【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【顧客対応疲れた…】クレームのない仕事はこうやって見つけろ!ストレスとおさらばできる理想の転職先の見つけ方

「クレームが辛いので辞めたい…」
「次はクレームのない仕事がいい…」
「クレームの少ない仕事を見つけたいけど見分け方がわからない…」

このように悩んでいませんか?

クレーム対応の必要がある仕事は、不特定多数のお客にクレームを言われるリスクを抱えながら、他の業務もこなす必要があります。そのため、非常に気をつかい疲れる仕事の代表だと言えるでしょう。また、クレーム対応自体が、何一つ自分のプラスにも会社の利益にもならない不毛な行為であることが、ますます虚しさに拍車をかけます。

実際、クレームに怯えながら仕事をするのと、クレームがほとんどない職場で仕事するのとでは、仕事に集中できるかどうかが変わってきますし、優良企業ほどそういったことを理解して社員に無駄なクレームがいかないように努めているものです。逆に鈍感な企業や投げやりな企業ほど、下や外部にクレームのしわ寄せを押し付けます。

もし読者が、今の仕事や過去の仕事のクレーム対応で辛い思いをして、次はクレームのない仕事がいいと望んでいるなら、それは幸運なことです。少なからず、クレーム対応の経験を活かして、より客質の高い仕事を目指して高レベルな顧客対応を身につけられる仕事であったり、クレームが頻繁に来そうな業種・職種を事前に察知して避けることがしやすくなるからです。

本記事では、そんなクレームのない仕事をお探しの方に向けて、クレームの少ない仕事を見つけるためのコツや、これまでのクレーム対応の経験を活かしてより自分に合った仕事を見つけ出すための考え方をご紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

クレーム対応で「辞めたい…」と感じる瞬間

クレーム対応が辛いと感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

もし、読者がクレーム対応をしんどいと感じていて辞めたいと考えているなら、何が辛いと感じて仕事にどのような悪影響を与えているのかを、把握しておくことが大切です。自分がクレーム対応でとくにストレスと感じる部分を解消できる仕事こそが天職に成り得るからです。

ですので、ぜひご自身の状況と照らし合わせた上で、クレーム対応で辛いと感じる理由を参考にしてみてください。

自分のミスではないのに怒鳴られることの理不尽さ

自分の失敗やミスでもないのに理不尽にお客に怒られることが多いのが、クレーム対応のしんどい理由として挙げられます。

仮に自分自身の失敗であれば謝ることに理不尽さをそこまで感じないかもしれませんが、クレーム対応の多くは「誰か(会社)の代わりに謝ることが仕事」となるため、他人の理不尽な怒りに振り回されることになりがちです。

組織で働く以上はそういった理不尽なことはたくさんありますが、メンタルが強くない人にとってはまるで自分が責められているように感じてしまうため、必要以上に自信を失くす原因になってしまうかもしれません。

対策としては「自分のミスではない」「自分が責められているわけではない」と言い聞かせて、割り切った対応を行うといいでしょう。また、クレーム対応時に1人で抱え込まず、周りに相談して手助けしてもらうことも大事です。

不特定多数の人から悪意を向けられる恐怖

クレーム対応は、不特定多数から常に悪意を向けられるリスクがあるわけですから、人によっては人間不信になりやすいかもしれません。そうでなくても、相手がクレーマーかもしれない恐怖と常に背中合わせで働くわけですから、これは耐え難いストレスです。

クレームが原因で人間不信になると、見知らぬ相手とのコミュニケーションが必要な仕事全般がトラウマになったり、自信のない話し方や揚げ足を取られない話し方になってしまうなど、無意識のうちに悪影響を及ぼしかねません。

対策としては「仕事だから」と割り切って他人と関わるか、一度のクレームに囚われ過ぎないで切り替えて仕事に臨むなど、自分の心の中で折り合いをつけておきましょう。

非生産的なことに時間を奪われる虚しさ

小売や飲食の現場では他の仕事と並行して顧客対応を行わないといけないため、クレーム対応が発生すると他の業務の時間を奪われることになります。加えて、クレーム対応の拘束時間が読めない上に、ひどい場合には出勤時間中、常に1人のお客相手に時間を割かないとならないこともあります。

相手が自分に良くしてくれたり大金を払ってくれる相手ならともかく、そうでないクレーマーに対しても、何時間もかけてクレーム対応しなければならないこともあるため、自分個人がクレーム対応が嫌という感情面の問題だけでなく、職場の他の従業員や会社全体で見てもクレーム対応によって時間を奪われることは不利益だと言えます。

クレーム対応によって理不尽に時間を奪われることはしょうがないことである一方で、会社全体でクレームを未然に防ぐ対策が行われていなかったり、カスタマーセンターやコールセンターで顧客対応の負担を軽減するなどの取り組みが行われていないのであれば、会社へのクレームが現場に押し寄せる事態が増えることもあります。

ですので、職場や会社全体でクレーム対策の取り組みがしっかり行われているか?を見極め、どうしてもクレームの発生数や負担が減りそうでないと感じたら、記事後半で紹介するようなクレーム発生率が少なめの仕事への転職を検討しておきましょう。

「根本的な解決ができない」ため達成感がなくスキルも身につかない

クレーム対応で病みやすい…というよりは、歯がゆい思いをすることが多いのが「根本的解決ができない」という点でしょう。

とくに役所の窓口や大手小売のスタッフのような立場だと、商品の不具合や会社全体の方針関してはその場で何もすることができず、お客さんの言い分の方が正しく会社が間違っていると感じることすらあります。

八つ当たりのような感情的なクレームに関しても、お客の気が済むまで怒りのはけ口になるしかないため、精神的疲労や徒労感が大きいものです。

これが営業職のような仕事であれば、顧客のクレーム対応を上手く乗り越えることで会社の利益や自身の成績につながることもあるため達成感を感じやすいと言えますが、接客の現場でのクレーム対応は自身の成績にはつながりにくいことが多めです。

対策としては、割り切って「解決を目指すのではなく相手の感情がおさまるまで待つ」ことを意識しましょう。また、クレームに対して解決策を提示できずに歯がゆい思いをするような方は、顧客と共に課題解決を目指す営業職やコンサルタントに向いている可能性もありますので転職を考える機会にしてみるのもいいでしょう。

スキルが評価されにくいため成長している実感が湧きにくい

前述の達成感を感じにくいことに加え、スキルが身についたり成長している実感が湧きにくいことも、クレーム対応がしんどいと感じる一因かもしれません。

これが、厄介な客でも上手く対応すれば自身の給料に直結する夜職の仕事であれば、数字としても自身のスキルアップや成長につながっている実感にないやすいかもしれません。ですが、コールセンターや一般の接客の現場ではクレーム対応そのものが売上に直結することは少ないため、スキルとして高く評価されることはさほど多くはありません。

ただしクレーム対応経験を積むと、ビジネスの場での対人折衝能力や、未然にクレームを防ぐためのリスクマネジメント能力、厄介な上司や顧客相手でも毅然として対応できるメンタルの強さや話術が知らず知らずのうちに身についていることもあります。

ですので、クレーム対応がしんどいと感じつつも卒なくこなせるのであれば、自身のスキルを把握した上で転職してキャリアアップを目指してみるといいでしょう。

特定の客とのトラブルやプライベートにまで被害がおよぶリスク

クレームが多い職場は、そもそもクレーム客自体がリピーターとして固定されていたり、客層が悪いこともあり、その状態が読めるようになったことで、その職場で働き続けることが辛いと感じていることも考えられます。

とくに警察に被害届を出すほどにまで酷いお客であっても出禁には至らないなど、固定された一部のクレーマーに嫌な思いをさせられて、働き続けることが嫌になっている方も中にはいらっしゃると思います。

どんなに仕事内容や会社・職場が好きであっても、一部のクレーマーが嫌で辛いと感じているのであれば、職場環境を変えるだけで働きやすくなるはずですので、こちらも自身の精神の安定を保つために転職を考慮しておくといいでしょう。

クレームの少ない仕事を見つけ出すヒント

読者の中にはクレーム対応に疲れて本気で辞めたいと感じている方も少なくないはずです。できれば、次はクレームの少ない仕事に就きたいと考えていることでしょう。

そんな方に予め知っておいてほしいことは、どんな仕事でも顧客がいる以上はクレームが完全になくなることはないということです。しかしながら、企業努力でクレーム発生数を減らすことは可能ですし、職種や業種をしっかり選べば理不尽なクレームに出会う確立も減らせるものです。

ここでは、そういった「企業努力でクレームの負担を減らしている会社」や「クレーム対応に時間を割かれにくい職種」などを見つけ出すヒントを紹介していきますので、ぜひ、自分に合った仕事を見つけ出す手がかりにしてみてください。

顧客対応時間の拘束が少ない仕事を選ぶ

クレーム対応の中でも業務中の時間拘束が辛いと感じる方は、顧客対応時間の拘束が少ない仕事を選ぶといいでしょう。

現代の日本ではアルバイトの仕事あっても、コンビニのような販売店や接客業の仕事は覚えることが多い上にクレーム対応までしなければならないため、時給の割にハードなお仕事だと言えます。これは忙しさと給料は比例するわけではないことを意味しており、むしろ、給料が高い上に時間に余裕のある働き方をしている人もいるぐらいです。

この方向性でクレームの少ない仕事を選ぶ場合、現場より一つ上の仕事へキャリアアップするか、技術やスキルが必要で作業に集中できる仕事に就くなど、工夫が必要となります。逆に言えば、常に顧客対応を迫られる現場仕事から抜け出せない限りはクレームの多い仕事に就くリスクが高まるわけです。

ですので、下記に紹介する企業やビジネスモデルへの理解を深めてキャリアアップを目指すか、スキル習得や資格習得を行うことで別の職種へ転職するなどして、クレームの少ない仕事へ就ける道筋を見つけ出しましょう。

お客の数が少なくても成り立つ会社を選ぶ

不特定多数のお客と関わる仕事はクレーム発生確率が上がりやすいです。これはシンプルに対応するお客の絶対数が増えるからで、逆に言えば対応するお客の絶対数が少ない仕事であれば、相対的にクレーム対応の件数は減ることになります。

ですので、顧客の数が少なくても成り立つビジネスモデルで展開されている業種や職種を選ぶことが、クレームの少ない仕事を見つけ出すコツになってきます。

これもシンプルに考えると「顧客単価の高いお店」や「1日の来店数が少なくても売上が確保しやすい店」が当てはまることとなります。極端な話、気心の知れた優良顧客1人が1日分の売上を支払ってくれるのであれば、クレームを言ってくれるかもしれない不特定多数のお客を相手にする必要がなくなるというわけです。

この条件に当てはまる職種や業種を見つけ出すのは難しめですが、たとえば「宝石商」「画商」と言った取引価格が高い上にお客の絶対数も多くない仕事などは、クレームリスクのある量販店よりは販売店/接客業としても働きやすく感じるかもしれません。

BtoCからBtoBへ転職する

不特定多数のお客の対応をしなければならない仕事は、ビジネス用語で言えば「BtoC(Business to Consumer – 企業対消費者取引)」に該当する事が多く、これは消費者と直に現場でやりとりする仕事全般が当てはまります。具体的には業種なら「小売/販売/飲食店」など、職種なら「接客/コールセンター」など。

BtoCの仕事でもとくに大手チェーンは「薄利多売(安い物を大量に仕入れて安く大量に売る)」という形で利益を上げるビジネスモデルが大半なので、その分、お客の数が必要で販売の現場では不特定多数の相手をする必要が出てきます。

逆に「BtoB(Business to Business – 企業間取引)」では企業同士の取引が主となります。BtoBの仕事では、取引の単価もBtoCより高くなり既存の顧客との付き合いや新規営業先との信頼関係構築が重要となります。

BtoCからBtoBに転職した場合、クレームが少なくなるというよりは、クレーム対応時に使える権限が増えたり、乗り越えた後の信頼や報酬につながりやすいため、達成感を得やすくなる点で、クレームが理由で辞めたい人に知っておいてほしい選択肢だと言えます。

BtoBの仕事への転職可能性としては、クレーム対応の経験がある方なら「法人営業」「コンサルタント」など、販売店からのキャリアアップとしては「バイヤー」「販売企画」「マーケティング」など、数多くの選択肢が広がります。

サービスや商品品質にコスト(時間やお金)をかけてる企業を選ぶ

クレームが少ない企業を見つけ出すためには、そもそものクレーム発生を未然に防ぐため、顧客満足度を高める企業努力を行っている会社を見極めることが重要です。

具体的には、以下のような取り組みを行っている企業であれば、クレーム対策への理解がある企業である可能性が高いことでしょう。

  • 従業員のサービス向上のための教育や制度を積極的に取り入れている
  • 安全性や信頼性に欠ける商品の仕入れを行わずに取り扱う商品を厳選している
  • 自社で取り扱う製品について理解を深めるための研修や勉強会が企業主体で行われている
  • 理不尽なクレーム対応の多い接客や電話対応の負担を減らす取り組みを行っている

たとえば、アルバイトレベルのスタッフまでに教育を徹底しているディズニーランドであれば、クレームにつながり現場のスタッフにしわ寄せが来る機会はさほど多くないはずです。逆に言えば、品質管理やによる製品の質の向上、従業員教育によるサービスの向上に取り組んでいない企業は、顧客満足度が低いためにクレームリスクが上がりやすいということです。

クレームの少ない仕事の例

クレームの少ない仕事についてご紹介していきます。

関連:クレームの多い仕事に共通する特徴。クレームの少ない職種や業種はある?

工場勤務

クレームの少ない仕事の代表格と言えば、工場勤務でしょう。

黙々と作業に打ち込めばいいので、対人の仕事が苦手な人には向いてると言えます。

また、工場勤務の募集は多く出ており採用ハードルも低いので、仕事の就きやすさも魅力です。

関連:工場勤務のメリット・デメリット。工場勤務のおすすめの業種は製造業全般?

警備員

警備員の仕事もクレームの少ない仕事だと言えます。

こちらも工場勤務同様、仕事の募集が見つかりやすく、年齢問わずに採用されやすい点が魅力です。

保守・管理・点検

保守・管理・点検などの仕事もクレームの少ない仕事です。

具体的には以下のような仕事です。

  • 水道設備などのインフラ点検
  • サーバー設備などの保守・管理

保守・管理・点検の仕事は意外な穴場で、経歴さえあれば将来的に年収500万以上のポジションを狙えることもあります。

工業高卒・理系大卒であれば、今までの経歴や資格が活かせることも少なくないはずですので、試しに見つけてみるといいでしょう。

研究・開発職

研究・開発職もクレームとは無縁の仕事と言えます。

  • アプリ・ソフトウェア開発
  • メーカーでの食品開発
  • 環境調査および収集したデータを研究する仕事

開発や研究の仕事は、企業や国から予算が出ているプロジェクトであれば、のんびりできる仕事も少なくありません。

ただ、これも工業高卒・理系大卒などの専門性の高い経歴があるほど有利なので、未経験者の場合は見習いや補佐などの仕事から見つけ出してみるといいでしょう。

事務職

事務職の仕事もクレーム対応の少ない仕事の代表です。

オフィスで黙々と作業をするのが主な仕事なので、接客対応は来客時のお茶出しや電話対応ぐらいでしょう。

事務職に就くのであれば、以下のようなスキルや資格があるほど有利です。

  • タイピングスキル
  • 簿記検定3級~1級
  • Microsoft Officeスキル(Excel,Word,Power Point)

ただ、事務職の難点は有効求人倍率が低めで採用されにくい点です。

有効求人倍率が低いということは、応募者の多い仕事ということなので、経験者の方が優遇されやすいということです。

ですので、未経験から事務職に就く場合は、派遣会社を活用しながらキャリアサポートも受けつつ就職するなど、自分の経歴やスキルに合わせた方法で探すといいでしょう。

転職エージェントを活用してクレームの少ない仕事を見つけ出そう

クレームの少ない仕事を見つけたいのであれば、転職エージェントの利用をオススメします。転職エージェントは転職成功まで完全無料で利用でき、大手の転職エージェントは何万件もの優良求人があるため、クレームの少ない仕事を見つけ出すための近道となります。

ただ、転職エージェントを活用するにしても自分で求人を地道に探していくにしても、本当にクレームの少ない仕事かどうかを完全に見分けることは困難なため、本記事でご紹介したような「今の仕事を辞めたい理由」と「次に就きたい仕事への理解度」が転職成功のカギとなってきます。

具体的には、以下のことは自分の中で固めておくといいでしょう。

  1. 今までの経歴をもとに似たような職種・業種へ転職するか?
  2. キャリアアップを目指して一つ上のポジションで転職を行うのか?
  3. スキルや技術を習得してまったく別の仕事に就くのか?

「1」の場合、比較的転職しやすく求人紹介も豊富となりやすい一方で、給料が上がったりクレームの少ない職場に就くことを妥協する必要があります。

「2」の場合、企業研究や業界分析などビジネスに対する理解度を深めた上で、ワンランク上のポジションへの転職を行う必要があるため、向上心は不可欠です。また、自分自身で就きたい職種や業種を見つけ出す必要も出てくるため、より転職エージェントを上手く使いこなす必要が出てきます。

「3」の場合、転職エージェントのみならず、スクール系のサービスを経由しての転職や、資格を習得してからの転職職業訓練を受けての再就職、あるいは派遣会社でのキャリアアップ講座を受けながらの資格・スキル習得も選択肢に入るため、お金や時間がかかるため、より転職に慎重になる必要があります。

ただ、どのルートを選ぶにしても、これから紹介する転職エージェントに登録して面談を受けておき、現状の自分の経歴や紹介してもらえる求人を知っておき、またエージェントから定期的に求人を紹介してもらえる体制だけでも整えておくと、今後の人生の仕事選びにプラスになることは間違いありません。

もし、クレームが理由で辞めたいと悩み、最後まで記事を読んで参考になったと感じた方は、この機会に転職エージェントの登録を済ませておき、他の職種や業種への理解を深めたり、自分が本当に就きたい仕事と出会うためのきっかけにしてみてください。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました