望条件が高くなりがち

やりたいことがないまま仕事を辞めると、消去法で「やりたくないこと」「めんどくさいこと」を避けるための転職活動になりがちです。

たとえば、

「年収は○○万以上じゃなきゃ嫌だ」
「土日完全休業でなければダメ」
「少しでもブラック企業の要素があったらダメ」

…など、会社や仕事の魅力ではなく求人条件だけで仕事を選びがちです。

あれもダメこれもダメという基準で仕事を選ぶと、必然的に希望条件のハードルが高くなってしまいます。

そうなると「やりたい仕事を見つける」のではなく「やりたくない仕事を避ける」という判断基準になってしまうので、注意しておく必要があるでしょう。

求人情報だけからは仕事に魅力を感じにくい

自分のやりたいことが見つからないまま転職活動を始めてみても、ハローワークや無料求人サイトの求人情報からはあまり魅力を感じないかと思います。

というのも、仕事に関する知識がないまま求人情報だけを見ても、入社後にどんな仕事を行うかわからないため、条件以外の魅力を感じにくいからです。

試しにハローワークの求人情報を見てみても、多くの仕事が「応募するほどでもないなぁ…」「やりたくないなぁ…」と感じるはずです。

その理由は単純で、その求人情報から具体的にどのような仕事を行い、どのような人間が働いているかがまったく判断できないからです。

最悪、このことに気づかなかった場合、求人情報をダラダラ見ながらやりたいことが見つかるまで応募すらしない状態になりがちで、空白期間が伸びて転職に不利になります。

そうならないためにも、やりたいことがないまま仕事を辞めるよりは、在職中に転職活動を始めておく方が無難です。詳しくは以下の記事で解説しております。

関連:次の仕事決めずにとりあえず辞めるのはあり?転職先が決まらないまま退職した方がいい人とそうでない人の違いは?

転職したいけど何がしたいからわからないならどうする?

転職を考えているにも関わらず、やりたいことがない・何がしたいかわからないと悩んでいる方は少なくありません。

お伝えしている通り、そのような状態で仕事探しをするのは危険です。

ですので、これから紹介することを実践した上で、慎重に転職活動を行うことをオススメします。

まずは「どんな仕事があるのか?」の情報をしっかり集める

「転職したいけど何がしたいかわからない…」という方は、そもそもの仕事に対しての情報や知識が絶対的に不足していることが大半です。

たとえば「営業職」と聞いて、

  • どのような会社か?
  • どのような物を売っているのか?
  • 取引先はどの業種が多いか?
  • 営業でもルート営業と新規営業なのか?
  • 営業先は法人か?消費者か?

…など、同じ職種でも事業形態によって行う仕事がまったく変わってきます。

ですので、やりたいことやしたいことを見つけ出すためには、以下のような知識や情報を幅広く知る必要があります。

  • 様々な種類の職種や仕事を知っておく
  • その職種に求められる基礎スキルを知っておく
  • 企業の規模や事業形態、取引先などを知っておく(企業研究)
  • 業界動向を抑えておく(業界分析)

ただ、いきなりこうは言われても「何からすればいいかわからない…」と思われる読者も多いはずです。

そのような方にオススメしたいのは、転職サイト「ミイダス」で無料で使える「コンピテンシー診断(旧:適性チェック)」を利用するという方法です。

ミイダスのコンピテンシー診断では、全140種以上もの職種の適性を1~10のスコアで表示してくれるので、転職活動の際の参考になります。

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連:ミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

また、企業研究や業界分析に関しては、経済誌等を読んで情報を仕入れるのが一番で、とくに毎年発行されている「業界地図」は、国内外企業の業績や事業内容を幅広く知ることができる上に値段もリーズナブルですので、転職活動時に参考資料として一冊は持っておきたいところです。

自己分析を進めて自分の性格や適性を知っておく

やりたいことがない・何がしたいかわからないのであれば、それは自己分析不十分な証拠です。

自己分析とは一言で言えば「自分を知ること」だと言ってもいいでしょう。

具体的には「自分がしたいこと」「自分の得意な仕事」「過去に打ち込んだこと」など、過去の経験や体験から自分の行動原理や適性を理解し、他者に説明できるように言語化していくことを目的とします。

自己分析ができるようになると、転職活動の求人選びから志望動機、面接でのアピールまで確固たるものとなってきます。

ただ、自己分析をしっかり行うのには時間がかかりすぎる上に、仕事や人生経験の浅い20代のうちは考えても無駄なことも多いので、考えすぎは禁物です。

また、自分の長所や強みは、他人に何度も指摘してもらったり、実際の仕事を通して何らかの成功体験に結びつかなければ実感できないため、実際の仕事経験がないとなかなかアピール材料にもなりにくいところが難点です。

強いて言えば、以下のような方法がスムーズに自己分析を進めるためには有効です。

  • カウセリング(相談)を通して自分の適性や性格傾向を認識する
  • 自分が参考にしたい人や似たような経歴の人の考え方を知る
  • 上記の人物の著書を読む/SNSアカウントをフォローする/直接話を聞きに行く

自分一人だけで考え込んでも答えは出ないので、自分と同じような悩みを過去に抱えて乗り切った人を参考にすることでヒントを見つけ出すわけです。

筆者自身、多くの自己分析理論の本を読んだり、他人のキャリア・人生観を聞いて回るなどしましたが、今でも完璧に自己分析ができているわけではありません。

それぐらい、自己分析は時間がかかる難しいものなのです。

どうしても自己分析が進まないと感じる方は、以下の記事も参考にしておくといいでしょう。

関連:向いてる仕事がわからない時に見直したいこと。向いてる仕事なんてないと諦める前に知っておきたいこととは?

「やりたいこと」と「できること」のバランスが大事

「やりたいこと」はあくまで願望であり、仕事で活躍するのであれば現実的に「できること」も考えなければいけません。

むしろ、中途採用に関して言えば「できること>やりたいこと」という優先順位になるため、まずは「できること」をしっかり把握する必要があります。

「転職したいけど何がしたいかわからない…」と悩んでいるのであれば、それは「自分ができること」を把握できていない証拠です。

同時に「自分にできないこと」と「どうすればできるようになるか?」も把握しておく必要もあります。

転職を成功させるには「何がしたいか?」ではなく「何ができるか?」を理解することが重要です。

ただ、だからと言って必ずしも「やりたいことをやるな」と言いたいわけでもありません。

できることがなければやりたいことすらできませんし、それも会社の中でやるとなると、実績や経験も必要になってきます。

ですので、やりたいことが見つからないと悩んでいるのであれば、まずは「そもそもやりたいことをやれるほど、できることがあるのか?」も見直しておくといいでしょう。

最悪「やりたいこと」なんてなくてもいい

どうしても「やりたいこと」も「できること」もないのであれば「やりたいことなんかなくてもいい!」と割り切ることも大切かもしれません。

筆者自身、仕事や人生で「やりたいことをやろう!」という考え方に共感できずに、未だにやりたいことが見つかってるわけでもありません。

この場合、単純に、

  • 稼げる業界や仕事を選ぶ
  • 将来性のある成長業界で働く
  • 転職市場で応用が利きやすいスキルを身につける
  • 小さな企業で様々な業務領域に関わる

など、将来的に生き残りやすくなる仕事を選ぶという考えで問題ないでしょう。

将来性のある会社・業界を見つけたいと思った方は、以下の記事も読んでみてください。

関連:将来性のある会社の特徴。将来性の高い仕事を見つけ出すコツとは?

実際問題、どれだけ「やりたい仕事」だとしても、低賃金・長時間労働で消耗して、おまけに他の企業で応用可能なスキルや経験が身につかないのであれば、仕事に対する満足度も低く将来の不安も残ることになります。

逆にやりたくない仕事でも、それが転職市場で高く評価される実績となり、おまけに給料面に反映されれば「できること=やれること」も増えるわけですから、その過程で何かやりたいことを見つけた際に実現できる可能性は高くなってくるわけです。

また、年収や使える時間が増えることで「現実的にやれること」が見えてくることで、今まで諦めていた夢や理想が実現できるビジョンも見えてくるかもしれません。

これが低年収で使える時間もない、具体的にどうやれることを形にできるかもわからないのであれば、心のどこかで「どうせ無理…」と諦めきってしまい、行動に移すことすらできなくなります。

ですので「今はやりたいことなんてなくてもいい!」と割り切って、まずは目の前のことからこなしていき、着実に実績を積み上げていくことも大事でしょう。

転職エージェントに相談してオススメの仕事を紹介してもらおう

どうしてもやりたいことがないまま仕事を辞めたいと悩んでいたり、転職したいけど何がしたいかわからないのであれば、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

転職エージェントは無料で利用でき、転職のプロに相談でき、自分に合った求人を紹介してくれるサービスです。

転職活動を効率よく進めつつ、自分のやりたい仕事や内定見込みのある求人を紹介してもらえ、無駄に悩む時間をショートカットできるので、辞めようか悩んでいる人はこの機会にぜひ転職エージェントを利用してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました